ヒデびたきの野鳥紀行

鳥名「森の下のヒデびたき」が野鳥を求めて近隣から、遠方まで出掛けて収めた写真を掲載します。

初夏の道東紀行2018 その4 小清水原生花園 ノゴマ ノビタキ シマセンニュウ等

2018-06-28 | 日記

6月28日の午前中を小清水原生花園で過ごしました。濤沸湖と海の間の海岸線に沿って原生花園が広がっていますが、ここ小清水原生花園は、公園として整備され、初めて原生花園という名称をつけたせいなのか、観光客がひっきりなしにやって来ます。それでも、小鳥たちは慣れているのか歩道のすぐそばにも営巣して、ノゴマ、ノビタキなどを目の前で見ることが出来ます。他には、オオジュリン、ホオアカ、ベニマシコ、マキノセンニュウなどがいました。今回訪れた時には運良く、エゾスカシユリが満開!公園を埋め尽くしていました。おかげで、花と小鳥たちを心ゆくまで堪能しました。
原生花園から濤沸湖を望む。その名も原生花園駅のかわいい駅舎があり、ローカル線の旅を楽しむこともできるようです。

まずはエゾスカシユリをバックにノビタキ♂です。展望台のすぐ下に営巣しているようで、ひっきりなしにやって来ます。


少し引き気味にしてみました。


続いてノゴマです。歩道のすぐそばに営巣しているようで、目の前にやって来ます。最初♀ばかりがやって来ました。

♂はどこかと探すとすぐ近くで、エゾスカシユリに囲まれて、サボっているようでした。時に囀ることもあります。

でも、しばらくすると、取り返すように繰り返し餌を運んできます。




再びノビタキに戻ります。♀は何故か花のすぐそばにたたずみます。すぐには巣に戻らず、少々様子を見てからです。




エゾノシシウドの上にも止まってくれました。

♂は少し目立つ所に止まるようで、どうしても花がバックになってしまいます。


シマセンニュウも結構いるのですが、少し人見知りしているようです。

濤沸湖を後にして、知床に向かいました。次回は、途中の知床峠のギンザンマシコと羅臼のシマフクロウをアップする予定です。
コメント

初夏の道東紀行2018 その3 オムサロ原生花園 ベニマシコ シマセンニュウ オオジュリン コアカゲラ オジロワシ コヨシキリ キビタキ キバシリ等

2018-06-26 | 日記

6月26日はお天気が良くない予報なので、朝5時起きとしましたが、4時ごろ目が覚め外を見ると、なんと晴れています。慌てて皆を起こし、オムサロ原生花園に駆けつけました。ここは、そんなに広くなく、歩道が多いせいか鳥への距離が近いのが嬉しいオススメの原生花園です。おまけにベニマシコの密度が濃いように思えます。そこで、今回はベニマシコに狙いを絞り、しかも花と絡むような位置取りで待つことにしました。ベニマシコの夏羽は格別に赤いですからね。ところがこちらの思い通りにいかないのが世の常。エゾノシシウドの前で、待つのですが、さっぱり。シシウドに現れたと思うとモロ逆光の空抜け。そんなこんなで、花と絡めるのは諦めて、池近くのソングポストに移動します。すると、やっぱり、よく出てくれるのですが、目立つ場所は、空抜けの枯れ枝ばかり、文句を言ってられないので、やっぱり撮りまくりました。
目立つ枯れ枝で、しっかり囀ってくれました。




時に♂2羽で居ることがありますが、あまり争っているようには見えません。どういう関係なんでしょうね。

シシウドの上に止まってくれれば白と赤のコントラストがいいなあと思いますが、うまくいきません。それでも、緑がバックだとやっぱり深紅が映えます。




オムサロ原生花園には、他にノゴマ、ノビタキ、オオジュリン、シマセンニュウ、コヨシキリ、マキノセンニュウ等がいました。花と絡んでくれませんでしたが、シマセンニュウが間近で囀ってくれました。絡むのは、あまり増えて欲しくないヨモギでした。


オオジュリンがなんとかエゾノシシウドに乗ってくれました。

オムサロ原生花園を後にして、ワッカ原生花園にも立ち寄りましたが、ここもやっぱり花が少ない。おまけに時間もお昼どきのせいか、さっぱり。広い敷地をウロウロするも、アップできるような写真は皆無でした。続いて網走湖の呼人野鳥探索路に寄りました。入ってすぐにキビタキが迎えてくれましたが、事件が起こり、今日の宿その名もはなことりの宿に向かいました。

翌々日も呼人に立ち寄りました。クロツグミやアオジなどが結構囀っていましたが、大した成果はなく、キバシリを写せたぐらいでした。

濤沸湖の湖畔にあるはなことりの宿は周りが、絶好の探鳥ポイントで、ちょっと散策するだけで多くの鳥たちと出会えます。特にコヨシキリの多いポイントがあって、そこらじゅうで囀っていました。

翌27日は、予報では大雨。朝のうちはまだもつようなので、網走ネイチャークルーズで海鳥たちを狙いましたが、出発早々雨が降り出し、鳥の出もクジラもさっぱり。主なものは、フルマカモメとウトウとミンククジラがちょろっとぐらいで、アップできるような写真は皆無。日本野鳥の会の割引で半額だったのがせめてもの救いでしょうか。午後は大雨の中、濤沸湖の白鳥公園のネイチャーセンターで過ごしました。結構、オカヨシガモ、カワアイサ等の水鳥やオジロワシなどが観察できてよかったです。
28日は、小清水原生花園に立ち寄りましたが、今年の道東では、ここが当たりでした。エゾノスカシユリとエゾキスゲが満開で、花をバックにノゴマ、ノビタキなどが目の前に現れてくれます。大部分は次回のアップですが、予告編として、オオジュリン♀と海側をよく飛んでいたオジロワシです。


《追伸》ヒナが顔を出していたコアカゲラのポイントに何日か後に行って見ると、親の姿とヒナの声はするものの巣穴に行く様子はありません。無事に巣立ったようで、ヒナの姿は見つけられませんでしたが、餌をくわえた♀親は確認できました。





コメント (1)

初夏の道東紀行2018 その2 シブノツナイ湖/オムサロ原生花園 コアカゲラ ツメナガセキレイ ノゴマ ベニマシコ ノビタキ オオジュリン等

2018-06-24 | 日記

6月24日:2年前の道東遠征で偶然見つけたコアカゲラ。同じ場所でまた営巣しているのではないかと期待を持って行ってみると、いましたいました。同じ営巣木あたりからヒナの声が盛んに聞こえ、巣穴の数も増えているようで、毎年うまくいっているのかもしれません。程なく嘴に餌をくわえた♀がやってきましたが、突然の来訪者に警戒しているよう。そこで、距離を置いて待っていると、安心したのかちゃんと給餌してくれました。程なく♂もやって来ると、ヒナが巣穴から顔を覗かせます。もう大きくなって巣立ち間近のようでした。
コアカゲラの♀。餌をくわえて、こちらを警戒しているよう。奥の小鳥はコサメビタキです。



すぐに♂が餌をくわえてやって来ますが、ヒナは待ちきれない様子で顔を出します。ヒナの額の赤色の広さが違うようで、♂♀の違いかもしれません。



このイクメン父さんは、いい餌場を見つけたのか、1分もおかずに餌を運んできます。そのせいか♀はしばらく休んでいるようでした。



巣立ち間近で、警戒も薄いとはいえ、圧力をかけないようにと早めに退散しました。当日の宿、屈斜路湖の川湯温泉付近を夕方探索するもほとんど成果なく、近くのイソツツジの群落を楽しんで終了。翌日の25日の午前中は、北見市の公園や富里森林公園等を巡りましたが、湖でオシドリ♀、森で、コルリ、オオルリやアカハラのさえずり、遠くを飛んでいるアオバトやヤマゲラを見た程度でした。北見市では、カー娘たちの気配もなしでした。そこで、オホーツク沿いの原生花園を目指して、車を進め、まずは、シブノツナイ湖の原生花園で、ツメナガセキレイを探します。海沿いの細い道を行けるところまで行って、車を降り鳥見開始です。2年前に見かけたあたりに姿は見えず、少し戻るように歩くと原生花園の小鳥たち、ノゴマ、オオジュリン、ノビタキ、シマセンニュウが現れ、湖には、オカヨシガモやスズガモが浮かんでいました。
先ずは、ノゴマで、ハマナスの花に囲まれています。

エゾノシシウドばかりが目立ち、どうも花が少ないようです。そのシシウドをバックにしてノゴマ、続いてノビタキです。


しばらく歩いて、ようやくツメナガセキレイの声が聞こえて来ます。嬉しいことにエゾノシシウドを採餌用の見張りポストにしているようで、餌を見つけるとフライキャッチして、巣に運んでいるようです。



巣に餌を運んだ後は、採餌ポストに戻ってくるので、待ち構えて着地シーンを狙いました。

今にも雨の降りそうな中、次のポイントのオムサロ原生花園に向かいました。シブノツナイもそうでしたが、ここも6月の終わりにしては、花が少ない。その上、空模様が怪しいせいか、午後4時だというのに暗い。しかし、鳥の密度は濃く、距離が近い!早速、エゾノシシウドをバックにベニマシコを収めることができました。

花と絡めませんでしたが、オオジュリン♂です。止まっているのはヨモギのようですが、どうもヨモギがあちこちの原生花園で増えて、在来の花を脅かしているそうです。自然の流れとはいえ残念なことです。

ちょっと思ったより花の数が少ないセンダイハギをバックにノビタキです。

次回は、翌日26日のオムサロ原生花園の小鳥たちをアップする予定です。
コメント (1)

初夏の道東紀行2018 その1 野付半島/養老牛/知床峠 ギンザンマシコ シマフクロウ タンチョウ シマセンニュウ等

2018-06-22 | 日記

毎年恒例となっている初夏の北海道。2018年は、花と小鳥をメインテーマとして、野付半島、屈斜路湖、北見、紋別、濤沸湖、知床、根室等の道東をいつもの鳥友KSさんとHMさんの3人で回ってきました。ギンザンマシコ、コアカゲラ、シマフクロウ、タンチョウ、原生花園の小鳥たち、落石クルーズの海鳥達、4年ぶりのエゾライチョウ、写真には収められなかったクマゲラ、ヤマゲラ等の92種類の鳥達に会うことができました。この季節の北海道、カラッと晴れてくれるかと思えば、今年は何やら梅雨のような空模様。どうも梅雨前線が北海道に停滞しているようで、「エゾ梅雨」とやらに捕まったようです。10日間の行程でカラッと晴れてくれたのは2日だけでした。それでも、鳥見にならないほど降られたのは、1日だけで、なんとか予定のポイントを巡ることができました。
6月22日、中標津空港に降り立ち、先ずは野付半島に向かいました。雨雲を従えて到着すると、晴れ男KSさんのおかげかなんとか雨は治まり、龍神崎灯台周辺を探索。天候不順なせいか、不作の年なのか、花が今ひとつ。そんな中で、先ずは、ハマナスとシマセンニュウです。

托卵をしようとしているのか、カッコウが飛び回っています。

野付半島にも何つがいかいるようで、入江で、魚を捕まえたタンチョウです。

日も傾いてきたので、今日のお宿の養老牛の湯宿だいいちに向かいます。シマフクロウで有名な宿ということで、どんなところなのか一度は、行ってみようと思っていました。夕食中にシマフクロウがやってきたとのことで、食事は置いといて駆けつけると大きなガラス窓越しにシマフクロウが目の前に。間近に見えますが、ちょっと動物園で見ているような感じでした。

翌23日早朝、宿周りを散策すると、オオルリやエゾムシクイが囀ったり、トラツグミのなんとも言えない(個人的には大好きな)囀りが聞こえてきたりと結構楽しめます。センダイムシクイも元気に鳴いていますが、子育てをしているのでしょうか餌をくわえてどこかに持って行ってました。

ツツドリの声もよく聞こえてきますが、目の前を飛んでいたので、収めました。

宿を後にして、屈斜路湖、チミケップ湖等を巡ってクマゲラ探索を行いました。営巣木を探すものも声も姿もなし。やはり、時期が少し遅かったよう、どこも巣立っているようで、運よく子育ての遅れたクマゲラに遭遇できないかと考えましたが、そう甘くはないようです。そんなわけで、24日はクマゲラは諦めて、宿にした屈斜路湖川湯温泉から知床峠に向かうことにしました。前日にギンザンマシコがよく出ていたとの知り合いからの情報に心変わりしました。朝6時過ぎに到着すると、カメラマンが駐車場西側のハイマツ帯の下側に並んでいます。言葉通り、到着早々、ギンザンマシコが何羽かで飛び込んできました。ハイマツの中からヒョイと出てきたり、♂同士で追っかけあいをしたり、色彩の地味なメスもよく出るしとほとんどギンザン出ずっぱりの状況で、今年は、本当に多い!おまけに峠が暖かい! そんかこんなで2時間ほど撮りまくってしまいました。
知床峠から羅臼岳を望んだシーンです。前回は柵の右側のハイマツ帯に出てくれたのですが、今年は、駐車場の上側によく出るようです。

ギンザンマシコのオンパレードですが、先ずは飛びのシーンからです。


♂と♀が同時に写り込むシーンもなんとか。

まだ青いハイマツの実をバリバリと食していました。


そして、ハイマツの上に登って、あたりを警戒、///しているようには見えませんが、やっぱり周りの様子を見ているのでしょうか、写真向きのポーズを取ってくれます。







次回のその2は、コアカゲラとシブノツナイ湖のツメナガセキレイ等をアップする予定です。
コメント (1)

大洗〜苫小牧航路/札幌紀行 その4 オオトウゾクカモメ コアホウドリ クロアシアホウドリ ハシボソミズナギドリ フルマカモメ等

2018-06-10 | 日記

6月10日苫小牧〜大洗航路復路後編:朝の7時半を過ぎる頃、船は下北半島付け根の鮫角沖を通過し、三陸海岸沖にさしかかります。リアス式の海岸を遠くに見ながら海鳥ウォッチングを続けます。海鳥たちはよく出てくれ、時にオオミズナギドリやハシボソミズナギドリが数千羽以上の群れでいることも珍しくありません。その中にクロアシアホウドリ、コアホウドリも複数羽、時には数十羽居ることもあります。金華山沖を過ぎると海鳥は、オオミズナギドリばかりとなり、風も強くなり、時に雨交じりですが、塩しぶきが襲ってくるので、今回のウォッチングは終了となりました。
コアホウドリとクロアシアホウドリがランデブー飛行を見せてくれたり、複数羽が同じ画角に収まってくれました。






単独でも船の近くまで飛んでくれる個体があり、楽しめます。コアホウドリです。


オオミズナギドリと交差。大きさの違いがよくわかります。

クロアシアホウドリは近くまで来たら写すことにしましたが、近くなると飛翔が早くてカメラが追いつけません。



オオトウゾクカモメも何度か出現してくれました。



獲物を奪えたかどうかはわかりませんが、オオミズナギドリを襲っていました。名前の通りです。

換羽しているのでしょうか、羽がまだらのフルマカモメです。

餌がたくさんあるのでしょうか、千羽以上の群れのハシボソミズナギドリです。

オオミズナギドリも千羽以上の群れをよく見かけます。

以上で、自身初体験の大洗〜苫小牧航路紀行は終了です。ベストシーズンとはいえ、航路上には思った以上の海鳥たちが飛び交っていたのに驚きました。今度は、少し早めに乗って、ヒレアシシギの群れも見たいものです。
次回からは、6月22日から10日間に渡って、巡った道東紀行を6回に分けて順次アップしていく予定です。初回は、野付半島、知床峠のギンザンマシコなどです。
コメント