天馬空を行く

子どものこと、毎日のこと、好きなこと!を書いています。

春になり、新葉がなり、花が咲き☆

2018年04月17日 | 庭のこと

我が家の落葉樹、みかんネーブルオレンジ

本来は常緑なのだけれど、寒さで今年も葉が落ちた。

でも4月になると、暖かくなり、新葉が出てくる。

この新葉が出てくると、春なんだなって思う。

みかんもネーブルも屋上で鉢で育てている。


下の写真は庭にあるスウィートレモネードとブラッドオレンジの木。

冬の庭は日当たり悪い。お隣さんの家があって、冬はほとんど日が差さない。

だけど葉は落ちない

それと反対に屋上は日当たりも良い

でも葉は落ちるのは、霜も直に降りるし、北風がもろに当たるからかもしれない。


葉は全部落ちてしまうけど、新しい葉が出てきて、花もちゃんと咲くので、問題はない。

あとは実がつけばOK。


我が家の日当たりの悪い庭では、春から夏にかけては太陽が降り注ぐ。

種から育てた実生のリンゴ

そしてモミジとオレンジの実生。

去年買った一株のイチゴも冬を越し大きく育って花が咲いた。

ワイルドストロベリーも花が咲いてきた。

今年はワイルドストロベリーを地植えにしようかなと思う。

あまり日当たりが良くなくても、十分花も咲き、実を付けてくれるので。

こうやって見ると、 ワイルドストロベリーもイチゴも見た目は変わらない。


オリーブもつぼみが出てきた。

来月辺り、花が咲くころだろうか。


それとうちの庭にこんながいっぱい出てきた

至る所にある。

実はこれ、、、コキアの芽。

去年大きくなって枯れたコキアをほうきにして、庭を掃いていたら、種がこぼれてこんな状態に。

これだけ芽が出ても、放置しておいたら多分育たないだろうな。

良さそうなのだけを残して、間引いた方がいいかもしれない。


こちらはリンドウ。

近くのホームセンターで格安で売られていた

りんどうは多年草

自分はあまり小まめに庭を手入れする方ではないので、一年草とかより多年草好き。

あとはハーブのような宿根草とか。


コンボルブルスも花が咲いた。

こちらも多年草で、冬を越した。どんなに雪が降ろうとも、常緑でいてくれる。

そしてまだまだ小さい桜の木

来年こそ花を咲かせて欲しいな

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 桜もそろそろ散り始めた頃の... | トップ | 男女平等の精神は女性にはあ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

庭のこと」カテゴリの最新記事