DALAI_KUMA

いかに楽しく人生を過ごすか、これが生きるうえで、もっとも大切なことです。ただし、人に迷惑をかけないこと。

道(81)

2017-07-21 14:55:19 | ButsuButsu


暑い日が続く。

熱したアスファルトの上を、カマキリがゆっくりと歩いていた。

カマキリを見ると山本地方創生担当大臣を思い出す。

最近のニュースを見るたびに、安倍さんは実にエライ人を大臣に選んだものだと感心する。

蟷螂の斧という諺がある。

見るからに、エラそうである。

が、山本大臣が声を大にして語れば語るほど、うさん臭さがにじみ出し、安倍内閣の信頼性が沈下していく。

本人が、そのことを認識していないだけに、なお始末が悪い。

困ったものだ。

もう、時代錯誤のおじさんやおばさん政治家は、わが国にはいらないのではないだろうか。

因みに、カマキリの卵は螵蛸(オオジガフグリ)とも言われるのだそうだ。

意味深だけど、知らなかったな。
コメント (3)

道(80)

2017-07-10 12:38:28 | ButsuButsu


大学にいると、時々、面白い場面に遭遇する。

私の授業に出席していた留学生と話す機会があった。

彼は、アフガニスタンから来ていた。

「紛争が長引いて、さぞかしお国は大変だろうね」と言ったら、彼はにこやかに笑って答えた。

「Justiceが解決してくれる」

「それはどんなJusticeですか」という私の問いかけに、彼は

「General justice」と言った。

「それは宗教を越えたものですか」

「そうです」

こんな回答をアフガニスタンの留学生から聞くとは思わなかった。

Justiceというのは、アメリカ人が好きな言葉の一つだ。

しかし、アメリカにはJusticeと同時に影の部分が存在している。

それは暴力の世界だ。

私はもっとこのアフガニスタンの青年と話したかったが、授業も終わりそれ以降会っていない。

きっと彼にとって、Justiceは希望であり、あとは忍耐の世界なのだろう。

北朝鮮問題がややこしくなる中で、時々、こうした学生との会話を思い出す。

アメリカが係わって来た紛争で、成功した事例はない。

結局時間が解決するしかないのだろう。

彼の言うGeneral justiceは、日本で言う大義に近いのかもしれない。

大義のない行動は、人々から支持されないし、歴史の中では審判の対象となる。

混迷する東アジアにおいて、大義のある解決策を主張することが、結果的に成功するのではないかと思う。

それは、人間としての、人類としての、普遍的な正義の主張であろう。

このように、学生から学ぶことがたくさんある。

以下 Wikipediaより、
Justice is the legal or philosophical theory by which fairness is administered.
The concept of justice differs in every culture.
An early theory of justice was set out by the Ancient Greek philosopher Plato in his work The Republic.
Advocates of divine command theory argue that justice issues from God.
In the 17th century, theorists like John Locke argued for the theory of natural law.
Thinkers in the social contract tradition argued that justice is derived from the mutual agreement of everyone concerned.
In the 19th century, utilitarian thinkers including John Stuart Mill argued that justice is what has the best consequences.
Theories of distributive justice concern what is distributed, between whom they are to be distributed, and what is the proper distribution.
Egalitarians argued that justice can only exist within the coordinates of equality.
John Rawls used a social contract argument to show that justice, and especially distributive justice, is a form of fairness.
Property rights theorists (like Robert Nozick) take a deontological view of distributive justice and argue that property rights-based justice maximizes the overall wealth of an economic system.
Theories of retributive justice are concerned with punishment for wrongdoing.
Restorative justice (also sometimes called "reparative justice") is an approach to justice that focuses on restoring what is good, and necessarily focuses on the needs of victims and offenders.
コメント

道(79)

2017-07-07 10:37:48 | ButsuButsu


何気なく琵琶湖の水面を見たら、そこには複数の鴨が戯れていた。

突然、大きなオスがメスの背に飛び乗り交尾を始めた。

十秒くらいだったろうか、大きなオスは悠然と離れていった。

すると、隣にいた中くらいの大きさのオスが、同じメスにとびかかり交尾を始めた。

ふーん、鴨の世界もメスが少ないのかな。

しかし、知らなかったな。

複数の雄が次々と同じメスと交尾をするのはトンボの世界かと思っていたけど、鴨もそうなんだ。

ちょうど今時分が鴨の交尾の季節らしい。

世間では北朝鮮や米国の話題で賑わっているが、自然界ではひたむきに生殖活動が行われている。

がんばれ、鴨のお父さんたちとお母さん。


コメント (2)

道(78)

2017-07-06 14:06:42 | ButsuButsu


I got the joke from my friend.

Mr. A: I am “Sori”, the prime minister of Japan.
I say that government of my friends, by my friends, for my friends, shall not perish from the earth.

Mr. G: Oh “Sorry”, but please tell me how I can become your friend.

Mr. A: You have very little chance, but at least, you have to play golf with me like Mr. T and Mr. K.

Mr. G: Oh my God! I don't have golf clubs, but belong to an alpine club.
コメント