ドクターリコの明日もHappy!

形成外科医リコの、美容と医療と育児と趣味のブログ。http://kitamurariko.com/

腹部の異所性蒙古斑。生後3か月、女の子。

2018-09-22 09:31:14 | あざ治療
腹部の異所性蒙古斑の女の子です。
お尻やそれ以外の部位の蒙古斑、薄いものは自然に消えますが、元々が濃いものは大人になってもずっと残ります。
大人になって悩んで受診される方もいらっしゃいますが、大人になってからの治療よりも赤ちゃんのうちに治療してしまったほうが早く綺麗に消してあげることができます。


初診時、生後3か月


腹部の広い範囲に濃い蒙古斑があります。
レーザー治療を開始しました。

治療終了時、生後1歳8か月


よく見るとまだ薄く残っていますが、ここまで薄くなればあとは自然に消えていきます。
早期から治療を始めてあげることができてよかったです。
お写真のご協力ありがとうございます。
コメント   この記事についてブログを書く
« 感謝の誕生日。 | トップ | 連休は湯布院で家族サービス(... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あざ治療」カテゴリの最新記事