goo

総集編5

イシダ氏と藤田氏による気が狂った余興は何が起こっているのか解らない状態である。

  
うーむ・・・・なんだかよくわからないが石田虎眼が勝ったようだ


実はただ単によだれをぬぐうイシダ氏


他にも余興があったが画像が無いんで置いといて・・・


シングルトーナメント開始。
順調に消化していく。

「なあ、誰が優勝すると思う」
「ガンダム3000回もやったムーミンが勝てると思うか? 今回は負けるよ」
「そう思うか?」

下馬評は今回はさすがに・・・といった所である。
しかしムーミンは勝ち抜いていく。
毎回チーム戦だとそれなり以上のバーチャロイドに粉砕死を遂げるムーミンではあるが

集まった不退転8名の中でも


やはり

ムーミンが


連射に引っかかった真のラスト。
ファイナルラウンド・00.01。ジャンプ中のグリスがムーミン。
手前がNOR氏。
また勝ちやがったか、と言う表情をする右下のチャバネ。

奇しくも時を同じくしてジャンプという最高技能を指示するチュートリアルテムジン。
古人曰く 「2段ジャンプするまでが バーチャロン」







3位のチャバネ

「私にはムーミンが居る大会で優勝というバーチャロンでの大きな目標が一つある
今日、それはまた叶わなかった」

※実はBANG-M氏が成し遂げている



2位のNor氏
「神を成仏させたかった」


1位のムーミン
「さすがにやらなさすぎて、今回はマジでヤバイと思った」



飲み会


※十分な引きの絵で

アームレスリング・ディストーションはメラニンが勝ちを死守。

手前側挑戦者伊達直人シルバーは入滅。


※引きの絵で
”全一”いらく

こうして無事大会は終わった





筈であった

Result.

ゴールドジム・トレーナーとしてデビューしたメラニンは・・・・
疲労がたたりトレーニング中に腰・胸を痛めて療養中である。

かいえだは・・・・・・1/2からインフルエンザ発症。
彼が当日居なかったら飲み会はどうなっていただろうか?

エスポワールは・・・・1/3まで風邪を引くつもりが2/10まで病気療養。

2号が九州まで行き、エルムの鎌で狩られてしまった彼が真っ正面まで走っていき死にものぐるいで残した1枚
(これ)
に、バーチャロン・ロバート・キャパ賞を与えたい。

そのときのやりとりは

エスポワール「お前よくそんなの撮れるな」
2号「これ撮らなきゃ絶対だめだろ!」

そして2号はトーナメントで消えて行った。
奇しくも2号のシステムはロバート・キャパと同じニコンである。


イシダ氏は・・・・特段変わっていない。




それぞれギリギリの戦いだったのだ。


ギリギリの・・・・






1999年

新宿に、ヤツが帰ってきた。アメリカから帰ってきた、ヤツである。

「コードネームデスマッチをしましょう。あなたが負けたら”悟りライデン”に名前を変えてください。僕が負けたら”蒼い閃光のダッシュ河馬”に名前を変えます」

ナイフの切り口のような目つきでムーミンは言った。

2日に渡る死闘の始まりである。

「よくよく考えたらお前、今俺を負かしたらエスポワール杯が無くなってお前の伝説が生まれねーじゃねーか!」

「何のことですか」
「何でもねえよ!10年も先の話だ よしやるぞ!」




- 以降 彼はムーミンを大会の名前に使っていない





(続かない)



ご愛読いただき、ありがとうございました。
たまたま去年は通年で更新されましたが、今年はいつも通りお休みの期間に入ります。
たまに更新されるソヨカゼ先生の作品にご期待下さい!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

総集編4

大会当日。はっきり言って当日、何が起こるのか僕はよくわからない。
当日まではやたら仕事があるが、当日は挨拶回り用に作られている。

「見てくれよ!俺、MRPでスゲー痩せたよ!」
上機嫌なかいえだ





開いたばかりの実際は薄暗い会場で色々ポージングする特攻兵。
特攻兵の顔がまともに写るまで明るく写す。

1枚目右側に僅かに写っているのはムーミンとチャバネの居る大会で優勝を果たした
BANG-M氏。
2枚目は前回チーム戦優勝をした谷氏。


ここからが非常に重要。4ON4。朝。
こんな無謀な人数でこな時間に人はまともに来るのか?スタッフは常にそんな考えを抱く。





とても多くの方々に来場して戴く。
(特定の人物以外の判別できる顔は潰してあります)



クリックするとチーム名と名前が見える程度に
大きい画像になりますがちょっと粗いです

なんと4ON4で16チーム(やたら都合の良い数字だが、作為は無いよ!)




順当に勝ち抜く当チーム



メンチに板レーザーを撃つス丸


メンチにスパイラルを喰らって凹むス丸だが、そのまま勝つ

途中当チームに当たったナオチーム
リーダー曰く「俺用のレーザーうぢやがってよ”ー!」

途中さらに当たったムーミンチーム
ムーミンをカッターでコカすたびにガッツポーズをするチャバネが
そのまま粉砕
(おかしいねなんでここだけ秒間11連射を持ってなかったわけ)
ス丸曰く「ムーミンさん、チーム戦だとゆるんじゃうんですかねー」



決勝開始前 やたら楽しそう


こっち
2号「ライデンすかね」
チャバネ「ライデンですね」
エスポ「お、俺 4連勝しちゃったらどうするんだよ」
カブトムシ「クワクワ。」

むこう(聞いた話)
エルム「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
エルムを見るチームメイト
typeNora BIOS ソヨカゼ

エルムの長考には定評がある
エルム「俺たちはチャバネを倒す義務がある そして多分エスポだぞ 行け BIOS!」
BIOS「わかった」

ドドドド・・・・

BIOS「絶対どっかでスゲー練習してるってあいつ」
エルム「ヤツはバルが苦手だ 行け Nora!」
Nora「よし」

ry


本当に連勝されてつまらなさそうなチャバネ

 

WinとLose
対照的な決着の光景である
お祭り面以外に、ここも妙に強調されるのが大会である



4on4結果 クリックするとry


そして


           !?







続く



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )