gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

戦場のヴァルキュリア第17話『精霊節の贈り物』の感想レビュー

2009年07月27日 14時56分46秒 | ギアス他カテゴリ分け終了済み作品
スージーも精霊節の日は家で大切な人と過ごさないとダメって言っていたのに!
それを守らずに戦った結果は…。
(T_T)

今回の感想記事は、ネタバレ色が濃くなっていますのでご注意を。
イサラが撃たれた結果が昏睡か死亡かでかなりニュアンスが変わってくると思います。

単に押し付けられたというよりも、ワザと危険な任務を与えてウェルキンを亡きものにしようと画策したダモン将軍達のせいでマルベリー海岸へ赴いた第7小隊の隊員たち。
そこで待ち受けていたのはイサラの死という過酷な現実でした。

オリジナル展開の多いアニメ版だけに、ひょっとしたらこのイベントを回避するというミラクルが起こっても良いんじゃないか?と個人的に思っていたわけですが、やはりイサラの死亡は避けられませんでした。

いや、撃たれて血が出たとはいえ、完全に事切れた所が描かれた訳ではないかもしれませんから、ひょっとしたらラマールの輸血で一命を取り留めた!的な演出が来るという可能性も無いわけでは無い…と、縋ってみたいところですが、次回予告を見るとダモン将軍にロージーがブチぎれていたり、羽根ブタのハンスが泣いていたりなので望みは薄そうです。

言わばカナシミレンサのその1とも言える今回の出来事ですが、ゲーム版ではイサラの代わりを務めるはずのキャラクターがアニメ版では未登場のため、エーデルワイス号の整備と操縦をするのが誰になるのかが気になるところです。

ウェルキンがひとりで操縦と指揮を、というのは無理があるっぽいですし、ラマールが志願して、というのも所属が違いますし、どちらにしてもカスタマイズされまくりなエーデルワイス号を完全に運用出来るキャラはイサラ以外に有り得ない状況だった訳で。

そうなるとやはり適任者は同じダルクス人のザカという事になるのではないかと思いますが、そうなるとまた今後の彼の役割にも大きな影響が出てしまうので、どれが正解なのか予測がつきませんね。

新オープニングの、イサラがエーデルワイス号で突っ込む所を初めて見た時は、このままラストまで駆け抜けて欲しいなと密かに期待していましたが、流石にそれは無かった様で残念です。

彼女の死自体がウェルキンに大きな影響を与えることは間違いないですし、ロージーを守ることが隊を守ることになるというのなら、隊を守ることがガリア全体を守ることに繋がるという考え方も出来ると思います。
彼女の遺品となった煙幕弾を使って、今後の難局も無事に乗り越えていって欲しいですね。

ちなみに、実際の煙幕の効果は、風云々というより着弾時の爆風などによっても持続時間に影響があると思いますし、相手が見えなくても弾幕を集中させれば被害0という訳にもいかないと思いますが、ゲーム的には使った時点から数ターンの間、煙幕の中にいる味方には敵が攻撃してこないという状況を作ることが出来、今回のような地形で、トーチカなどの射線から狙われまくりな場合は絶大な効果を発揮するシステムになっています。
マルベリー海岸の地形自体もゲーム版に忠実で、その辺りの気配りは嬉しい限りでした。

今回の戦闘シーンは今までと比べても割とキチンと戦争ものっぽさを入れてきた感じでハラハラしましたが、それよりもいつイサラに銃弾が飛んでくるのかという事が気掛かりでドキドキしっぱなしだった気もww

ロージーが手作り人形を拾ったお陰で命拾いしたシーンはベタでしたが、物語的な分かりやすさとしては効果が高かったと思います。

イサラとロージーがお互いを理解していく描写のあと、この戦闘に勝利すればいよいよ和解か?という雰囲気を盛り上げるだけ盛り上げておいて、名も無き兵士の凶弾に倒れるという展開はまさに青天の霹靂な訳ですが、ウェルキンや隊の人々がどの様にそれを乗り越えていくのか見守りたいと思います。

前半のツンデレラマールや、ホーマーにプレゼントを贈るイーディの様子でニヤニヤから一転、ラストとのギャップがものすごかった今回ですが、ニヤニヤの一環として描かれていたファルディオとアリシアのやり取りの中に、伏線となる要素が意外と多く仕込まれていたのも良かったと思います。

ケガの治りが異常に早いアリシア、というのは今までもチラッと示唆されている箇所がありましたが、あそこまで大火傷をした手が1日でほとんど治っているという描写と、アリシアの両親について尋ねたことだけを見ても、これは何かあるな~?と予想させるには十分な伏線だと思います。

いや、新オープニングのせいで今更感があるのでアレですが、アリシアがどんな過程を経てああなってしまうのかは要チェックかと。

今までの流れから考えると、ゲーム版よりもドラマチック指数は高いかもしれないなと予想してみたり。

次回、第18話、『八月の雨』

雨の中何かをしている様子の隊員たちが印象的ですが、どう考えても心の雨が降りまくりな予感です。
(T_T)

雨の中何かを見つければイサラが死なないで済むかも?というような事があって、それをギリギリまで隊員達が続けたもののイサラが死亡、彼女に手向けた花をダルクス織りと一緒にダモン将軍が汚そうとしてロージーブチ切れというようなシナリオ展開でしょうか?
アニメ版オリジナルエピソードを追加してお話の掘り下げというような流れかなと予想中です。

コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 咲-Saki-第17話『悪夢... | トップ | 月刊コンプエース9月号の感... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ギアス他カテゴリ分け終了済み作品」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

戦場のヴァルキュリア第17話『精霊節の贈り物』の感想レビュー (萌えレビュ!)
スージーも精霊節の日は家で大切な人と過ごさないとダメって言っていたのに! それを守らずに戦った結果は…。 (T_T) 今回の感想記事は、ネタバレ色が濃くなってい...
[アニメ]戦場のヴァルキュリア:第17話「精霊節の贈り物」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
 浮かれたムードの中から事態は一変、悲しみムードに。
戦場のヴァルキュリア』 第17話 観ました (「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋)
・・・ まさか、まさかの展開です。 正直、意表を突かれました。 どんな事態になったのかは…話を観るしか… (今ここで書くのはネタバレ自重に付き控えますよ~) それにしても、いよいよもって義勇軍第3中隊第7小隊は政治上の秘密維持と、出世の妬みの的となって集...