ドクターリコの明日もHappy!

形成外科医リコの、美容と医療と育児と趣味のブログ。http://kitamurariko.com/

眉間のいちご状血管腫。6か月男の子。

2017-02-22 16:38:02 | あざ治療
写真使用のご同意に感謝いたします。

眉間部のいちご状血管腫、生後6か月で初診の男の子です。


いちご状血管腫は生後1~3週間ででてくることが多く、放置すると1歳まで大きくなって、大きくなればなるほど赤みやふくらみ、シワシワの瘢痕(傷あと)を残します。苺状血管腫だとわかった段階で、なるべく早めのレーザー治療開始をお勧めします。

写真の患者さんは生後6か月、比較的盛り上がりも小さめの血管腫ですが、お顔の真ん中にあると、心配した周りの方々から「どうしたの~?」「けがしたの~?」なんて、しょっちゅう聞かれて…ご両親もストレスですよね。


3回のレーザー治療を行い、1歳になる前に消えました。


これくらいの大きさだと、1回のレーザー治療にかかる時間は5秒くらいです。赤ちゃんはびっくりして泣きますが、帰る頃には忘れてくれるくらいの痛み。
レーザー治療は決して怖いものではありません。赤ちゃんのあざに気づいたら、早めに受診して下さいね。
コメント   この記事についてブログを書く
« スタッフ募集中☆ | トップ | ファーストピアスは医療機関... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。