猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

温故知新トリトン画像

2009-08-31 19:16:47 | 太陽系外縁部
画像版権:NASA/JPL/大学宇宙調査協会/月と惑星学会 少し前の記事ですが、ボイジャー2号が撮影したトリトンを最新技術で蘇らせました。外縁天体が海王星に捕獲されたに違いないトリトン。カテゴリーは太陽系外縁部。以下、機械翻訳。
海王星の衛星トリトンの回想場面

海王星の衛星トリトンの火山の多い平野のこの眺めは、その1989年8月の接近通過(20年前今週)の間、NASAのボイジャーで得られるイメージに由来する地形図を使って生じられました。画像版権:NASA/JPL/大学宇宙調査協会/月と惑星学会 > 完全なイメージとキャプション > ビデオを再生してください

2009年8月25日
新しくリリースされたイメージは、2009年8月24日に海王星の衛星トリトンのボイジャー2号接近通過の20年の記念日を祝います。
トリトンは、我々の太陽系の端に向けたNASAのボイジャー2号の旅で、訪問される最後の固体天体でした。
文字通り、トリトン(海王星の最大衛星)は太陽系で摂氏マイナス235度の表面の温度で「最も冷たい」天体のうちの1つです。ボイジャー2号は、トリトンが活発な間欠泉を持っているということを発見しました。
イメージと映画は、凍結した溶岩流によって作られるなめらかな火山の多い平面、小山と丸い穴で衛星のまばらなクレーターだらけの表面を示します。ボイジャーは、太陽系で最も遠い人間製の物です。ボイジャー1は166億キロメートルです。あるいは、ボイジャー2は太陽からのおよそ 111天文単位は135億キロメートルです。あるいは、両方ともおよそ90天文単位は、5~8年で恒星間空間に着くことになっています(2014 - 2017)。

ボイジャーに関する詳細な情報は、http://voyager.jpl.nasa.gov/index.htmlで利用できます。
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
« 眠い | トップ | パトロクロス観測 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

太陽系外縁部」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事