会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】年少人口考

2018年06月08日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主 ならびに 古書 会津野 店長の長谷川洋一です。

先日、「里山資本主義」の著者でおられる藻谷浩介さんが、ラジオで山形県寒河江市のことを話しておられました。

「山形県は、東日本の中で子どもが多い地域で、その中でも寒河江市の子どもは多い。」とのこと。

「子育てがしやすい地域であると言える。」と論理づけていました。

どのくらいの数字が多いのかな? と思い、ネットで寒河江市の年少人口割合(人口にしめる0歳〜14歳までの割合)を調べると、13.0%(平成28年)でした。

ならば、福島県はどうなの? と調べたのが冒頭の図です。

こちらは、福島県発表の平成30年5月推測データから必要部分を抜き出したものです。

データを見ると、最大の14.3%である大玉村を筆頭に、寒河江市より年少人口が多い市町村が9つ並びます。

どんなところが子育てしやすいのでしょうか。

この9つの市町村は、どこも経済圏としては中心ではなく、周縁市町村です。

ただ、経済圏の中心まで1時間以上かかるようなところではなく、20〜30分程度でアクセス出来ます。

放送では、寒河江市も山形市まで20〜30分程度で到達できると伝えていました。

我が会津美里町を考えると、やはり会津若松市中心部まで20〜30分で到達できる位置です。しかし、10.8%という数字。

福島県全体の平均値が11.8%なので、やはり何か問題がありそうです。

いったいなんであろうか?

藻谷氏は、寒河江にはクールジャパンでもっとも必要な「うまいもの」と「公平」があるともいう。

「うまいもの」は、さくらんぼなどの果物を指し、「公平」は、誰でもが使える鉄道などのインフラを大事にしてきたことを指す。

これらは暮らしやすさにも繋がることだろう。

先日、知り合いが「高田の街は東西に抜けにくい」と言っていた。来春、町役場が高田の街の西側に出来上がるが、大半の住民は高田の街の東側に居住している。抜けにくい街の西側に役所が存在すれば、それは「暮らしにくいこと」につながる。

対策は簡単。「抜けやすい道」を整備すれば良いのだけれど、そういうことを細やかに考えないと良い街にはならないと、考えさせられます。

国道16号線沿線の街(八王子市や川越市、柏市など)も、その内側の東京都心部に頼らなくても、地域で完結できる生活圏の整備を目指し、住民が増えている。

子育てしている親の立場からすると、交通インフラがあまりにも貧弱なため、自分で運転できない「こども」の足のために、親が相当な労力を払っていることを相当強く感じる。

これは、ある意味、不公平だし、そんな状況では子育てがしやすいとは言えない。

高齢ドライバーの免許返納は、生活の質を下げることに直結するから、なかなか進まない。

案外、交通インフラがカギのような気がしてきた。

只見線に、「会津美里町民号」という定期列車を、税金を使って走らすことなんて出来ないだろうか。

学校に間に合う時刻に走っている列車が1本しかないって、何? そんなんじゃ、学校通えないよ! と思うのは、都市部出身だからこそ思うことなのかな?

人口変動は、人々にとっての「暮らしやすさ」を如実に現すものだから、まちづくりの指標としてしっかり考なくちゃいけませんね。

今日も素晴らしい1日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。

※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


この記事をはてなブックマークに追加

【会津野】会津本の棚が増えてきました

2018年06月06日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主 ならびに 古書 会津野 店長の長谷川洋一です。

春からはじめた古本屋の買い取り。地域を中心にコツコツと集めています。

会津に関する本を「会津本」と名付け、店頭に棚を設けました。

今日はその中から3冊の本を紹介します。

名残の雪

やすらぎの里

ふるさと尾岐

最初の2冊は、会津美里町尾岐地区の牧集落出身の城山記井子さん(旧姓 上野さん)のエッセイ集です。牧集落は、わずか5戸の小さな集落で、ダム建設により沈んだところです。すぐ近くの高台に移転したのち、更なるダム計画でもう一度沈んだ過去画あるところです。幼少の頃、それらを経験した作者が綴る人間模様は、静かな山村の暮らしを伝え、かつて存在した集落の様子がとてもよくわかります。

「ふるさと尾岐」は、尾岐地区全体の思い出を残すために編纂されたもので、城山記井子さんも、秀逸な文章を寄稿されています。

会津でダムに沈んだ集落と言えば、田子倉が有名ですが、こちらはダムの補償金に翻弄される人間模様を描いたものが多く、「カネと人」がテーマとなっている書籍が出版されています。

これら3冊の本は「人と人」を中心とした、心温まる内容が主です。

会津の山村に生きる人々の心の内を覗いてみるには、もってこいの書籍です。

今日も素晴らしい1日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。

※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


この記事をはてなブックマークに追加

【会津野】会津の地すべり

2018年06月01日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主 ならびに 古書 会津野 店長の長谷川洋一です。

2018年5月から、喜多方市高郷地区で地すべりが起きていると報道されています。

表題に掲げた写真は、活断層研究会が1995年に東京大学出版会より出版した地すべり現場近くのものです。

今回の地すべり地域は、JR磐越西線の荻野(おぎの)駅と尾登(おのぼり)駅のちょうど中程のところで、阿賀川への崩落も一部起きているとのこと。

2016年秋、今回の真南にあたる磐越自動車道の鳥屋山トンネルで隆起が起き、緊急工事が行われたことがありました。

その現場は、この地図で言うと鳥屋山と越後街道のあいだです。

活断層研究会によれば、地図上4で示す断層(千咲原断層)が確認されています。ここは、河岸段丘として形成されたもので、断層西側には只見川が流れています。4の右側にある黒い四角は、1611年9月27日に起きたM6.9の地震震源で、河川に侵食された地層と、侵食されない地層との間で大きなズレが生じたようです。

一方、今回の地すべり現場西側に赤の点線で示される断層は、活断層の疑いのあるところで、まだ確認がされていないところです。

ネット上では、1611年の震源から南に大きく伸びる会津西縁断層帯(喜多方市から会津美里町まで)のことを引き合いに出し、この断層がもう一度動くのではないかという記事が散見されますが、この周辺地域の断層はほぼすべて南北に走っていることから、動くとしたら南北のズレというのが考えられることだと私は思います。

なので、今回の地すべり地域と鳥屋山を結ぶ南北の線を考えるのが妥当なのではないかと思うのです。

北側に目を向けると、飯豊山に至るまで山間地域が続き、あまり人々が暮らさない地域です。

南側は、柳津町市街、西山地熱発電所、博士山があります。

2006年11月30日には、柳津町西山地熱発電所付近を震源としたM4.3の地震が起き、家屋の一部破損38棟という被害がありました。さらに2009年10月12日に同じ震源域でM4.9の地震が起きている。

両地震とも、政府の地震調査研究推進本部によれば、会津西縁断層帯とは直接の関係がないと評価され、1611年の地震メカニズムとは異なり、この震源付近に存在が疑われる北北東から南南西に伸びる正断層型とされた。

断層上に立地する発電所。大丈夫だろうか?

原子力ではないので放射能漏れはないけれど、熱源として汲み上げる大量の温泉水が環境中に放出される危険はある。どんな鉱物資源が含まれているかわからぬ水質のものを、環境中に放出すると、思わぬ作物被害が起きる気がする。これが心配な点だ。

さて、先日会津美里町のまちづくり団体「まちづくりBプラス」が発足し、今年度の事業計画を話し合いました。その中で3.11に関する行事があります。東日本大震災の非難生活を送っていた楢葉町の仮設住宅がこの春まで会津美里町にありました。そこでは、毎年3月11日に災害犠牲者の追悼を行う行事が行われていました。

「3.11を忘れない」という意味を込め、次回からは会津美里町でも災害に対する心の備えを常に持つような行事にしたいと、先日話し合い、新たな南北断層で起きるかもしれない備えをしなければと感じています。

(ここから追記。20180602)

6月1日付け福島民報によると、西会津町で地すべりが起きたと報じた。この地すべりは、横20メートル、縦200メートル、高低差100メートルとのこと。

高郷、鳥屋山、西会津の3点を地図上で結んだのが次の図です。

青い点が私が加筆したものです。元の地図は、活断層研究会のもので、赤で示されているのがすでに断層として知られている、もしくは、疑いのある場所です。

いままで知られていない新たな断層かと感じますが、この線は西山地熱発電所へと続くものではないので、当初の推測とは違うようです。

しかし、ここを震源とする大地震が起きたら会津地方全般に大きな被害が発生するだろうから、注意が必要です。

今日も素晴らしい1日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。

※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


この記事をはてなブックマークに追加