会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【会津野】映画「グランドブダペストホテル」を観ました

2015年09月30日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

久々の晴れた朝です。今朝は12℃の会津野です。稲刈りがすこしづつ進んでいます。(わずかに刈り取られたたんぼ、わかるかな?)

「グランドブダペストホテル」という映画を観ました。ヨーロッパを舞台としたコメディーです。

この映画を見たのは、画面の縦横を現す割合であるアスペクト比を使い、時代背景を描き分けていると知人から聴いたのがきっかけです。

テレビがアナログから地上波デジタルへ変わった頃、「横長テレビ」という言い方がありました。現在では主流となった「横長テレビ」のアスペクト比は16:9です。

アナログ時代のテレビは、4:3でした。

この変化を用いて、過去の回想シーンを4:3で表現、現在のシーンを16:9で表現しているのが、グランドブダペストホテルです。

おもしろい着目点だとは思うのですが、回想シーンの場合、当然ながら出てくる映像は「古そうな」ものが映写されるので、アスペクト比を用いなくても実際には時代背景の差がわかります。今後この技法の差を用いて、同じ時代のことを時代差があるように錯覚させるようなストーリーが出てきたらおもしろいなぁと感じました。

しかし、みなさん様々なことにチャレンジしますね。こういうチャレンジの中から、「あっ!と驚く」ような新しいモノが生まれるのでしょうね。

今日もすてきな一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


【会津野】関東東北豪雨後のJR只見線1番列車が走りました

2015年09月29日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

薄暗い14℃の曇りの会津野です。写真の中に2両編成の列車が走っているのを見つけられるでしょうか。

今朝、関東東北豪雨で不通になっていたJR只見線に、復旧後の1番列車が走りました。このところ、線路がサビつき、無音の線路が続いていました。しっかりとメンテナンスをしていただきながら、地域の足として走り続けることを願いたいものです。

さて、昨日「クリ」をたくさん手に入れてきたことを書いたばかりです。今朝の新聞に、「クリ」と人々の長い暮らしについての記事がありました。

「クリ」は、単位面積あたりの生産性がさほど高くない作物です。しかし、食料であることの他に、木材としての利用できる多面性のある生産物です。しかも、手入れなどの手間がさほどかからず、他の生産分野との両立ができます。記事にあるように、近代は、木材利用が急減し実の大きくなる丹波グリへの栽培へと移行が進みましたが、淘汰という波はなく、人々の暮らしに併存しているものと言えます。

江戸時代に起きた人々の移動から始まったと言われる「宿屋」は、近年「観光利用」へと大きく変化しました。しかし、ただ豪華さを求め栄えた宿屋は姿を消し、本質的な価値を持つものしか残らないようになってきています。

宿屋も一時の盛衰にかかわらず、人々の暮らしに併存しなければならないと感じました。

今日もすてきな一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


【会津野】秋ですね

2015年09月28日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

霧降る会津野の朝は15℃です。

近頃、10時頃になると霧が晴れ、周りの山々がきれいに見えるようになります。

磐梯山の山頂付近が、にわかに色づいてきました。紅葉の時期、到来です。

近くの直売所で、栗をみつけました。1袋100円でしたので、ついつい買いすぎてしまいました。冬に楽しめるよう、加工しておきたいと思います。

青森の三内丸山遺跡を訪れたとき、縄文時代の人々は「栗」を主たる食料としていたとの展示をみた覚えがあります。稲作が始まるより昔の人々が食べていた食料が、今でも変わらず山に実ることには、なんだか感動を覚えます。

この秋も、そして冬も、おいしく「栗」をいただきたいと思います。

今日もすてきな一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


【会津野】外国から何かを買うときの消費税

2015年09月27日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

薄曇りの16℃の会津野です。収穫を待つばかりの稲穂が、こうべを垂れています。

10月1日から、「国境を越えた役務の提供に係る消費税の課税の見直し」が行われます。

これって一体何?と大抵の方は思われるでしょう。

電子書籍などのコンテンツを消費者として購入するとき、外国のサーバにあるデータをダウンロードすることが多々あります。大元のデータが海外にあれば、国境を超えた取引なので消費税が課税されていません。もし国内のサーバからダウンロードすると、国内取引なので消費税が課税されます。このように、サーバの場所によって消費税が課税されるされないとの差があり、今回の改正で、こういう取引が全般的に課税されるようになります。

海外からモノを輸入する場合や輸出する場合の貿易取引は、基本的に内国の課税である消費税は課税されません。

しかし、今回の改正により、インターネットを使ったサービスの手数料には、国内・海外を問わず課税出来ることとなります。

宿屋という事業者からすると、外国の宿泊予約サイトなどの旅行業者に送客をいただいた場合、それに伴うコミッション(手数料)を払う際に、課税されることになります。外国企業から日本政府がどのようにして税金を徴収するのは知りませんが、そういうことになります。税が発生すると、払う側の事業者は、経費として税を負担することとなります。国内での売上については、消費者から税を預かり納税しますが、外国業者に払った分は、売上から控除することができませんでした。今回からは、この経費としての控除を行うことができるようになります。

会津野の場合、国内の旅行サイトを使うことをやめましたので、これからは消費税分を差し引く計算をしなければなりません。

インターネットを使い、データだけが動き、実際の品物が動かない取引がたくさん出現しています。

この分野は、社会の実態とどんどんかけ離れていましたが、今回の改正で少し実態に近づくことになります。

小さくて実態のあるモノに大きな付加価値を載せて貿易取引すれば、それは不課税です。ICTが発達した時代で変な話ですが、例えば電子書籍1万冊分のデータが入ったUSBメモリーやSDカードを「モノ」として海外から輸入すれば、それには課税されません。

消費税率がどんどんと上昇すれば、こういうことが起きてくるでしょうね。

今日もすてきな一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


【会津野】JR只見線が9月29日に復旧します

2015年09月26日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

くもり空の会津野です。気温は少し高めの15℃の朝です。

昨日、JR東日本より、9月10日の関東東北豪雨により不通となっていたJR只見線運行再開の発表がありました。

大変不便な代行バスの状態から元に戻ることになり、大変喜んでおります。

旅行者の方々への送迎も災害前のように、17:18,20:01の2本の列車に合わせて行うようにいたします。

今日もすてきな一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。