中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

「ROUROU Cafe」にて海南鶏飯

2018年09月19日 | 中華街(中山路)

 中山路にあるブティック「ROUROU」。その横の路地を入っていったところに同店が経営するカフェがある。
 例の「ちまき屋」よりも、こっちはもっと細い路地だ。


 この先、左側に「ROUROU Cafe」の入口がある。なかなかいい感じでしょ。


 店内も素敵だよね。
 照明器具がバラバラなのもいい♪ かつての蕎麦屋「和楽園」を思い出す。あそこも照明器具はバラバラだった。でも、それがいい雰囲気を醸し出していたのよね。15年くらい前に「蕎麦ダイニング 和楽」となり、今はオシャレな照明器具がぶら下がっているけどね。


 イラスト入りの黒板メニューも楽しい♪

 この日の目的は、ホームページのメニューにも出ていない料理を食べることだった。
 ロウロウカフェのHPを見ると、こうなっている。


 私が注文したのは、これ。海南鶏飯だ。
 鶏肉が5,6切れ。オシャレなカフェなのに、どこかワイルドな感じがいい。といって硬いわけではない。「OKINA 海南鶏飯」と同じように、スプーンで千切れる。

 タレは4種類も付いてきた。黒いのは醤油系と分かるが、その横に従っている白系、緑系、赤系は何だろう……。舐めては考え、舐めては考え…結局、私のような舌ではよく分からなかった。
 でも、どれも美味しい♪ 最初は単独で、その後は自分なりに調合して使ってみた。どの組み合わせでもいけるみたいだ。

 もちろん、スープもチキンライスも美味しかった。

 食後は選べるドリンクからアイスコーヒーを選択。店内に置かれている雑誌などを読みながら、ゆっくりと食後の時間を過ごすことができた。

【参考】「ROUROU Cafe」開店の日
    「ROUROU Cafe」初潜入の日



←素晴らしき横浜中華街にクリックしてね





『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「海南鶏飯」にて海南鶏飯を食う | トップ | 「マレーアジアンクイジーン... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
連日の海難鶏飯 (ぶらくり佐藤)
2018-09-20 03:05:51
刺激されっぱなしです。
11月になったら色々と落ち着くので、中華街で鶏飯を食べたいです。
おなじもの (管理人)
2018-09-20 06:43:26
>ぶらくり佐藤さん
同じメニューを食べ続けたくなるんですよね。
酢豚とか、バンメンとか、ニラレバとか……
そこで「これはちょっと……」というのに出会うのですが、
海南鶏飯では、そういうことがありませんね。
Unknown (てつあん)
2018-09-20 21:48:05
海南鶏飯のソースが3種類はよく見かけますが、
4種類というのは珍しいですね。
ライスに刺さっているクラッカーみたいなのも、
面白いです。
そうなんですが (管理人)
2018-09-22 09:40:09
>てつあんさん
タレが4種類もあると迷っちゃいます。
自分としては醤油系なしの3種類でいいかな。
ライスに刺さっているものも面白いですね。

コメントを投稿

中華街(中山路)」カテゴリの最新記事