ズッキーニの味噌煮込みBlog版

コンピュータのこと、食べ物のこと、なんでもないこと、とんでもないこと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

衛星が見たいと妻が言うので

2009年04月29日 20時39分02秒 | Weblog
例によって、犬猫を置いて遊びに行けない神経質さのせいでこの連休も、一泊以上の遠出ができない。もちろん、6年前にこじらせたまま慢性化した貧乏は、厳粛に受け止めるべき事実だ。

しかしそれでは、ふだん迷惑かけっぱなしの嫁さんがあまりにかわいそうだ。せめてささやかなプレゼントなりとと思い、なにかほしいものはないかと聞く。間髪入れずに「衛星見たい」との返事。もちろん天体望遠鏡がほしいのではなく、衛星放送が見られるようにしてくれというご希望だ。

    *

何度か書いているが、嫁さんは大の韓流ファン。

しかしテニス仲間に韓流の話を仕掛けると、当の相手はすでにその先のストーリーをBSやらWOWOWで観ているという悲しい状況。「うち、びんぼーだからぁ」とぐっと堪えていたかと思うといじらしく、ここは無理にも亭主の甲斐性を見せるべき場面。

ない知恵は絞りようがなくとも、ないカネはどこからか調達できるもの(そそ、そうなの?)。見せてやろうじゃないかその衛星とやら。WOWOWもスカパーも、全部まとめて面倒見たる。

いつも行くヨドバシにはまだウサギ[*1]がうろついており、質問したら「しばらくお待ちください」と言ったきり帰ってこない。仕方がないのでその辺にあったスカパーのパンフレットを持ち帰る。

カスタマーサポートに電話をしてみる。キャンペーンでアンテナを無料で取り付けてくれるという話に期待したのだが、申し込みから一週間もかかるとのこと。連休突入に間に合わせてやりたい亭主心をくすぐるどころか、逆なでしやがる。

知り合いに聞いてみたところ、自分でやるのは別に難しくないとのうれしい情報。そう言えば昔、どこかの電力会社で通信の仕事をしていたアタシだ。家には退職時にもらった工具類も現役で残っているから、なんとかなりそうだ。

すでに新築時に三階の手すりから二階の居間までの同軸ケーブルは敷設済み。あとは手すりにパラボラを取り付け、ケーブルをつないでやるだけだ。水曜日が休日なので、一気に片付けるべく前日に発寒(はっさむ)のヤマダ電機で一番安くて丈夫そうなパラボラを購入してきた。7,000円ほどだった。

実は改めて調べてみるまで、BSとCS(スカパー)は別々のパラボラが必要なのだと思っていた。いまは110°CSというのがあって、共用パラボラひとつですむのだそうだ。うーん、技術ってすばらしい。これは工事が楽だ。

    *

さて、工事日がやってきた。

前日に、WebからWOWOWとスカパーe2に申し込んである。WOWOWは翌月末までが割引期間、スカパーe2は16日間の全チャンネル無料キャンペーン中。

あらためてアンテナのマニュアルを読むと、しつこいくらいに「左右方向が1°ずれていても受信できないことがある」と書いてある。しかも電波が受信できてからテレビに映像が映るまで10~15秒かかるという。これを1°単位で調整するのかと、ちょっと緊張する。

朝っぱらの犬の散歩でご近所のアンテナ事情(?)を調査。おおよその方角を確かめてある。困ったことにちょうどその方角にお隣の三階の壁がある。これは屋根まで上がって取り付けないといかんかなと覚悟して、取りあえず階のベランダに出る。おりょっ。

なんとベランダの一番端から衛星が見える(見えない見えない)。

衛星は見えないが、うまい具合にご近所のアンテナが向いている方向にはお隣の壁がない。これはもしかしたらと、アンテナを取り付けてみた。二階の居間からテレビを上げてきてつないでみると…なんと放送を受信しているではないか。これは偶然1°の狂いもなく方角が合っていたということだろうか。

と思うのが畜生の浅ましさ(だれが畜生やねん)。いろいろと試してみると、左右方向の角度はマニュアルに書いてあるようには厳密ではない。むしろ縦方向、仰角の方が効くようだ。試しに少し仰角を大きくしてみると、とたんに受信できなくなった。面白いものだな。

放送が見られることがわかったのでいったんケーブルを外し、テレビを居間に戻す。アンテナにつないだケーブルを短く切り詰め、新築時(といっても10年以上も前のことだが)に敷設しておいてもらったケーブルと接続する。接続用のコネクタは昨日のうちに用意してある。このあたりはさすがに(だれもほめないが)もと通信屋である。

10年以上経過すると単にビニールテープを巻いただけの端末処理では胴体が腐食しているので、それはアタシか、導体が腐食しているので、10センチほど切ってから皮膜を剥くと新しいシールド層が出てきた。これをコネクタ内でつないで、特殊な防水テープを念入りに巻き、その上からビニールテープをしっかりと巻き付ける。長めになっているケーブルを巻き、雨の時に接続部に水がたまらないように位置に気をつけて、手すりに固定する。

ふぅ。

昨日のうちに16日間無料キャンペーンの手続きを済ませているので、ほどなくスカパーの警告表示が消えた。WOWOWも同様。あとは嫁さんにチャンネルを預けて、アタシはこないだ買っておいた日本酒を冷やで飲る。つまみは昨日の残りの糠ニシン。ちょうどいい塩味だ。

嫁さんがチャンネルを変えていくときに、CNNjというチャンネルを見つけた。どうもCNNを日本語で同時通訳して聞かせているようだ。うーん、すごい。これで「今朝CNNを観ていたらオバマがさぁ」とかとかやったらウケるかも知れない。どうせ英語ができないのはバレバレだから、ギャグとして正しく評価されることだろう。ふん。

    *

[*1] なにか質問すると「少しお待ちください」と言ってピョンピョン跳ねていったきり戻ってこない役立たずの店員を我々ヨドバシラー(ヒトバシラみたい^^;)は、「ウサギ」と呼んでいる。
コメント (2)

微妙なラーメン(わさびラーメン)

2009年04月29日 09時11分08秒 | 食い物
自宅の近くにあるラーメン屋。「百麺想(ひゃくめんそう)」という。メニューに百種類ものラーメンがあるというあり得ない話は、本当に、ない。道路向かいの大きなパチンコ屋の客をあてにしているような、普通のラーメン屋。嫁さんがわりと気に入っているので、時々行く。

こないだ行ったら、季節限定でこのメニューがあった。アタシはここのラーメンはあまり好きではないので、定番の一品がない。おもしろいから試してみようと注文してみた。「限定品」に弱い体質だし。

味は塩。スープは普通。写真でドンブリの奥の方の赤いのが梅肉。その左に、光が写っちゃったが緑色をした固まりがわさび。どちらもけっこうな分量。どうしたものかと思ったが、混ぜて食うものだろうと見当を付けた。

しかし、これらを麺に混ぜて食おうとすると、ほかの具もすべてぐちゃぐちゃにせざるを得ない。チャーシューも崩れてしまうので、肉好きのアタシとしては躊躇してしまう。結局、具が比較的空いているところに梅肉を持って行っては混ぜ、メンマをどけて空きを作っては、少しわさびを運んでは混ぜ。

なんでこんなことをしているのか多少の疑問を感じながらも、なんとか初期設定(笑)を終えた。

食ってみると、意外にいける。梅肉の量が微妙だが、全体としては悪くない。問題は、前述のような事情であまりきれいに混ぜられなかったので、わさびの固まりが残っていることだ。これはけっこう、来る。来るなんてもんじゃない。キターッ、くらい。そうたいしたことはないか。

リピートするかどうか…もう一回くらい、するかもしれない。

    *

このところ数日、仕事で珍しく大きなプレッシャーがかかることがあった。嫁さんが心配して「どしたの?」と聞いたくらい、顔がこわばっていたらしい。

本当にこういうのは珍しく、ふだんは「おー、来た来た」とプレッシャーがかかっている状況を楽しめる余裕があるのだが、今回は複数まとめてきたのできつかった。決断力はある方なのだが、決めようとするとその方向に立ちふさがるものがある。正面突破を図っていると、別の状況が足を引っ張る。アタマが単純にできているので、こういう状況は苦手だ。まぁ、逃げてもいられんので片付けるしかない。

こういうときは、ひとつ片付けたことを大げさに喜んでしまう。幸いにひとつ小さいのを片付けたので、「よっしゃーっ」のかけ声と共に右の握り拳を突き上げる。前々からほしいと思っていたイヤホンを発注し、日本酒のいいのを一本、買ってきて呑む。

「がんばった自分にご褒美」などと、甘ったれOLみたいなことは言わない。「よくやったなぁ。これが片付くのはいい兆候だ。よしっ。よしっ。」などと口に出して、体を揺すって全身で喜ぶ。脳みそをお祭り騒ぎに巻き込んで、しばしプレッシャーのかかった状態から引き離そうという寸法だ。わりとうまくいく。

それで、気がついてみたら月命日から2日も経ってしまっていた。すまんすまん。ごめんね。

今年初めての桜
コメント (3)