俳句への扉

私の俳句的生活の記録。俳句塾言の葉ティールームへのご案内。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第六十三回青芝全国大会が無事終了しました。

2016-09-11 21:01:39 | Weblog

九月十一日 第六十三回青芝全国大会が町田ヴィラホテルで開催されました。

今年は結社賞である青芝賞を、南林間カルチャ―へ来て頂いた小林さんが取り、青芝新人賞を、

自宅開催の言の葉句会の川前さんが受賞しました。

会員を増やし、会員を育てる活動をずっとがんばってしてきたので、それなりに、着実に実を

結び始めたと喜んでいます。おめでとうございます。

しかしその間、私自身のもう一つの目標は見失ってしまいました。

一緒に吟行して俳句を磨き合ったことのある友人は、69歳?で角川俳句賞の夢を叶えまし

た。才能はもちろんですが、あきらめない力って本当にすごいなあ!発表号が楽しみです。

私も校正、編集、行事の企画、運営だけでなく、もっとしっかり俳句に向き合わねばとつくづく思

います。

句作はもちろんですが、俳誌の校正、編集等を積極的にやりたい若者(五十代、六十代?)は、

いらっしゃらないでしょうか。すべてボランティアですが、そういう方の出現を心待ちしています。

会員(私も含めて)の高齢化と人材不足?(みんな爪をかくしているのかな?)でちょっと疲れて

いる今晩の私でした!

でも一晩寝ればまた明日は前向きにすすんでいくことでしょう。

コメント