新イタリアの誘惑

ヨーロッパ・イタリアを中心とした芸術、風景。時々日本。

浅草寺の羽子板市を楽しむ。五重塔とスカイツリーの夜景も

2017-12-29 | 東京探訪

 浅草・浅草寺の境内で開かれた恒例の羽子板市(歳の市)に出かけた。

 浅草に到着したのは午後3時過ぎ。外国人観光客も含めた人出でにぎわう仲見世を通り過ぎ、境内に入ると、本殿に向かって左側に羽子板を売る出店が数十軒軒を並べていた。

 吉徳、久月など、人形で有名な店も含めて、各々の店には天井まで届く高さに羽子板が掲示され、まさに歳末の風情満点。

 店をのぞいてみると、やはり着物姿の女性を描いた羽子板が主流。歌舞伎の演目にあるテーマの装いをした女性像が目に付く。
 この姿などはまさに大和なでしこの典型的な美しさ。

 こうした女性たちの顔立ちは、和装でイメージする喜多川歌麿などの美人画に比べると、ずいぶん丸みを帯びている。現代の美人像は、よく見る長い顔の浮世絵とは変わってきているということなのかもしれない。

 顔立ちにもやはり流行はあるようだ。角度も大半は斜め45度の横顔が主流。

 柔らかい指の動きも優雅だ。

 こちらは藤娘のしっとりとした姿。

 男顔はほとんど歌舞伎役者の舞台姿。連獅子や助六などといった姿が見られた。

 伝統的なものばかりではなく、似顔絵の羽子板も。「35億」でブレークしたブルゾンちえみ。

 ベテランでは黒柳徹子と西川きよし、ヘレン夫妻。

 「やばいよ、やばいよ」の出川哲朗。

 売買が成立すると、337拍子の拍手がわく。

 数千円から数万円まで順調に売れていた。

 場所が浅草寺の境内だけに、建物の姿にも引き付けられる。

 夕暮れにライトアップされた本殿の堂々とした姿。

 五重塔とスカイツリーが一枚の写真に納まる貴重なスポットがあった。

 その五重塔は時間とともに刻々とビジュアルが変化する。
 まず、日が沈んでシルエットが浮かぶ。

 照明が当たり始めて次第に赤味を帯びてきた。

 しっかりと輝きを放ち始めた。

 青く沈みだす空と対照的に光を増した五重塔。

 宝蔵門越しに見るスカイツリーも存在感を増していた。

 江戸の情緒と現代の象徴とが一度に見える楽しみをたっぷりと味わった夜だった。



 

コメント (2)

富岡八幡宮・深川祭りの豪快さに酔いしれる

2017-08-14 | 東京探訪

 日曜日、深川の富岡八幡宮例大祭に行ってきた。

 この祭りは、1642年三代将軍家光の長男家綱の誕生を祝ったのが始まりとされる江戸三大祭りの一つ。豪華な神輿が特徴で、「神輿深川 山車神田(神田明神の三社祭) だだっ広いが山王様(日枝神社の山王祭)」とも称される。 
 今年は三年に一度の本祭りで、各町内から55基もの神輿が勢ぞろいする年に当たっている。

 見所の神輿巡行は、午前7時に先頭が八幡宮を出発し、東陽町、清澄、箱崎町、新川など各町を巡回して、午後1時過ぎに八幡宮に戻ってくる。

 この巡行の特色は、沿道から神輿に向けて「わっしょい」の掛け声とともに大量の水が浴びせられること。その勇壮な姿から「水掛祭」という別称も与えられているという。

 門前仲町へは昼過ぎに到着。永代橋付近で神輿を待った。

 最初の神輿が昼休憩を終えて永代橋に差し掛かってきた。早速水が掛けられる。それも、ここの場所では道の両側から消防署のホースで放水されるため、周囲が水しぶきに包まれる。

 水がかからない時のすっきりした神輿の姿は、こんな具合に黄金の輝きを発している。

 巡行の先触れとして赤い法被姿の女性たちが行進。

 また、少年少女たちがこれに続く。

 そして神輿。威勢よく担ぎ手たちは神輿を上下動させて気勢を上げる。

 これを、神輿を取り囲む若衆たちがびしょぬれになりながら見守る。

 神輿は数トンクラスの重さだそうだが、それを担ぐ女性の笑顔がカッコいい。

 その重さを差し上げた時、各々の手が重なり合って、まるで絆の象徴みたい。

 次の神輿が走るような勢いで近づいてきた。

 そんな様子をパパの肩車で見物する少年。

 行列の中に外国人女性も混じっていた。

 永代通りは、こんな風に人、人、人で埋め尽くされていた。

 担ぎ手たちは水攻め状態でずぶぬれ。

 その様子に拍手でエールを送る。

 本当に迫力十分の祭りだ。

 ゴールに近づいた佐賀町ではトラックの荷台に貯めこんだ水をバケツで神輿めがけて浴びせかける。

 そんな豪快な風景に、しばし「日本の祭りっていいなあ!」と見とれた数時間だった。


 この勇壮な祭りの当日に八幡宮に通じる永代橋が崩落し、死者行方不明者計1500人を超える犠牲者を出した歴史的な事件も起こっている。

 1807年のことだ。雨で何日も延期になったこの祭りを見ようと、江戸市民たちが老朽化していた橋に押しかけて橋が落下した。

 そんな悲惨な歴史を持つこの祭りだが、今年は担ぎ手、観客、関係者、皆幸せそうな笑顔に包まれていたのが印象的だった。


 
コメント

東京探訪 「千登勢橋」  過ぎ去った季節への哀切を想う瞬間

2017-05-15 | 東京探訪

 ある時期、北海道出身の倉橋ルイ子という歌手の歌に魅せられたことがあった。

 その中の一曲「幾春別の詩」 

 遅い北海道の春。廃坑となった炭鉱の町に吹きすさぶ風の冷たさと、荒涼とした風景を思わせる旋律と情感。 彼女独得の声質によって増幅され、胸に迫った。

 幾つもの春と別れを告げてきた半生を振り返るとき、戻れない時代への哀切を、その歌に見た。


 そして「千登勢橋」。

 別れの歌。
 池袋という盛り場からほんの少しだけ離れた場所。だが、決して人の温もりがないわけではない。

 橋の下には、高速で行き交う車と

 まだ昭和の香りを含んで走る都電荒川線の電車が行き過ぎる。

 大都会の片隅で育んできた 小さな恋。 でもガラスのように壊れやすい恋。
 それは、ちょっとしたきっかけで破たんしてしまうこともある。

 そんな瞬間に、この橋の上で遭遇してしまう。

 何かのはずみで手から離れたハンカチが ゆっくりと踊りながら 橋げたから落ちて行く

 見つめる女の耳元で、男がつぶやく 「さよなら」
 ハンカチと共に はかなく奈落に落ちて行く女の心


 倉橋ルイ子のふりしぼる歌声も、暮れて行く橋のたもとの雑踏にかき消されて ドラマは終わりを告げる。


 夕闇。 遠くにそびえるビル。動かない橋。

 この歌を繰り返し聞いたのは、もう何十年前だったのか。
 一度千登勢橋の上に立ってみたいと、思い続けて、忘れたころ ここにたどり着いた。


 この日も たくさんの人たちが橋を渡り、また橋に佇んで、
 それぞれの思いを胸に抱えながら、一日の終わりを迎えようとしている。 


 
「千登勢橋」 作詞 門谷 憲二  作曲 西島 三重子

 駅に向かう学生達と
 何度もすれ違いながらあなたと歩いた
 目白の街は 今もあの日のたたずまい
 指をからめ いつもと違う あなたの優しさに気づき
 もうすぐ二人の別れが来ると 胸が震えて悲しかった
 電車と車が 並んで走る それを見おろす 橋の上

 千登勢橋から落とした 白いハンカチが
 ヒラヒラ 風に舞って
 飛んで行ったのはあなたが
 そっと さよならを つぶやいたときでしたね

https://www.bing.com/videos/search?q=%e5%8d%83%e7%99%bb%e5%8b%a2%e6%a9%8b+%e8%a5%bf%e5%b3%b6%e4%b8%89%e9%87%8d%e5%ad%90&view=detail&mid=57A11AF3F896AF5CE77557A11AF3F896AF5CE775&FORM=VIRE

明日からしばらくイタリアに行ってきます。そのため6月上旬までブログはお休みしますが、その後はイタリアの新しい風景、祭り、美術などを紹介したいと思っています。よろしく!
コメント

東京探訪 東京三大たい焼き巡り 人形町、麻布十番、四谷

2017-05-12 | 東京探訪

 ある早春の土曜日、友人と夕食の約束をしていたが、夕方まではたっぷり時間がある。そこで、ふと思いついて「東京三大たい焼き巡り」を実行することにした。

 かねて評判の高い老舗の3つのたい焼き店、人形町の柳屋、麻布十番の浪花屋総本店、四谷のわかばを一日で巡り、味比べをしてみようという、何ともまあミーハーなプランだ。


 
 まず目指すは人形町。自宅からの電車の都合で半蔵門線水天宮駅で降り、街路にある火の見やぐらを模した「人形町からくり櫓」を眺めながら歩く。

 歌舞伎や火消衆をデザインした洒落たやぐらだ。

 甘酒横丁を右に曲がるとすぐに、目的の柳屋が見えてきた。というより、たい焼きを求めて並ぶ行列が見え、それで柳屋とわかった。土曜日の午後、意外に列が短い。有り難い。

 とはいってもたい焼きを焼く職人さんは1人だけ。大きな焼き器で一気に10数枚も焼く形式と違って、鯛の型に1つ1つ小麦粉と餡を詰めて焼き上げる作業なので、なかなか進まない。
 
 長い柄のついた鋳物の先に一匹分のたい焼き型があり、その型に生地を敷き、上に餡を入れてさらにその上から生地をかぶせる。それから焼いてゆく。これを通称「天然もの」と称して、大量生産の焼き器に生地を流し入れて製造する「養殖もの」とは区別されるのだそうだ。
 巡回しようとしている三店はいずれも「天然もの」の店だ。

 それでも待つこと約30分。どうにかゲットすることが出来た。すかざず尻尾からガブり。焼きたてとあって、皮がパリパリとして香ばしい。餡は甘さが抑えられている感じ。店の前で何人もがたい焼きにかぶりつく風景が、横丁の風情に似合っている。

 柳屋から人形町の交差点を渡り、親子丼で名高い「玉ひで」の先に、谷崎潤一郎出生の地がある。そこをちょいとのぞいて、次に麻布十番を目指した。

 また、水天宮の建物を眺めながら地下鉄へ。永田町乗換で麻布十番に到着。人形町がそこはかとなく江戸の香りを残した土地だったのに比べて、こちらはまさに都会の街並み。

 駅から3分も歩けば浪花屋総本店に到着する。この店の創業は1909年と、3店の中でも最も古い。創業者が大阪出身だったので、浪花屋という屋号にしたのだという。

 あれ、行列が出来ていない! 「よかった」と思ったのもつかの間、ここでは「今だと1時間半かかります。よろしければ予約を」と機先を制された。こうして行列で通行人の邪魔をしないように配慮しているらしい。それで、早速予約を完了、待ち時間の間に四谷へ向かうことに。

 四谷へは南北線で4駅先。四谷は学生時代,クラブ活動の合間に友人たちとたい焼きの食べ比べをした懐かしい場所。四谷見附橋を渡って数分歩き、左に曲がれば店が見える。

 ところが、こちらは大行列。写真だとよくわからないが、店の角を曲がった所からさらにずらりと人が並んでいた。
 昔の、行けばすぐに買えたイメージが残っていたのだけれども、もう時代は変わっていることが実感できた。

 ここも一枚一枚手焼きで製造する形。2人の職人さんが働いていたが、列の長さに加えて一人で何十個も大量に購入する人も目立ち、結局ここだけで1時間30分もかかってしまった。

 早速店頭でかぶりつく。餡の厚みがずっしりとしており、塩の隠し味が効いているのか甘味の奥深さが伝わってくる。うまい。学生時代がふんわりと蘇る瞬間を味わった気がした。

 さあ、急いで麻布十番へ。予約した時間はもう過ぎてしまっている。でも、店ではちゃんと対応してくれて、滞りなく3番目のたい焼きをゲットすることが出来た。

 ここは、昔大ヒットした子門真人の「およげたいやきくん」のイメージの源となった店。老舗らしい貫禄十分の店構えだ。

 こちらのたい焼きは他の2店よりわずかに小ぶり。味は、小豆を8時間かけて炊き上げた餡の甘さと皮の張り具合のバランスが、さすがと思わせるものだった。


 店からほんの数十mのところにある広場に、小さな女の子の像があった。この子は野口雨情の詩で有名な「赤い靴」の女の子「きみちゃん」の像だ。

 歌詞では、赤い靴を履いた女の子は海外に行ってしまったことになっているが、実はきみちゃんはアメリカ人宣教師夫妻の養女になったものの、夫妻が帰国する際、結核に侵されていて、長い船旅には耐えられないと、麻布にあった孤児院に引き取られ、そこでわずか9年の生涯を閉じてしまった。そんな縁からこの麻布に像が建てられたという。

 作詞者の野口雨情も・生後わずか7日で長女を亡くした経験があり、そんな思いをきみちゃんに重ねながら詩を作ったのかもしれない。

 「赤い靴 履いてた 女の子 」
 まだ たい焼きの甘味を残した口許できみちゃんの歌を口ずさみながら、友人の待つ店に向かった黄昏だった。









コメント (4)

東京探訪 文京シビックセンターから都心を見下ろす

2017-05-09 | 東京探訪

 樋口一葉、石川啄木と、明治の若き天才たちを追う探索を一応終えて、帰りがけに文京シビックセンターに寄った。
 
 ここは文京区役所であると同時に、高さ105mの展望ラウンジを持ち、都心で360度の展望が出来る公共スペース。早速25階の展望ラウンジに上った。

 まず、目に入ったのはやはり東京スカイツリー。さすがに634mの塔は高い。

 新宿副都心方面には高層ビルがニョキニョキと建っている。

 池袋側も高層ビルが多い。

 少し手前には中央大学ののっぽビルが目の前にあった。

 それに比べてあまり目立たないが、写真中央に濃い茶色の時計塔が見える。あれが東大の安田講堂。

 すぐの眼下にあるのが後楽園遊園地

 小石川後楽園の緑が目に染みる。

 こちらは大手町方面

 展望台の中はこんな風になっている。

 ようやく夕暮れが近づいてきた。さあ、家に帰ろう。


コメント