季節のあしあと

中々上手にならないゴルフ、夏になるとお手上げのガーデニング、六十の手習いのおけいこ事…
ボヤキ日記

薔薇 カフェ

2018年11月02日 | 薔薇

主人を駅まで送って行くと外気温6℃ 寒い朝を迎えました。

例年より早くホットカーペットやファンヒーターを出しておいたので

早速ファンヒーターの利用開始です。

咲いている薔薇の数は少なくてもどれもゆっくり開いていくので

秋薔薇を長く楽しめています。

 

今年仲間入りした「カフェ」

長年育てていた「ジュリア」が調子が悪くなっていたので

ジュリアと花色が似たカフェを選びました。

 

 

 

開き切ってから散りそうでなかなか散らない

そばにいると優しい香りが漂ってきます。

 

 

 

花もち、香り 花色…満足ですが

横張りのカフェ、頑丈なトゲを持つ太い枝がチョッと扱いにくいのが難点。

通りを行く人に「あの薔薇はなんですか?」と尋ねられることが多く

1年目で立派に育ち、我が家の鉢薔薇の中では一番存在感をアピールしています。

 

 

クロード・モネもポツポツと咲いていますが

カフェの横では折角の可愛い絞りの花もかすんでしまいます。

 

 

大輪の花がふんわりと咲いているのは「サンテグジュペリ」

 

 

春先と違って黄色が色濃く出ている「マルクアントンシャルポンティエ」

 

 

 

朝晩の気温が急激に下がって宿根草の上部が枯れてきたのが多くなってきました。

これが最後の花の宿根フロックス

 

 

↑ 買った記憶もないラベルなしの宿根フロックス

 

 

宿根フロックス・ジェイド

 

 

今年の猛暑の中でも咲き続け庭にいつも彩りを添えてくれた宿根フロックスの仲間たち

お疲れさま~って声を掛けてあげたい気持ちになります。

 

我が家では今じゃ問題児扱いの「ケヤキ」を昨日庭師さんに枝払いをしてもらい

すっきりと葉一枚残っていない丸裸

ご近所さんへの落ち葉が食い止められました。

広がった枝が無くなって空間が広く感じられます。

腰痛が出ない程度に本格的な寒さになる前にホスタの植え替えを済ませます。


花もちのよいルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

2018年10月30日 | 薔薇

鉢植えで育て9年目を迎えたルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

できるのなら地植えで沢山の花を楽しみたいのですが

残念ながら植えるスペースが無くずーっと鉢植えで育ててきました。

購入した翌年の植え替えの時に「がん腫」が見つかりましたが

その後は新たながん腫は見つからないものの、成長は緩やかでした。

昨年から急に元気なシュートが出始めたので

やっとフェンスに誘引できるようになりました。

 

 

深紅の整ったカップ咲きからロゼットに…

 

 

雨に濡れても変わらず美しい姿を見せています。

最初の画像から約2週間経って花弁に傷みが出始めましたが

まだまだ散る様子もなく咲いています。

 

 

秋の気温が下がった時期の開花という事もありますが

春の開花でも我が家では1,2を争う花もちのよい薔薇です。

 

次の蕾が開き始めています。

 

 

前回UPした「エアリエル」

開き切った姿がとてもゴージャスです。

 

 

この花色も魅力です。

 

俯きに咲いているもう一つの蕾もゆっくり開いてきました。

 

 

 

秋が深まり我が家のスプレーマムが次々開花してきました。

 

 

仏花用に育て種類も増えてきました。

今頃園芸店で見かける鉢植えを購入して育てたら

翌年はビックリするほどの草丈になって大暴れ

今年は7月中旬に半分弱に切り戻して切り花にするには丁度良い草丈になりました。

 

先日いつもの園芸店で珍しいガーデンシクラメンを見つけました。

しかも残り1鉢!

「残り1つ」に即行買い物かごに入れてしまいました。

 

 

深紅に白のガクが引き立っています。

シクラメンの特徴の花弁が反り返ることがない「傘咲き」のようです。

 

 

「黒葉スミレ」「アラビス・ライムバリエガータ」を一緒に植え込みました。


薔薇 エアリエル

2018年10月28日 | 薔薇

4年前にいつものHCの園芸コーナーで衝動買いをした「エアリエル」

生産者さんで育てられた時の頑丈な「ぶっとい茎」から「か細い」花茎を伸ばして咲く姿が

あまりにも不恰好だったのでその年の冬に株元でばっさりのスーパー剪定を敢行

鉢植え用にふんわりした雰囲気にしたくてダメ元で我が家流にリセット

3年経って生育が緩やかでバランスよくコンパクトに育っています。

 

 

グレイッシュピンクの柔らかな雰囲気が好きです。

 

 

 

 

ゆっくり咲き進んで…

 

 

ボリュームたっぷりの花に思わず香りを嗅ぎますが

残念。。。花姿から麗しい香りを想像する分がっかりするほど微香(無香?に近い)

 

 

香りがとっても素晴らしいのが「真宙」

 

 

香りを逃さないようにしっかり抱え込んで咲いているようです。

 

ガブリエルも花の雰囲気とマッチするような上品な香りについつい鼻を寄せてしまいます。

 

 

ほそ~い花茎でもボリュームたっぷりの花を咲かせます。

「かおりかざり」もとっても細い花茎なのに房咲きで咲くので

途中で重さに耐え切れず折れることもしばしば

 

 

 

細い花茎にぶら下がっている「かおりかざり」

 

今年の秋薔薇はあまり房咲きにならない「あおい」

枝先に1~2輪の花が多くやっとあおいらしい房咲きで

褪色する色のグラデーションが楽しめそうな一枝が咲きだしました。

 

 


クロード・モネ&りくほたる

2018年10月21日 | 薔薇

青空が広がる秋晴れの週末

庭の植物は柔らかい陽射しを受けて心地良さそうです。

秋薔薇の蕾が育つ大事な時期は台風や雨が多くて今年はイマイチな秋薔薇ですが

小さくても、花付きが悪くても やっぱり薔薇ですね~ 一輪咲くだけでも華やかになります。

 

 

雨に濡れて外側の花弁にシミが出ているけど

コロコロのま~るい蕾がパカッと開いたこの感じが好きです。

一昨年の8月 いつも花苗を買い求めるHCの園芸コーナーの片隅に

見切り品棚の中にあった「クロード・モネ」

前々から気になっていた薔薇だったので迷わず持ち帰ってきました。

見切り品だけにかなり弱っていたのでその年は養生に専念して

昨年から花を楽しめるようになってきました。

ピンクとイエローの優しい色合いの絞り

花付きよくそして花保ちがよいので長い期間楽しめます。

 

 

今年参入した薔薇「りくほたる」

「かおりかざり」が気に入っていたので枝変わりの「りくほたる」も購入しました。

 

 

 

 

 

 

いろんな表情を見せる「りくほたる」

今月初めに咲いた花とまた雰囲気が変わりました。…その時の様子

 

先月作った寄せ植えそれぞれが馴染んできました。

 

 


パープル系の薔薇

2018年10月18日 | 薔薇

ニューウエーブが途切れることなく咲いています。

うっとりする色と姿

テッポウムシの被害に遭い一時はどうなるかとハラハラしたのもかなり前のこと

我が家で10年…

なかなかベーサルシュートが出なくって樹形が乱れてきています。

 

 

 

 

中輪の房咲き 「ミッドナイトブルー」

日差しの強いところより木漏れ日のところの方が色濃く咲くと聞いて

ずーっと半日蔭の庭で過ごしています。

 

 

 

夏に伸び放題だった「しのぶれど」

な~んちゃってスタンダードの樹形になってしまいました。

ベーサルシュートが弱々しいのが1本出ただけで

只今1本脚で上部を支えています。

 

 

あまりにも不恰好なので全景が写せません。

来年どうしたものか…冬の剪定に悩みます。

 

 

 

 

成長の遅い「ガブリエル」

4年目を迎えて枝数が増えやっと勢いが出てきた感じ

冬の剪定も枯れ枝と交差枝を整理する程度で

咲き終わった花も浅めに切り戻す…とにかく葉を残すことに専念してきました。

揃って咲きだすことが出来ずポツポツと咲いていますが

その分長く花を楽しめています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナミズキ、ケヤキ、コバノズイナ などの落葉樹の葉が落ち始める季節になって

掃いても、掃いてもキリが無い 嫌になります…が

新緑の美しさや紅葉を見る引き換えのお仕事なのですから仕方がありませんね。