Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

19号の悪夢再び…か!?

2004年08月28日 | 時事・ニュース
忘れもしない、中学2年のときの9月27日金曜日16時50分。
台風19号の影響で停電。

何で日付まで覚えているかと言うと、この日は従兄の誕生日で、後で彼がぼやいていたから。
時間は17時から見たい番組があったのに、停電したため見られなかったから。

新しい乾電池を入れたラジオで台風の最新情報を聞きつつ、台風が去るのを待った。
辺りが暗くなってくると、風もどんどん強まり、天井からガラガラというような音が聞こえてきた。
ひっきりなしに続くガラガラ音。
屋根瓦が転がり落ちている音だった。他所の家からも瓦が飛んできていたことに翌朝気づいた。

初めて経験することに、家族で震えていた。

幸いにも、台風の進行が早かったので、2~3時間で静かになったと思う。

この日は電気は戻らなかったので、懐中電灯だけが頼りだった。
まさか、この生活が日曜日まで続くとは思わなかったが…(^^;)

世の中の理不尽さを知ったのもこの台風のおかげ。

たった金網1枚隔てただけの某通信会社の社宅以北には、土曜日の朝に電気が戻っていた。
しかし、ほんの数センチの厚さの金網以南に電気が戻ったのは日曜日の夕方。
なんて理不尽なんだ…。
真っ暗闇の中、窓越しに見える社宅の電気がなんと羨ましかったことか…。

今回の台風ではそんなことがないように祈りたい…
コメント

台風だねぇ…

2004年08月27日 | 時事・ニュース
だんだん風も強くなってきた。
このままだと直撃か!?

やめてくれぃ。

雨だけでいいよ、雨だけで。
風はいらない。今ぐらいの強さでいい。
これ以上強くならないで。
コメント

残暑は続くよいつまでも

2004年08月26日 | 時事・ニュース
今日で60日連続。
至上3位だそうな。
しかも、2位や1位は大正以前だそうな。

8月前半に比べれば、少しは日差しが柔らかいかなという感じもするが、
暑いものは暑い。

早く涼しくならないかなぁ…。
コメント

あんたが持ってやれ

2004年08月25日 | 日々のあれこれ
私の家の北側にある、某通信会社の社宅。
電気系統か何かの工事で、ワゴン車が止まっていた。

そこへ、住人の少年が自転車で出かけようとしていた。
車が止まっているため、通れないと見た彼はじっと作業が終わるのを待っている(?)。
作業員が車と塀との間を見て、自転車なら通れると見たらしい。
少年に「担いで行けるよ」みたいなことをジェスチャー交じりで伝えている。

…あんたが担いでやれよ…
女の子や、もっと小さな子だったら担いでやるんだろうに。

中学生や高校生ぐらいの少年ってソンだね。

作業が耳障りなので、窓を閉めに行ったときに見たほんの十数秒の出来事でした。
コメント

いとこの家もリフォーム中

2004年08月24日 | 日々のあれこれ
私の家がリフォームされたのを見て、その気になったいとこの家。
トイレ、お風呂、台所の水周りを一新することに。

水周りは大事だよねぇ。

で、先日はトイレが使えないからと我が家にそのたびにやってきていた伯母。
それはいいんだけど、なぜ実家に行かない?
実家の方が近いんじゃ…??

そして、昨日からお風呂の工事に取り掛かったらしく、我が家へ貰い風呂に。
リフォーム後、初めて我が家にやって来た従妹は、その変わり様にいちいち歓声を上げていた(笑)

水周りだけの工事だから、多分、我が家よりはずっと早く出来上がるはず。

完成したら見に行かなくては!
コメント

パソコンを見守る者

2004年08月22日 | ウルトラマン・感想・雑談
数年前、ウルトラマンランドに遊びに行った時に買ったもの。
それがコレ。



いちばん可愛いと思った怪獣くん。
ミクラス。

他に何がいたのかは覚えていないが、あまり可愛くなかった…。

本当は机の上に座っているんだけど、写真を撮るときだけパソコン本体の上に置いてみました(^^)
コメント

燃えるね~

2004年08月21日 | 日々のあれこれ
オリンピックを見ていて、こんなに燃えたことってなかったなぁ…。
柔道も準決勝以降だけど、ほぼ全部見ていたし。

コカ・コーラに応募した日本のメダル獲得数の予想は、既に全部外れてしまった。
でも、この外れ方は嬉しい外れ方だからどうってことない。

まさか金メダルが二桁行くとは思わなかったなぁ・・・。
コメント

雨、風が強かった

2004年08月19日 | 日々のあれこれ
台風の影響で、夜中から午前中にかけて、雨、風ともに強かった。
窓や壁に吹き付ける風はうるさくて、あまり眠れなかったし。

夜が明けたら風に雨が加わって、窓が開けられない。
窓を開ければ雨が降り出して降り込んでくるし、閉めたら閉めたで雨が上がるし…。

でも、ま、午後になると日も差してきて風も収まった。

今、台風はどこにいるんだろう?
コメント

やっぱり見ちゃう…

2004年08月18日 | テレビ視聴・感想
流石に深夜までは無理だけど、12時くらいまでならついつい見てしまうオリンピック。
昨日も、柔道の谷本選手の金メダルの瞬間は見ていた。

体操もリアルタイムで見ていればよかったんだろうけど、2時半なんて絶対無理だし…。

今日の柔道も、日本人選手が残っていれば見てしまうかも(笑)

頑張れ~!!
コメント

本物より面白い

2004年08月16日 | テレビ視聴・感想
ケーブルテレビで地元紙主催の「学童オリンピック」が放送された。

小学生のバレーボールを見たのだが、なかなか面白い。
男の子はまだみんな可愛いし、女の子は技術があるし。

ほぼ90度の助走を取る子、
手を伸ばしてもネットの一番上まで届かないんじゃないかというくらい小さな子、
点を取ると、身体を90度に曲げ、お尻から飛び上がって喜ぶ子。

それらのパフォーマンスを見ていると全く飽きない。

実況も解説もない、ただラリーを追いかけているだけの映像。

本物のオリンピックより面白い。

ちょっと不愉快な面もあったけど…。
女子準決勝で、あるチームの保護者が熱烈な声援を送っていた。
決まれば「よーし!!」、点を取られれば「ドンマイ!!」
それはいい。でも、途中からは相手チームに対するブーイングにしか聞こえなくなった。
極めつけ。
その保護者が応援していたチームは惜しくも負けてしまったのだが、
負けが決まった瞬間からシーンとしてしまった。

おいおい…親なら娘たちに「よくやった!」くらい言ってやれよぉ。
さっきまであんなに応援していたのにさぁ…。

結果は、男女ともに同じクラブチームが優勝。
いやぁ、強かったねぇ。
決勝の女子なんて、第3セットを15連続得点だったもんなぁ。

矢部Jrのみなさん、おめでとう!!
コメント

待ち人・・・ようやく来た

2004年08月14日 | 日々のあれこれ
今日の午後、お坊さんがお盆のお経を上げに来てくれると言うので、冷房を入れてスタンバイ。
ビデオに録っておいたアテネオリンピックの開会式を見ながら待つ。

しかし…。

待てど暮らせど来ない。
いつぞやの悪夢が思い出される…。(2003年9月3日参照)

しびれを切らし始めたのが4時過ぎ。
4時半を過ぎても来ないので、お寺に電話してみようかと思い、受話器に手を伸ばしたとき、お坊さんの車が入ってきた。

お盆で忙しいのは分かるけど、たった5分のお経って一体…。
命日のときの5倍のお布施を包んだのに、お経は5倍どころか半分以下って…。
母は「包みすぎた」と舌打ちしていた。

来年は…どうなるのかな?
コメント

お墓参り

2004年08月13日 | 日々のあれこれ
お盆ということで、お墓参りに行ってきた。
混雑も予想されたので、同じ墓地にお墓のある伯母のところと一緒だった。

まずは上にある我が家のお墓から。
汗だくになりながらお墓を掃除し、花を生ける。
ロウソクをたて、お線香をあげる。
静かに手を合わせて拝む。

次に伯母のところのお墓へ移動して、同じように掃除して花を生け、お線香を上げる。
伯母のところは神道なので、二拍手で拝む。
最初はお墓で手を叩くことに抵抗があったのだが、慣れるとどうってことなくなった(^^;)

それにしても、午前中なのにこの暑さ。
汗びっしょりになり、気分も悪くなった。

祖母のお墓にも行かなければならないのだが、遠すぎてなかなか行き出せない。
先日退院した母方の祖母もいるので、今年は無理っぽい。
なにしろ、ちょっと外出するだけで文句を言う叔母がいるからなぁ・・・。
コメント

見なかったことにしよう…。

2004年08月12日 | 日々のあれこれ
最近、「見なかったことにしよう」、「聞かなかったことにしよう」というのが多い。
主に、天気・気温関係で(笑)

この間はNHKのニュース10の気象情報で、気象予報士の高田さんが言った言葉に対して「聞かなかったことにしよう」、
今日は夕刊の報道を見て「見なかったことにしよう」。

今日で46日連続だとか。子どもの夏休み1年分以上…。
はぁ…。
コメント

読破

2004年08月11日 | 書籍・読書・感想
『ABC殺人事件』、わずか二日、トータルで3時間ほどで読破。
見事に真犯人は裏切られた。
そうだよなぁ、あんな簡単に分かる訳ないよなぁ…。

脱帽。

次は何を読もうかな。
コメント

昨日の続き

2004年08月10日 | 書籍・読書・感想
無事、アガサ・クリスティの『ABC殺人事件』ゲット。
これから読もう。

母が最近読んだというので、家中探し回ったのだが、全然発見できず。

家で外国文学を読んでいるところなんて見たことなかったので、他所で読んだのだろう。
可能性として一番高いのは、父が入院していたときに病院で読んだこと。
病室で殺人事件…。

きっと、感覚も麻痺していたのだろう(^^;)
コメント