goo

なんだっけ・・・そう・・・・

なんだっけ、そう、バーチャロンナイトの宣伝をお前も書けって言われたんだ。


そうだな。前の同人誌と一緒で、モノに対する知識がない時は書かない。
ある程度I氏から詳しく聞いてきた。
そしてどうも(ちょっと聞いただけだけど)僕が重要な役を担うという。

どんなバーチャロンだというのか?トークイベントとかアームレスリングとか、オラタンが置いてあるとか。そういう話ばっかりだ。しかし実際はどうなのか?アームレスリングなんてやるわけ無い。したいなら付き合う もちろんさ。前居酒屋で右100回左100回やったこともある。嘘じゃない。

肝心なところはミステリーな夜として捉えておくしかない。
これが既に凄いと思わないか?
イベントだよ。でも、詳細はミステリーなんだ。
コトブキヤから1/14ドルドレイが出るかも知れない。

ちなみに大佐ブログの大佐の絵は、僕が遙か昔に描いたモノだ。知ってた?そうか。
でも、バーチャロンナイトの全容が掴めてきただろ?

オラタンについて聴きたいときは僕の所に酒持って走ってきて欲しい。
僕が話せるなら全然関係無い話題でもかまわない。

とにかく、10月2日(土) 20:00~22:00 に空きがあったら来てみて欲しい。
鶏ガラになったような僕も拝めるはずだ。


どうだ?そう聞くとバーチャロンナイト、悪くなさそうだろ?
3500円するが、一聴の価値有りだ。
http://ameblo.jp/virtual-on-night/


さあ、これからのバーチャロンの話をしよう。



ホーウホーウ
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

バーチャロンナイト

どうもこんばんわ バーチャロンナイトというイベントを
やらせてもらいます。イシダと申します。
たびたびですが宣伝をさせて下さい。

http://ameblo.jp/virtual-on-night/

ブログ内のエントリーフォームから登録をよろしくお願いします!
当日はお酒なんかも飲みながらバーチャロンのお話をしたり楽しく
盛り上がれればと思ってます。

ここはオラタンプレイヤーが多いと思いますのでそんな皆さんにご報告!

当日はXboxをシステムリンクでつないでオラタンで遊んだり出来るように
しておきます。エスポワール氏も来るので奴のネット近接で殺されたりした
人はリベンジしに来るといいんじゃないかな。
噂ではプリンセステンコーの影武者(強い方ね)も来るとの事・・・。

それでは会場でお会いしましょう!!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

what is to win? 2

いきなり内容と打って変わって弱気なんだけど、バーチャロンやるとスゲー肩が痛い。
丁度今痛めてる肩の一部”ローテーターカフ”っていうところのトレーニングにそっくりな動作があるらしい。


どうみてもジャンキャン。


http://www.zamst.jp/tetsujin/ask/q07.html
スポーツの鉄人に聞け!より引用。

あーいてえ 聞くだけでいてえ ビリビリ来る。
なんかしばらくやってるとトリガーが引けなくなるので、その頃にやめるように練習しないと行けない。
ただ単にトリガーが悪くなってるだけかも知れないけど。

あと、こいつが治るまで胸が発達しないんで、九州で取るポージングは結局シャツを着たままになる。
何?誰も見たくない?
それはいい質問だね。でも、良すぎる質問はする前にその組織に根回しをしておく必要がある。注意しよう。

電撃を当ててる数だけ、僕も君の痛みを感じ取っていると思って欲しい。素晴らしい思いやりだろ?
何?誰も感謝しない?


-


さてここからは前回の続きだ。ここから体育会系じみたシュールな内容になってくる。
読む場合は素直に呼んで欲しい。例によって長いし、時間がもったいないかも知れない。
読まない場合はさっきまでのを更新だと思ってほしい。
素直に、ね。素直に・・・・・・・・・


優勝を具体的なイメージで持ってくれたと思う。
ここを読んでいる人は少なくとも自分の勝利ポーズと決め台詞が出来ているはずだ。
10/80だって勝利ポーズがある。なければ、バグってゲームが止まるかもしれない。

そう、君のポーズは君が決めるんだ。そこは間違いない。

良し決まってるな?素直にな?別に「想像すら出来ない」ならそれでもいい。
次行こう。

逆説的だが、優勝モーションが想像できれば、優勝する事は当然ある。
ところが、多くの人はどうも今まで「負け癖」が付いて居るようだ。
学校とか・・・社会という鉄板の・・・・そしてどうでもいい・・・・怪物の前に屈してきた事が多すぎる。
これは家庭の教育もあるのかも知れない。

人間、想像できる限りのことが出来るんだけどな。大抵。

まあ聞いてくれ。
5.2の頃、僕は意味もなくバックダッシュハーフネット>Vレーザーを練習していた。
ライデンの4倍は強いエンジェランを叩き殺すためにはそのくらいしかないと思っていたからだ。
(当時の双龍は、現在の与ダメ価値にして2倍)

全国大会なんて想像も出来なかった。勝てればいいというイメージだった。


5.4が出て一週間過ぎてなじんできた頃、全国大会に出れることが「確信」できた。
ライデンがまともな・・・まともすぎる・・・バーチャロイドになったのだ。

しかし、全国大会に出た以上の事は、想像できなかった。していなかった。
・・・結果はご想像の通り。

いやほんと、僕は東京なんて想像も出来ないくらいの田舎に住んでたんだよ。そう、チリ地震で洗い流されるような。二車線道路を初めて見たときの記憶が今でもあるんだ。
東京に2日遊びに行くときだって親に2時間正座して許しを請うハメになったんだぞ。
東京の地下鉄の発射時のエネルギー貯めるような音に震えてたもん
全国大会「から」なんて想像できなかったよ。ここが私の弱さだね。

(このあたりのBGMは、ロストオデッセイの「永遠の別れ」でお願い)



あなたが10/80や、ストライカーなら、想像は難しいかも知れない。
それは責められるものではない。ゲームはキャラを愛する楽しみが当然あるし、
僕もバーチャロンをしている以前に、ライデンをしている。ライデンからバズーカが無くなってもライデンなのだ。
(今回はネタが優勝の仕方 だから、そこの所は我慢して欲しい)

ムーミンはBTからグリスボックに乗り換えた。そういうことだろう。
彼はバーチャロンをしている。これも素晴らしい。
たとえるなら水泳日本代表が勝つために水着を変える。これは全く持って正しい行為だ。

(今回僕の大好きなライデンちゃんがたまたま強くて、66ではデカイ大会で結構優勝した、それだけのことだといえばその通りだ ただ優勝キャラ分布を考えて欲しい 結構たくさんのキャラは居る)


人間は大抵のことは想像できると思う。それは決して不可能ではない。ここはポジティブに行こう。

ただ、5.2のライデンで全国優勝は困難だったのかも知れない。
(想像だけでいいけど、できたヤツ居るか?OMGでもいい)

経験上、ゲームとかにはやたらポジティブで、それを推奨する人は多いが、
何故か「現実に対してネガティブ」な人は非常に多い。

優勝はリアルの中だ。「ゲームの優勝、もしくは勝つ」となると、
現実に対してポジティブ(ゲームに対してはどっちでも良い)の方が強い。

あと、殺人的な負けず嫌いである必要がある。
ここだな。現実ネガゲームポジなヤツって、
「そこまでやらなくてもいいです」
とか言っちゃうわけ。これは本当にポジなのか知らんが、ゲーム的にはポジだ。
なぜならゲームは楽しめればよい。求道だの優勝一択前提に作られてるわけではない。
多分そっちの方が正しい。
(しかしフォースで相方が勝ちたいと思うとき、状況が一変するが)

ネタ的には優勝の仕方、だから今回は外れるだけだ。
例によって、優勝の仕方、なんで読んでる人は 優勝してみてえなあ って人だとして話を進める。
(そう、僕は君を優勝させようとしているんだ・・・本当だ!)

たとえば会社で君が人を使う立場になった時・・・・・あんまり「そこまでやらなくても」ってやつ選ぶかな?
素直に考えてみてくれ。素直に。多分使わないだろ?会社、死んじゃうよ。
古人曰く(久しぶりだな!)
「できるヤツのもたらす金額1000万、できないヤツの出す損失3000万」。
(偉そうなことを言っているが、僕ができるヤツである保証はない)
OK,さあ優勝したところを想像しよう。君は自分が使いたい自分になるんだ。
俯瞰で自分を客観的にみてみよう。上にいる君は負けず嫌いになって欲しいと願っている。


かいえだなんてああ見えて全国後の飲み会、我慢できなくて出ずに帰ったらしいぞ。
素晴らしい精神だ。いいじゃねえか、死ぬまでかっこつけようとしても。つかなくてもよ!
学ドルは便器を殴って手を折ったらしい。これはかっこいいのかはっきり言って分からんがまあいい。
俺?俺はコスプレした荷物王を抱っこしててほんとうにかわいかったと思った。
ああごめん、幼稚園の時、力士に腕相撲で負けて未だに悔しい。

・・・たとえばオラタンオッサンズにも忍び寄っている腹の脂肪の話だ。いつも聞かれる。
オラタンマッシブ隊隊長だからな。
誓ってもいい、授業参観を思い出せ。太った大人(そしてそれは大抵の大人だ)なりたかったか?
――そして君はそれを今からでも選択する自由がある。
腹はきついけど、やろうとしたことが出来ないのが大人か?違うだろう。出来るさ。出来た方がかっこいいモンな!
しかし出来た後絶対楽しいぞ、ってのを想像し尽くしてないと、絶対続かない気がする。

ガチ、たとえば、体を最適に保ちつつファットを落とす方法を自ら模索するようになる。
無意味にダメージ与えて、「あーこりゃボロボロだ♪やーめよ♪」とか言ってたらだめだぞ。
必死ってのは目的に対して必死になるんだ。

バーチャロンも「自発的」に優勝への道をサーチするようになる。
前ビがどうの言うのは、ここではその先って事だ。

素直に聞くんだぞ、まずは素直にだ。
俺だってこんな体育会系なこと言いたくないんだ。
これ長いから、不評だったら途中でやめるかも知れない。
だから一応上の方に普通のブログも入れておく。



あと11月に箱タン不定期大会がであるらしい。すっかり忘れてた。一応書いておく。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

what is to win

---の前に告知---

九州漢祭りのネットエントリーが開始されました。出られる方は今にでも登録どうぞ。

■漢祭りMANIAX
■漢祭りZAUO(飲み会)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/51055/1284979827/

2010年10月10日(日)ギガマック博多
14:00開始予定

飲み会 20:00~23:00
場所 祭り会場の裏
会費5,000 コース料理+飲み放題


-----------------


大会も近いので、恒例の勝つと言うことに関してさらに鳥瞰的に推し進めてみたいと思う。
(今回は具体的ではない)

今回に関しても当然聞き流すだけで、実行する必要なんか当然無いわけ。
漢祭りの広告ついでと思って欲しい。

ただもし目を通すなら、「全く一片も疑いなく素直に」目を通して欲しい。
コーチに素直に付き従わなかったり、疑問を抱いた部下やチームが表現されてるシーンでは、100%負けフラグだろ?みんなそのことを知ってるはずだ。(今日初めて”意識”した人も居るだろうけど)「え~、でも、ーじゃないですか」みたいな疑問はとりあえず捨て去ってみて欲しい。
安心してくれ、読み終わったら忘れてくれてかまわない。

負け方やメンタルの切り替えを今まで扱ってきたが、今度はもうちょっと大きい位置から勝ち方を捉えようと思う。
さて、今回の目的は 「大会の優勝」 である。話す内容は大会の優勝の仕方 だ。


たとえば、正確な操作を練習する、リプレイ見直す、アドバイス受ける、Vレーザーが出せなきゃ行けない、とかムーミンキャンセルが出来なきゃ行けないとか、姫路打ちが出来ないと行けないとか、色々みんなの頭の中にもあるはずだ。それらは結構重要な事だ。



とても古い人がこんな話をしている。

「これがstoneだ しっかり観察して欲しい」
用意されたものは、100倍の顕微鏡にセットされたただの石ころである。
「なるほど・・・これがstoneなんですね!」
観察者にはどう見ても100倍に拡大された「stoneを形作っている砂」だ。

「よし、stoneを持ってこい!」
持って来た物は砂粒であった。




たとえばムーミンの操作は別に正確無比というわけではない。ムーミンキャンセルすら怪しい。姫路に至ってはまともなのを見たことがない。

さてそれらは「勝利に必ずしも必要無い要素である」と言える。


石ころを持ってこい、と言われたときに、まずどんな奴でも石を持ってくる。石が見えてるからだ。砂を集合体に圧縮したり、石英を削り出したりするわけではない。
そりゃそうだ。石なんてどこにでもある。誰でも知ってる。

ただ、「優勝を持ってこい」と言われたとき、何故か人は「優勝」する目的だと知っていても、優勝自体を意識しないのだ。優勝するためにはXXXの場面が出来るはずで、姫路が必要だ!ではなく、姫路も練習しておいて損はないぞ 程度の対策を取る。
これが優勝だ と言われ、決勝のリプレイを見せてもらってもよくわからないのである。


優勝って何よ?
まず君がステージに乗ってるんだ。これは間違いない。みんなに拍手を受けている。漢祭りの場合、金に塗られたレバーを持ってガッツポーズを取ってるだろう。準優勝者は疲弊しきっている。今までみんな集中していたモニターは誰も見ず、君だけに視線は集中しているのだ。

君がマイクを向けられている。優勝した君がね。
そのとき過去の君に期待することは何だ?
「ああ、かっこいい台詞とか外さない台詞考えときゃよかったな」
OK,考えておこうか。
おっと、ガッツポーズも考えておかないとな。

「あそこで~やってりゃなー」
とか飲み会で言われ、
「なあにたまたまさ」
とか言ってるワケ。


そう、それが優勝だ。そんなモノを取りに行くのさ。


さて続くぞ。多分。



■漢祭りMANIAX
■漢祭りZAUO(飲み会)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/51055/1284979827/
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

告知 「バーチャロンナイト(仮)」開催



告知です バーチャロンナイト(仮)開催決定!!
バーチャロンフォース発売記念のユーザーイベントを開催します!
詳しくはリンク先をご覧ください
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

九州

日程がなかなか決められないのも不安定な出勤の会社に居る社会人の悩み所であり
右往左往するうちに新幹線で東京に行って羽田から九州に行く方が速いという意味不明さ

東京はつくづくバーチャロンと言う事なのだろう。
たしかに東北から九州は空きがあるないじゃなく、50人乗りの飛行機1日1~2便しか飛ばなさそうで、それはそもそも需要がないと言うこと。
百人一首のような予約力が必要になってきそうだ。腹が減る。


こないだボディビルの大会を見学しに行ったが、70歳のじいさまで私より圧倒的にハードなマッスルをしており、人間は年に対して戦えるんだなと思った次第だ。誰だ「所詮50・60まで年取ったらダメになるんだろ」とか抜かしたヤツは。
みんなもバーチャロイドになれるように鍛えて欲しい。腹が減るだろうけど。
腹が減りすぎて筋肉もだんだん見えなくなってきた。
ねえ、ボクの前鋸筋、どこいっちゃったわけ?
(前鋸筋・・・胸の両脇の肋骨部分にノコギリのように出る筋肉)



さて肝心のバーチャロンだが、「アーケード育ちでスティックでも十分強いがもうパッドしか使えないから大会出たくない」とか言い出す輩も増えている。
それは分からんでも無い。より良い状態を知ってしまうと、人間は後戻りが出来なくなる。
小遣いが500円のままなら何も思わなかったろうに、500円から1000円になり500円に戻ると発狂するのだ。
もしくは他人が突然1000円を手に入れるようになった、でも良い。
100円余分に手に入る筈になって、結局手に入らなかった、でも良いのだ。

それは悪いことだと言うわけじゃないが、あまりにそれが行き過ぎると本人が行き詰まっていくケースも多い気がする。 気が。
それは相続の等の時に双眼鏡で遠くから見てると一番よくわかる。

くそっ!大会なんて宴会なんだよ!顔だしゃいいじゃねーか!どんだけ”競技者”なんだよ!
大会までにどれだけ腹が減ると思ってやがる!


さてドリームキャストの時代には、「キャラにもよるが、明らかにパッドの方が強い」と言う意見は多く見られた。

大会運営側としてはXBOXとパッドを希望者に用意させたいものだが、たとえば選択をじゃんけん制にしたとしてもドルドレイ側からの絶望的な反発は必至である。「アーケードの大会じゃねーんか」と。

ピロピロをLTバズで消してみろ!火の消えてない灰皿がピロピロ代わりに飛んできそうだ。

つまりアーケードのスティックは様々な問題の解決を計りながらもアーケードの立場でうまくやるしかないと言うのが現状である。

なので、気になるあの人は何故出なかったの?と言う疑問には、
箱タンでパッド使いだった場合「パッド使えないから」と思って間違いないのである。


意識が途切れ途切れで、こんなの書くのにも3日もかかった。
腹が減る・・・・



妄想食





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )