Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

平成のうちに解決して良かった

2019年04月30日 | 時事・ニュース

悠仁さまの中学に侵入容疑、56歳男を逮捕 神奈川のホテルで身柄確保 京都が関係先か

この一報を聞いたとき、真っ先に浮かんだのがタイトル。

コレ、一歩間違ったら「池田小の惨劇、再び」という状態だったはずなのに、「皇族が狙われた」というところにしか着目していないというのが不思議。

それと、いろいろなニュースサイトに書き込めるコメントを見ていると、「机に名前のシールが貼ってあった」というのを、小馬鹿にする人がチラホラ…。
いや、私の通っていた中学でも机に名前貼っていたよ?3年間。
「自分の席を認識するため」ではなく、「誰の机なのかを認識するため」に。
行事やら何やらで机をあちこち移動させたときに、「この机、誰のだっけ?」とならないために。
貼ってあったのは、机の天板の下にある棚(?)の外側部分。
ちなみに椅子にも背もたれの後ろに貼ってあった。
教室の後ろには席次表もあった。
これは、先生たちが「あの空席は誰?」等というのを瞬時に認識するため。
あと、まだ生徒の名前が覚えられていないときの名前確認。
生徒数が多かったので、先生たちも全員の生徒の名前を把握するのは難しかったと思うから、席次表や机の名前についても特に不思議に思うことはなかった。

でも、小馬鹿にするコメントがあるってことは、こういう学校って少数なんだね。
あ、もしかして「名前のシール」というのが、小学1年生みたいに、机の天板に貼ってあるとしか思っていないということかな?
どういう風に貼ってあるかなんて、報道されていないからね~。

この事件、今日から明日に行われる退位、即位の儀式に紛れてニュース事態吹っ飛ばないことを願う。

コメント

「クロノス・ジョウンターの伝説」

2019年04月29日 | 書籍・読書・感想
これも「平成最後」のお題として投稿しよう。

もう積ん読もないし、本屋に行く時間もないので、この作品が「平成最後」の読書(買ってきて最初に読んだもの)。

サイン本として出ていたもの。
どうしても欲しかったサイン本。同じのを2冊買うのはちょっと不本意なので、コレを購入することにした。
表紙が2枚重ねになっていたので「?」と思ってめくってみたら…。

こちらが本来の表紙らしい。上のは映画公開の記念かな。
両方あるのはなんだかラッキー。

読み始めてすぐ、聞き覚えのある名前が出てきて「ん?」と思った。
確認してみたら、間違いなく過去に読んだことのある作品に名前だけ出てきていた人物。
なるほど、これが後に「デイ・トリッパー」に繋がっていく…のか?

それは置いておいて。

クロノス・ジョウンター。タイムマシン。
好意を寄せる女性を救いたい男性。
他界した母親の真意を確認したい男性。
壊されてしまった建造物を一目見てみたい男性。
事故死した妻の運命を変えたい男性。
少女時代の憧れの青年を助けたい女性。
亡くしてしまった友人たちの運命を変えたい開発者。

独立したエピソードなんだけど、関わるものが同じ「クロノス・ジョウンター」ということで、少しずつ繋がっている。

一貫して感じるのは「大切な人を救いたい」と思う気持ちの強さ。
その気持ちがあるから、多少のリスクは物ともせず動けるのだろう。
いや、「多少」では済まないリスクだとも思うが…。

過去での滞在可能時間が延びた話以降は「間に合うのか?」という、ドキドキ、ハラハラも加わった。
エピソード毎に、「えー…」というラストもあれば、「良かった!」というラストもあり、それぞれに楽しめた。

600ページを超える作品だったが、3~4日で読んでしまえた。

明後日から新しい時代が始まるが、「令和」最初の読書は何だろう?
まだ何を買おうか決めていないので、本屋さんをじっくり眺めてみることにしよう。



コメント

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第7話

2019年04月28日 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー
ティラミーゴが喋った〜!
ずっと「ティラ〜」しか言わないと思っていた。
どのくらいコウ以外の人物と意思疎通出来るようになるのかな。

今回も前後編かあ。
序盤でこんなに続くのは珍しいな。
新たな敵も登場。
コミカルな感じがなかなかいい。

今回出てきた他所の惑星の姉妹たち。
前後編になるだけあって、怪しさ満載。
ちゃんと怪しめる人がいて良かった。

バンバが言っていた「人を信じると裏切られる」という言葉。
彼しか知らない何かがあるのだろうな。
バンバの誤解ならいいんだけど…。
それにしてもリュウソウ族って長寿だなー!
年の数え方が人間とは違うのかもしれないけど。
コウだけじゃなく、他の4人の年も知りたいな〜。
コメント

連休の予定?そんなものありません。

2019年04月27日 | 日々のあれこれ
いよいよ今日から10連休。
「何か予定あるの?」と聞かれることは多いが、そんなものあるわけがない。
どこに行っても人ばかりだろうし、老犬もいるしね。
ちょこっとドライブぐらい行こうか、という話は出ているが、どのあたりまで行けるかは未知数。

実は今日、「平成駅」に行こうと思ってはいるが、思い切り生活圏内なので、「お出かけ」とは言わないな(笑)

無理矢理予定を作るようなものでもないし、例年のように行き当たりばったりで過ごすかな。
どこか行きたいなという思いはあるけどね~。
やっぱり愛犬がネックだなぁ…。
もちろん連れて行けるところにはするが、体調崩されたら困るしねぇ…。
コメント

舌足らずも可愛い

2019年04月26日 | 日々のあれこれ
お隣の家の子どもが可愛い。
たぶん3歳くらい。
ペダルのない自転車に乗っているところに行き会った。
その子のおばあちゃんと一緒だったのだが、私とおばあちゃんが互いに「こんにちは」と挨拶していたら、真似したくなったのか
「こんにゃーちゃ」
とニコニコ顔で言ってきた。
おっ!?と思い、その子の顔を覗き込みながら
「ハイ、こんにちは♪」
と返したら、その反応は想定外だったのか、慌てて顔をそらしていた。
か、可愛い…!
無責任にかわいがれる立場を最大限に利用させて貰っている。

まだ「こんにちは」とハッキリ発音できるまでに育っていないのは分かる。
それでも一生懸命挨拶しようとしている姿は愛おしい。
どんな子であっても、挨拶してきたらちゃんと返す。
なるべく同じ言葉で。
「おはよーござーます」
と言われたら
「おはようございます♪」
と返す。
同じ言葉で返すと、凄く嬉しそうにしている子どもたち。
そういう子たちを見ていると、こちらまで嬉しくなる。
おかげでその親御さんたちとも仲良くなれるし、いいこともたくさんある。
これからも、こういう挨拶などは続けていこう。
コメント

平成最後…か。

2019年04月25日 | gooのお題
なんか、「平成最後」のキャンペーンをやっているらしいので、ちょっくら便乗。

平成に改元されたのは、私が小学5年生の時。
必然的に、小学6年生も平成元年。
そして、「平成元年度卒業生」と呼ばれた。
なんとなく誇らしかった。
前年度の卒業生が「昭和63年度」と、数字だったのに対して「元年」という数字を使わないというのが特別感う作り出していたように思う。

平成の一桁時代は、すべて学校生活。
中学、高校、大学。
大学時代に平成も二桁に入った。

平成には、身の回りの人の死も何度も経験した。
伯父、祖父母、そして父。
祖父母はともかく、伯父と父の死はショックだった。
こればかりは二度と経験したくないと思っても無理なこと。
少しでもショックが和らぐような年齢まで生きていて欲しいものだ。

友人たちも次々に結婚し、子どもも生まれた。
残念ながら、私は結婚も出来ないし子どもも持てないけど、だからこそ友人たちの幸せは素直に祝いたい。
なかなか会えなくなってしまったが、いつかまたお子さん込みで会いたいなと思っている。

巷では「平成最後」と色々あっているし、10連休になるのもあり、ちょっと浮き足立っている感じ。
あと6日。つつがなく退位の日と即位の日が迎えられることを祈ろう。

コメント

"ひごまる"なのに…

2019年04月24日 | 日々のあれこれ
街中に行く用事が出来たので、その近くにあるという「ひごまるのふるさとショップ」という店に行ってきた。
県というよりは市の物産館になるのだろうけど…。
入り口にはくまモンがドーン。

中もくまモンだらけ。
え~っと、ひごまるくんは?
ひごまるくんのグッズが欲しくて、事前に調べてみたら、色々キャラクターグッズがあるようだった。
だから行ってみたのに…。



あったのはこの程度だった(涙)

ぬいぐるみを最初に見つけて、スタッフさんに
「ひごまるくんのグッズってこれだけですか?」
と聞いてしまったよ…。
レジ脇に、キーホルダーとかがあったが、少ない…。

「可愛いのにね~、黒い人(くまモン)に押されちゃって…」
とスタッフさん。

店の名前に「ひごまる」と付いているのにな~。
やっぱり、先日熊本城に行ったときに、二の丸駐車場脇の休憩所を覗くべきだった。
連休明けたらもう一回行ってみようかな?
コメント

痛ましい

2019年04月23日 | 時事・ニュース
国道で多重事故2人死亡、熊本 送迎バスの園児搬送

この事故の発生を知ったのは、このツイートのおかげだった。




うわぁ…と思った。
「大規模な事故」って何!?と思い、色々とネット上を探してみた。
そうしたら、想像以上に凄まじい事故を見つけ、絶句してしまった。
これだけの事故なら、全国報道はともかく、熊本ローカルのニュースはトップだな、と思いNHKのニュースを待った(このとき17時半過ぎ)。

予想通り、NHKの「クマロク!」ではトップ。
ニュース内で、幼稚園バスとぶつかったという車の運転手さんがインタビューに応じていた。
その方曰く、「バスが止まったから、自分も止まった。事故が起きたんだな、というのは分かったが、次の瞬間ものすごい音と共にバスが下がってきた」。
バスが止まっていたおかげで、バスに乗っていた子どもたちは軽傷で済んだのかもしれない。
浜線バイパスというのは、恒常的に渋滞しているような道路なので、「隣の車線に逃げる」というようなことは出来なかったと思う。

トラックの運転手が「運転中に病死の可能性」という情報も出てきている。
何が原因だったのか、避けようがなかったのか、そういうのも含めてしっかり検証してほしい。
コメント

楽しい

2019年04月22日 | 日々のあれこれ
昨日のGoogleトップ画面が、「あれ?」という感じだった。



ドングリみたいなコレは何?
と思って、思わずクリック。
そうしたら…。



うおぉ!?
何か降ってきた!!
あ、そうか。イースターか。
ということは、あれはドングリじゃなくて卵か!!
そもそもドングリの季節じゃないよね(笑)



面白くて何度もクリックしていたら、どんどん増えていくイースター関連の物たち。



ついに画面一杯に。
たまにはこういうお遊びもいいね~。
日本ではハロウィンほどイベント化されてもいないから、なんだか楽しい。

で、イースターについてちょっと調べてみたら…。
あ~、復活祭のことだったのか。
子どもの頃よく読んでいた外国文学ではよく出ていた単語だ。
日本語で表現してくれると分かりやすいのになぁ…。
コメント

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第6話

2019年04月21日 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー
あ〜やっぱりタンクジョウ、ここで退場?
宇宙で爆発…、なんか中盤以降あたりで帰ってきそうな予感。

前回のマイナソー。
ケルベロスモチーフだと言うことだったから、もしかしたら3体くらいいるんじゃないかと思っていたんだが…。
さすがにそこまで多くはなかったか。
それでも双子。
半分くらいは当たってたかな?

力を合わせて5人で戦ったし、これはもうトワとバンバも仲間になるのかな?と思いきや。
まだまだバンバの殻は固そうだ。
トワがいい橋渡しになるといいな。

そして一話以来の登場、長老。
ケバブの移動販売かあ。
これで遭遇させやすくなったね。
出てくるたびに扱う商品が違うとかありそうだけど(笑)
いつかアスナも会えるいいね。
コメント

あちこち開発ばかり

2019年04月20日 | 日々のあれこれ
我が家の周り、いつの間にか開発される土地ばかりになってしまっている。
家を中心にして、徒歩でも5分と掛からないエリアで、マンション建設、宅地造成など盛りだくさん。
どんどん人口が増えていくのかね?

中学校のド真ん前で土地の売買が始まった。
グラウンドと向かい合わせのようになるから、相当うるさそう…。
校舎側ならまだマシだと思うが、グラウンドはねぇ。
西に2~300メートル離れた我が家にも、野球部の「うえぇ~~い」みたいな、地を這うような低い声が聞こえていた時期があった。
もうそう言う声出しはなくなったのか、不気味な音は聞こえないが、
真横でやられると結構聞こえるだろうな…。

あそこの土地が完売するのかも気になるところ。
ほんの数十メートルしか離れていないところでも宅地造成も進んでいるし、どうなるのやら。

のどかな田園風景が広がっていたんだけど、無機質な家ばかりになってしまうんだろうなぁ。
コメント

男性の方がいい?

2019年04月19日 | 日々のあれこれ
先月から受診している産婦人科。
実は医師は男性。
初診で診察室に入ったときこそ「え…」と思ってしまったが、色々話をしていると、「あ、いいかも」と思えてきた。
女性の医師だと、「個人差ありますから」で流されていた症状が、
「個人差かもしれないけど、それにしたって長すぎると思います」となった。
だから治療も始まったのだが…。

女性医師にこだわり過ぎていた30代。
もっと早くにここの産婦人科を受診していたら…と後悔している。
予約もいらないし、院内も快適。
妊婦さんで溢れているときは、さすがに居心地が悪いが(笑)
そのときはたっぷりと「幸せオーラ」を浴びまくって気持ちをよそに追いやっている。
来週中には受診しないと、怒濤の10連休だ…(土曜は普段やっているから9連休かな?)
あまり混雑しませんように。
コメント

やっぱり違った

2019年04月18日 | 遠い日への回想
昨日投稿した、ノートルダム大聖堂のステンドグラス(らしきもの)。
念のため母に確認してみたら、やっぱり違った。

あれは最高裁の教会にあるステンドグラスだった。





こっちがノートルダム大聖堂のステンドグラス。



ついでに祭壇。

小心者なので(?)、かなり距離を取ってからの撮影になってしまった。
宗教施設、しかも信仰の対象を撮影するのってなかなか抵抗があるんだよねぇ~。
ステンドグラスぐらいなら、そこにいる人たちの多くが撮影していたからそこまで抵抗は感じなかったが…。
少なくともフランス旅行の当時は、祭壇奥の十字架のキリストをアップで撮るのも許可されていた。
今はどうか分からないが…。

椅子に座って祭壇を見つめたりしたのだが、キリスト教徒でなくても厳粛な気持ちになったのは覚えている。
こういうとき、多神教の国の人間で良かったなと思う。
何カ所か教会に行ったけど、どこでも厳粛な気持ちを持つ時間を過ごせたのは貴重な体験になったと思っている。
コメント

ショックが大きい

2019年04月17日 | 時事・ニュース
昨日の朝から流れていた、フランスのノートルダム大聖堂の火災。
これって現実なのだろうか?とフワフワした気持ちで見ていた。



パリに旅行した際、何度も何度も大聖堂の周りは通った。
じっくり見て回ったのは一度だけだけど…。







いろいろな角度から写真を撮っていた。






写真の並びからして、これが大聖堂の中のステンドグラスだと思うんだけど…。
もしかしたら別の教会のステンドグラスかもしれない。
違っていたらごめんなさい。
でもこういうステンドグラスは無事だったのだろうか。
いろんな情報が錯綜していて、よく分からない。
北側が焼失したが、東西南は無事という情報もあり、もしそうなら不幸中の幸い…なのかな。
世界遺産だから、突貫工事での修復は無理だと思う。
それこそ熊本城みたいに十年単位が必要になってくるかもしれない。
いつかまたあの勇壮な姿を見せてくれることを祈っています。

それにしても…。
昨日は熊本地震2度目の震度7から3年。
ノートルダム大聖堂の火災。
阿蘇山噴火。

色々ありすぎでしょ…。
落ち着かない一日だったなぁ。
コメント

36ヶ月=3年。Part3

2019年04月16日 | 熊本地震の記録
久々に市道側(液状化が酷かったエリア)に行ってきた。



歩道も舗装されてはいるが、元々はタイル張りだったんだよな~。
もちろん贅沢は言えないのだが、もう少し波打っているのをどうにかして欲しい。
結構足を取られる。何度も危ない思いをしているから、お年寄りは歩き始めたばかりぐらいの子どもはもっと危険だと思う。



3年前の被災直後(撮影は5月)の、とある病院(弟の同級生の実家)。



自力復旧でこうなった。
仮説のスロープもなくなり、やや駐車場が傾斜しているものの、バリアフリーにはなっているんじゃないかな。

気になっていたのが、私が卒業した小学校。



玄関がこうなっていたのだが、これはどうなっただろう?と思ったら…。



もちろん中には入っていないのだが、見た目では気にならない程度には直っていた。よかった。



3年前はこんなだった給食室裏。
自分も使っていた階段がこうなると、今通っている子どもたちの安全が心配だったが…。



良かった。こちらも綺麗になっている。

まだ一部の電信柱は沈んだままだったり、家も傾いたままだったり、復旧復興はまだまだ途上だけど、
少しずつ前に進めているのかなと感じた。

このあたりのエリアは、その気になれば散歩がてら行けるので、折に触れて行ってみようと思う。
コメント