会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】明治維新から150年 反省すべきことは?

2017年03月28日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

「弾正ヶ原」(林清継著)を読んでいます。

明治15年、会津三方道路と呼ばれる会津から米沢、新潟、日光への三方向へ向け、道路を建設する計画が持ち上がりました。

この時、ときの県令(後に知事と呼ばれる役職)が会津地方の住民に対し、労力を無賃で提供させることにしました。タダでこき使うとは何ぞや!と、これに反対する住民が起こしたのが、喜多方事件と呼ばれます。

わが宿のある高田の青年、佐治幸平は、さまざまな規則が住民抜きで決められていくことに対し疑問を唱え、仲間を集めて「会津六郡三方道路規則改正委員会」を組織し、ひとつの決議をしました。

次のような内容です。(現代風に私が直しています)

決議文

一、会津三方道路の建設は賛成である。ただし、次の諸要求の承認なしには住民は賛成協力することができない。

一、会津三方道路に関する特別臨時県議会を即刻召集すること。

一、この道路が将来国家枢要なる道路となるべきものであれば、国家予算を以てこれを完成させるべきである。

一、道路工事全般に渡る諸規則の立案は、住民の公選したる委員により作成されるべきである。

一、道路建設に必要な工事費用や労賃は、一切国家予算中から支給すべきである。

一、(朝5時から作業を開始するにあたり)遠隔地からの労役に対する日当計算は二日ないし三日で計算し支給すること。

一、労賃は、男一日30銭、女一日15銭を計算して支給するのを妥当と考える。

一、工事作業中の負傷、病気等一切県費を以て治療にあたること。

一、道路工事作業が住民の協力なしにはできないものならば、囚人を使用するがごとく振る舞いがあってはならない。

一、先に清水屋事件なるものあり、犯人を即刻逮捕することを要求する。(註・・・清水屋事件とは、会津若松市内の清水屋旅館において自由民権運動家宇田成一が官憲に襲われた事件をいう)

一、暴漢のごとく振る舞う工事監督がいた場合は、労役を拒否することもできる。

一、労役の命令や代夫賃徴収(労役提供ができない場合の費用を払わせること)の令状が配布されているが、これを即刻撤廃すること。

このように、現代の労働であれば至極当然な要求をせざるを得ないほど、地域住民をタダで使い、しかも暴力的な現場運営が行われていたのです。

よくぞ、明治の会津の方々は行動したものだと思います。

1868年の明治維新(戊辰戦争)から来年で150年になります。この150年を振り返る催しが各地で開かれます。明治維新のすぐあとには、こんなことが行われていたのには、ビックリです。第二次大戦のときの日本軍の反省も大事ですが、明治維新の反省も日本中でしていきたいものです。

今日も素敵な一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


この記事をはてなブックマークに追加

【会津野】新たな生活

2017年03月25日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

一昨日から進学する息子のアパート探しに出掛けておりました。

新しい街の様子を探りながら歩き、さまざまな人と話しながら、ひとつのことを成し遂げていく。

息子との共同作業を実際に行った時間を持てて、なんだか嬉しい気分で帰ってきました。

さあ、次は引っ越しの準備です。

大学には「なまり場」という出身地別交流会の掲示が出ていました。面白い取組みですね。アパート探しも、同じ学部学科の先輩にサポートしていただき、新たな場にウキウキしている息子の様子が伝わってきました。

新たな門出というのはいいものですね。

今日も素敵な一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


この記事をはてなブックマークに追加

【会津野】書籍「世にも奇妙なマラソン大会」

2017年03月23日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

いやぁ、最高に楽しい本を読みました。

「世にも奇妙なマラソン大会」(高野秀行著)です。

アフリカ大陸西部の西サハラという国。なかなか詳しい人はいないであろうこの国のマラソン大会に参加したノンフィクションにもかかわらず、エンタメ要素も満載で、どんどん引き込まれてしまいます。

著者の文章は、臨場感が強く、「伝える」というよりも「伝わる」文章です。

まるで私も西サハラでマラソンをしている感覚に陥りました。

さあ、これから森友学園の証人喚問を観ます。一体どんなことが「伝わってくる」か?

今日も素敵な一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


この記事をはてなブックマークに追加

【会津野】どんどん変わっていく

2017年03月22日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

今朝の報道は、気になる記事がたくさんです。

まず、水道のコンセッション。水道の上下分離と言われるコンセッション。公費で建設した水道の運営権を売却し、民間企業が水道事業を行うというものです。これを実現するために、今月、水道法改正案が閣議決定され、通常国会で審議が行われています。報道では、浜松市はすでに検討を始め、フランスの企業が運営交渉権を獲得したとしています。すでにコンセッションへ向けた取り組みがはじまり、公共によるインフラ整備を経て民間による運営という流れが完全に決まった感じです。消防や義務教育の学校など、使用料が発生していない公共インフラも、そのうちに上下分離あるいは、公設民営という流れになる予感を感じさせられます。

次は、airbnbが民泊以外の旅行商品を扱う報道です。シェアリングエコノミーの代表格と言われる民泊を扱うairbnbは、泊まりたい人と泊めたい人をネット上で結び付け、その間に発生するやり取りと決済を行うサービスです。サービスが実施されたら、次の日にはairbnbがサービス提供者に対し、利用料を振り込んできます。現金を扱わないので、事業者にとって、集金業務とおつりを用意するような手間がまったく発生しません。なので、サービスに専念できますし、余計なコスト(労力)を抑えることができます。物品販売のメルカリもだいぶ普及したので、この利点を実感している事業者はだいぶ増えたことだと思います。airbnbが次に取り組んでいるのは、体験商品です。例として、和紙づくりの体験イベントが紹介されています。宿泊以外のサービス商品も、サービス提供者とサービスを受ける人を結びつけることは同じ理屈です。airbnbの利用者は、世界中に何億人いるかわからないほどのとてつもなく巨大な市場です。アマゾンがロングテイルモデルで専門的な書籍の売り上げを伸ばし、さまざまな専門書に陽があたったことは、みなさんもまだ覚えていることでしょう。さあ、どんなサービスが出てくるか。インバウンド向けの演劇サービスなどに取り組む演劇部出身の若者などは、大チャンスのような気がします。

さらに、TSUTAYAによる徳間書店の買収報道。出版業界は、データ利用による購読者のマーケティングが未熟な世界。Tポイントカードにより、コンビニでの消費動向や、レンタルビデオ事業でエンタメの嗜好などのデータ把握をしているTSUTAYAなので、このデータと出版内容のリンクが今後期待できます。近いうちに、「あなたに最適な書物が出版されました」というようなメッセージがスマホに表示されるような時代がくるかもしれません。

どんどん、世の中が変わっていきます。この流れ、良くウォッチする必要がありそうですね。

今日も素敵な一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


この記事をはてなブックマークに追加

【会津野】少し考え方を変えてみよう

2017年03月21日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

「今日という一日のために」(近藤勝重著)を読みました。

毎日新聞に連載されたコラム集です。

面白いなと思うことが2つありました。

ひとつは、「6センチウォーキング法」。いつもより歩幅を6センチ大きくして歩くと、効果が一段と増すというもの。「6センチ」というところがミソで、「5センチ」だと少し広めにという意識となるけれど、「6センチ」だとさらに意識が高まり努力を続けるというものだ。

もうひとつは、「三日前日記」。「一日前」、「二日前」までの日記は、思い出せないことはないけれど、「三日前」になると簡単には思い出せない。毎日、三日前の記憶を日記に記すということは、記憶をフル回転させないとできない。

「いつもより少し多めに何かをする」と「すぐに書き留めておく」ということは、ハードルが低いけれど、少し考え方を少し変えるだけで、さらなる次のステップへ進むことができる。

この2つは、そんな実例です。

私の書いているブログは速報性を求めるものではないので、少し考え方を変えて、次なるステップに進んでみたい気もする。

今日はそんなことを考えてみよう。

今日も素敵な一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


この記事をはてなブックマークに追加