家族を見つけたい猫ちゃん

保護猫達の家族を探します。
地域猫活動、TNRした猫達、保護猫、我が家猫も紹介します。

デリケートなみぞれちゃん

2019年01月23日 | 日記

保護してから一度も威嚇しなかったみぞれちゃん

抱っこ出来、子猫同士で遊べるようになり、譲渡会に参加しました。

応募は2件頂きましたが、

(先住猫との間に子供1匹欲しいので、みぞれちゃんに産ませたい)との事。 3匹産まれたら?5匹産んだら?という質問には、えっ?という驚き。 感情的に子供が欲しいと言っているだけで、先の事まで考えているとは思えなかったので、お断りしました。

もう1件は、5カ月の子を貰ったけど、ベランダから出て居なくなったので、寂しい。やはり猫を飼いたいとの事でした。 5カ月の子はどうなっただろう? 十分探したとも思えず、すぐに次の子って・・・

みぞれちゃんも同じ運命になるかもしれないので、お断りしました。

他の猫ちゃんのお見合いをしている間に、お子さんが来て、ケージを叩いたり、みぞれちゃんをつついたりしていたそうです。

譲渡会が終わり、家に戻ったとたん、目が赤く腫れました。 

譲渡会ストレス! が、みぞれちゃんはそれだけでなく、威嚇を始めました。人が来るだけで、フーフー、体を丸くして嫌がります。

この子は、保護したいきさつと言い、試練を受ける運命か?

これが3日間続き、リハビリ中の時に、応募してくださった方がいて・・・

実は、これこれで・・・とお話ししたら、

みぞれちゃんの負担になるから考えます。 と言われましたが、数日経って、落ち着いたようなら、会いたい・・・との事で会って貰いました。

みぞれちゃんは、震えていましたが、希望者ご夫婦にずっと抱かれているうちに震えが止まり、落ち着いてきました。

その様子を見ていたら、デリケートなみぞれちゃんを気遣って頂けるご家庭だと思いましたので、お願いする事にしました。

今は、威嚇もなく、元通りのみぞれちゃんに戻りましたので、健康診断をしてからトライアルです。

 

 

コメント (3)

子猫4匹行っちゃった。

2019年01月20日 | 日記

段ボールに入っていた子猫達4匹 

貧血で入院、輸血騒ぎ、生きるか死ぬかと心配する日々・・生かす事、育てる事ばかりに力を入れていましたが、気が付けば・・とても良い子に育っていました。

のびのび、天真爛漫とでも言いたくなる良い子達。

ダン君と

マメ君は、

里親希望者さんからのメールがあり、翌日にはお見合いし、帰りにはケージを用意されて、待っていてくれましたので、つくば市までお届けしてきました。

立派な、真ん中に木があるような、3段ケージが用意され、2匹は楽しそうに登っていました。

そして昨日、正式譲渡となりました。

テン君と

シマ君は、

昨日お届けとなり、ご家族だけでなく親戚の方も見にいらっしゃって、抱っこされていましたが、ストレスを感じる風でもなく、いきなりケージとお部屋を探検していました。

ちゃんとご飯を食べて、元気のようで良かったです。

我が家に居て欲しいと思うような良い子達でしたので、寂しいですが、幸せになってくれたら、お役目は終わり。 命のバトン、渡しちゃいました。

里親様、4匹をよろしくお願いします。

コメント (1)

平成36年?

2019年01月18日 | 日記

免許の更新に行ったら・・・

(只今、午前中の受付が終了しました)と放送されているところでした

帰るのも面倒なので、川の猫を見に行ったら、突然、見た事もない猫を見てしまいました。

オスと思われるので、発情期に入っているのかもしれません。 

その先に、メス猫がいます。 

そんな事をしていたら、あっという間に午後の受付時間が近くなり、30分前に行ったら、もう行列が出来ています。 え~、1時間前に並ばなきゃいけなかったの~ 他所で待ったために、列に並ぶ事になり、受付時間から1時間も経って、受講の教室に行ったら、今度は1番乗りで、開始まで待つ事20分。 

30分の講習を終え、やっと免許を手にしたのを見たら、期限は、平成36年まで・・・となっています。 平成は31年で終わりとわかっているのだから、西暦で書いてくれませんか? 

平成36年が、何の5年になるのか? 考えるのが、面倒でしょ。 年号の変更がある度に大変なんだから、西暦にしたら良いのに・・・と思うのは私だけなのかな? 5年もこの写真を見るのかあ。

 

 

コメント

こぶしちゃんとけやき君

2019年01月15日 | 日記

3月産まれのこぶしちゃん(今はサラちゃん)が、里親さんの元に行ったのは5月の事です。

暑くなった頃・・・サラちゃんにお友達が欲しいと里親さんがいらっしゃいました。 猫選は、お任せしたいとの事。 

これは緊張します! 責任がずっしりと両肩にかかる思いでした。

イケイケのようでデリケートなサラちゃん、愛情を独占しちゃっているところに、すんなり入っていける子・・・

人見知り、猫見知りのないオスが一番だと思いました。 デリケートでもダメ、ビビリもダメ、イケイケ過ぎてもダメ・・・そんな都合の良い子は・・・

けやき君しかいない!

という事で、サラちゃんの元に行ったけやき君は…能天気なところがありまして、空気読まないのが心配でしたが、サラちゃんの方がなんとか折り合いをつけてくれているようです。

のびのび育つけやき君(今はリキちゃん)

デリケートなサラちゃん

里親さんが、大変なのかな? 猫達も努力しているのかな?

仲良く、暮らしているようで、嬉しいですね。

 

 

 

コメント

初体験、MRI

2019年01月13日 | 日記

知らない事や経験してない事は、山ほどありますけど・・・

忙しい年末年始に、脳のMRIを撮る事になりました。

変だと思った2時間後に、すぐ病院に行き、紹介状を書いてもらい、翌日、大きな病院へ・・・そこで問題発生。 MRIは、閉所恐怖症の人は受けられません。 実は、まさに、閉所恐怖症です

その場合、精神安定剤を飲む・・・麻酔をかけて寝てから撮る・・・方法もあるそうですが、先生は、それは時間がかかるから、短いMRIで練習してみますか?とおっしゃったので、練習しました。 

年末の病院がお休みになる前日の事です。で・・・短い時間なら大丈夫だったので、次は、MRAを撮りましょう、と新年の4日に撮りましたが、これが、練習の時と違う大~きなMRI部屋。緊張感漂う2重、3重の扉で、開けるとドーンと機械が目に入ります。 正直、練習した時の軽~い感じと違っていました。 手には汗がびっしょり なんとか、頑張りました。

それで、知ったのですが、タトゥーは焼ける可能性があり、一日だけの簡単白髪染も、ヒートテックの下着も焼ける可能性があるらしいです。 

新年早々、勉強しました。 

取り合えず、心配した事からは解放されました

コメント

亡くなった猫の続き

2019年01月12日 | 日記

川縁の遊歩道で暮らす、おばあちゃん三毛猫

そこで、何匹も出産して猫が増えたのだとか・・・

この辺りで、保護した子猫も多いですが、それにしても、すべて未手術だったにしては、数が多くない・・・亡くなった猫も多いということでしょう。

もう年寄りだから、手術も見送っていました。 

基本的に、餌やりには行きません。 殆どの場所に餌やりさんはいます。 ただ、具合の悪い子に薬を飲ませたり、病院に連れて行く人は少ないです。 薬を飲ますだけで、生き延びるなら飲ませに行きます。

おばあちゃん猫には、薬を飲ませましたが、急に冷え込んだ時から姿が見えなくなりました。

すでに痩せて、年齢が体に現れていましたので、亡くなったと思います。


別の場所で、以前、交通事故に遭い、断尻尾となった若い茶トラくん。

排泄障害が残りましたが、自分のテリトリーに戻って2年。 元気に暮らしていました。 何故、戻したとお叱りも受けましたが、保護猫多数の我が家に残す事は難しく、餌やりさんも飼えないとなると、行き場は、元の場所しかありません。

寒い日の朝、亡くなっているのが発見されました。

何が悪かったのか、解りません。

外で暮らす猫達には、寒さだけでも命取りです。

寒さと飢えで亡くなる子が居なくなる事を願います。

コメント (1)

亡くなった猫、生き延びた猫

2019年01月11日 | 日記

時々、様子を見に行く場所には、茶トラのおじいちゃん猫がいます。

背中にワイヤーをまかれ、取った時には痛々しい傷が背中に残りました。

 

人間の酷い仕打ちを受けながらも・・・懐っこく、甘えん坊の猫です。

行くと走って近づいて来る様子を見ると、ご飯が足りないのだと思うけれども、なかなか行けません。 最近、その子を気にして、車で会いにくる人を知り、少し安心していました。

急に寒くなった年末から、姿が見えません。 

いろんな時間に行ってみますが、現れません。

(歳だから、寒さがこたえたのかなあ、亡くなったよ)と近くの会社の人が教えてくれました。

やはり、そうだったのか~

お腹に傷のあった黒猫も、姿が見えなかったので探したら、草むらで亡くなっていました。

自分の力不足を痛感するときです。

人懐こいキジ白君は、12月から見当たりません。 鼻がぐびぐびだったので抗生剤を飲ませていましたが、途中で出て来なくなりました。 

1カ月もいないので諦めていました。

昨日、いつもの場所からは建物をこえ、庭をこえた道路沿いの遊歩道に、猫が寝ていました。

声をかけると、あのキジ白くんです。 鼻は、相変わらずでしたが、良くなっています。

遊歩道は一日中陽があたりますが、いつもの餌場は陽があたる場所は、風がとおって寒いのです。

ポカポカする場所を選んでいたのですね。 夜、本当の餌やりが来るそうですから、その時間にはいつもの餌場まで来ていたのかもしれません。

寒さで亡くなる猫達を見た後に、生きていたキジ白くんを見て、少し心が晴れました。

 

コメント

里親募集の猫

2019年01月09日 | 日記

イベント会場の駐車場で段ボールに入っていた4匹のうちの2匹は、

14日(月祝)の 幕張ねこの譲渡会 に参加します。

2匹一緒に・・・は、最近ハードルが高いようです。

ペット可マンションも増えましたが、頭数制限があったり、すでに飼っているご家庭が増えていますから、後1匹・・という方が多いです。 

でも、小さい時から一緒にくっついているので、出来れば一緒のお家に行けるといいなと思います。

シマくんと

テンくんは、

とても人懐こく、活発で、好奇心いっぱい! 近づくだけで喜んでくれる猫ちゃんです。

家族が見つかるといいね。

 

コメント

苦情現場の子猫

2019年01月08日 | 日記

苦情がある遊歩道。 何故、苦情かと言うと、遊歩道に会社の裏庭が面していて、そこが猫達のたまり場となっています。 冬、風を避け、陽があたる場所。そこに大勢の人が餌を持ってきては置いていく。

会社にとっては、それ程の害はないと思うけど、裏の窓や入口を開けっ放しにするものだから、入ってしまいます。 私から見ると、(閉めておけば入らないのに・・・)なんですけどね。窓も開けるなら、2階の窓だけにすれば良い! 会社として努力もしないで、文句ばかり言っていても良くはならないので、皆で考えよう、努力しよう・・・という話にしています。 

餌やりと協力して、今、一番危ないメスの母猫2匹の手術をしました。

私は、子猫2匹を連れて行きました。

会社は、猫がいる庭の片付けをし、なんと、陽があたるようにその部分だけ、植え込みを刈ってくれ、千葉県の捨て猫は犯罪、のプラカードを貼ってくれました。 

餌は、会社の庭には置かず、別の所に置くようにしましたので、置き餌をする人がいなくなりました。

猫の手術に協力して!と言われるのが嫌な餌やりは来なくなりました。 この場所の猫達が可愛かったのでなく、餌をやる事に満足していたのでしょう。きっと別の場所で餌をやっていると思います。

残る未手術は7匹。大人猫は2匹しかいないので、手術は急ぎませんが、春までには片づけたいと思います。

連れてきた子猫は、ネロくん。 

まだ3カ月半です。 半長毛黒猫で、抱っこされるのも平気な男の子ですので、1月14日(月祝)の 幕張ねこの譲渡会 に参加します。

ネロくんを連れて行った3日後に、突然、同じ場所にあらわれた、みぞれちゃん。4カ月。

母猫らしきも居ないので捨てられたと思うものの、簡単に捕まる月齢ではなく、私自身苦労して捕まえました。不思議です。 大人しく、抱っこも出来、威嚇もない子ですので、譲渡会参加します。

なんと、黒猫2匹! 最近、一緒に遊ぶので、どっちがどっちだか??

里親さん、見つけてね。

 

 

 

コメント

新年から駆け足

2019年01月07日 | 日記

新年は来客もあり、お節の半分は作り、お餅も作ったので、座るのは食べる時のみ・・・の生活でした。 

正月が終われば休めるかな・・・と思ったのが甘かった!

次々と入る(お願いごと)には、只今休養中!にしていますが、地域猫活動の会議には行ってきました。 

地域猫活動は4年目に入り、83匹の猫は20匹になりました。 

見守りが必要な年寄り猫は、歯が痛いようですが、手術が出来る年齢ではないので、手持ちの抗生剤を試すことになりました。 

この猫には、周囲の猫が、(長老のお通りだ~ 挨拶しようぜ)という感じなので、この猫の血縁(孫、ひ孫、玄孫)が多いのかもしれません。


そんな中で、突然、ダンちゃん、マメちゃんに里親希望の方から応募があり・・・翌日、お見合いして、お話が決まり、今週にもトライアルに出発する事になりました。

(ダンちゃん)

(マメちゃん)

この2匹は、イベント会場の駐車場に、不審な段ボールを見つけ、(あの箱は怪しいから、中を見て)と警備員にお願いして見つかった4兄弟のうちの2匹です。なんで、段ボールが怪しいのか?と言われると、自分でも不思議です。 目が開いたばかりの生後10日位の子達で、(こりゃ、まずい!)とタオルに包んで、背中のリュックにいれて帰った子です。

ミルクから・・・途中、貧血で入院したり、輸血騒動があったり、ドタバタで育てた子達ですが、人が捨てた子達なのに、人を恐れず、むしろ、人好きの性格の良い子達。

う~んと幸せになって貰いたいです。

 

 

コメント (2)