季節のあしあと

中々上手にならないゴルフ、夏になるとお手上げのガーデニング、六十の手習いのおけいこ事…
ボヤキ日記

個性的な薔薇 茶々

2018年09月28日 | 薔薇

台風の接近で明日からまた雨、風…

お天気が崩れるなんて思えないような青空が広がった一日でした。

硬いアスファルトの上でも歩くときに足裏の痛みを感じないほどになってきたので

久し振りに時間をかけてレンの散歩に出掛けました。

公園、緑道 に植えられている「金木犀」のあま~い香りが漂ってました。

 

明日の朝から雨の予報が出ているので散歩から帰って早速薔薇の移動です。

台風20号、21号の強烈な暴風雨を思い出すと

秋薔薇の蕾が膨らんできているこの時期の薔薇の台風対策は念入りになります。

今朝風も無かったので予防薬と治療薬の散布を済ませておきました。

 

タイミング悪く今一番きれいに咲いている「茶々」

摘み取って部屋で眺めていた方が良さそうです。

 

(撮影日 2018.9.25)

 

蕾が3つに分かれて、茶々らしいユニークな開き方です。

 

 

昨日の茶々の様子

雨に濡れても花びらが傷まずしっとりとした雰囲気…

花びらは傷まないけど、黒点病には弱くて

全体をお見せできないほど葉っぱを落としまくりです。

もともと節間が他の薔薇より長めなので葉を落とすと間延びしたヒョロヒョロした

花茎に花がチョコンと乗っかって

花茎も細くしなやかなので水分を含んだ花の重みに耐えられずうつむいています。

 

 

 

この2~3年薔薇を減らしてきました。

耐病性のないもの、花保ちのよくないものが選考基準になります。

 

「茶々」はグレーゾーンの薔薇で

花保ちは抜群だけど、耐病性は下位の方

 

それでも手元に置き続けているのは

この個性的な色と咲き方が年々好きになってきたから?

多少手が掛ってもやっぱり咲くと残して良かった…と思ってしまう。

香りも残念ながら微香?無香?

薔薇らしくない薔薇の茶々です。


秋の装い

2018年09月27日 | ガーデニング

家の近くのショッピングセンターに出掛けると

いつもは素通りする園芸店の店先に飾ってあったハロウィンの小物を見た途端

足が止まってしまいました。

 

午前中に伸び放題の「西洋ニンジンボク」を剪定した枝が

丁度良い太さだったのでその枝を利用して…チョコンと乗せるだけ。

 

 

赤色のペンタスの寄せ植えの中に小物が加わってちょっぴり秋らしくなってきました。

この園芸店の売り場が日陰でお値段も他店に比べると高めなので

買ったことがなかったけれど目についたポット苗は

他のお店で見かけたことが無かったのでついでに購入

 

 

「色変りナデシコ」

 

ついでに、いつも行く園芸店とHCも寄せ植えに使う花を探しに足を延ばしました。

寄せ植えに「千日紅、リシマキア・シューティングスター、細葉トラノオ」を

 

「細葉トラノオ」

 

お値打ちコーナーでは半額以下になっていたブリキポットを購入

 

 

コンパクトタイプのセロシア(ケイトウ)

 

 

日が短くなってやっと蕾が見えてきた「スプレーマム」

 

 

7月に半分ぐらいに切り戻したので今年は丁度良い草丈で咲きそうです。

 

蕾の時期が長かった秋明菊も急に賑やかになってきました。

 

 

気温が落ち着いて元気を取り戻したペチュニア「黒真珠」

 

 

外で開花中の「紫香蘭」は残念ながら香りを楽しめていません。

 

 

この場所は蚊が沢山いるのでじっくり香りを楽しむ間もなくシャッターを切ったら退散


西脇カントリークラブ

2018年09月26日 | ゴルフ

プレー日 2018.9.23(日) 秋晴れ

 

息子の夏休み最後のラウンドはお天気が心配でしたが

曇り一時雨の予報が続く中スポット的に晴天に恵まれました。

暑さが一段落しての三連休しかも唯一の晴れマークとあってなかなかの賑わい振り

 

 

ロングホールからのスタートで見通しがよく広々としたフェアウエイ

前の組の皆さん念入りな素振りで気合が十分伝わってきます。

 

前回のラウンドまではまだ足裏の痛みを庇うようなスイングになっていましたが

この日はほとんど足裏の痛みを気にせず振り切れるようになっていました。

 

フラットで広いフェアウエイ

 

初めてのラウンドの時にはボールマークが全く付かないほどグリーンが硬くて速く手こずりましたが

今回は連日の雨でグリーンが柔らかくボールマークがボコボコについていました。

 

 

平日にラウンドしたときには前後の組をあまり見かけないぐらいスイスイと進行できましたが

この日は各ホール待たされてのプレーでハーフどちらも3時間でした。

 

 

水分をたっぷり含んだおも~い砂のバンカー

苦手な重い砂なのでバンカーだけは避けたい

今回のラウンドでもショートホールはほとんどグリーンを外さず

3パットのボギーを1つと残り3ホールはパーをキープ(悔しいバーディー逃し)

 

↑最終ホール 北No.9

足と腰の痛みが気にならなくなったらドライバーやFWの調子も戻ってゴルフらしくなってきました。

これからのベストシーズンでなんとか90切りを目指したいところです。

調子よくハーフを終えようとした最終で…なんでぇ~?のアホなことを連発

ドライバーを左に引っかけ前方左の木と木の間のラフ

アイアンでグリーン手前の花道へ出すつもりで素振りをするつもりだったのに

何故かアドレスを決めてしまい素振りのつもりだったのにボールに触れてしまい

ミスショット!

素振りをするつもりだったのに何故ボールに向かってアドレスをしてしまったのか

自分のやった行動が信じられなくって気が動転

次の3打目がクラブの選択ミスでグリーン奥に落ちて木に当たってしまいそのままOB杭へ

順調にきてたのに最後で手痛いダブルパー

 

 

後半に入っても足と腰の違和感がなく気持ちよく振れました。

フェアウエイが狭く池の絡んだホールでは安全に刻んで…が刻み過ぎてあれっ?もありましたが

それでもなんとかボギーで耐えて久し振りに90切り達成?と思ったときにやっちゃいました。

残り2ホールが痛恨のミス連発

左のラフからなかなか出すことが出来ずダブルボギー

最終ホールではグリーン手前100ヤード辺りを横切るクリークを前にしてミスショット

この2ホールのダボが痛かった。。。

 

 

 


久し振りの青空

2018年09月22日 | ガーデニング

降り続いた雨がやっとあがって晴れ間がのぞいています。

台風が去った後「黒点病」で葉を落とす薔薇が続出

今年は調子よく秋を迎えられそう…と思った矢先でした。

台風で傷ついた枝葉に降り続く雨で耐病性の有る、無いがはっきりと出てきたようです。

 

 

ウイリアムシェークスピア2000

風通しがあまり良くない門扉裏では環境が悪すぎるのでしょうね。

黒点病で葉を落としてもよく咲いています。

 

 

ディスタントドラムスのアプリコットからラベンダーピンクの色が

きれいに出て秋らしい花色になってきました。

 

 

花びらが少な目の「シャンテロゼミサト」

 

摘蕾しても次から次へと蕾を付けていた「ジュビリーセレブレーション」

8月末に軽く切り戻した合図で咲く気満々が伝わってきます。

 

 

花が少なくなる真夏に咲き続けるエキナセア 

 

 

抜いても抜いても出てくる「パリダ」のような丈夫なエキナセアもあれば

何故か「グリーンジュエル」だけは育ちが悪くいつの間にか消えてしまいます。

3度目の挑戦です。

 

(撮影日 2018.8.31)

 

(撮影日 2018.9.02)

 

(撮影日 2018.9.13)

 

一昨年に撮影した二代目の「グリーンジュエル」

 

 

 

グリーンから白のグラデーションで咲くこの時を見たくて懲りずに買ってしまいます。

 

宿根フロックス「ミスティックグリーン」の2番花

 

 

ラベルとあまりにも違うのでイマイチよく分からないフロックス

 

花穂が増えてきた「キミキフガ」

2~3年咲かず仕舞いだったのがやっと花を見ることが出来ました。

 

 

バックヤードで放置したままだった「ミセバヤ」

小さな蕾を発見していそいそと表舞台に引っ張り出してきた勝手気ままな庭主

そんな気まぐれ庭主のもとでもう6~7年のお付き合いをしてくれています。

 


滝野カントリー 迎賓館コース

2018年09月21日 | ゴルフ

プレー日 2018.9.19(水)  秋晴れ

 

息子の遅めの夏休みの帰省にラウンドを予定していたので

足裏の痛みがラウンドに影響しない様3週間じーっと安静にしておりました。

 

ラウンド回数の多い滝野カントリー八千代コースの姉妹コースの「迎賓館コース」

ヨーロッパ風のクラブハウスの八千代コースとは対照的で

いぶし瓦で純和風の佇まいの迎賓館コース

息子がゴルフを始めてから毎年夏休みに訪れる迎賓館コースは今年で3回目になります。

 

 

コースの特徴もアップダウンの多い八千代コースとは対照的に

フラットで池を絡ませたレイアウトの多い迎賓館です。

 

 

湿度が低く秋晴れのゴルフ日和

お天気には恵まれましたが…ゴルフの内容はさっぱり。。。

 

種子骨炎の痛みからひと月半が経ち痛みは緩和したものの

拇を浮かせて庇って歩いていたので今度は人差し指と中指の付け根当たりの中足骨と腰に

痛みが出てしまいました。

 

この2~3年は五十肩(六十肩?)ぎっくり腰や肘痛とゴルフに支障のでる痛みに悩まされ

そのたびにスイングが崩れては修正の繰り返しでした。

今回もやっと復調した矢先の左足裏の痛みで気持ちが萎えてきます。

今回のラウンドでは先日足に合わせたインソールに替えたので

痛みはあまり感じずに歩くことが出来ましたが

左足に体重移動するときに痛みが出るのが怖くて無意識に庇ってしまいます。

身体が止まってしまい球筋が安定せずこの日ドライバーもFWも暴れてOB3球

短い距離だけはなんとか足を気にせず打てて100ヤード以内でやっと取り戻す感じでした。

 

 

 

クラブハウスに向かって左に池が続くIN最終ホールのミドル

遅い時間のスタートで各ホール待たされて1時過ぎのホールアウト

お腹がペコペコで思わずステーキランチ完食 お昼からのラウンドはますます身体が回らず!

 

 

この日はショートホールの距離が合っていたので全ショートでパーをキープできたのが

大きくスコアを崩さなかったことに繋がったようです。

 

 

 

↓ 似たようなコースレイアウト 左の池がプレッシャーに感じます。

 

 

 

このホールに来ると3年前を思い出して大笑い

ティーショットが右の木立の手前に落ちて木の間が空いていたので

そこを狙って出すだけのショットが一番太いメタセコイアの幹に直撃し

跳ね返ってきたボールが自分の方へ…

咄嗟のことで避けきれず肩に当たったボールはOB杭の中へ消えていきました。

自打球+OB の手痛い1打は未だに笑いのネタにされています。

 

 

池を右手に最終ホールのロング

前回のラウンドでは2ホールを残して足の痛みでリタイアしたので

この日は最終ホールまで無事にラウンドできたことに感謝しつつ

最終ホールぐらい足の痛みを気にしないように~と思いながら打つと

やっと本来のドライバーの当たりがでて思わず「ドヤ顔?」

FWもきれいな当たりが出て残り池越えのプレッシャーを跳ね飛ばして

やっと最終ホールをパーオン2パットで終了 

気持ちよく終えることができてやっぱり身体に痛みがあっても止められません。