ヒデびたきの野鳥紀行 〜野鳥を求めて北海道から沖縄まで〜

鳥名「森の下のヒデびたき」が野鳥を求めて近隣から、遠方まで出掛けて収めた写真を1週間に一度のペースで掲載します。

オオマシコ アトリ ウソ ルリビタキ コガラ ヤマガラ 埼玉県

2018-11-24 | 日記

オオマシコ

11月24日オオマシコ、今シーズンもいつもの森にちゃんとやって来てくれました。前日に鳥友Kさんより、「入っているよ!」との連絡があり、早速駆けつけました。ポイントに着くと既に10名ほどのCM。何人かの知り合いが先着しており、「遅いよ。さっき出たばっかり」とのことなので、しばらくは出ないだろうとたかをくくり、近くを散策しました。すると、嬉しいことにリョウブの実に、お決まりのウソが何羽か来ています。今シーズンの初物として、ウソ(亜種アカウソ)♂を早速収めることができました。

後ろの個体ですが、お腹が結構赤い♂でした。

近くには、ルリビタキ。♀タイプですが、青が濃く、脇の橙色も濃いので、若い♂かもしれません。

偶然、実を食べようとホバリングしているところが撮れました。

そろそろオオマシコが出る頃かなと、ポイントに戻ると、「また、外れ!今し方まで来ていたよ。しかも赤い実のついたナナカマドに止まっていたよ!」なんてことでしょう(涙) 悲嘆にくれながらしばらく待っていると、来ました来ました。今季初撮りです。♂成鳥と♀成鳥の2羽だけのようです。でも、ナナカマドには二度と止まってくれませんでしたが‥‥‥、

暖冬のせいか、お山には、まだ紅葉が残っています。バックが秋色で、晩秋ならではのシーンになりました。



体に赤みがあり、額や喉に銀白色が見えないので、♀の成鳥ではないかと思います。


午前中に何度か出てくれたので、近くをウロウロしてみることにしました。すると蓑虫のような、ホップのような面白い形の実のなった木にヤマガラ、コガラやシジュウカラが来ています。何の実だろうと、帰宅後、樹木にも詳しいTさんに問い合わせると、「クマシデ!」との返答。ネットで画像を見てみると鳥が来ている写真が結構ありました。わりと人気みたいです。Tさんありがとうございます。
カラ類たちはホバリングしながら採食しているので、なんとか撮ってやろうと思いましたが、やっぱり腕が追いつきません。やっとヤマガラを撮れましたが、今ひとつ。

コガラも結構来ていました。

よく見ると静かに食べている鳥がいます。アトリです。あんまり食べるところがあるように見えないのですが、美味しいんでしょうかね。


午後2時を回って、ポイントに戻ってみると、もはや、残っているのは、Sさんのみでしたが、すぐに帰られたので、一人で待つことにしました。しばらくすると、気配がするので、探してみるとやっぱり、オオマシコがこっそり戻ってきていました。独占状態でしっかり収めさせてもらいました。





なんとか今シーズンもオオマシコに出会うことができましたが、まだ、2羽のみ。やはり今シーズンは寂しい状況ですが、これから、寒くなって数は増えるのでしょうか、気になるところです。次回は、長野県に遠征してきましたが、おめあての鳥たちは少なく、ちょっと寂しいアップになります。
コメント

クマタカ ノビタキ ミサゴ ヒバリ ハジロカイツブリ ジョウビタキ オオタカ メジロ ハイタカ等 埼玉県

2018-11-10 | 日記

クマタカ

9月の終わりから、10月21日まで、遠征続きで、近隣の渡り鳥たちをじっくり観察できていませんでしたが、10月14日から11月23日までの間に細々と撮り貯めた主に埼玉県の鳥たちです。
MFの狭山湖に秋には必ず顔を見せてくれるノビタキ、今シーズンは、10月14日のこの一枚だけです。うまくセイタカアワダチソウに止まってくれました。♂のようです。

同じく10月27日の狭山湖でのミサゴです。このころは、貯水量が少なかったせいか、比較的岸近くで、魚を狙っていました。うまく着水&捕食シーンを撮られた方もいらっしゃいました。これらの写真は、上空で、獲物を狙いながら、急降下する直前のシーンです。




湖面を見ると渡ってきたばかりのハジロカイツブリの群れがいました。ハジロカイツブリのみで、これだけの数が集まっているのは、渡ってきた直後のみのようです。

湖面に続く堤防を見ているとすぐ近くにヒバリ。ちょっと図鑑っぽく写ったので、載せてみました。

11月10日は前日まで、イマイチだった天気が良くなったので、クマタカのポイントに出向いてみました。朝からかなりの数のカメラマンが見守っていました。運のいいことに到着後間もなく、上空を飛んでくれました。距離は、500m以上ありそうで、かなり拡大しています。






冬鳥のジョウビタキ、10月にはやってきていましたが、11月11日今季初めて狭山湖でカメラに収めました。東屋近くは♀の縄張りのようです。でも♀はなんか可愛いです。


そんな時、ふと上空を見るとオオタカが舞っていました。湖の水量が多いせいか、最近は、オオタカの狩りが見られず残念なことです。

11月18日都内の某公園を回っていると、ハナミズキの赤い実にメジロが来ていました。すぐ目の前だったので、収めさせてもらいました。メジロを間近で見ると目が結構きついです。


11月23日秋ヶ瀬公園を成果もなく、ウロウロ歩いていると、なんと目の前にハイタカが飛んで来て、枝に止まりました。ひょっとするとハイタカの枝どまりの写真は初めてかもしれません。

次回は、11月24日に今季もやってきてくれたオオマシコ♂♀とウソ、アトリ、カラ類等をアップする予定です。





コメント

秋の北海道十勝紀行 その2 十勝平野 シジュウカラガン タンチョウ ハクガン ヒシクイ マガン

2018-10-21 | 日記

シジュウカラガン

10月20日の夕刻、散々探して、やっと見つかったハクガンにホッと一息し、畑を見ると、タンチョウの家族がいます。しばらくするとペアなのか別の2羽のタンチョウが飛んできて同じ畑に降り立ちます。すると、先にいた家族は、歓迎するのではなく、警戒の声をあげて、闖入者を威嚇し始めます。やってきた闖入者はいたたまれなくなったのかどこかに飛んで行ってしまいました。この季節でもまだ、縄張り意識は強いようです。


20日の鳥見を終えて、十勝温泉に宿泊しましたが、地震後に閑散としているようには見えず、結構な数のお客さんはきていました。さて、翌朝、宿を出発し、昨日のポイントに向かうと、あっさり、ハクガンが見つかりましたが、遠くて、逆光。そして、反対側の牧草地にガンの群れが1,000羽近くはいたでしょうか、よく見ると、なんとシジュウカラガンの群れ!大群で歓迎してくれました。


ヒシクイやマガンも混じっていますが、やはり、ヒシクイはでかいです。真ん中で羽を広げているのが、ヒシクイですが、前のシジュウカラガンやマガンがかわいく見えます。

くつろいでいるようにも見えましたが、何かの拍子に、次々に飛び立ち、ほとんどどこかに飛んで行きました。

マガンも家族単位でしょうか、飛んで行きました。

そこで、遠くに逆光下に見えるハクガンの群れに向かい、回り込むように順光側に移動しました。すると、ハクガンを取り囲むようにシジュウカラガンが、やはり、1,000羽近くいました。さっきの群れが飛んできたのかもしれません。

今度は、牧草地の緑から、刈り取られた畑の茶色をバックにして、シジュウカラガンの群れを写真に収めます。


そうこうしているとシジュウカラガンの一団が飛んできて、飛翔写真を撮らせてくれました。


そして、群れの中に舞い降りてきます。


最終日にシジュウカラガンをたっぷり堪能しましたが、残念ながら、ハクガン同様、近くからは収めることが出来ず、また、お天気に恵まれすぎて、写真としては、光が強すぎました。いつものことですが、100点満点の写真は撮れず、宿題を残して、また来たいなという気持ちにさせられます。
さて、次回は、近隣の埼玉県で撮った、クマタカ、ミサゴ等をアップする予定です。
コメント (1)

秋の北海道十勝紀行 その1 十勝岳/十勝平野 ハクガン ヒシクイ マガン ヤマゲラ ナキウサギ等

2018-10-19 | 日記

ハクガン

2週間前の日本の西の端、与那国から、「また行くの!?」という妻のあきれる声を物ともせずに、北海道十勝地方に秋の渡りのガン類を求めて遠征してきました。北海道には大体は個人で出かけますが、目的とするハクガン等のポイントはよくわからないので、ALPNツアーに頼り切りで出かけてきました。おかげで、目的とするハクガンとライファーのシジュウカラガンにヒシクイ、マガンに会うことができ、十勝岳のナキウサギにも会うことができました。2回に分けてアップしたいと思います。
初日の10月19日、旭川空港に降り立ち、すぐにバスに乗り込み、先ずは、ナキウサギの住む十勝岳に向かいました。考えてみると秋に鳥を求めて北海道に来るのは初めてで、紅葉した木々と雪をかぶった山々の景色が素晴らしく、この季節もいいもんだと、ますます北海道に惚れ込んでしまいました。景色を堪能しながらポイントに到着すると雪を頂いた十勝岳、美瑛岳の眺めが素晴らしい!写真は、少し蒸気をあげている十勝岳です。

少し山を歩いて、ナキウサギがいるというガレ場で待ちましたが、なかなか姿を見せません。時折遠くで、初めてのナキウサギの鳴き声が聞こえてきますが、姿は見えません。ホシガラスが鳴きながら飛んでいったり、ヒガラが目の前に現れたり、ハイタカが舞ったりしているうちに、少し離れた松の下にやっと現れてくれました。一度現れると、食料となる草などをねぐらに運ぶ姿などを頻繁に見せてくれますが、チョロチョロして、突然現れたりするので、写真には苦労しました。やっと写せた一枚です。耳は短く、原始的な風貌ですね。よく見ると後ろの岩が人かゴリラの顔で、肩に乗っているように見えませんか?

もはや夕刻が迫ってきたので、ポイントを後にして山を降りていきます。振り返ると夕日を浴びた山々が本当に綺麗です。紅葉した木々で赤いのか、夕日に染まって赤いのかは、よくわかりませんが、遠くに旭岳が浮かび上がります。

十勝岳の上には、お月様も現れて、幻想的な雰囲気を醸してくれます。

白金温泉に一泊した翌朝、朝食前にホテルの近くを散策すると、ハシブトガラ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、コゲラ、亜種ミヤマカケスなどが現れ、ヤマゲラ2羽がホテルの前を通り過ぎて行きました。少し歩いて行くと何かの木の実に鳥が集まっており、ヤマゲラ♀もいました。

朝食後、宿を出発し、富良野などの景色を楽しみながら、帯広市に到着。市内の公園で小鳥たちを探鳥。シマエナガ、ヒガラ、アカゲラ、ハシブトガラ、ゴジュウカラ、ビンズイ等が出ましたが、被写体で人気だったのは、エゾリス。あちこちにいて、サービスしてくれます。

お昼をいただいて、いよいよ十勝平野を南下し、本ツアーの目的であるハクガンを探しに行きます。広大な平野を走っていきますが、どこを走っているのやらさっぱりわかりません。海が近くなって、やっとヒシクイにお目にかかれました。十勝平野は、マガンの渡りコースではないとのことで、ヒシクイがメジャーのようです。走るとあちこちで見かけます。

しかし、目指すハクガンはなかなか現れません。「去年はこの辺に居たんだけどなー」、「先週来た知り合いは見つけられなかったようだ」等とガイドのIさんの口から不安になるよう言葉も出てきます。時々白い鳥がいますが、でかいオオハクチョウかタンチョウ。散々探し回って、やっと、それらしい70羽ほどの群れを発見。間違いなくハクガンの群れです。やっと見つけたのもつかの間、すぐに飛び立ち始めて、次々に一団が通過していきます。少し灰色の個体は幼鳥で、だいたいガン類は家族単位で行動しているようです。



飛び去ったので、別の場所に移動し、川のそばでカモやタンチョウを見ていると、上空をマガンが通過していきます。

すると、ハクガンの一団もこちらに向かって飛んできましたが、上空は通過してくれず。

もちろん数の多いヒシクイもねぐらに向かっているのか上空を通過していきます。


そして、日も暮れようとしているので、鳥見を終えて、今日の宿、十勝温泉に向かいます。次回は十勝平野の後編をアップします。
コメント (2)

秋の与那国島/石垣島紀行 その4 与那国島後編 マダラチュウヒ シロガシラ シマアカモズ ヒバリシギ コアオアシシギ キマユムシクイ コホオアカ等

2018-10-09 | 日記

マダラチュウヒ幼鳥

秋の与那国/石垣紀行も今回で最終章、先ずは10月8日午後に墓地群で出会ったシロガシラからです。海からの潮騒を聞きながら待っているとムナグロ、ツメナガセキレイ、イソシギ、亜種オサハシブトガラス等が現れ、そして、シロガシラが霊地の静寂を破るように騒がしく現れました。


ここでのお目当の鳥(ハシグロヒタキ)は現れてくれず、次に訪れたハイイロオウチュウのポイントで待っていると、シマアカモズが写真アングルで目の前に現れてくれました。きれいな♂成鳥のようです。


その後、観光で日本の最西端の碑がある西崎で台湾が見えないものかと西の方を眺めましたが、見えるのは海ばかり。次に訪れた島の南側の小さな川の河口近くにシギチが何種類もいました。中編でアップしたクロハラアジサシのポイント近くです。クロハラアジサシを散々撮りまくって、ふと気がつくと皆さん別の場所で双眼鏡を向けています。そこは橋の上から見下ろす浅い川で、何種類かのシギがいます。キアシシギ、イソシギ、ハマシギに加えて、遠くにコアオアシシギがいました。ちょっと遠かったですが、細い嘴が、可憐できれいなシギですが、左翼を少したらしていたのが気になりました。

観察していると、すぐ近くにヒバリシギが飛んできました。ヒトを全然気にしないのでしょうか。今まで見たことがあるのは、幼鳥だけだったので、そのイメージで見ると、全然違う鳥に見えます。幼鳥の特徴である明るい橙色の羽が全然ない、地味な色合いですが、可愛いシギです。


夕刻も近くなり、次に向かったのは、マダラチュウヒがいたというサトウキビ畑。バスを降りて散策していると、ガイドのIさんの「マダラチュウヒ!」の声。見ると畑の上をチュウヒらしく羽をV字にして、ゆったりと飛んでいます。獲物を見つけたのか、畑に降り立ち、待っていると飛び上がってきたので、急いで、シャッターを押しました。山の緑をバックに上手く撮れました。あの美しい♂成鳥ではありませんでしたが、図鑑通りの幼鳥のマダラチュウヒに間違いありません。とにかく嬉しいライファーです。畑の上をしばらく飛び回って、楽しませてくれました。


マダラチュウヒに興奮しながら宿に戻り、美味しいビールを傾けることができました。翌朝は、早くも最終日。なかなか明けない空にイジイジしながら、朝食前の短い時間、宿の周りを散策しました。宿を出てすぐの梯梧の木(多分、違ったらすみません)に鳥たちが集まっています。餌が豊富なんでしょう、何種類もいます。その中にムシクイがいました。翼帯が薄いので、なんだろうかなと思ったのですが、Iさんやベテランの方が写真を見て、即座にキマユムシクイと同定してくださったので、翼帯はくっきりしていませんが、頰の感じなどキマユムシクイで間違いないと思われます。この時期、島のあちこちで見かけました。


シロガシラも何羽も来ていました。


カラムクドリも5羽以上いましたが、なかなかカメラアングルになってくれません。

他には、コムクドリ、ヒヨドリ、メジロ等がいました。ここで、すっかり時間を取られてしまい、先に出かけられた同じツアーメンバーが戻ってきて、昨日と同じ場所にアカハラダカがいたよと教えていただいたので、慌てて、行ってみると、やっぱり、昨日と同じように電線の上に止まっています。警戒心が強くて、昨日は、全然近寄らせてくれなかったので、電柱を影にして、見つからないように近づき、納めた写真です。でもやっぱり、すぐそばには近寄らせてくれませんでしたが、嬉しいライファーです。ツミのような黄色いアイリングがなく、お腹は縦縞なので、アカハラダカの幼鳥のようです。9月が渡りのピークだそうなので、行き遅れた個体でしょうか。


朝食後、出かけて、再びハイイロオウチュウを待っていると遠くにタカが止まっていて、飛び立ちました。なんとハチクマです。与那国はハチクマの渡りルートではないので、まさしく迷鳥です。Iさんも与那国では初めて見たとのこと。

最後に何度も訪れた湿地でシギチやアマサギ等を見ていると、突然、Iさんが「コホオアカ!」の声、見ると遠くの枯れ草に止まっています。与那国でホオジロ類をほとんど見なかったのですが、最後の最後にコホオアカに会うことができました。

そして、偶然収めることができた飛立ちの写真を最後にして、本紀行の締めくくりとします。

次回は、10月19〜21日に参加したALPNツアーの十勝平野のハクガン、シジュウカラガン等をアップする予定です。
コメント