ミル姐さんのカフェ



アニメ演出家を生業にしている兼業主婦のたわいない呟き

権利と義務

2011-03-02 21:40:56 | 仕事
前回の記事の続きです。
私には総会の議決でどうしても納得できないことがありました。
最後の議案になった『定款上の社員に関する確認』についてです。
内容としては、現状JAniCAの『社員』は有料・無料に関わらず『正会員』と(どうやら前回の総会から)なっていますが、それを有料正会員のみとする・・・ということでした。
()書きの部分は、私自身JAniCAに入会したのが去年の総会の一ヶ月前なので、それ以前を詳しく知らないため曖昧な表現となっております。
これによって変わる事の一番大きな事柄は『無料正会員の議決権が失われる』ことです。
何故このような議案が出てきたのか・・・それには至極真っ当な理由があります。
去年から今年にかけての様々な変更(事務所所在地や運営方法等)を定款上急ぎ書き換えねばならないからです。
定款を書き換えるためには、社員総会での議決が必要です。
その議決には、定款上『社員総数の三分の一の参加(委任状含む)とその参加者の過半数以上の賛成』が必要であると書かれています。
しかしながら、JAniCAの総会には参加者はおろか、委任状ですらなかなか集まらず、常に総会の成立すら危うい状況であると聞いています。
これは会員数が増え、総会を成立させるための絶対数が増えてしまったからです。
なので、総会成立のハードルを下げるため、社員の枠を狭めようとした。理由自体は前述の通り至極真っ当で、理解は出来ます。しかし納得はできなかった

納得できなかったので突き詰めたかったのですが、低血糖発作議場の時間制限というダブルパンチにみまわれ、ろくに発言する事も叶いませんでした。

JAniCAの最大の目的は、何度も言いますが『アニメ業界の環境の向上』のはずです。そしてその対象の殆どは無料正会員の中にいます。
そもそも無料正会員という設定を作ったのは、厳しい環境の中に晒されている彼らの負担を少しでも軽減するためではなかったのでしょうか。
現在のJAniCAの正会員構成は、有料98名に対して無料が545名・・・実に5倍。これ自体がバランスとして不自然です。
議決権を数の少ない有料正会員に絞るという事は、初めから10人中8人の意見を切り捨てることになり、『多数決型民主主義の体を成さないのではないか』という疑問が湧いてしまって何か気持ち悪く・・・私は賛成ができませんでした
この議事の詳しい内容が私の記憶する限り(もしかしたら見落としかもしれません)事前に知らされていなかったこともひっかかった一つの原因です。
後から『このようになりました』と済ませられる内容ではないと思いました。
だったら何故前回の総会では正会員の定義を広げたのかと。広げる事に意味があったからじゃないんですか?
意味を持って広げた物をたった一回の総会で覆すなら、その意味の説明もあった上で、もっと時間をかけて議論するべき問題なんじゃないかと感じました。
そうは言っても、この事態を招いたのは一部の会員たちの心ない行動です。
多くの人たちが『自分くらい出さなくても問題ない』と委任状の提出を怠った結果です。
折角持っている議決権を行使しない・・・それが議決の妨げになっていることに気づけなかった事が原因です。
確かに総会への出席は権利であって義務ではありません。しかし、あなたの不参加が議決権を行使したい人たちの権利を侵害していると考えるとどうでしょう。
委任状を出さない人たちは議決権などあってもなくてもどうでもよいことなのかもしれませんが、その行動が議決権を行使したくて議場にマメに足を運んでいる人たちの権利まで奪ってしまった事になるのです。
総会に出る事は難しくても、委任状(料金不要のはず)を出す事はそれほど負担ではないのではありませんか?
会報に同封されたハガキを投函するという単純な行為ができない重大な理由があるのならそれを聞かせて欲しいです。

私は『委任状の義務化』を提案しました。それに関して勝算は全くありませんが、無料正会員の議決権を残す他の方法が咄嗟に思いつかなかったので仕方ありません。
少し前に『連絡の取れない会員の資格喪失』の通達があったために、それと同様な措置をとれないものかと思ったのです。
『総会時委任状を提出しない者は資格停止とする』ということで強制力を発揮できないかと。たとえそれで委任状が集まらなかったとしても、資格停止状態なので総会の成立には影響がでないのではないかと考えました。
しかし、それをしようとすると定款を書き換えなければならないので、今回の総会においてはやはり堂々巡りではあるんですが。
結果は一笑に付されて終わりです。『義務化しても出さない物は出さない』と。
そうですね。そうかもしれません。でもそれでは積極的に総会に参加している無料正会員の方々が救われません。
会費の減額を提案された方もいましたが、私はこれも結果的に同じだと思います。
それは払えないから払わないのではなくて、払うメリットを感じないから払わないという人が少なからずいるからです。
メリットを感じない人たちは会費がたとえ100円まで下がっても払わないでしょうし(そこまで下げてしまっては事務費の方が余計にかかってしまうので現実的ではありませんが)、もともとの委任状の提出率の低さを考えれば、議決権自体はメリットにはならないということでしょう。
いえ、そもそもメリットとはなんでしょう。自ら活動に参加せず、あまつさえ総会の邪魔をし、しかも『払う価値が無いから払わない』。それでいて執行部にはボランティアを要求・・・考えられません
一体ご自分をどのポジションにおいておられるのか。
本来このような考え方で会費を払わない・・・運営に非協力的な人たちを『正会員』と位置づける事自体に問題があるのかもしれませんが、実際に払うのが困難な人たちとの見極めが困難で、単純に『無料正会員』の設定自体を無くす事もいかがなものかと思います。
加えて会費を議決権と結びつけると準会員の方や賛助会員の方の立場はどうなるのか・・・新たな問題が出てきます。
執行部としては『有権者に自分の意見を託せば参加できないわけではない』とおっしゃいましたが、名簿は原則公開されないので、その方法はごく身近に有料正会員がいる方しか使えません。
委任状は名前さえ知っていれば託したい人の名前を書くだけで有効ですが、意見を直接託すとなると連絡先を知らなければならないわけですから。
これらの問題の存在を認識しながらも、それの打開策を見いだせぬまま、『期限付きで(次の総会まで)社員の定義を変更』という形で決定しました。
しかし、それで議決に障害がなければ、会員からの要望が無い限り今後もそのままということもありえます。
このままにはできません。

私は、時間と体力(こっちの方がより微妙)が許すならいずれ運営委員会にオブザーバー参加して、執行部の皆様にこれらのことをご相談したいと思っています。
しかし私自身は有料正会員です。無料正会員の方々の本当の希望や実際に行動可能な事、不可能な事、約束できる事などが正確にはわかりません。
議決権を取り戻したい無料正会員の方々が自らの意見を持って参加してくださると嬉しいのですが・・・。
何ぶん外側だけ鍛え上げて内蔵はドロドロのカブトムシみたいなポンコツ女ですので、今後どれだけ活動できるかわかりません。
若い人たちの意見と活動を激しく希望しています。

・・・なんか文章力のなさが災いして言いたい事の7割も言えてない感じだわ








コメント

それぞれの常識

2011-03-01 17:28:55 | 仕事
先日の総会を終えての現在の心境を書こうかと思います。
不特定多数の方がご覧になれる環境に書き込むので、関係者の名誉のため個人名は一切出しません。
内情をご存知の方々はそれでもお分かりになると思いますので。

ネットでさんざん騒がれていた問題に関しては、やはりちょっとしたボタンの掛け違いが原因と個人的には解釈します。
本来の当事者である方々は深刻な事情があり、当日お来し頂く事は叶いませんでしたが、それぞれに近しい方々が代わりにご説明下さった内容を鑑みると、どちらにも正義があり、どちらにも落ち度があった。
双方ともプロジェクトを良い物にしようという理念の部分では一致しているにも関わらず、ただ方法論が違っていた。
その方法論がそれぞれの正義であり、方法論の食い違いを認識しながらも、それを摺り合わせることができなかったのがどちらにとっても落ち度。
誰が悪いという事ではなかったと思います。
本当に残念なのは、何故当事者同士が心ゆくまで話し合いをされなかったのかということ。
渡した資料のあまりの多さからすべてを読み込めない(見落としがある)かもしれず、かなり時間が経ってから疑問が出てくる可能性をなぜ考えなかったのか・・・
逆に疑問が出たのであれば、なぜ身内であるプロジェクトマネージャーを通り越して文化庁に聞きに行ったのか・・・
この時点ですでにお互いの信用が失われていたと見て取れます。蟠りはこのプロジェクトが発端ではないということです。
では何故そうなっていたのか・・・これこそ本当に当事者にしかわかりません
そもそもはそこを真っ先に正すべきで、それが当時きちんとなされていれば事態は収束できたように思えます。
できるなら今からでも修復して頂きたい・・・切に願います。

プロジェクトの混乱についてはアニメ業界が非常に閉鎖的であることも原因の一つではないかと。
この業界の人たち(私も含めてですが)は、独特のモラルを持っていると思います。そして他のモラルを受け入れようとしない傾向も。
今回のように第三者組織が介入してくる場合、我々の閉じられた常識では通用しない事が多々あります。それを認めて、受け入れる努力をするべき時がきています。
今我々はアニメ業界を一般に広く知って頂こうとしています。
そのためには自分たちの常識の中に閉じこもっているわけにはいかず、歩み寄らなければいけません。
今回はそれができなかった。例の『言った言わない』がこれに当たるのでは。
セリフの内容ではないんです。こちらがそういうつもりでは無かったとしても、そう受け取ってしまう先方の常識がそこにあるということを認識して、対処法を勉強しなければ、業界の事を一般に理解して頂く事は出来ないと思います。
もちろんすぐに順応する事は難しいと思います。
幸いJAniCAにはアニメ業界とは系統の違うモラルをお持ちの方もいらっしゃいます。それらの方々の意見も参考にしつつ、歩み寄れる所を模索してはどうでしょう。
そしてそれらの方々に逆にお願いです。我々に理解し易い表現・手法を用いて頂きたい。
apple社のCEO、スティーブ・ジョブズ氏はプレゼンの際、専門用語は決して使わないことで事業を拡張したと聞きます。それが人心を掴むコツだと。
人を納得させるためには専門用語は邪魔でしかない。専門家でない人間は、専門用語を出された時点で交渉を拒絶された気分・・・圧力をかけられている気分になることがあるとご理解下さい。

最後に。
この総会で新理事の方々が選出されました。
途中、予定されていた議長の交代という変更はあったものの、議長をかって出られた方はご自身の投票権と議長票委任状を放棄されたので、非常に公正な選挙であったと思います。
しかしながらいまだに候補者の方々(理事に選出された方もそうでない方も)をネットで誹謗中傷している人がいるのは私の『業界的モラル』で量っても異常だと思います。
しかも匿名掲示板で・・・候補者の方々は名前も顔も知られているのに、自分は名前も公表せず中傷するなど卑怯ではないですか。
候補者の方々はいずれも交遊関係の深さの違いはそれぞれありますが、皆さんが一番お話を聞きたい当事者ではなく、この状態をどうにか収束させようと立ち上がった人たちです。
この一件の本来の原因を作った訳でも、完全に把握している訳でも無い。
だからこの一件になんでも結びつけてネットで晒されるような謂れなどありません。
不満や聞きたい事があるのならば個々の方々に、もちろん実名を名乗った上でおたずねになったらどうですか?
その方が憶測で繰り返し語り続けるよりも、建設的で時間もかかりません。
そもそもその行動で、あなた方が支持している当事者の方々は、本当に納得する答えを得られるのですか?
このネットでの騒ぎがどちらの陣営の名誉も無意味に傷つけているだけのように私には見えます。
当事者の方々が冷静に話し合うのが解決への一番の近道ではないですか?お互いに納得され、関係を修復する事ができれば、それでいいではありませんか。
周りが見当違いに騒ぎすぎると、本当に重要な話が聞こえなくなります。前向きな話し合いのために、少し声を小さくしてみてください。

もう一つ・・・無料正会員の扱いについて言いたい事がありますが、時間を見て次の機会に。
コメント