季節のあしあと

中々上手にならないゴルフ、夏になるとお手上げのガーデニング、六十の手習いのおけいこ事…
ボヤキ日記

深まる秋

2018年11月12日 | ガーデニング

今朝は9℃…とうとうひと桁の気温の朝を迎えました。

庭の宿根草たちの冬支度がそれぞれのペースで進んでいます。

 

 

風知草はそろそろ地際で刈り込む頃合いになってきました。

植え替えて3年ぐらいかなぁ~今年は植え替えしてあげよう…

 

 

ホスタは地上部がすっかり枯れ込んでいるものや

まだ緑がしっかり残っているものなどそれぞれの個性が出ているね。

地上部が枯れ込んでいる5鉢は先週までに植え替えを済ませました。

先週は予定外(いわゆる衝動買いです)の新規参入組の薔薇2鉢と

ホスタの植え替えで腰にぎっくり腰の予兆

念入りのストレッチをしてもなんだか危なっかしい

そろそろ自力ではなく整骨院に行った方がよさそうです。

 

地上が消えていく一方で…

 

 

今春はあまりきれいに咲かなかったシラー・ベルビアナ

 

 

植え付けが遅れていたラナンキュラス・ラックスの3種類が

無事に芽をのぞかせてこれから寒い冬を乗り越えようとしています。

 

庭中にばら蒔いておいた種が発芽して間引きが忙しくなってきました。

 

 

なんだかよく似ている オルラヤ&ブラックレースフラワー&ニゲラ

 

アジュガとベロニカ・ロイヤルブルーを植えている場所では

とうとうアジュガに陣地を乗っ取られそうになってしまいました。

 

 

濃淡のブルーがきれいだったからこの混植気に入っていたんだよね~

 

 

アジュガもとっても美しいけれど、この場所からは撤退してもらいましょう~

 

今春アジュガの勢力に押されて探さないと分からないほどのベロニカ・ロイヤルブルー

でしたが  アジュガ 強制退去後…

ひと夏を過ごしてベロニカ・ロイヤルブルーが伸びやかに殖えてきました。

 

 

そろそろスプレーマムは終盤を迎えています。

 

 

 

 

寄せ植えを作ってひと月半 千日紅以外は宿根草ばかりなので

このまま軒下で冬越しの予定

植え込んだ時には繊細な「細葉ベロニカ」ここでも勢いのあるリシマキアに負けちゃうかな?

と思いながら様子を見ているとリシマキアに負けずモリモリ元気に育っています。

 

 

「見て、見て」アピールしいるスカビオサ・ブルーバルーン

控えていた蕾が咲きだしました。

小さな花でも花が少なくなっているので庭主の目をひきます。


色とりどりのスプレーマム

2018年11月06日 | ガーデニング

次から次へと開花が進んでいるスプレーマム

 

 

 育て始めて4年目ぐらいかな~?

若いころからいろんな植物に触れてきたけれど

「菊」との接点はほとんど無くどちらかと言うと避けてきた感じでした。

 

子どもの頃から知っている植物がカタカナ表記になってくると

品種改良も進み途端におしゃれなイメージに様変わり

そんな植物が色々あるなぁ~って思いだしています。

菊も「マム」の名前で登場して途端に見る目が変わったうちの一つかもしれません。

 

スプレーマム(ポットマム)は両親が他界してから育て始めましたが

自分で育てていることもあって本当に可愛らしく避けていたことが不思議に思えます。

花好きな両親もきっと喜んでいるかな?…と自己満足。

 

 

 

 

 

 

 

取りあえず今年はきれいに咲いてくれたけれど

ググってみるとどうも挿し芽をしたものを育て

親株はもうお役目御免にするらしい…

グリーン色が少なくなっているので来年は沢山挿し芽をすることを覚えておこう

 

 

真夏の暑さでグッタリしていた「スカビオサ」

寄せ植えの時のスペース埋めにあっちこっちと引っ越しの多い我が家のスカビオサでしたが

今は白とブルーそれぞれ2株ずつをひと鉢にまとめました。

でも咲いているのはひと株だけ…

足並みをそろえて咲いてくれたら嬉しいのになぁ~とつぶやいてみるけれど

長年のお付き合いをしているのにその辺りの忖度はしてくれないようです。

 

 

気温が下がって色味が引き締まってきたヒューケラ…「渋いねぇ~」

 

 

深紅のペンステモンまだまだ頑張ってます。

 

 

サルビア・インボルクラータ

宿根草の地上部が枯れ始める頃に逆行して

晩秋から咲きだす貴重なこの季節の花

過去のブログを探してみると2011年に購入して7年目を迎えたようです。

 

今日も庭仕事頑張ります。

 

 


薔薇 りくほたる

2018年10月26日 | ガーデニング

暑くも寒くもなく、庭仕事をするにはいい季節ですね。

明日は雨の予報が出ているので午後から庭仕事をしていたら

ついつい頑張りすぎて?腰にいや~な前兆

部屋に入るなり腰痛予防のストレッチ 無理のできない身体になってきました。

 

1年目の「りくほたる」我が家の薔薇の中で一番よく咲いているので

何度もブログに登場します。

 

 

 

 

 

5年目の「かおりかざり」はポツポツと…

 

 

色のグラデーションが魅力な「ディスタントドラムス」

 

 

春はあっという間に淡いピンクに咲き進んでしまいますが

秋はゆっくりこの色を楽しませてくれます。

 

今年は花付きが悪かった「セラトシグマ・デザートスカイ」

 

 

奥の強い陽射しが当たらない枝は

 

 

ライムグリーン色の葉で花もふんわりといい感じに咲いています。

 

少し前に園芸コーナーでみつけた「サクシセラ」

 

 

マツムシソウ科の宿根草  ポンポン咲きのかわいらしい花

計画性のないいわゆる衝動買いでまだポットのまま。

 

 

コボレダネ育ちの「ニコチアナ・ラングスドルフィー」

こんなに気温が下がってからやっと花が咲き始めました。

来年用の種が出来るのか…?気になります。

 


夏から秋へバトンタッチが始まる庭

2018年10月12日 | ガーデニング

陽射しが弱まり日中の気温も20℃に届かない肌寒い一日です。

そろそろ蚊の活動も鈍くなってきたのか

耳障りな羽音をたてて飛び交っていた蚊が少なくなって

庭に出る時間が長くなってきました。

 

 

風知草が徐々に冬支度を始めてます。

ヒューケラは気温が下がり始めて深い色に変化

 

 

コボレダネのチビ苗を鉢上げして夏を過ごしてきた「ジギタリス」

猛暑を乗り越えたのはこの2株だけになってしまいました。

今日元々あった場所に植え付けました。

その横では宿根プリムラに芽の動きが出てお目覚めの様です。

 

 

しずかに休眠していたはずの「バイカカラマツ」の鉢から季節外れの花が咲いています。

 

 

春の花に比べるとひと回り小さな花です。

 

昨年の暮れに2ポット買った「シスタス・ミッキー」

寒さの厳しい当地でも外で冬越しが出来耐寒性は十分ありますが

夏の暑さはどうなのか…?

陽射しの強いところと半日蔭の場所とそれぞれ鉢植えでひと夏過ごしてきました。

強い陽射しにも葉焼けをすることもなく暑さにも強そうです。

 

 

半日蔭(ハナミズキの株元)に置いていた方は

葉の色が悪くなりポロポロと落ちだしておかしいなぁ?と思い

株の根元を触るとグラグラ!

鉢から取り出すと根が殆ど食べ尽くされ

土の中からまるまるに太ったネキリ虫が何匹もでてきました。

半分ほどに切り詰めて植え直し、切った茎はいつものように

空いている鉢に「ぶっ挿し」ただけの手抜き挿し芽をしておきました。

 

元気を取り戻して芽が吹き出してきました。

 

オルレアの種を育てたい場所にパラパラと蒔いていたのが本葉が出始めました。

 

 

ブラックレースの苗と間違えそうです。

 

 

週の初めに久々に三宮に出掛けた折に安売りの花屋さんを覗いたら

真っ赤な実のクランベリーが安かった(¥194)ので買ってきました。

 

今日咲いていた薔薇

 

マダムフィガロ

 

真宙

 

アンティークレース

 

 

雨が降る前にしっかり予防薬も治療薬も済ませておいたのに

あっという間に黒点病が広がってきました。

黒点病に弱い薔薇と強い薔薇の差がはっきり出てきます。

「シャンテロゼミサト」ほとんど黒点病が出ていません。


秋の装い

2018年09月27日 | ガーデニング

家の近くのショッピングセンターに出掛けると

いつもは素通りする園芸店の店先に飾ってあったハロウィンの小物を見た途端

足が止まってしまいました。

 

午前中に伸び放題の「西洋ニンジンボク」を剪定した枝が

丁度良い太さだったのでその枝を利用して…チョコンと乗せるだけ。

 

 

赤色のペンタスの寄せ植えの中に小物が加わってちょっぴり秋らしくなってきました。

この園芸店の売り場が日陰でお値段も他店に比べると高めなので

買ったことがなかったけれど目についたポット苗は

他のお店で見かけたことが無かったのでついでに購入

 

 

「色変りナデシコ」

 

ついでに、いつも行く園芸店とHCも寄せ植えに使う花を探しに足を延ばしました。

寄せ植えに「千日紅、リシマキア・シューティングスター、細葉トラノオ」を

 

「細葉トラノオ」

 

お値打ちコーナーでは半額以下になっていたブリキポットを購入

 

 

コンパクトタイプのセロシア(ケイトウ)

 

 

日が短くなってやっと蕾が見えてきた「スプレーマム」

 

 

7月に半分ぐらいに切り戻したので今年は丁度良い草丈で咲きそうです。

 

蕾の時期が長かった秋明菊も急に賑やかになってきました。

 

 

気温が落ち着いて元気を取り戻したペチュニア「黒真珠」

 

 

外で開花中の「紫香蘭」は残念ながら香りを楽しめていません。

 

 

この場所は蚊が沢山いるのでじっくり香りを楽しむ間もなくシャッターを切ったら退散