中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

懐かしの新港ふ頭

2019年11月11日 | レトロ探偵団

 新港ふ頭がまだ港湾施設として機能していた頃、昼休みになると私はよく埠頭を散歩していた。場内にある古くて美しい建物は何回見ても見飽きることがなかった。


 25年前に撮影した「横濱新港倉庫」。あちこちの窓ガラスが割れていたので、このころには既に使われなくなっていたようだ。


 横浜市港湾局新港ふ頭受電所。1階と2階を通す縦のラインがいくつも並ぶデザインから見て、この建物は昭和初期の建築と思われる。。


 なんとも言えぬ可愛い建物♪


 左側の軒下にこんな薄れた文字が書かれていた。
 
 PIER SUPERINTENDENT OFFICE

 ふ頭管理事務所だったのかな。それにしちゃあ、小さすぎるよね。監督官の事務室かなぁ…


 スクラッチタイルが貼られていた。ということは、これも昭和初期の建築物のようだ。


 1981年ころの新港ふ頭。


 2007年のハンマーヘッドクレーン。

 むかしはフィルム代や現像代を考えると、日常の何気ない風景なんて撮影できなかったから、写真をあまり撮っていなかったのが今になって悔やまれる。
 しっかり記憶に留めたと思っていたのに、最近は頭もモウロクしてきたせいか、だんだん心の中の画像が消えかかってきている……。
 

←素晴らしき横浜中華街にクリックしてね






コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 横浜ハンマーヘッド再訪 | トップ | 桜を見る会 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昔… (さくらなみき)
2019-11-11 18:29:53
…と思ったら背景にインターコンチが写っていて、ちょっと愕然としました。

2人組のやんちゃな刑事が主人公のドラマを撮影していたころの横浜が、被写体としては面白かったような気がします。赤レンガ倉庫の辺りとか、入れるようになったことは良いんですが、観光地化が進み過ぎてしまって、ファインダーを覗いてもイメージが湧かないんです。
港町はいかがわしくないと……。 (冬桃)
2019-11-12 20:58:38
日活アクションを観て横浜に憧れたので、港や中華街のいかがわしい佇まいが懐かしく(いや、実物は観てないのですが)、セピアの写真に見入ってしまいます。埠頭でのドンパチ、筒袖の怪しい中国人がいる中華街……あれは遠い幻なのですねえ。
冒頭の写真 (管理人)
2019-11-16 10:10:23
>さくらなみきさん
1993年の撮影だから、今から26年前です。
インターコンチネンタル以外は、ものすごい変り様です。
新港埠頭に入る前の万国橋際にあった万国橋ビル。
よくテレビドラマの撮影に使われていました。
警察署の設定だった。
新港埠頭 (管理人)
2019-11-16 10:16:20
>冬桃さん
赤レンガ倉庫に白いペンキの落書きがたくさんあった頃が懐かしいです。
ちょっと怪しくで危ない感じが良かった。。。
貨物線の線路も、レトロな公衆便所も、船員の生協も、倉庫も・・・みんな消えてしまいましたね。
中華街も「濱マイクシリーズ」ではヤバイ町になっていましたが、たしかにあの頃はそんな感じが残っていました。

コメントを投稿

レトロ探偵団」カテゴリの最新記事