goo

大会結果






無事大会が終了致しました。ご参加いただいた方、どうもありがとうございました。


遅ればせながら大会結果をご報告させていただきます。

エスポワール杯6


■4on4 参加チーム17 (68名)

優勝 インセクト・インパクト

エスポワール(ライデン ESPOIR RAIDEN)
ランドリーマン・ケン(グリスボック laundrymanKEN)
ヘラクロス(ドルドレイ Cominuts)
チャバネ(フェイイェン)

準優勝 タングラムイズマイン


BIOS (ライデン)
NOR(バルバドス typeNora)
ソヨカゼ(サイファー SwordedShepherd)
エルムドア(スペシネフ)

チーム間エキシビジョントーナメント勝者 エスポワール

■御前試合

○盲目のテムジン イシダ
×被虐のシュタイン フジタ


■シングル  (参加者101名 うち欠席者4-5名)


優勝 ムーミン グリスボック (シングル3連覇)
準優勝 NOR グリスボック
3位 チャバネ フェイイェン

■アームレスリング・ディストーション 8名

○メラニン
×シルバー、谷

■麻雀 12名

不明 現在の所ヘラクロスの+200優勢

■浄 財

シルバー様 10クレ (ライデン)


-主催者評
エスポワール杯も今年で6年目となる。
非常に多くの人たちに集まって戴き、誠にありがたい限りである。
楽しんで戴ければこれ以上の事はない。
私として残念なのは、名勝負の数々がみんなの記憶にしか保存されないと言うことである。

4on4について

バトルオブタングラム、つまり最高の勝負は ムーミンVSチャバネであろう。
チャバネは丁寧にカッターで削り込んだダメージだけで完全回避を行う。
一回コカすたびにチャバネはよっしゃ!と言うガッツポーズを取る。
ついにはムーミンを倒した。

はっきり言って、毎年ムーミンか司を倒した試合が選ばれる。

・・・・九州が終わって幾ばくも経たない頃

エルムドア「4on4エスポワール誘おうぜ 連絡してくれよソヨカゼ」
ソヨカゼ「うん」

ソヨカゼ「どうよエスポ」
エスポワール「俺!もう2号と決まってるんだよ!」

ソヨカゼ「うん、ダメだった」
エルム「そうか・・・」


4on4決勝 代表者挨拶

エスポワール「エルムの執念を葬るのはそれ以上の執念を持つチャバネの剣」
エルム「勝ちたい 勝ちたい 勝ちたい 本当に勝ちたい!」


結果
回り込みターボ近接が無いバージョンの動きに慣れ終わったエスポワールに4人抜きされて終了。
チャバネは温存された。


まとめ
エルムドアの執念と判断は正しかったが、速度が遅かった。
また、彼が仙台宮城に来たときの繰り返しになってしまうが、ライデン戦の練習が急務となる。

2号店はしっかりフラグを先に立てている。営業マンとしての経験の差が生きたようだ。


御前試合について

これは法に触れる戦いとなった。この戦いを表現するボキャブラリーが不足しているのは恥ずかしい限りだが、はっきりしていることはよくわからなかったと言うことだ。


シングル

うん、またグリスボックだ。すまない。
2位もグリスボックだ。うーん・・・・・・・・



躍進激しいのは今まで1~3回戦落ちだった4位イシダ(テムジン princess tenkoh)。
ムーミンに一歩・・・・1.5歩及ばず敗退。
「このブログを読んで本当に徹底した」
と言うイシダ氏。徹底期間は短いが出した結果はかなり大きいものだった。
(あの長文全部読む人結構多いのに正直ビビッてる)
ここまで徹底できた彼にこの言葉を捧げたいと思う。

進歩とは反省の厳しさに正比例する -本田宗一郎

ノール氏はチーム戦での優勝記録を持つ。
東京・北海道・大阪という結果になり、
またもや北海道勢の躍進が目立つ結果となった。

イシダ氏 「徹底したよ。でも勝てなかったよエスポワール
チャバネ氏 「優勝以外に興味は無い あとみなさん”CS杯”来てください
ノール氏  「来年はムーミンを成仏させる」 
ムーミン氏 「いやー今年は危ないと思ったんだよね



ムーミンに及ばず涙するイシダ氏


アームレスリング・ディストーション

メラニンは手首の力を入れるべき場所を解っているようだ。
暫く彼の帝王ぶりは続くだろう。
フォース勢の魔物出現に期待したい。

麻雀

詳しく解らないがオラタンで振るわなかったヘラクロス氏が役満をぶっ放し勝ち組の一人に。


浄財

参加費100円以上のところ1000円を入れてくださったシルバー氏。
本当にありがとうございました。


後に画像など上げさせていただく予定です。
それでは皆様、本当にありがとうございました。良いお年を。










コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

豚斬り九州おのこ祭り2010

「イシダがトイレに駆け込まないのはその必要が無いからだ」


九州おのこ祭り2010
関西一 否、日本一数多くの 奇行に事欠かない者達が集う巨大な大会である

試合会場に最も早く入ったのはイシダであるが


この日 イシダは糞気を帯び、童のごとく口元を緩めた顔を紺碧の覆面で隠し、
下はオムツ一丁という、ただならぬ仕上がりであった

「おぉ・・・ へへへ・・・
  誰もまさかイシダがここにいるとは思うまい・・・
 仕込みは入念にした わざわざ皆の前で嫁に一芝居打たせた
 イシダは今年 絶対九州へ行けないと
 
 2年前 司大明神は『マー、オリは東京からみんなを応援してっからヨー』
 とか言いながらちゃっかり当日会場に居て相当ウザがられた挙句、
 弟ボックの[みんなのミサイル]で沈んでいたが・・・
 このイシダはそんな間抜けはせぬ
 必ず勝利する 優勝するのだ・・・
 ブタまみれとブタ汁で豚がカブってしまった」

神夢想伊藤崎流免許皆伝
イシダの笑みは 紺碧の覆面の下、周囲に見えることはない

この日おのこ祭り出場者は イシダのオムツ・トルネードの及ぼす死の間合いの中に位置し
瞬時に全滅する運命にあった

「優勝した壇上でいざ己の覆面を取る そして歓声が沸き起こる・・・おぉ・・・」
 イ シ ダ! イ シ ダ! イ シ ダ!

イシダの脳裏に浮かぶは 鮮明なる勝利の幻

 

ドォン ドォン ドォン 

いよいよ1回戦が 始まる

 
 =中略=


【 YOU LOSE 】

イシダさん「おぉ・・・いやちがうんだ・・・」

パッピーハブリシアさん「散々周囲を威圧しまくって、いきなりSTに狩られやがって・・・!
           その馬鹿のマスクを剥いだれ!!」

「全くだ!剥げ!!」
「剥げ!」
「剥げ!!」
「「「はーげ!! はーげ!! はーげ!!」」」

「ッッ誰がM字だコラ!!!」(大石&ジェスターさん)
「!?いやお前らのことじゃねえよ!!」

「お前らM字が一番理想のハゲ方ってわかってんのか?!」



「おぉ・・・うるせぇ違う この結末は・・・違うんだ・・・!」



つずく

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エスポワール杯6 チーム戦出場の方へ

エスポワール杯でチーム戦出場予定でまだチームメイトが4人揃って無い方達は西スポ開店と

同時にエントリーを受付けますので早めにお越し下さい。

10時45分にはチーム抽選を行いますのでそれまでにどうぞ。

それでは最高のバーチャロンを。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

いよいよ明日です

今年のエスポチョコも到着し大会はいよいよ明日です!!
チョコはエントリー時にお一人様一個の配布になります
(画像とは別のシークレットチョコが三種有り、早い者勝ち!)

明日の新宿は最高気温8度、夕方から弱い雨が降るそうなので防寒対策はしっかりとお願いします
それでは良いバーチャロンを!!




!?

 

年数間違ってんじゃねぇかアスが!!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

what is ”to win”? 5

おそらく、これが私の大会前の最後の更新になるだろう。
明日は新宿で入念な練習をしていると思う。1日中やっても足りないくらいだ。

さて厳しいんだか優しいんだか解らないコンテンツの更新となる。
実際のバーチャロンの大会はこんなにハードでシビアではない。是非戯れに来て欲しい。
コスプレ・同人持ち込み歓迎だ。コミケ3日目に何か考えているのなら、マイクを要求するのもいいだろう。

私は今、軽い脱水症状だ。ラストバトルであるナトリウム・水分制限中である。


-前提
--対戦で勝ちたい人。優勝したい人。
--とりあえず素直に聞いてみる姿勢を作ること


■おさらい
素直に聞くと言うのが難しい事がわかり、
また環境のせいにしない自己責任の極みに入らないと何も生み出せないとここ2回で述べた。


■だって人間だもの
それがほんとに人間なら、人間ダメだよ。人間越えなきゃ。
そしてやっぱりどこまでも人間だと実感する。

バーチャロンのブログなんで、もちろんバーチャロンについて語る。
・対人だから、対策をしっかりしないと!
・どんどんアドバイスを貰わないと!

いや、確かにそうなんだけど、今までの
「徹底して素直に」
「”徹底するため”自己責任の極み」
これは誰にとって厳しいだろうか。

そう、自分にとってだ。強力な負荷がかかる。

私はトレーニングの情報をかなり細かくメモしている。
週に何度
「殺してくれ殺してくれ殺してくれ殺してくれ そうすれば全て終わる」
と思ったかを集計すると、平均3回程度だ。
”絶対にやり遂げるぞ。絶対にだ”
と思っても、あまりに激痛が酷いのでギブアップする。なんってこった

誰に負けたんだ?ん?
他人と競う前に、自分に負けてるんじゃねーか?
痛いんだよ 本当に痛いんだ
そのときの顔は能面の般若みたいだとおもうよ。まだ負けてるってことさ


さあ、自分が自分にひたすら連勝を続けて暫くしたところを想像して欲しい。
全ての言い訳が 「徹底するための」言い訳になった自分を。
変なプライドが忠実な徹底を妨害しない自分を。

(自然に対戦相手を求めて、自分で自分を見直しているだろう )

自分と戦ってるだけで、周りの相手は勝手に本当の魔物だけが残る。

だいたい自分に勝ってないと、対策立てるための練習も
「やる時間がない」
とか何とか言い出すワケよ。まあこの程度でいいだろうとか。結局、残ったのは妥協にまみれた残骸ってワケ。

もちろんバーチャロンは昔に盛り上がったゲームだ。
今はそんなに真剣じゃない、それは良い。ごもっともだ。

ただ、何に付けても理屈を作ってサボろうとする自分を圧倒するのが重要って事。
イケメンと戦う前に、自分の肉体にすら勝てないだろう?

(勝てねーんだよ ほんと・・)



■苦行

マジでやれない。苦行だよ苦行。

じゃあどうやってやるんだよ!ごもっともだ。
ところが結構やれるようになるかも知れないぞ。

偉い長い序章というか回り道に見えるけど、遠回りではない。
さてここからがwhat is "to win"? の本題だ。

「トレーニングすると、ケガするかもしれないし、筋肉つきすぎるかも知れないだろ!」
>結局やらない
「ゲームすると目も悪くなるし、寝不足になるし、太るだろ!」
>でもやる

いやこんな例ばっかりで申し訳ないが、そうだな?そうだろう。
で、ケガして、治って、ケガして、治って、それでも、なお、反省して、やったヤツしか強くなれない。
ケガしたことがないやつなんて見たことがない。一人もね。

「キャラ弱いし、才能無いし、時間ないし」
>勝てない
「キャラよえーけど、勝ったらカッコイイだろ!才能?俺あいつより練習してないだけだろ!時間?つくんぞ!」
>勝つ(かもしれない)


さて、脳の「楽しさ」を制御する箇所は確か1cmの立方体。
これをガチンと切り替えるところから始める。

この方法はかなり進歩している。
一件どうせ精神論来るんだろ?と構えそうだが、
もはやかなりの知識体系として戦闘には欠かせないものとなっている。

(※素直に聞こうとするときの 「構え」(往々にして自分を保つためのつまらないプライドに由来し、これは非常にやっかい)は 素直に聞く姿勢になっていないというのは前々回に説いた。しかし、常に破棄出来るように自分の知識と照らし合わせるのは是非やって欲しい)


ところが、この方法を語るのに誌面が足りなくなってしまった
大会が始まってしまう。
いや本当に申し訳ない・・・
(実際全部解説しようとすると、10位まで行ってしまうだろう)

いくつかのヒントを与えよう。
これだけでも大きな力になってくれるはずだ。

「とてつもなく喜ばしい、もしくは沸き立つ、もしくはやり遂げた事があったときの台詞とポーズを、やらなければならない、やりたい、けどやりづらい事に着手する時取って見て欲しい。もしくは、言い渡された”瞬間”に」
あなたが健康体だとしたら・・・・本当にやり遂げたときの姿勢は、座ったり、寝ていたりしたかい?

そして同時に、全て自分主体に言葉を変える。
一時的でいいので、全部自分のせいにしてみよう。
「時間がなかった」 > 「時間を作る能力が不足してた」
「時間があったから出来た」 > 「時間を作って、すぐ終わらせた」



さて・・・・
本当に全部読んだ人が居るだろうか?
私には解らない。

解っていることがある。
この方法に興味を本当に持った人ならば、

「続きを書かないから」
やらないのではなく、
「続きを書かないなら」
そう、自分で突き進んでいるはずだ。

言葉が変わっているはずだ。そしてそれは本物だろう。
(おっと、僕には最高の(酷い)言い訳だ! そして本当は、こういう機会は重要だったりする・・・)


さて、それでは大会でお会いしよう。それでは、最高のバーチャロンを。




つづかない

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大会トロフィー完成

今日は二度目の更新。私にとっても大会前の自由になる最後の休日だ。多めに上げておく。
トレーニングは既に終えており、後はチマチマ炭水化物を採るだけとなっている。

本年度はセガ様の某協力者様より、イッシー・ハッター軍曹=石畑氏のサインが入ったトランプだ。
ジョーカーには各枚メッセージが書かれているが、当日並べさせておくことにしよう。

毎年優勝トランプはムーミンが持って行く。


今年は

しかし




1位
3位 4on4 2位

作った後気付いたんだけど、ごちゃごちゃしててダイヤとハートの1枚目が入れ替わってしまった!
何かおかしいな?とか思いながら手作業故のバリだと思ってダイヤけずっちまった!
大変失礼を・・・

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

what is ”to win”? 4

フォースが出た。相変わらず素晴らしいゲームである。みんな年末はフォースに勤しんでいると思う。
フォースはオラタンより勝つのは厳しいが、パーティ的な面持ちがあって楽しく、なかなか飽きづらい利点がある。
ただ、キャラ差はオラタンの比じゃないかもしれないぞ:)

この連載も早4回目になる(むしろ遅い?失礼)

前回のおさらいとしては、素直になるってのは本当に難しいってこと。
アドバイスもしかし、やはりなんだか合わない、というならそれは合わないこともある。
私が5.2でエンジェランを使えと言われても続かなかった可能性はあるのだ。
結局常に頭を使うしかないってこと。思考停止で従うってことじゃない。
考えるのも楽じゃないってこと。



さて恒例の前提確認だ。

・優勝を目指している
・とりあえず素直に聞いてみること

「こんなキツイことするんなら優勝なんてしなくていいだろ!」って人向けにできていない。
ここからさらに過酷な領域になってくる。



■「全て」自己責任

ああ、やっぱりこれ要るんだ って思った人。もう読む必要はない。合格だ。飛ばせ飛ばせ!
回り込みターボ近1000回練習した方が絶対役に立つ。僕、1000回やっても出来てないけど。

断っておくけど、結局諦めた、って言うのは悪いことだと言ってるわけではない
ただ君が「勝ちたかった」ではなく、「勝ちたい」なら必要だ。必ずね。

たとえば、君のキャラが弱いとする。
当然自己責任だ。「勝ちたい」と思ってるならキャラを変えるか、セガの株を大量に保有し最強のキャラにしてほしい。君次第でなんとでも出来るって事。

「このキャラで勝ちたい」と思うんなら必殺の努力でどうにかするしかない。
「俺がこのキャラをどうにかしてやる」
という覚悟が必要だ。

・・・・僕は5.4が出る12時間前までずっと入力練習してたよ。勝つ気でね。
5.2のライデンは、今のSTよりは弱い。
でも勝てないだろう。自己責任だ。

他のキャラが強いとする。これも同じことだ。
ステージが悪いとする。これも同じってワケ。


もっと大きく行こうか。
ガンになった・・・ゲームに勝てないとする。
自分の不摂生かもしれない。
常に食事や運動、環境に気を遣っていただろうか?
大げさに聞こえるかもしれない。
しかしそこまで考えてほしいってこと。
「勝ちたかった」じゃなくて「勝ちたい」のなら。

-
私はそういう、居酒屋で聞く愚痴みたいな話は嫌いじゃないことを断っておく。
人はタフガイばかりで出来ていない。
何度も言うように、ただ今回の前提が、勝つ、と言うだけである。
また、こういった「やる気」は周囲に煩わしさを生み出す事もある
周囲には3割くらいへこんでいるところを演出するような気概が必要だ

また、他者が諦めへの言い訳を思いやりで薦めてくることは多くある。
もし君が人生を賭けてもいいものがあり、鉄板の精神を持てるなら
必ず無視することだ。
( でも、ゲームへの事なら聞いておいても良いかもね:) )
-


さあ厳しくなるぞ。

あなたが仕事でイライラするとする。声も聞きたくなくなるような最低の上司だ。
あいつさえいなければ、と思うかもしれない。
よくある話だ。そんなときに考えてほしい。
君はできる事を全力で徹底していたのか?


「君は就職するまでに勉強を徹底してしたのか」
「徹底して就職活動をしただろうか」
「常に悪いことを見聞きした時、明日は我が身だ、と反省して予防したか」
「今も勉強を続け、今の環境から別な環境に遷るための準備をしているか」

「で、あんたはあんたに出来ることを”徹底”しているワケ?」

「責任が自分以外にあると思い込んで、楽しようとしてない?
ってこと。
地球に起きるあらゆる出来事で、
自分以外に責任があることは存在しないと思って欲しい。

自分以外の要素に責任を求めるのは、そもそも真剣じゃないってこと。
人は歳の数だけキツイ事を諦めるための言い訳のバリエ―ジョンが増えやがるんだ。

私は徹底し損ねたときに自分にかける言葉がある。
「なんってこった!サボりやがったな!
おめでとう!役立たず!!」

(※次の話は「対人?お前自分に勝ててるのか」って流れになるぞ)

勘違いしないでほしいのは、最初から完璧を求めているわけではない。はっきり言って、ミスしかない。ミスしまくり。
重要なのは、そのときにある知識、方法で最善を尽くしたかと言うこと。

良くあるパターンが
息止めて最善を尽くして、全力を出して、
「やっぱ無理でした」
と言うものだ。

これは、無理だと思い込むために全力を一時的に尽くしてみたに過ぎない。
私は言い訳のための全力と呼んでいる。
本当の全力は、
徹底して、出来なかった原因を洗い出し、もう一度全力を尽くす。
これを何度も繰り返し、自然に息をしながら出来なかった事が出来るようになる。
でも息苦しくなるような事を試し続けて、
まるで異物を飲み込むような想いで得られた反省内容を練習し続けることだ。

どうしようもないくらい考え、酸欠や過呼吸になるくらい練習するしかないのである。
そしてそれは自然に出来るようになる。

絶対に後から「こうすればよかった」という反省点は出る。
反省点が出ないことなんかあり得ない。そのときの柔軟な最善努力をしてみて、駄目なときはしょうがない。経験を生かして、スカッと次に進もうってこと。
最善のつもりが、体壊しちゃって、加減、つまり自分の限界を知り、反省する・・・・
進化した最善と思われる行動を尽くす。
要は、ただ、君は徹底したかどうかってこと。

環境のせいにして言い訳をしているヤツには何もこない。
「うん、それは運が悪いかもしれないな・・・・・・・・で、あんたは、できる事徹底してたの?

国を憂う者が不用心に脂肪をため込み 或いは痩せ過ぎ
医療費を食いつぶしていく。よく見る光景だ。これに極めて近い。



さて、やらないための言い訳を潰していこう。
「勝ちたい」人向けであって、CPは悪い。精神病になりそうだ。

・才能がないから・・・・センスがないから・・・・・頭悪いし・・・・・
「で、君は、その才能あふれる人より練習してないってことはないよね」
僕らは今回、2m越えの男とバスケで戦うワケじゃない。

天才とかセンスがあるとか言われる人の練習を見ながら考えてみよう。
僕らは「勝ちたい」ワケ。才能が1000倍あるヤツを前にして、「勝ちたかった」と言ってるワケじゃない。勝ちたいなら、才能とかセンスとか、全く無意味な前提だから。そんなことより、彼のダッシュ方向のクセでも見た方がいいよ。


・時間がないから・・・・・
「で、君は、時間をとれるようにがんばったの?プランニング、タスクマネジメントの勉強とか、徹底して実践してるの?
二宮金次郎像を見ながら考えてみよう。
(ほんと申し訳ない・・・・・・)


・周りに理解がない・・・・環境が悪い・・・・
「君はその環境で出来ることで最善を尽くしてないってことはないよね。脱出するために全力を尽くしてないってことはないよね。理解を得られるために全力を尽くしてないってことはない?根回し、OK?徹底しているかい?
あの有名なアーノルド氏は2000人の人口の村に生まれ、親はアーノルドを頭がおかしくなった、と思ったそうだ。


・体調が悪い・・体力がない・・・怪我をする・・・・精神が弱いし・・・・
「食うもの、OK?運動、手、抜いてない?精神も結構食い物が原因だったりするんだぜ。徹底してる?まさかただ休んでるだけでいい方向に行くとか、何もしないで自分が思い込みたい限界のせいにしてないよね

手術の不手際でクローン病という難病に冒されているヤツが、徹底して生活に気を使った結果、1日1200kcalで3000kcal分の運動をこなし、トレーナーを勤めつつ240kgのベンチ・プレスを扱っているという「恐るべき大自然のいたずら」と評された男も居る。(from xfit)

まず、栄養学を押さえよう。特に脳が環境に大きく影響を受けるのは誰でも知ってると思うが、まず自分にできる事を徹底しようって事。
悲惨な体力の持ち主が地道な努力で強力なタフガイになった例は多い。たいがい元からタフだったヤツは油断しちまうのさ。

悪いことの原因はたいがい自己管理、自助努力不足が原因なのに、同情を誘うような声で・・・・あるいは怒りを交えた声で、環境のせいにしようとする。
寿命が終わるまで続けるのは勝手だが、勝つために全く無意味ならまだしも、素晴らしく巧妙な言い訳としてやらないための理由作りに最高の燃費効率を誇る。
これはもう一歩追い込む事を放棄する。もう一歩追い込むことをやめる。

OK,「で、アンタは、徹底できたか?できる事全部やって、必要なこと練習始めてる?
そう思うことにより、そんな甘えを消し去ることが出来る。


徹底した努力には徹底した反省が生まれる。
それを黙々と繰り返すだけだ。

でも、休日は休日だ。特に我慢のしすぎは良くない。本当に病気になっちゃうからね。

毎日弱くなっていくのか?
毎日強くなっていくのか?

ここを読んでいる人たちの大半は手をグーにして、パーに出来るはずだ。
それが出来ることの意味を、もう一度考えてみよう。

徹底せよ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

飲み会参加者リスト

飲み会は締め切られました!
また、当日やはり行けるようになりそうだ、と言う方はキャンセル待ち登録と言う形でご登録ください。
席が増やせる等の可能性が残っているかも知れません

http://shoichi.co.jp/nomi/nomikai.html

もし「登録したはずだが、名前がなかった」という方はコメント欄でご連絡ください!


ふじた
666
美原ナオ
396
ぽんきち
直核さん
TypeNora
そがさん
SHU
カブトムシ
チャバネ
山川栞
メラニン
どくふ

ぺい
彩マイン
村人
ナイツオブタングラム
うば
ぽかーん
SILBER
ともち
しゅん
DOI-2
のものも
エルム
BA.
??????
初代片平慎一朗(ラーズ)
いらく
シャドウ・ゼロ大佐
asuka
あじれ
いわいちゃん
MEN
もちゅ

ランドリーマン
姫路JOE
kamino k
えーぜ
ヒロエルザ
ビタC
Anita=Shit
えーあーる
zew
エソテリック
ぜっと
ヒデボー
G・K
らむねなお
ちくわ
浜マザファッカー
すたれっち
コモエスタ秋葉原
ごおすと
NOR
えんど
わんれん
ぽらりす
えびるん
ス丸
KITA
BIOS
ヤナギ
ぼすざる
ムーミン
たれ(テム公兄)
18号
西スポ店員A
西スポ店員B
住職
どむ
さいばい

ムーミン兄
ソヨカゼ
はるかぜ
おなこ


エスポワール(幹事
かいえだしろー(幹事

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

what is ”to win?” 3

バーチャロンフォースの最高の全身ポスター、見たかい?
今日見損ねちまった。なんってこった。すっかり忘れてた。


さてすっかり忘れてるかもしれない。こんな話。でもコアなファンが一部居るようだ。
そいつらのために書かなければなるまい。

あらすじ 優勝するにはどうするのか?
まず目的を果たした瞬間の自分を徹底的に想像することとかそんな話をしていたってワケ。

Iシダ氏がまわりにアレは絶対読めとかなんか凄い事言ってる
読ませてやんよ!アンタを例に!

でも、ここからは厳しい内容になるかも知れない。なるべく楽しく書くつもりだけどね。
僕が僕に言ってると思ってくれればいい。


-前提- 確認のこと
優勝を目指す人。
とりあえず素直に聞いてみることが出来る状態にすること。
OK、愛してる。



■素直に聞くってこと

一部の人は言われずとも身についてるんだけど。結構これが難しい。

ぶっちゃけ、素直に聞くってのってどういうことなの?
他人の話なんて聞いてると、どこかにケチを付けられないか考えながら聞こうとしちゃうときがある。これはストレスが溜まってるときとかもあるだろうし、性格もあると思う。
まずこれを完全に無くして見ろって事。たとえば誰もが聞いたことがある

親の言うことを聞け
ってアドバイスを貰ったとする。
まあ結構大人にもなったらこんなの例外はいくらでも考えつくわけ。

親もとんでもないことを言う
知ってるよ 俺の鼓膜をどこまでも無駄にするヤツだな
言うこと聞いてたらなんもできねーよ

この3点は非常に正論であり、はっきり言って私は一切異論がない。

しかし素直に聞くというのはこういう事では無いのである。

・なぜ私にそんなことを言ったのか
・何故私はそんなことを言われるのか

-私はそんなことを言われる存在なのか

どんなくだらない事を言われても、これを徹底して考えて見よう。愛してる。

もしかしたらそいつは最近不機嫌気味な君の能力を高く評価し、

親の言うことを実行しなくてもいいから耳を傾けて、嘘をつく必要は無いが上手に会話だけでも満足させながら円満に終わらせるようにしろ 君の機嫌が悪いときでもうっかり棘があるような反発はするなよ

この略かも知れない。

この心構えが無いとどうなるか?
バーチャロンにうまい人はたくさん居る。みんな凄い親切だし、夜遅くまで良く教えてくれるはずだ。
バーチャロンに限らずとも、そんな人は結構居る。

ところがアナタは負け続けて、イライラしている。
たとえば回避方法にアドバイスを求めたものの、どうもうまくいかない。
才能が違うんじゃないの
もっと教えて貰ってない方法が必ずあるはずだ
そんなケチをつける言葉が出て来て、練習に集中しない、もしくはやめてしまうのである。
そして自分の普段の「勝てない動き」にまた戻るってこと。

さて、素直に聞く、ってだけでも、かなりの苦行じゃない?


■楽な方法なんて、無いってこと


アドバイスする方も、責任はない。アドバイスしろって言われたらなんか変な事も言うだろうし、プレイをずっと見続けてくれて、ちょっと言っておきたいことがある、って感じで重い口を開くかも知れない。

そしてそのアドバイスというのは、少なからず変化を伴う。
それは決して楽ではない。
何にせよ、楽な方法で成長した人間なんて聞いたことがない。

楽な方法、無いよ。そんなん、ほんとない。


■楽しい方法なら、あるってこと

もし今までの話に心当たりがあったなら、次からこう言ってみて欲しい。
「気付いたらでいいんで、”最高のアドバイス”を」
アドバイスを貰ったら
「OK まかせてくれ。 俺も”最高に徹底して”練習するよ 俺の本気を見せてやる」

楽しい楽しくないなんて、気の持ちようだから。
パーティーに居る連中、みんな仲が良いはずだ。ちょっと気持ちいい台詞吐いてみな!
さらに最初から徹底する気で居ると、結構楽しくなってくる。ひと月たっても終わらないかも知れないけどね。
昔のアーケードなんて、そりゃ殺伐と練習したモンだ。相手のプレイなんて見えない掲示板でアドバイス貰うくらいだよ。
今は聞けばプレイ見ながら答えてくれるヘビープレイヤーがバーチャロン徳を持っている。昔より絶対すぐ強くなれるんだ。

そんな状況なのにアラを探そうと、出来ないと思いながらやると本当に良くない。
こんな心の声がたまに聞こえてくるんだ。

「コツがあるはずだ もっと楽なコツが 最高に楽なコツ
楽な方法じゃないならこいつは嘘を言っている

本当に無いんだ。
深夜通販のアブ○○シリーズ、あんなに出てるのに6パックの腹筋本当に持ってるヤツ、滅多に居ないだろ?


Iシダっていうテムジン使いが居て、興味津々に
「ネット抜けらんないんだよ レバガチャ教えてよ」
そんな質問を西でぶつけてきたんだ。
「なにって、僕はこうレバーもって、あとは必死に抜けるまでやるしかないでしょう」
Iシダ氏はつまらなさそうな顔をして
「そうか、やっぱり言いたくねーのか・・・」
とかワケのわからん事を言って
「いや、言いたくないのは解る。それなら言わなくていいよ」
とか意味不明な台詞を言ってきたワケ。
そんなこんなで連射パッド出たよ。俺、スゲーほっとしてるんだ。

楽なバーチャロンあったら、教えて欲しいぜ。
そんな楽な人生、どっかに転がってたことある?
もう、結構いい年だから。
みんな悟ってる筈なんだよ。どこかで認めたくないんだ。コツとか才能とかセンスとか持ってるヤツに負けてるんだってイメージを持ちたいんだよ。でもそろそろ認めよう。

楽な方法なんて、無いってこと。

でね。必死にレバガチャするだろ?で、ひたすら反省するんだ。

>レバガチャで抜けるのが目的じゃなくて、その後の攻撃をかわすのが目的だ。
>真ん中に当たったときは、やたら長い。当たってるのかどうか解らないようなときは、短い。
>自分が必死になった時、大抵このくらいのタイミングで抜けるようだ
>自分の必死さだとここまでレバガチャをしてガードをすれば、間に合うぞ ※
>あれ?間に合わなかった
>勘違いだろう。もう一回練習だ ※ref
>間に合った

OK。そもそも必死じゃなかったら抜ける前に喰らっちまうよ。

バーチャロンならみんなサボってる奴らも多いくらいのリリース時間たってるけど、バーチャロンじゃなくてもなんかやろうとしたとき、思いだして欲しい。
この精神パターンを。


■素直に聞く?
アドバイスを言う方もかなり気合いを入れて欲しい。ほんとに言っていいのか?効果的なのか?
今の話だと、アドバイスをする方が釈迦みたいにみえちゃうけど、
アドバイスを受け止めるには強い精神力が必要だってこと。
「今は逆効果だ」
「ゆっくり行こう」
ありふれた台詞だが、これは結構重い。

アドバイスする方も反発されたらもどうしてそう返されたのか考えるわけだ。
「おっと、殺しすぎてしまったかな」
とか。まあ色々考える。

でもIシダ氏を見てるとどうもマジで楽な方法があると思ってるフシがある。
「俺のレバガチャが速さの割にあまりに静かだからIシダさん勘違いしたんじゃねーか」
こんなところか?わかんないけど、まあ少なくともこれは何か負のバーストが起きるような重大な問題ではない。多分Iシダ氏は明日の朝メシの方が大事だ。


社会人やってると解ると思うけど、伝えるのも大変だ。本当に伝わってるかどうかを調べるのに何日かかる?
出来上がったシステムに
「これは言いたかったのと違う」
こんなこと良くあるじゃない。
つまり、伝わってるかどうかから徹底して疑う必要があるかも知れない。大変だ。


さて、今回の習得スキルは 「素直に聞く。徹底して考える」 ポジもネガもあるだろう。でも徹底して考えて見るのは悪くない。 

これは次の話でとても深く関わってくる。さあ、とてつもなく嫌いな政治家の台詞でも聞いて
どうしてそんなことを言ったのか?って言うのを100回考えて見よう!


すっごい偉そうに語ったけど、僕ももちろん出来ていない。

カブトムシ氏に背筋の薄さを責められて、
「はい 徹底してがんばらせていただいております」
(彼はジャパニーズが厚い背中を手に入れるのにどれだけの遺伝的不利を持つのか解らない。しかしやはり、何も知らない者に対する説得力こそが重要なので、それは言い訳に過ぎない)
って言うくらいにはなった。
最初は
「ジャパニーズ、結構きついんすよ」
だったけど、
そのジャパニーズって言う甘さを消し去ったら厚さを出すためのテクニックを集めるようになったし・・・いや、薄いけどね ほんと・・・・



コーチを疑ったアスリートにまず勝ちはない。疑ったのと同じコーチに素直に従ったとき表彰台にあがった例はたくさんあるんだ。かなり有名な、また一般的なテクニックを紹介させていただいた。
価値はある。是非やってみて欲しい。

今のバーチャロンにこんな事徹底するヤツが居たら、本当に優勝は近いはずだ。
本当にネガティブにかけられた言葉すらエサにして成長できる。


つづく・・・・か・・・

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

秋葉原GIGO







電脳戦機バーチャロン フォース 12月22日発売!!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あと18日!

さて、大会も近いことだし、更新頻度を上げさせていただきたいと思う。

今回はとりあえず参加者の優勝予測だ。

なんか大会という色もあり、飲み会という色も有りでイベントと言う色が強くなってきました
飲み会はご好評をいただき大人数となりお店側と人数調整が容易にできるようになったため、締め切りを22日まで延長させていただきます。どうもありがとうございます。

4on4、ソロでもみんなと組めるようにしておきますのでご安心ください。
私も初めて出た新宿西口の5ON5は知らない方々と組んでもらったものです
絶対家で寝てるよりいいことが起きる たぶん

今回は九州も1,2,3位東日本勢が独占という好成績 一応一人は東北なんで、東日本と言わせてもらう
これはチャバネさんも黙ってられない

さて今年バーチャロンを年末優勝で締めるのは誰か?

東京は血も涙もないバーチャロイド・ムーミン。
いい質問だね。見たかい?4on4の構成は容赦がない。
彼はただ一人開発者の想定を飛び越えて行った本当のバーチャロンだ。

大阪はチャバネさん。ガチだ。本当にガチ あまりにガチなので僕らもびびりながらチームを構築する1分子としてがんばってる。
あの 普段あまりやる気のない 2号店さえゲーセン・ミストに足繁く通っているのだ。
カブトムシ-Cominutsさんがランクマに現れたら徹底してぶち殺してほしい。

エルムドア氏は秋葉原のご意見番・J氏
「まるで司が乗り移ったような動きだった」
と言わしめる練習量に支えられたプレイが見物である。

アイドルソヨカゼは今日退院だ。予後は良好だが、まだ安静が必要らしい。
大会までによくなってるはずだが、オラタンの仕上がりは厳しそうだ。

司はなにやら仕事が忙しいと言ってる。ご苦労さんだ。だいたい年末に暇を作ってもらえるのがありがたいわけで、
作ってもらえないのが普通と私も確信している。
彼が来れないのは仕方がないことだ。



エスポワール・アームレスリング・ヒエラルキーは大会後のバーチャロンプレイヤーで一番アームレスリングが強い男を決めるファイトである。


実は歴史が古い。

私がやらされたのは5.4の全国大会後、関西・名古屋勢に絡まれたのだ。

「強いんだって?」とね。そのうち一人はそんなことを言いそうな男、当然特攻兵だ。
僕は田舎の僻地にいて、自分がどれだけ強いかは分からなかった。家で懸垂やってただけ。
1日3桁はやっていた。休みは土曜だけだ。
ただ一ついえることは、そのとき僕は全国大会への切符をアームレスリングも持っていたことだ。

一方的である。


EAH(長すぎるんで適当に)5で決まった
右手・谷
左手・村人

このヒエラルキーは
九州で
右・メラニン
左・村人
に置き換わった

ちょっとすごいぞ。でも、もしかしたらメラニンに姿勢が有利だったかもしれない。
最高だろ?

僕?僕は審判さ。

でもそんなことばっかりやってると、おまえもやれよ っていわれるだろ?
そりゃそうさ、今年右手が8ヶ月も治らない怪我をしなきゃ大会に出たんだけどな~♪
とか吹いてるだけの変なヤツに思われてしまうわけ。(怪我は実際結構長かった)

安心してほしい。メラニンの両手を左手一本で葬っておいた。間違いがないようにね。
審判にさせておけってことさ。

今年はところがついにアームレスリングで僕を葬ろうというヤツがバーチャロン界で出てきた。

去年はアームレスリング・ソリューションというサブタイトルだったが
今年はそういうことでアームレスリング・ディストーション(歪み)というサブタイトルにすることとする。

最高じゃないか?




是非楽しんでほしい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

九州 終章

「いやーもう優勝大分きまったんじゃないですかー」
チャバネが私に対して呟くのは無理もない。

「いやーどうだろうねー・・・・・」
当然摩耗しつつある私の返事は力が無い。

ここ最近の対戦経験は(全てアケ)

・2号店 50戦1敗
・エルムドア 詳しく解らないが煽れるくらいの勝ち越し
・ニーナ元帥 無いが、ドルドレイ

(誤解しないで欲しいのは、そう、なんというか、いや、
ドルドレイがそんなにライデンに負け過ぎてるとかそういう意味じゃないんだ)

なるほど戦力的にはそうかもしれない。
しかしすでにバーンアウト・・・ハイパー化が終わったBTのような精神状態だ。
対してベスト4の相手は2号店である。

盛り上げてる相手に異様に集中し、そいつを倒したらフッと終わる。
古くからこいつを見てる人なら知ってると思う。

この異様に集中がやっかいだ。

ここもせめて逆境なら・・・・・
おそらく次の相手はエルムドアで、自動逆境 && 柔らかめのスペシネフというエクセレントな状況が生まれる。
(※これがチャバネ && アンホーリーだと、逆境も何も無い)

2号店はぶつくさ言いながら撮影をやめステージへ向かう。

ステージアナウンス

ファ

これはかなりやばい。逆境とも言えず、グリスボックが不得意ではないステージ。
フルマラソン3/4地点で整備不良の石に思いっきり躓いた感じ。

-ストプラント ダンシングアンダー オブジェクティヴ

結局タイムアップでやられることになる。
(そしてそれは本来良くない)

3位決定戦はドルドry


決勝で2号店も最後に精神的に安心しきってしまったらしく、ウケを取りに行ってしまったのかなんなのか大味な箇所が散見される戦いをし、エルムドアの優勝が決まる。

玄人に言わせると「殺人的なくじ運の良さ」かもしれない。確かにそれはある。くじ運という概念は決して否定できない。
技術的には司の方が数倍強いだろう。そして司は優勝できていない。これはくじ運や不運があるといえる。

しかし、彼エルムドアは徹底して練習したのだ。そして大会に出た。
そうじゃなかったら少なくとも「殺人的なくじ運」が廻って来ても、彼はどっかで死ぬし、それ以前の問題だろう。



つまり、なんというか、こう・・・・・・
彼は必死だったのさ。

優勝を手にしたエルムドア










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

九州7

※飲み会締切12/10!



準々決勝。エスポワール(ライデン) VS えびるん(スペシネフ)
今年の九州は人数も多く、それ故進みも速くせざるを得ない。

一人のスペシネフ使いがその戦いを注視している。名をメラニンという。町田勢の一人である。西の三ノ宮サンクス、東の町田ツンドラという2大マッドマックスの片割れを構成する一人である。
しかし彼はその中にあっても限り無く人徳者であり、最近アミューズメントショップを退職し、現在はフィットネス・トレーナーとして勤めている。

人徳者ではあるが、極端にシグルイに傾倒している町田勢であることに違いはなかった。

「エアポートと申したか」

過酷なステージである。スペシネフはつくづく圧倒的な戦力を持ち、またメラニン自身そのスペシネフというキャラを使っているからこそそれを十分に理解している。
周囲がエスポワールはそろそろ終わりだろうというコメントを漏らす中

エルムドアの笑み。


1セット目は数合切り結んだ後、えびるんが倒れた。

2セット目はそれとは逆に一方的な展開でライデンが転けまくる。スキを見てしっかり脱衣をし、小玉に注意しつつ、バーチャロイド有数の速度で寄せては返す波のように出入りするエスポワール。ヒットアンドアウェーとも言えるが、なかなかヒットは許さない。

4-5回出入りする内に、スペシネフは何を打ってくるか解らない・・そして何も撃たないライデンを目の前にして飛んだ。
中途半端な空中でネットが直撃し

宙にぶら下がったスペシネフに
RTRW近接が

その光景を目の当たりにしメラニンの脳裏に浮かんだのは3年前のソヨカゼの忠告
「エスポワールがバズーカを担いだら用心せい」

しかしこれはメラニンにとって
「用心しようがないだろ」

エスポワールのバズーカは宙空に張り付けられたスペシネフの脊柱に到達した

「こんな所で死ぬ男ではない」
エルムドアは笑っていた。


■■

えびるんは中国地方最強とうたわれた至宝である。
フェイかスペシネフを好み、そのプレイは攻撃的なセンスに溢れたものである。
まさしく当て所と言うのを心得ているのだ。
最近復帰したのだが、大会前にパーティーマッチでいくらか私と対戦している。
彼にとってはおそらく戦績は芳しくなく、苦手意識が付いて居るような文字通り苦い顔をしている。
しかし実際はどうなのか解らない。

さてスペシネフを狩るのは幾分か得意な方ではあったが

「エアポートか」

逆境である。
しっかりカメラのフレーミングを意識し、厳しそうな顔をする。
ピント、構図、露出、シャッターチャンス。全てが完璧だったはずだ。OK。反応も上々だ。

内心表情とは裏腹に私はこの逆境に感謝していた。理由は前回と同じである。


1セット目。優位に戦闘を進めるためにレバガチャ・中程度で抜けられる位置でのネットをぶつける。
箱とアケでレバガチャの速度が異なる場合があるからだ。
これは非常に重要な情報である。大会ならば、ワンチャンスだけあえてレバガチャをしないことによりライデンを釣るという行為は魔神の精神がないと難しい。
レトロな方法ではあるが、効果的なのだ。

「レバガチャレベル 下!」

リサーチは完了である。必ずどこかで生きる情報であった。
1セット目はそんなリサーチを忘れさせるように畳みかけ無事確保。


2セット目。いきなりこっちギリギリ、相手はピンピンと言う過酷な状況に追い込まれる。
OK、そりゃこっちだってただで勝てるとおもっちゃいない。

脱衣
「重いコート脱いでぇ~♪ 出かけませんーか☆」(春一番'97 Vo.かないみか -SEGA)
成功!

あとは相手に攻撃がガッチリと食い込む位置に出入りしてプレッシャーをかけつつ
(もちろんこっちが喰らってあっさり死ぬ可能性だってあるが、そのリスクはしょうがない。さらにその色が強いスペシネフ・エアポートである)
出入り数度目。
耐えきれず、スペシネフが飛んだところをネットで捕獲。
レバガチャのリサーチ通りなら、これで一撃で終わる。前ダッシュバズーカを選択する必要は無い。

エスポワールはバズーカを担いだ。


■■■


箱が出回り、情報と試せることが明らかに増えた。創意工夫は選択肢をもたらした。
そこからの話である。

経験は状況に用意された選択肢への無駄がない引き算をもたらす。
ただ回避とプレッシャーの選択肢が増え、その上で瞬時の引き算が刃となって相手に向かう。
そしてそれは極めてシンプルな、端から見ると何も珍しくないものである。

創意工夫が経験により研鑽されるものだ。
無駄な選択肢を一瞬でそぎ落とし、自分の持てる最適な行動をする。

まず一つを徹底して試しては猛省する。

つまりやるしかないのである。

それはあたかも初心者が広告文句が輝かしい腹筋マシンで迷い尽くしたあげく、ダンベルとぶら下がり健康器に落ち着く様を見るようである。



決着後、メラニンは頷いた。



※飲み会締切12/10!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

九州6

私がトイレに駆け込むのは必ずしもトイレのためではない

ベスト8決定の特攻兵は気合いを入れ続けている。
こいつもこのブロックを抜けてやろうと、そして最もハードなブロックを抜けてきた私に対したまらなく仕留めがいを覚えているに違いないのである。対戦前のテンションの高さは見ていて心配するほどだ。

スペースドッグ。逆境であった。

ドルドレイがおそらくライデンに対し最も強力な戦闘力を誇るステージである。
そのバーナーは目視不能であり、ライデンに対するOMGステージの立ちドリルは「回避不能」という研究結果も出されている。

今年マイクが使えないので、驚いたような顔をしてみせる。
しかし私は内心落ち着いていた。
本ブロックがあまりにハードな故、順境だと気が抜けてしまうだろう。
そして順境でのドルVSライは -少なくとも私は- 負けてはならないのである。
負けたらしこたま狩られた校長が切れるし、
アケを求めて仙台まで来て精神崩壊するまで抜かりなく死につくしたMen氏も遺憾の意を示すに違いないのだ。
幾人ものドルドレイの悲しみを背負い、戦うのである。

特攻兵が2セットにレーザーで打ち抜かれた回数は4-6発。
即死である。
ドルドレイの見せ場はそこに一切無い。


どうしても隠していた奥義を出されたと思いたがった――彼はついこの間仙台に来てたくさん対戦していた――特攻兵のコメントは最終的に下記の通りである。
「見たことがなかったレーザー」

「沙羅曼蛇でもレーザーは強かった」
私はうなずくと、
僅かに飛んだバーナーの飛沫に、
早秋色も半ばに枝から手を離してしまったもみじを重ねずにいられなかった。


-散るもみじ 残るもみじも 散るもみじ
良

秋の福岡の話である。





(飲み会登録お待ちしてます!)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )