gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

革命機ヴァルヴレイヴ第20話『曝かれたカミツキ』の感想レビュー

2013年11月29日 11時17分09秒 | 現在放映中のアニメ
マギウスの真実を曝くどころか、カミツキの秘密を曝かれちゃって草不可避wな、大どんでん返し回でした。
アバンのあらすじ説明が驚くほどわかりやすくまとめられていて地味にありがたかった件。
そうか、そういう理由で今まで降下したり脱出してたりしてたのね!(なんとなく判った気ではいたものの、細かいところまではよく判っていなかった俺が通りますよっとw)
しかし、拉致監禁&全身拘束袋プレイからの公開殺害とか、スタッフさんのドSサキ責めがマジ鬼畜だった件。
薄い本のジャンルが更にハードなものに移行しそうで、おじさんちょっと心配(´・ω・`)

エルエルフがしょげエルフになってたのはやむを得ないところですが、完全に引き篭もり&精神壊れ気味になってしまってヤバイ感じですね。
流れ的に元に戻るだろうな~とは思いますが、今回だけで吹っ切らずに次回へ持ち越したのはちょっと意外だったかも。
案外アードライ達との再会&和解あたりが復活のキッカケになったりかしら。
もう彼女のような不幸な犠牲者は出したくないんだ!( ー`дー´)キリッみたいな結論を導き出すんかなぁ。

まあ、世論を上手くこちらに有利に引き寄せてきたとはいえ、自分が応援してきたのが人間ではなくバケモノだと知らされれば、一瞬で炎上対象へと転落しそうではありますね。
糾弾していた方の首相もグルの出来レースな気配がありましたが、テレビクルーの女性やら、連れ帰った科学者の姿が消えているというのは、中身がマギウスだったのだ!の伏線なのかしら。
娘と再会して涙ぐんでいたのは演技にも思えませんでしたし、普通に拉致されただけなのかもしれませんが…。

ハーノインの遺品からカインの真実を知ったイクスアインの今後のふるまい方も気になる所ですが、メッセージを受け取ったのが彼だけなのか、他の遺品にも同じように仕込まれていたのか気になりますね。
一番の親友にだけ託す、というほうがシチュエーション的に(゜д゜)ウマーかもですが、戦闘マニアのクーフィアがカインにチクって露見する、みたいな流れもありかも?
残された制服組で団結出来るかどうかもまだわかりませんが、クリムヒルト女史が王党派であることはかろうじてバレていないみたいですし、そこにコンタクトを取ってからハルト達と合流→弔い合戦みたいな感じの展開も良いんじゃないかと。
ちゃっかりエルエルフ用の遺品もゲットだぜ!なアードライが今週もイイ味出してますなぁw

ゲットといえば、唐突に追加パーツが見つかってヴヴヴがパワーアップするようですが、これが噂のフルインパクトなのかしら。
もういろいろ追加するより、放熱対策だけ完璧にした方が良いんじゃね?という気がしないでもないですが、最近ドルシアに押され過ぎていた感がありましたし、久々に無双バトルが見たい気はしますね。
戦う相手そのものがよく判らない101人評議会とやらになっている状況なので、単に戦闘力があがったから万事解決!というわけではなくなっている→政治で出鼻をくじかれてしまったわけですが、既にファントムは1機押さえているわけですし、あれを証拠にしつつ、自分達は悪のマギウスから人類を救うために反旗を翻した救世主なのだ!みたいな感じでアジテーションすれば世論を奪い返す事が出来そうですし、尺が残り少ないのできびきびまとめて行って欲しいところですね。






次回、第21話『』





『革命機ヴァルヴレイヴ』 公式サイトへはこちらから



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


http://specium78.blog93.fc2.com/tb.php/1989-23308e5b
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/1870-9c820ebb
http://nanohana0103.blog.fc2.com/tb.php/1447-6e4a0817
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/58671049
http://wankokushushu.blog39.fc2.com/tb.php/755-a151479e
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/voler/53095181
http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1310-5bcb8d36
http://yuima.blog6.fc2.com/tb.php/1400-44eedbca
『アニメ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« 11月28日(木)のつぶやき | トップ | ゴールデンタイム第9話『ウィ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
…え、あと4話? (火仮)
2013-11-30 23:22:32
 再び、間が空きまして申し訳ございません。
 ちなみに公式サイトで見て来ましたが、次回のサブタイトルは『嘘の代償』。…不穏な空気が漂いまくりですね。

 ハルトの父親については個人的には予想通りといいますか。マリエがテストパイロットだったという事が既に述べられていますから、その事を踏まえてあのヴァルヴレイヴ開発の最高責任者という事を考えるとまぁそうでしょうね、と。「とんでもない超兵器の開発に成功したが操縦するには特殊な技術が必要、だから胎児の遺伝子に少々細工をさせて下さい」くらいの適当な事を言って許可を取ってたんでしょうね。貴生川先生に限らずヴァルヴレイヴに関して全容を詳しく知らないままだった技術者もいるようですし。
 それよりも、彼(ら)がどういう経緯でピノやプルーと接触し、どうやって彼女達をエンジンに拘束したのか、といった部分が明かされなかったのが残念でしたね。

 リーゼロッテがまともな善人で、穿った見方をしていた自分が少し恥ずかしかったり。幼かったミハエルの命を助けた事も合わせて考えると、もともと彼女はニンゲンをただの食糧だとは思っていなかったようですし、自分のために命を賭して行動するエルエルフや、彼を信じて戦うハルト達の姿を見て、改めてニンゲンという種を認め、彼ら『新世代』の可能性を信じてみたくなったのかも。

 彼女の退場により、101人評議会の側からの内部告白の可能性は潰えたわけですが、イクスアインやアードライの動向、クリムヒルトの決起、エルエルフの復活など、気になるポイントも多々あるわけで。
 物語としての着地点はどこに来るのかしら? (おそらく)あと4話という事を考えると、伏線の回収やドラマの盛り上がりに期待したいところです。
 もちろん、ヴァルヴレイヴの戦闘シーンも(19話の戦闘シーンは非常に楽しめました)。

 失礼します。
>火仮様 (gurimoe)
2013-12-02 12:53:08
・コメントありがとうございます。
今回は換装作業がメインで大規模なロボットバトルが無かったのがちょっと残念でしたね(´・ω・`)
その分、来週は無双だといいなぁw

ハルトパパンはヴヴヴ用遺伝子操作絡み多分常識を覆すような結果を出せているとは思うのですが、性格もパッと見はそこまで壊れていない感じでインパクトが弱かった気がしますね。
ナチュラルに歪んでいるからそう見えなかっただけなのかもしれませんが、初期から引っ張ってきたわりには結構あっさりした印象でした。
年表などの詳細は後日発売のムック本で!みたいなパターンなのかもしれませんね。

リーゼロッテとしては、人間でいうところの愛だの恋だのとはちょっと違っていたようには思いますが、エルエルフとの出会いは特別なものとして記憶してくれていたみたいですね。
で、最後の最後にこれが人間の言う愛だと認識した上で命を散らせて行ったのだとしたら、名実ともに両想いになれたと解釈しても良さそうですし、だからこそ死に別れてしまったのが切なかったなと。
エルエルフとともに悲劇のヒーロー&ヒロインポジションということでハルト達と対称的に描いていくんだろうなとは思っていたので、こういう結末もありかと思いますが、せめてハルトというかショーコとサキにはなんとかハッピーエンドまで辿り着いて欲しいところですね。

正直、ハルト以外のヴヴヴパイロットがほとんどモブぐらいの目立たなさになっているので、戦闘よりも人間ドラマが主体の展開に感じられている今日このごろですが、みんなで雑魚を食い止めているうちに先に行け!的な、ハルトの血路を開く系展開からのラスボス討伐エンド!みたいな感じで行ってくれると良いかなと。
ネタばらしも大体終わりましたし、ここから他のヴヴヴとパイロットが死んでしまうイベントをしてもそれほど盛り上がらないだろうなと思うので、カインとの決戦およびサキの奪回をメインに王道のクライマックスへと向かって欲しいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

現在放映中のアニメ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

10 トラックバック

革命機ヴァルヴレイヴ 第20話 11/30 あらすじと感想 #valvrave (Specium Blog)
 解けぬシミュレーションと魔女裁判。  冒頭は、今までの経過説明。  追撃を受けるハルトくんたち。ギリギリの戦いで何とか切り抜ける。しかし、作戦参謀たるエルエルフくんは、未だ、ショックが抜けない状態だった。  何とか、モジュール77まで辿り着いたハ...
革命機ヴァルヴレイヴ 20話「曝かれたカミツキ」感想 (気の向くままに)
革命機ヴァルヴレイヴ 20話「曝かれたカミツキ」
革命機ヴァルヴレイヴ 第20話「曝かれたカミツキ」 (空 と 夏 の 間 ...)
リーゼロッテの死で、エルエルフは再起不能。 ドルシアによりカミツキの秘密が暴かれ、新生ジオールは窮地に立たされる展開に。 とことんまで追い込まれていきますね…ここからどう逆転していくんだろう(^^;   月に戻り、久しぶりの再会を喜ぶ一同。 だが地...
革命機ヴァルヴレイヴ TBS(11/29)#20 (ぬる~くまったりと)
第20話 曝かれたカミツキ 公式サイトから月に戻り、久しぶりの再会を喜ぶ一同。だが地球に降りたことで失ったものも多く、ハルトがショーコへ向ける表情は暗い。エルエルフはリーゼロッテの死を受 け入れられず、一人抜け殻のようになっていた。それとは逆に、新生ジオー...
革命機ヴァルヴレイヴ 第20話 「曝かれたカミツキ」  感想 (犬哭啾啾)
nefiru: サキが地球に置いて行かれてたの忘れてたのかこいつら・・・ g_harute: 置き手紙で指示はしたから大丈夫とでも思っていたんだよ・・・ nefiru: いくらなんでも楽天家すぎるだろ       マリエが死んだことも軽~く流されたし g_harute: マリ...
キルラキル 第9話「チャンスは一度」 (空 と 夏 の 間 ...)
流子VS蟇郡!  蟇郡の死縛の装の前に攻撃を受けるだけの流子。 鮮血の策で、流子は一度のチャンスに賭け勝負に出るという展開。 蟇郡がどう見てもヘンタイにしかみえないのが(^^;  『塔首頂上決戦』。 四天王全員に勝ち抜けば皐月と戦うことが出来る...
これが若さか…(凪のあすからとかひだまりスケッチとか) (アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮))
【境界の彼方 第9話】暴走する神原くんと、葛藤する栗山さんの巻。作品タイトルでもあるラスボスの半分が主人公の中にいるらしい、との情報が明らかになりましたね。…ただ、異界 ...
『革命機ヴァルヴレイヴ』 第20話の感想と考察 (オレが面白いと思っているアニメやマンガは、本当に面白いのか? |『革命機ヴァルヴレイヴ』 第20話の感想と考察)
『革命機ヴァルヴレイヴ』 第20話「曝かれたカミツキ」を観ました。<ストーリー>月に向かっていたルーン回収艦ファントムを墜とすコトに成功したハルトたち
リョナ厨大歓喜!!「革命機ヴァルヴレイヴ」 (Anime in my life 1号店)
また戸松どのが死んでおられるぞ~~~!! リョナアニメの金字塔「エルフェンリート」以来、首が飛んだり腕がもげたりは専らロボットアニメの十八番だったのですが、ついにサンライズが馬脚を顕わしてしまいました。 確かに最近では「マミった」り、「進撃った」り...
逢うは別れの始め「革命機ヴァルヴレイヴ」 (Anime in my life 1号店)
さんざんロリコン扱いされたLLFくんでしたが、じつはショタを愛でる異種姦賛美物語という、お伽噺でお馴染みの悲恋となってしまいました。 ある意味「かぐや姫」に通じる、普遍のテーマですね。または「浦島の物語」とか。 雑魚や雑兵はあっという間に消耗してい...