答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

V12

2018年08月24日 | 土木の仕事

 

高知県優良建設工事施工者表彰受賞。

おかげさまで12年連続だ。


今回の勝因はといえば、

「あきらめなかったこと」

これに尽きる。

いや、そりゃわたしとて技術屋だもの、もちろんこの仕事には評価に値する土木技術があると、そう確信してはいる。

だが、それとこれとは別の話。

優良建設工事施工者表彰のハードルは、簡単に超えることができないし、12年という歳月を経てもなおそれをつづけるには、色々さまざまな偶然や必然に助けられなければでき得ることではないと、はなはだ手前味噌ながら、そう思う。


とはいえ、これも明日からは過去の実績でしかなく、

その実績と勝負しなければ、「13年」という明日にはつながらない。

 

 

って、一度はそんなカッコのいいセリフを吐いてみたかったのだ。

とりあえず、今日一日は素直に喜ぼうっと。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う

コメント