季節のあしあと

中々上手にならないゴルフ、夏になるとお手上げのガーデニング、六十の手習いのおけいこ事…
ボヤキ日記

盛夏に咲く元気いっぱいの花

2018年07月30日 | ガーデニング

強い風と雨が叩きつける音

ときおり地響きのような音をたてながら家にぶつかってくる風の音

昨日、早朝に通り抜けた台風12号の凄まじい音で目が覚めてしまいました。

 

 

薔薇鉢は早めに避難させましたが、移動ができない地植えの薔薇がどうなっているのか…

外が暗くて様子が分からず庭の植物が気掛かりでした。

明るくなって庭に出てみると軽めのものが散乱していました。

一番気になったのは蕾をいっぱい抱えていた「サンテグジュペリ」でしたが

さほどの被害は無かったようです。

前日に写したサンテグジュペリ

 

 

2番花でもボリュームたっぷりです。

 

 

株元のシュートも無事でした。

 

 

このところブログに頻繁に登場する宿根フロックス

彩の乏しい夏の庭で唯一の花なのでついついフロックスにカメラが向きます。

 

 

今年突如現れたフロックス

今まで我が家では咲いたことの無いような色と花の形

いつ植えたんだか?まったく記憶が蘇らないけど

花の少ないこの季節に嬉しいサプライズ

 

 

今年仲間入りした「フレイムブルー」がお気に入りになっています。

 

ずーっと咲き続けてひと月以上楽しませてくれています。

 

 

不規則に現れるブルー(パープル)が見るたびに違うので見飽きません。

 

咲き始めの頃より徐々にブルー(パープル)が色濃くなっています。

 

(撮影日 2018.6.28)

 

なかなか開かなかった「ミスティックグリーン」も水切れさせないように

たっぷりの散水を始めて順調に開花しています。

 

 

 

ブラックレースは台風で支柱にくくりつけているところから折れてしまいました。

 

コボレダネで来年も咲いてもらうようにそのままです。

 

 

 

 

朝から涼しい風が吹き抜けて猛暑もひとやすみです。


妙見富士カントリークラブ

2018年07月27日 | ゴルフ

プレー日 2018.7.26(木) 晴れ(猛暑)

 

この日のショットはそんなに悪くなかったのに「ついていない日」とでも言うのか

前半の9ホールで6カ所のバンカーに捕まってしまいました。

フェアウエイバンカーに入って、ガードバンカーに入って

取りあえず6回ともバンカーからは素直に脱出でき苦手意識は克服できたので

まぁそれは良かったと前向きに思うことにしましたが

この日はとにかくバターが悪すぎました。

パーオンしてもことごとく3パット

長い距離を残しての3パットならまだ諦めもつくのに

確実に2パットで沈められるような短い距離でカップ周りで蹴られたりひと筋違って

カップを舐めるように通り過ぎたり…

対照的に主人の方は目の前で長~いロングパットを何度も決め

フラストレーションMAXで徐々に口数も減って暑さも倍増

真夏のゴルフは当分お預け!の気分でした。

 

 

この日も凄まじい暑さでフェアウエイで前の組のプレーを待っていると

芝からの照り返しがすごい! いったい何度ぐらいあるのだろう?

家にいる時は「命の危険があるから…」と庭の水遣りが精いっぱいで

後はひたすらエアコンを効かせた涼しい部屋で過ごすこの夏ですが

ゴルフとなると命の危険を顧みず週イチのペースで元気にホイホイ出掛けちゃうのですから

好きなことにはなんでも出来ちゃうものです。

 

 

ここのコースで一番苦手だった2段の池越えのショートホール

♯7アイアンの距離と言うのが尚更苦手なホールでした。

ショットが安定してきたし飛距離も伸びているのでこの日は♯8アイアンでグリーンをとらえ

不調のパットもなんとか2パットで済みパーセーブ

気分良く次のロングホールへ向かったのですが

広いフェアウエイで欲を出したのか力み過ぎて引っかけてしまいOB

か~るく振れば素直に飛んで飛距離も伸びることがよく分かっているはずなのに

身体が欲の塊りでガチガチに硬直しているのが打った瞬間に気付くのですが

もう時はすでに遅し…林に突っ込んでいきました。

 

 

近畿地方は梅雨明け以降まったく雨が降らず猛暑日の連続で

ゴルフ場の芝も悲惨な状態になってきています。

 

 

 

 

週末は台風が接近するようで恵みの雨になればいいのですが

勢力次第ではどうなることか…

特に豪雨災害の地域ではこの台風の影響がどうなるのか心配です。

 

  

 

家に帰る途中8月4・5日にシニアツアーが開催される「太平洋クラブ六甲コース」に寄ってみました。

 

 

 

 

風格のあるクラブハウス

開催間近ということもあってコースのメンテナンス以外にも

道路周辺の清掃作業をされたり大会を盛り上げるフラッグの準備など

いつもと違う雰囲気が漂っています。

一度シニアツアーを観に行ってみようと思っていたので

この機会にと思っていたのですがこの猛暑なので迷ってしまいます。


原因は水不足だった?

2018年07月24日 | ガーデニング

連日体温を越える気温が続いています。

ここ二夜は有難いことに風が気温を下げて30℃を下回り28℃

夜間の28℃と言えば熱帯夜の筈なのに連日の30℃越えが続いた身体には

28℃が涼しく感じてしまいます。25℃以下ってどれだけ涼しかったんだろう…

とお~い記憶のようでその心地よさ蘇ってきません。

昨年までは夕方の打ち水は蚊に刺されるのが嫌で滅多にしませんでしたが

今年の異常の暑さは薔薇が可哀そうで

蚊に刺されながら薔薇シャワー頑張っています。

気化熱って偉大な自然のクーラーだなぁ~シャワーをかけると涼しさを感じてきます。

蚊に刺されのを覚悟しているのもこんな頑張ってる姿を目にしているから…

 

↑ サンテグジュペリ

 

↑ マダムフィガロ

上品なピンクでこの猛暑の中、堂々と立派な花を咲かせています。

 

 

↑ 真宙

蕾の時にてっぺんをかじられたのか小さな虫喰い痕

 

先日ブログに載せた「宿根フロックス ミスティックグリーン」ですが

夕方の水遣りの時に株元にホースの水をしばらく流してしっかり給水をさせたからなのか?

翌朝ずーっと蕾のまま開く気配の無かったミスティックに変化が見られたのです。

 

 

ポツポツと開き始めました。

今までの水遣りでは十分ではなかったという事でしょうか…

周囲のフロックスは咲いているので水不足を考えもしなかったのです。

 

 

それぞれの花穂で小さな花を開かせ始めました。

 

「ミルクチョイスらしいフロックス」やはりラベルが違っていたのでは?

どう見てもネットで見かけるミルクチョイスとは異なります。

 

 

アップの画像では分かりにくいので比較してみると…

 

 

ひと花がこんなに小さな花です。

 

 

冬に移動させた時、株が残っていたようで元の場所で咲いていました。

「シャーベットブレンド」「ミスティックグリーン」どちらか分かりません。

 

クレマチス「エトワールバイオレット」の2番花

 

 

花が少なくなっている庭では同じ花がたびたび登場です。

同じ花でも毎日見ていると庭主には変化が感じられてシャッターを押してしまいます。

 

 

 

真夏はいつもぐったりしていた「シレネ・スワンレイク」でしたが

今年はどうしたことか…暑さボケ? 

セラトシグマが取り囲んでいるので意外にも過ごし易い環境になっているのか?

蕾がまだまだたくさんあって楽しみです。


ベアズパウジャパンカントリークラブ

2018年07月21日 | ゴルフ

プレー日 2018.7.20(金) 晴れ(猛暑)

 

この日は主人の会社の同僚とラウンドでしたが

4月の予定が仕事の都合がつかず延び延びになって迎えたものの

この暑さの中で心配でしたが誰も変更なく決行になりました。

連日の熱中症のニュースや対策を耳にしていたので

スポーツドリンクと麦茶

緑茶はカフェインを含んでいるので利尿作用がありNGとのこと。

麦茶はカフェインを含まずミネラルを含むので良いらしい。

梅干し、凍らせたタオル、氷嚢を積み込んで行ってきました。

各ティーグランドでは必ず水分を補給し

帽子内の湿度を逃がすために必ず取って髪の中の湿度を下げます。

出来る限りの予防をしてのラウンドでしたが

有難いことに心地よい風がずーっと吹いていて木陰に入るとホッとひと息つけます。

身体には気持ちのよい風でしたが、ショットでは上空でボールが停止して戻されるような

意地悪な風でもありました。

健康な身体があっての楽しいゴルフ!

風で戻されようが、流されようが…強風歓迎の夏のゴルフです。

この日の「ベアズパウジャパン」はジャック・ニクラウスの設計で2000年開場

まだ新しいゴルフ場でフラットで広いフェアウエイが好スコアを期待させます。

 

 

YouTubeのレッスン動画を見ながら鏡の前での素振りを繰り返してきたのは

この日のラウンドを控えていたので秘密の特訓でした。

「ゴルフが上手になるにはメンバーになって月例に参加するのが早道」と

以前習っていたコーチによく聞かされていましたが

確かにいつも夫婦で緊張感の全くないゴルフをするのと違って

滅多にお会いすることのない会社の同僚とラウンドするとなると

迷惑を掛けられないし無様なところを見せたくない…の思いが強く

ラフの対策、傾斜地、顎の高いバンカーや距離の長いガードバンカー…

練習場ではなかなかできないことをレッスン動画を何度も繰り返し見ながら

この日のために脳内ゴルフで幾度となくシュミレーションしてきました。

 

常にこの心構えだったらもう少し上手になっていたかな?と思えてきます。

きっと月例に参加していたら常にこの心構えを持ち続けて腕が上がっていくのでしょうね。

 

気持ちよく振りぬけたドライバーが思う場所に運べてまずまずのスタート

ずーっと悩まされていたスライスが出なくなると

飛距離も伸び方向も安定するのでまとめやすくなります。

 

 

とにかくフラットで広いフェアウエイ 

いつも行っているゴルフ場がどれだけ狭くアンジュレーションのきついフェアウエイだったか…

 

 

誘ってくださったここのメンバーさんがガードバンカーが難しいと聞いていたので

とにかくバンカーにだけは捕まらないようにクラブの番手を慎重に選びましたが

1度はアゴの高いガードバンカー そしてもう1度はクロスバンカーに入ってしまいました。

ここのバンカーはサラサラの砂で硬くしまった砂や砂の無いようなバンカーに比べたら

まだ苦手意識がなく

なによりも脳内ゴルフでシュミレーションしてきた実績のない自信が勝り

不安なく振り切ったスィングが後押ししてナイスアウト

ゴルフがメンタルのスポーツと言われるのがよ~く分かります。

パットも家で練習しているパターマットと同じような距離は「いつもと同じ」と自己暗示をかけると

不思議とカップに吸い込まれていきます。

短くて「これを入れたらバーディー!」と言う緊張感になると外すのはやっぱりメンタルの弱さでしょうか。

まだまだパーオンの確率が低いのでこの1パットでバーディーと言うのが少ない

こういう場数を増やしてメンタルが強くなっていくのでしょうね、きっと。。。

 

 

ショートホールの3つは1オンできたのでパーキープ

残りの1つは手前のバンカーを意識しすぎて奥の長い逆目のラフへ

寄らず入らずのダボ

 

 

 

途中でこの日初めての超ど級のスライスがでて

ボールを探しに急こう配の傾斜を上ってOB杭の外のボールを発見 残念!

OBと分かってどっと足腰に疲れが出てきます。

この急こう配の傾斜面を上り下りしたのが影響したのか

しばらくして右脚のふくらはぎを打った瞬間につってまたもやOB

 

最終ホールのロングホール3打目を打った瞬間両太ももの裏側がつるアクシデント

ふくらはぎや脛の両脇は経験がありますが両太ももの裏側をつるなんて今までに一度もなく

痛さは感じないのに足に力が入らず思うように歩けない

カートにつかまりながら屈伸運動をしばらくしたらスーッと治っていきました。

これってやはり熱中症の初期症状だったのでしょうか?

夏休みで帰省する息子とのラウンドもよく考えなければ…

この日のベアズパウジャパンは中国自動車道を京都方面に向かって新名神→名神

と走って行くのですがいつも我が家が向かうゴルフ場とは真逆の方向

交通状況が全く違って長距離のトラックが車間距離を開けずに迫ってきたり

合流、合流の繰り返しで神経が疲れ同じ時間運転しても疲労度が大違い

帰りも京都、大阪を抜けるのに渋滞に巻き込まれて

普段まったく渋滞に巻き込まれずにスムーズに帰れることのしあわせを改めて感じました。

 

あと一歩のところで目標に届かず

 

 

カートに極力乗ったラウンドでの歩数

 

 


思うように咲かない宿根フロックス

2018年07月19日 | ガーデニング

連日の猛暑の中でも元気に咲き続けている宿根フロックス

育て始めて4年目の「ミスティックグリーン」

今年も蕾が少し膨らんだぐらいで開かずに茶色く変色していきます。

 

 

株は4年経って充実し花穂はいっぱい出ているのですが…

 

 

この蕾の状態がずーっと続いています。

 

一枝切り花にして室内で様子を見ることにしました。

 

 

ネットで調べてみると

 

開花までの約3週間、
黒紫色の苞に包まれて保たれる
ツボミの姿も不思議な魅力満点!

閉じたツボミの観賞価値に着目したり、
一花でピンク×緑という、
素直にキレイとはいいにくい
ビミョーな花色をよしとした観点に
育種家の「攻め」の姿勢が感じられて、
植栽の中でも印象強く目立ちます。

 

「ミスティックグリーン」って蕾を観賞するフロックス?

同じように購入時の雰囲気と全く違う雰囲気で咲いている「ミルクチョイス」

 

 

↑この雰囲気「シャーベットブレンド」に似ているかな?と思ったのですが

我が家で咲きだした「ミルクチョイス」は

 

 

咲いているのか蕾のままなのかよく分からない…

不思議な咲き方です。

 

 

↑「ジェイド」

陽射しが強すぎたのかグリーンのエッジが全く出ていません。

 

なかなか思うような咲き方をしてくれない我が家の問題児のフロックス3株です。

 

 

クレマチス「ブルーライト」の2番花が咲き始めました。

 

(撮影日 2018.7.18)

 

 

一日経って蕾が開いた今朝の様子

 

 

1番花と違ってあっさりとした雰囲気が夏らしくっていいかも…

 

その横でひっそりと咲いていた「セラトシグマ・デザートスカイ」

 

 

やっと枝先に沢山の蕾が見え始めたのでこれからが出番のようです。

 

エアコン全開の室内と違って焼けつくような日差しの中で頑張って咲いている夏の花

頭が下がります。