松島宏明の「弾夢弦気は修業中」

袋井市在住ギター弾き語りシンガーソングライター、アコギもエレキも弾いてます クラプトンとブルース好きなオヤジです

その手を

2011年09月30日 | 日記
誰にも心底心開かず
自分だけを信じて
もう疲れたのではないですか?
その鎧を脱いで
どうか心開いて下さい
あなたに差し延べられた手は
そんなにもあると判るでしょう
あなたの為に
そしてその手の主達の為に
その出会いはある
みんな独りは嫌なんだ
その手を伸ばして
その心を開いて
Sweet Little My Darling
コメント

ひとりじゃないから

2011年09月30日 | 日記
ねぇ君
ひとりじゃないからね・・・
何度瞳を覗きこんで話したろう
いつも一緒にいたくて
いつもその手をこの手で包んでいたくて
そう、また風が冷たくなってきたから
君のことが心配なんだ
冬なんか来なけりゃいい
君を困らせる冬なんかさ
ただ君はひどい汗かきで夏も苦手なんだね
そんなわけで一年中
僕は君を心配してる
こんな僕の気持ちを
君は知らないだろう・・・

(酒のせいか、柄にもないポエム・・・かな?これ(笑))
コメント

図らずもの海・・・

2011年09月30日 | 日記
仕事が終わって、海が見たくなって(にあわねぇ~(笑))、仕事場の近くの海へ。しかし、帰路を辿り始めて気が変わって海に向かったので、回り道。何としたことか道を間違えていつもと違う海岸へ・・・。でもこれが良かった、新鮮。秋の海は寂し気で、もう随分日が短くなって、吹く風もつめたかったけれど、思わぬいつもと違う眺めに、胸のつかえを流してしまえそうな気分になった。思わず少し海岸を歩いた。どうにもならないこと、思い通りにならないことのほうが多い日常、思い通りの海に行くはずが、図らずも辿りついたいつもと違う初めての海岸に心動かしている自分。何だか波を見ているうちに笑えてきた。ともあれ、道の続きを歩いてみようと思う・・・。
(写真の左の光は、風力発電の羽根の回転軸に付いている点滅ライトです、光が撮りたくて中々タイミングがあいませんでした、10回位撮りなおしました(笑))
コメント

台風・・・去りゆきて

2011年09月26日 | 日記
今日は地域美化運動の日。作業かたわらご近所の方とこの間の台風の話題に・・・我が家のお隣りも瓦をやられた。ちょうど風の通り道になったんだね、うちらのところ・・・。最初は大したことないと思ってたけど段々意外にやられてるのがわかってとおっしゃるお隣りのご主人。我が家も棟瓦が大分被害を受けているのが翌日わかった。会社の裏を流れる川の土手に落ちた社屋の屋根材も、1M×2Mどころではなく、実は10Mばかりの長物が風でロール状に巻かれてはぎとられて落下したものだった。また海沿いでは棟瓦の飛んだ家はザラで、まるで折り紙のようにたたまれてペシャンコの板金製の物置や完全倒壊したプレハブ事務所も見受けられた。我が家の瓦は早速、工務店をしている友人に瓦屋さんを紹介して頂いたが「時間かかるよ、100軒から依頼が来てるらしいから」と友人。しかし、その夜仕事帰りに、もう日が落ちているにもかかわらず、その友人が、応急処置をしに来てくれた・・・涙ちょちょぎれに嬉しかったよぉ~、ありがとう m(__)m
コメント

ショート トリップ

2011年09月24日 | 日記
所用があり、朝から大都市静岡へ。日頃車に慣れてしまい、公共の交通機関はとんとご無沙汰。朝7時前の普通列車に乗り込んだ。1時間ばかりの東海道JRの旅。20分程揺られて停まった駅で、赤い大きな袋を持った50代半ばくらいの男性が乗り込んで来た。赤い袋の中身は多分折りたたみ式の自転車。男性はサングラスに自転車のライディングスーツの出で立ちだ。暫くするとその人の携帯に着信、彼は話始めた。聞くつもりもなかったが、強制的に耳に入ってきた。違う車両に乗り込んだ仲間かららしい。仲間と連れだって電車と自転車を組み合わせたツーリング。秋の好天気、素敵な一日を・・・。
静岡到着。ここからはバスだ。超低床のバスに乗るのは始めて・・・弾夢さんって遅れてる~、随分前からありますよね、これって。でも感動的に床が低い。乗り降りが家の階段一つ分位。しかも車内から見ると扉が閉まった状態で扉の下までガラスだから地面がリアルにすぐそこ。えっ?それほど大したことじゃないって(笑)
たわいない弾夢のショート トリップに出会ったシーンでした。
コメント (1)

台風・・・その後

2011年09月21日 | 日記
台風は去った。凄まじい暴れ様だった。先の昼休みのblog投稿から2時間後、職場は停電に見舞われ、17時の終業時刻になってもそれは回復しなかった。テント生地の屋根は、さらにその被害を増して、ズタズタに引き裂かれてしまった。実は他にも同じ様な屋根があるのだが、そこも同様。また、職場の裏扉を開けた瞬間、何かが空から降ってきて、そこを流れる川の土手にズンと着地した。何かと目をこらせば、それは1M×2M以上はあろうかと思われるブリキ製の社屋の屋根材。倉庫は水が入り、材料を水から守る処置をした。生産にもおおいに支障を来たし、台風の恐ろしさをまざまざと感じた。
帰宅途上、自宅方向15キロ以上に渡り、停電の為、信号機は働いていず、交差点では、それぞれのドライバーの安全確認と譲り合いだけが頼りだった。信号機の有り難さを痛感した。車の窓からは壁板を失った家や、道路に倒れている2M越えの木々も見られた。
帰宅すると、被害を受けにくいと思っていた自宅と周辺だったが、自宅も瓦5枚程を失い、ご近所もカーポートの支柱をねじまげられたり、テレビアンテナを倒されたり、の被害があった。
今、空には星が輝いている。昼間の出来事など、まるで嘘のように・・・。
コメント

台風

2011年09月21日 | 日記
台風直撃・・・。これまで数え切れないほどの台風を見てきたけれど、やはり直撃は凄まじいものがある。幸いにして自宅は風水害の影響を比較的受けにくい環境だけれど、今こうして職場にいるとやはり心配になる。職場に出入りしている運送屋さんいわく、トラックのワイパーの最速を初めて使ったとか・・・。走っててまわりが見えなくて怖いとも。大変よくわかる。荷物を下ろして立ち去る彼を「気をつけて」と見送った。
弾夢は工場の倉庫に一人でいることが多いのだけれど、他のみんなのいるところと違って、トタンばりのところやらがあり、外の様子がよくわかる。雨音が激しければ会話もできない程になる。そんな倉庫の入口付近に、テント生地で作った屋根の下に物が置いてある場所があるのだが、このテント生地を固定している紐が今日の風雨で切れ、屋根の一部が失なわれて、にびいろの空がのぞいてしまった。そして、みんなから一人離れている弾夢に、危険だから落ち着くまで出来るだけ倉庫にいないようにと避難勧告がでた。優しい言葉・・・それでもやることやんないと・・・ありがとう。
しかし、海まで数キロだけあって、真剣、凄まじい海風だ。今車の中で休憩しているけれど、時折、激しい風が車を揺さぶる・・・。どうかひどい被害が出ませんように・・・祈る。
コメント

フリーダムフォーク集会

2011年09月18日 | 日記
フリーダムフォーク集会。奇数月、第三土曜、19:30~。場所は袋井市にあるカフェ、マムゼル。もう20年も続くイベント。弾夢は立ち上げ時から関わらせて頂いている。一次会と二次会の二部構成のこのイベント。一次会は事前エントリーのステージ形式。二次会は飛び入り。
弾夢は一次会では、ユニットのメンバーとして参加、二次会では飛び入り演奏させていただいた。今日は一次会二次会とも、じゃんべの山内氏にご一緒して頂き、ご機嫌・・・。また、ギター弾き語りの戸塚氏とも親しくお話して頂いた。いろいろな方々と触れあえる。弾夢が音楽活動に携わる大きな理由の一つがこれです。素敵な夜でした。音楽が繋ぎ、生みだしてくれた今夜に、心から感謝しますm(__)m。
コメント

弾夢、蛙(カワズ)と出勤す。

2011年09月14日 | 日記
明け方の雨、日がさしかけて・・・。
「ヤベー、遅刻しちまうぜ・・・」などとぶつくさ言いながら仕事場へと車を向かわせた弾夢。仕事場までは45分程の道のり。先日、ライブでご一緒して頂いた畑中摩美ちゃんのご機嫌なアルバムを聴きながら走りはじめて10分ほど、ダッシュボードに現れいでたる蛙一匹。えっ?って感じで旅の道連れ。
最初は横を向いていたんだけど、会社まであと数分というところでこっち見た。なんか言いたげな眼差し。・・・会社到着、日差しもある、車の中で干からびてしまうのも気の毒。幸い自然豊かな駐車場、車外へ出してやろうと時間のない中、捕獲を試みた。手の平にそっとくるむように・・・。おしっこをかけられながら二度目で成功、車の外へ。蛙君も思わぬお引越しとなってしまった。連れて帰ってやりたいがそうもいかない。ここで元気にやってくれと手を振り、仕事に向かう弾夢でした・・・(^0^)/
コメント

掛川音楽広場、9月の巻

2011年09月11日 | 日記
早朝の雨は上がり、やがて日が差し、予定どうり開催。弾夢は私用で昼までしかいれませんでしたが、雲が程よく出て、気候的には過ごしやすい中での演奏でした。しかしまだまだソフトクリームの美味しい季節。こだわりっぱさんで、茶処掛川の煎茶ソフトを買って食べました・・・う~ん「まいう~」、250円也。夏の盛りには、かき氷や、冷やしぜんざいなどがよく売れていました。機会があったら皆さんもいかがですか?
弾夢の今日の楽曲は
1・五番街のマリー
2・I LOVE YOU
3・大阪で生まれた女
4・また君に恋してる
5・Singing girl (オリジナル)
6・遠くで汽笛を聞きながら

「Singin・・・」は、出来て数日、歌い込みがまだまだでとちりました(笑)。修業が足りんのう・・・(>_<)
コメント