採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

那須のイグチ系きのこ

2020-09-24 | +きのこ

9月中旬、マイタケの様子を見に那須に行ってみました。
(メンバーは、両親、ダンナサマ、そして私の4人)

このときはマイタケの気配は全くなし。
雑草を刈って、落ち葉のおふとんをこんもりかぶせてきました。

 

マイタケはなかったのですが、父と散歩してみると、周囲の別荘予定地には、キノコがぽこぽこ。
イグチ系が目立ちました。

観察のため、いくつか摘んでみました。
で、すみません、名前はこれから調べます・・・。
(もし名前すぐに分かる場合は是非教えて下さい!)

切ったり、傷つけたりして青変性を調べるのは忘れました。
帰る間際だったのであまり時間がなくて・・・。

那須イグチ系きのこ

左:カサはオリーブ色、管孔と軸上部は薄紫色。
右:カサは明るい茶色、管孔と軸は黄色。

那須イグチ系きのこ

中央:カサは赤、軸は薄い赤で、ささくれあり。管孔は黄色。
   これはなんか特徴的なので名前が分かりそうだけど・・・。

右:カサは黄色がかったオリーブ色、軸はこげ茶、管孔は白茶色。
  これは、うちの近くでも見るような気がします。苦そうなイグチだけどどうかな。


那須イグチ系きのこ
那須イグチ系きのこ

左:カサは明るい茶色でヘリがやや赤みがかった色。軸と管孔がなだらかで境目がないかんじ。管孔は黄色。軸は上端が黄色で中央は白っぽく、下部は薄い赤茶色。

右:カサ、軸は、薄めのシックなこげ茶色。カサのヘリと中央は白(あまり見たことがないです)。管孔は白で密な感じ。
 シックで素敵な外見のきのこです。うちのあたりではあまり見かけません。

 

コメント (1)

かわいくておいしい上生菓子(御菓子司 紅谷三宅)

2020-09-23 | +お菓子・おやつ

たまたま、ネットのニュースサイトで、とってもかわいい和菓子の記事を読みました。
上生菓子が、あざらしとかペンギンのかたちなのです。

よく読んでみると、栃木県真岡市の和菓子屋さん「御菓子司 紅谷三宅」とのこと。

真岡市って、聞いたことがあります。
うちの北の方で、那須に行く途中に通る場所です。

シルバーウィークの連休、マイタケの発生状況を見に行きがてら、その和菓子屋さんに行ってみることにしました。
事前に電話予約して、お目当てのお菓子を確保しておきました。


早速ご紹介。
どうでしょう、この可愛さ!

上生菓子

ペンギンとあざらしの、どちらも赤ちゃん。
まるっこくて、赤ちゃんのイメージにぴったり。
SNSで話題なのだそうですが、みんなに見せたくなる気持ちがよく分かります。
(なので私もこうやって・・・)

上生菓子

まるまる~。
後ろ側にはかわいい後脚もついています。
可愛くて食べちゃうのがはばかられます。

和菓子であざらしやペンギンって、斬新な気がしますが、丸っこいフォルムがなんだかぴったり。
(改まったお茶席には、あまりにも心がなごみすぎて向かないかも?)




ほかの形のものも買ってみました。

上生菓子

黒猫さん。

上生菓子

白猫さん。

この猫たちは、写実性はあまりなくて、デフォルメされています。
顔だけ、ということは、チェシャ猫・・?



いわゆる普通の、エレガントな季節のお花の形状のものもあります。

上生菓子

左は桔梗、右はなんだろう。


上生菓子

これは、萩ですね。


可愛くて切断は憚られますが、中も見たいし切ってみました。

上生菓子

中は小豆の漉し餡になっています。

上生菓子

お花の方も、似たような感じ。


どれも練り切りで作られているのだと思いますが、ものにより、微妙に味が違うような気もしました。

味わいは、と~っても上品。
甘さは控えめで、すっきりした甘さ。甘すぎないので、するっと1個、食べられてしまいます。
上質な味わいです。
お値段は、上生菓子ならこれくらいかな、という価格プラス100円くらい。(確か1個450円)
ケーキ屋さんのケーキと同じくらいかな。

でも、ケーキとは違う味わいと体験ですよね。
たまには贅沢な和菓子を頂くのもいいなあ、と思いました。


お店には、午後1時すぎくらいに伺ったのですが、店頭のお菓子はほぼ完売状態。
練り切りのほかにも何か・・・(栗の季節だし何か栗のものがあれば・・・)と思っていましたが、売れ行きが早いようでした。
(連休中だったせいもあるかも)

どら焼き

この足跡のどら焼きは予約しておいたので1個ゲット。

丹波大納言蒸しようかん

(写真は借り物です。自分で撮って、すぐ差し替えます)
お店でみつけて買ったのは、こちらの「丹波大納言蒸し羊羹」だけだったのですが、これが大当たり。
小麦粉入りの、もっちりした羊羹なのですが、甘さが絶妙で(甘すぎない)、小豆の味もよくて、絶品。
(どら焼きよりもこちらが格別!)
これは次も買いたいと思いました。




コメント (1)

マグネット式USBケーブル

2020-09-18 | +食べるもの以外

愛用のタブレットの充電端子は、マイクロUSBです。

充電したままちょっと操作しているときに手から滑り落ちたり、などを繰り返して、マイクロUSBのケーブルがひどいことに。

マグネット式USBケーブル

めっきょり変形してしまいました。

最初はきっちりはまったのに、こんな形状になったせいか、ゆるゆるになってしまって、ものをかませるなどして角度を調節しないとうまく充電できないように・・・。
このケーブル側の問題だけならともかく、タブレット側の差し込み口の方も、あやしげな気配。

これ以上ひどいことになる前に、なんとかしたいものです。

ダンナサマが、「土台があって、そこにきっちり置くようなクレードルはどうお?」と教えてくれました。
でも、土台ごと落としたりしそうだし、置く場所も考えないといけないし・・。

以前ダンナサマが持っていたアップル社のノートパソコンの電源が、マグネットでぱちっとくっついて、外すのも簡単なタイプでした。
(マグセーフというそうですが、最新機種にはついてないんですって。アップル、なんであれをやめちゃったのかなあ。さすがマック、というあこがれの機構だったのに)
あんなのがいいなあ。
力がかかったらすぐに外れれば、端子両側とも故障のおそれはないですよね。


ネットで検索していたら、なんと、USB端子のマグネット方式がありました。
早速ダンナサマに買ってもらいました。

マグネット式USBケーブル

いろいろなメーカーから出ていて、値段もさまざまのようです。
今回、粗忽者の私用には、(丈夫さを期待して)比較的値段の高いサンワサプライのものにしてもらいました。(多分これ
ダンナサマも自分用に買って、それはもっと安い方。

マグネット式USBケーブル

タブレットに小さなアジャスタ(?)を差し込み、それがケーブルのマグネットの端子とくっつくようになります。

マグネット式USBケーブル

差し込むパーツはこれ。小さい!

マグネット式USBケーブル

小さいパーツとケーブル。 これより近づけると、ぱちん、と引き付けられてしまうくらい、磁力が強いです。
ケーブルの側にはLEDが仕込んであって、なんか光ります。
ダンナサマのケーブルは、充電進行中と、フル充電の状態で色が変わりますが、私のは同じ色のまま。

マグネット式USBケーブル

タブレットに差し込むと、こんな感じ。
タブレット側が既に変形とかしてて、ここがユルユルだったら使い物にならない、と危惧していましたが、しっかり嵌まりました。
ちょっと引っ張ったくらいでは抜けません。

マグネット式USBケーブル

ぱちっとくっつけて、充電開始!
お~、ちゃんと電気が通っています。

取り外すときも、ぽきっと折るようにするだけなので、楽~。

本来、コードの抜き差しは、
①コードの(ひも部分じゃなくて)太いところをしっかり持って
②タブレット側もちゃんと支えて
③更に双方平行になるように構えて
④それなりに力を入れて引っ張る
という必要がありますが、いつもどれかが出来ていませんでした。

軽い力で、しかも好き勝手な方向に折り曲げていいなんて、助かる・・・。



いつからこのようなものが売り出されていたのか知りませんが、もっと前に知りたかった・・・。
私にとっては画期的なツールです。


マイクロUSBの抜き差しですら下手くそな私、いわゆる電源コンセントの抜き差しもとっても苦手です。
レバーがついていて、握ると簡単に抜き差し出来る接続パーツ(例えばユニプルグなど)があるらしいのですが、気になりつつも、まだ買えていません。ホームセンターに売ってるのかしらん。
買ったらまたご紹介しますね。

コメント

梨セロリサラダ

2020-09-17 | +ふたりの日

いま、うちには梨が沢山。
フルーツは、食後にぜひ食べたいところですが、ダンナサマがお酒を飲んでしまうと、デザートはいらない、ということになったりします。
なのでサラダなど、お料理にもどんどん使うようにしています。

この前、家にある材料で作ったサラダがなかなか美味しかったので記録しておきます。

■■梨とセロリときゅうりのサラダ
■材料

セロリ
きゅうり
きゅうりピクルス
ヤギのフレッシュチーズ(ない場合はポロポロのカッテージチーズでも)
パセリ(ディルでも)
(あれば)チコリ

・きゅうりと梨は同じくらいのサイズの賽の目に切る
・セロリは賽の目よりはやや薄く切る
・きゅうりピクルスは、味が強めなので、断面は賽の目と同様で、薄く切る
・これらを和えて、できればしばらくおいて味をなじませる。
・チコリの葉に盛り付け、チーズをちぎって乗せ、パセリの葉を散らす

梨セロリサラダ

チコリがあったので、素敵っぽく盛り付けてみました。

タイミングが合えば、いつかこんな感じでお客さんの時に出してもいいかな。


どの素材も、しゃりしゃり、サクサク系。
梨はみずみずしく、きゅうりはカリカリ、セロリはその中間くらい。それぞれ少しずつ触感が違います。

そして梨とセロリの味がとてもよく合うのです。
梨は、つよい香りがなく、後味としてはやさしい甘さが続くので、セロリのすーっとした余韻が加わると、さっぱりした印象になります。

きゅうりピクルスが、わりとしっかり酸味と塩味があるので、これが調味料のような感じ。
作りたてよりも、一晩おいた方が全体の味が馴染みました。

トッピングは今回は、塩味も酸味も強めのヤギのフレッシュチーズ。
野菜部分が薄味なので、ちょうどいい感じでした。
カッテージチーズの場合は、薄い塩味だけのチーズなので、野菜部分にもう少し味をつけてもいいかも。



梨とセロリがよく合うというのは今回の発見でした。
梨って果物としては剥いてすぐ、そのまま食べることがほとんどですが、ミントか何かの風味を添えたらどうだろうか。
ミント風味のゼリーを添えるとか・・。

面白いものが出来たら、また記事にしますね。

コメント

八ヶ岳生とうもろこし

2020-09-16 | +野菜

9月初旬、とっても美味しいトウモロコシを頂いたのでご紹介します。
(Sさん、ありがとうございました!)


農産物を送りますよ~、とのご連絡を頂いて、何かなーと思っていたら、ワイン6本用の大きな箱。
え、縦長?これは何!?と開けてみると・・・・

八ヶ岳トウモロコシ

トウモロコシ! 縦に収納されてる!

八ヶ岳生とうもろこし」というブランドのようです。
もぎたて新鮮!
葉っぱがまだみずみずしいです。

八ヶ岳トウモロコシ

ワイン6本用くらいのサイズの箱を4つに仕切り、トウモロコシ8本を縦に収納してあります。
こんな発送方法があったとは。
(トウモロコシ通販では普通なのかもしれませんが、取り寄せたことがないので知りませんでした)
写真に写っていませんが、外箱にもブランド名等が印刷してあって、専用のものでした。

八ヶ岳トウモロコシ

一本一本口の空いたフィルムに入れてあります。

「届いたらまずは生でかじってみて下さい」としおりにあったのでちょびっとだけ食べてみました。
新鮮でぷしゅっと水分がはじけます。
シャキシャキして甘くて、梨のよう・・・。
澱粉ぽさはまだ全然ない状態です。

収穫時期はどうやって判断しているんだろう・・・(畑のトウモロコシ、いつも迷うのです)。

八ヶ岳トウモロコシ

生でもおいしいけれど、鮮度のいいうちに早速加熱することにしました。
最近は、(虫被害がない場合は)皮一枚残して、皮ごと蒸かすスタイルです。

以前、全部剥いて蒸かしたとき、キッチンペーパーでつかんで取り出したら、黄色い点々がついたのでした。
皮も毛も全部むしってしまうと、毛の痕跡部分もしくはどこかの薄い部分から、果汁が少し吹きこぼれてしまう?
それ以来、なるべく粒を保護する状態で加熱しています。

まとめて蒸かして、翌日軸から切り離して、大半はパックして冷凍しておきました。
1本が2パックになる程度の小分け。
こうすると、ポテトサラダなどに使いやすいです。

八ヶ岳トウモロコシ

1本分は、ここ数年企画をあたためていた、トウモロコシごはん。
お米2合と軸から切り離したトウモロコシ1本分の実、そして軸ものせて炊きます。


八ヶ岳トウモロコシ

トウモロコシの比率がとっても高い、贅沢なトウモロコシごはんになります。
挽きたての黒コショウをかけて食べると最高!

バターも乗せたらどうかと、少しだけ試してみましたが、バターがあるから格段に美味しくなるというほどでもなし。
むしろトウモロコシの純粋な美味しさがバターの濃厚さで少し薄れるので、バターはない方がいいかな。


ダンナサマは、さほどトウモロコシ好きという訳ではないので、残った分は全部私のものかなーとひそかに期待していたら、
黒コショウのアクセントがよかったみたいで、「美味しいねえ」とかなり好評。あれ。
冷凍トウモロコシごはんは、私だけのものではなくなりました・・。


今年、MY畑にそこそこのトウモロコシの種を蒔いたのです。
それが育つかなーと期待して、直売所の最盛期には、買いそびれ。
そして、梅雨時期の雑草と動物にやられて、畑からの収穫はほとんどなし・・。
種代のモトすらとれてない状態でした。

結局ずっと食べ損ねていて、スーパーの多少ひからびてるやつでもいいから買おうかと思っていたところでした。
こんなにおいしく美しいトウモロコシをこの時期に味わえるとは!
本当にうれしいことでした。


来年は、畑のトウモロコシも、もうちょっと頑張ろうかな。


コメント (2)