新イタリアの誘惑

ヨーロッパ・イタリアを中心とした芸術、風景。時々日本。

歳末の東京夜景散歩・・・東京探訪

2016-12-31 | 東京探訪


 ここ2か月ほど、暮れてゆく東京の風景をちょこちょことスナップしていた。

 何かのついでに、といった形なので、じっくりと見たわけではないが、

 それぞれに味わいのある表情を見せていた。

 そんな、東京の街角散歩 あちこち。

 お台場の夕暮れ。ちょうど夕日が沈んでゆく時間だった。

 日没とともにレインボーブリッジがライトアップされ、東京タワーも光を増した。

 ガンダムの巨大フィギュアは迫力満点。

 浅草・鷲神社の酉の市。初めてだったが、江戸情緒たっぷりのとても楽しい行事だった。

 結局熊手は買いそびれた・・・。

 今年から一般公開が始まった迎賓館。夕方の正門。

 本当は建物のライトアップを前庭で見ようと思ったのだが、予約以外は門限で追い出され、はるかかなたから一部の姿だけが見えた。

 秋葉原駅近くの万世橋。神田川に映るライトの灯影が幻想的だった。

 新宿駅西口の高層ビル群。さすがに夜空に映える。

 南口は車の洪水。新宿は一種独特の魔力を持っている。

 対して、丸の内周辺はちょっと気取った雰囲気。

 東京駅は風格十分で、夜の都会にピッタリ。

 「KITTE」のビル内にはライトブルーのクリスマスツリーが飾られていた。

 クリスマスツリーといえば、カレッタ汐留はブルーの背景にピンクのツリー。これはさすがに美しかった。

 それも、、時間ごとに色が変わってファンタスティック。


 最もブルーだったのは、渋谷に出現した〝青い洞窟”。

 まさに世界が青一色に染まる芸術的な空間が出現していた。人が多かったのが難点で、無人の状態の時を見てみたい。

 今年の5月から始めた「新イタリアの誘惑」は、イタリア以外のものが多くなってしまいましたが、ご覧いただいて有難うございました。
 来年も、国内外の様々な風景をお伝えして行きたいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よさこい讃歌2016⑨ 「決意」  百華夢想、破天荒、横浜百姫隊、ETC・・・

2016-12-28 | よさこい讃歌

                                          (百華夢想)

 瞳の奥に

 たぎる情熱が ほとばしる




                                          (百華夢想)


                                            (琥覇)


                                          (四万夢多)

 誰にも 何も言わせまい

 私には私の 道がある


                                   (破天荒)


                                   (舞華)


                                   (夏龍颯爽)


                                   (横浜百姫隊)

 たとえそれが 他人には

 無価値なものに 見えようとも

 信念は 揺るぎはしない


                                (tokyo phantom orchestra)


(tokyo phantom orchestra)


(燦ーsun-)


(かつみ獅子蓮花)

 だって

   もがいて
 
     あがいて

       やっと見出した

             光だもの



 



                                 (桐桐舞)


                                 (鴉)


                                 (VOGUE)


                                 (京都櫻嵐洛)

 いつか きっと

 私を捨てて 去って行った過去たちを

 振り向かせて 見せる



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よさこい讃歌2016⑧ 「フレッシュ」  躍動

2016-12-25 | よさこい讃歌








 笑顔が はじける

 体が 踊る

 叫びが とどろく











 飛び上がることで 

 違った次元に ワープしてしまいそうな
 
 熱にあふれた 集団が ある









 突き抜ける 情熱によって

 自己を 確認し

 結びあう 輪によって
 
 生を 肯定する







 そんな 若者たちの

 息吹が 目の前にあった




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よさこい讃歌2016⑦ 「至福の空間」  しん

2016-12-21 | よさこい讃歌








 南国独特のリズムが 立ち上がる

 踊り手たちは そのリズムに乗って

 徐々に 徐々に 

 興奮を ふくらます









 実に心地よい 空間が形成され

 地響きのように 

 喜びが 湧き上がる









 誰の追従をも 許さない

 孤高の高みへ







 彼らは 

 その歩みを 止めることはない




 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よさこい讃歌2016⑥ 「結ばれる心」  琥覇

2016-12-18 | よさこい讃歌








 決して最初から 完璧だったわけではない

 スタートは 小さな塊に すぎなかった










 だが 音の高鳴りとともに

 迫力を伴って 近づいてくる

 若者たちの 躍動は

 大いなる感動をも 運び込んだ











 はちきれる笑顔は

 それを見る人にまで 幸せを届ける

 一人ひとりの 生き生きとした表情が

 結ばれた絆の存在を

 如実に物語っている







コメント
この記事をはてなブックマークに追加