会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】風景を消費する消費者

2017年05月30日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

今朝の福島民報に載っている只見線の記事をご紹介します。

今年1月から、さまざまなところで只見線活性化のアイディアを発表する機会を持ってきました。私の発表してきたアイディアは4項目あったのですが、そのうちの2つ「線路の枕木オーナー」と「鉄道関連施設の命名権」が盛り込まれました。これは、29日の只見線利活用プロジェクトチームの場にて、福島県が「ふるさと納税」と「クラウドファンディング」の返礼品という形式を用い、上下分離方式によりこれから毎年発生する地域負担金の2億1千万円を補う形とするとしたものです。

やっと具体的に動き出しそうな気配になってきました。いままでは、行政が取りまとめた負担金割合のニュースを知らされるばかりで、「それいったい誰が負担するの?」という状態でしたが、負担金の集金装置である行政が、負担先を地域住民の外に目を向け、個人向けと法人向けそれぞれの具体策を示したことは、大きな進歩であると感じています。

★ ★ ★

さて、ドナルド・トランプ大統領のニュースが連日報道されていますが、トランプさんの出自を先日勉強しました。

ドナルドの祖父フリードリヒ(後にフレデリックに改名)は、1869年にドイツで生まれた方で、14歳の時に理髪師の修行を始め、16歳でニューヨークに渡り理髪師で生計を立て、22歳(1891年)にシアトルに移住し米国籍を取得した移民です。1840年代から1800年代末期までのゴールドラッシュの波の晩年に山師相手のホテルを開業し、ブームが去る前にそれを売り抜け財を成した歴史があります。

ゴールドラッシュのときは、出てくるかわからない金を掘り当てる仕事をするよりも、作業に必要な道具など、山師が消費する仕事をした方が大きな財を成したと良く言われます。ジーンズのリーバイスもそうでしたし、トランプ大統領のおじいさんもそうだったのですね。

ドナルド自身は大学で不動産を勉強。1973年に、ハドソン川沿いの鉄道操車場の再開発事業を手掛けます。不動産以外の事業として、航空会社、カジノ、トランプ大学などを手掛けるも、ことごとく失敗。現在は、大統領職を手掛けていますが、この先、どうなることでしょうか。

★ ★ ★

さて、今回の只見線の話に戻りましょう。

只見線を存続させたい方々は、いったい何を消費するのか。ここが大きな注意点だと私は思います。

地域住民は、ローカル線であるがゆえに非常に不便な路線なので、普段の足として利用することでは生活そのものがまわりません。なので、自分の足を持たない高校生くらいしか利用しません。なので、地域による消費は、ほとんど見込めません。

次に観光消費ですが、SLに乗りに来る方々や、ローカル線の雰囲気を味わう方々は確かにいるものの、これが急に増加する気配はありません。平成23年の災害前に会津川口~只見間(およそ26Km)が売り上げた乗車券収入は、JRの発表によると年間500万円しかありませんでした。ちなみにこの区間の運行維持には2億8千万円の維持管理経費がかかります。

これが、地域住民と観光消費の消費実態です。

これでは存続が難しいとして、このうち地上施設の管理経費である2億1千万円を、地域負担にするというのが、この話のそもそものふりだしです。

只見線活性化策は、このほかに新たな消費を考えなければなりません。

そこで考えたのが、資産そのものを価値として消費額に転換させるのが、私の考えた提案でした。

只見線沿線は、誰もがすばらしいという風景を持つ地域です。そこにローカル線の列車やSLなどが走ってくる風景が価値となっています。その価値を"一山いくら?"で売るわけにはいかないので、風景の名前や"つながり"を売るのが良いと思ったのです。

ただ、この売り上げの享受者は、上下分離で資産を持つことになる行政(すなわち地域)です。

フレデリック・トランプは、山師に休息する場とナイトライフの場を提供した。

地域存続を見据えた地域活性化策のひとつが提示されたのが今回。次は、民間事業者自身が、風景消費する消費者へ向けた商品を考えなければなりません。

素晴らしい風景ポイントをめぐる自動運転車サービスなのか?

それとも、ドローンみたいなものを遠隔操作して風景を消費するサービスなのか?

フレドリックは、ゴールドラッシュが終息する前に売り抜けした。風景消費が終息してしまうときも来るだろうが、現在のカリフォルニアには隆盛があるのだから、風景消費終息で荒野と化す只見線風景の後のことも考えなければならないかもしれない。

もともと只見線沿線地域が持つ価値は、エネルギーの産地だ。只見線も、その目的のために敷かれたものだ。

電力エネルギーの次なる画期的なエネルギー発明が行われるかはまだわからないけれど、エネルギー流通路として「つながった土地」を活用することもぜひ考えておきたいものだ。

今日はそんなことを想った朝でした。

今日も素敵な一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


【会津野】女性視点のリーダー論

2017年05月25日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

5月8日のエントリー 【会津野】「大学1年生の歩き方」なる本を読んでみました に書いた、「大学1年生の歩き方」(トミヤマユキコ、清田隆之共著)の巻末に、筆者たちの勧める大学生向けの書籍を紹介している欄がありました。

その中から、女性の書いたリーダー論を2冊読んでみました。

「LEAN IN」(シェリル・サンドバーグ著)と「リーダー論」(高橋みなみ著)です。

「LEAN IN」の著者シェリル・サンドバーグさんはフェイスブック社のCOO(最高執行責任者)の肩書を持つ、アメリカの才女。米財務省主席補佐官、グーグルでの勤務経験をも持つ著者が、「女」であるが故に、男性優先バイアスがかかる社会をいかに生き抜き、女性としてどういう行動をしていけば良いかの提案をしている内容になっています。

男性読者としての視点でも、「こうすれば、男性も女性も素晴らしい仕事や暮らしができる!」という内容にあふれています。

記憶に残る言葉はコレ。

「動揺してもいい。取り乱してもいい。そして気持ちを切り替える。私にできるのはそれだけだ。」

想像だにしなかった壁にぶち当たることや、感情があふれることがあっても、それを押し殺す必要はない。ただ、感情に流されずに、気持ちを冷静に切り替え、行動していく。その行動が大切だというもの。

男でも女でも、こういう場面は多々あります。涙を流すと、「なさけない奴!」とみられることは確かにある。涙を流さず感情を内面に押し殺すことができても、そこで思考停止してしまってはダメだ。

途中までは、ジェンダー論的な本だと思って読みましたが、実際のところは、ジェンダー論よりも、リーダー論という感じのする本でした。

もう一つの「リーダー論」(高橋みなみ著)は、アイドルグループAKB48の総監督というポジションを務めた経験を中心に、女性社会の中でグループを率いることを実践した内容でまとめられています。

高橋みなみさんが強く言いたいのは、次のことだと感じました。

努力しても報われない不条理な場面というのはよくある。しかし、努力なくして報われることはありえないということ。

では、どんな風に努力するか。それがこの本に書いてある。

アイドルグループのリーダーは、若年であるがゆえに豊富な社会経験というものを持ち合わせるものではないだろう。リーダーと言っても、社会全体からみれば、まだまだ若輩者だ。ただ、関係性を持つ者を良く知り、メンバーそれぞれの長所を引き出し、それをまとめあげることは、年齢や社会経験に関係なく必要なことだ。

アイドルグループのリーダー論は、フツウの社会の人々には疎遠なイメージをもってしまうことが多いですが、ここになるテクニックは、どんな人々にも大きく役に立つことばかり。

タレント本の類とは異なるすばらしい本でした。

今日も素敵な一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


【会津野】あたらしい憲法のはなし

2017年05月20日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

題名は難しいけれど、とても簡単に書いてあるものを読みました。

「あたらしい憲法のはなし」(童話屋編集部編)です。

1946(昭和21)年11月3日公布、1947(昭和22)年5月3日施行の日本国憲法について、当時の文部省が中学1年生の社会の教科書に記した「日本国憲法」を復刊した内容のものとなっています。

憲法の条文などの難しい語句を全く使わず、憲法の大きな柱である、国の仕事のやり方と基本的人権について、とてもやさしい言葉で述べられています。

私の父は1935(昭和10)年生まれ。この教科書が書かれた1947年の翌年に中学1年生となりました。日本国憲法をこの教科書で勉強したはじめての世代です。

ただ、わずか5年後の1952年3月には教科書から姿を消してしまいました。

読んでみると、「民主主義とはなにか?」、「国際平和主義とはなにか?」、「主権在民主義とはなにか?」というように、憲法に記してある事柄の背景を、とてもわかりやすく教えてくれるものになっています。

私も、中学時代に公民を勉強しましたが、ここまでわかりやすく憲法のことを書いた教科書であった記憶はありません。

戦後の直後は、子供たちにあたらしい国のかたちを教える気運があったのでしょうが、あまりにわかりやすい教科書では、為政者のウソがばれてしまうことを恐れたのかも知れません。そんな穿ったことを考えてしまうほど、わかりやすい内容です。

憲法改正についてのニュースが連日のように報道されるいま、現行憲法の基本的な事柄を再認識しておくことは、とても重要だと感じます。

いったいどの部分を改正する必要があるのか?や、どの部分は改正してはならないのか?を、それぞれの方々が感じる社会変化に応じ、考える必要があるからです。

今年3月12日のエントリー【会津野】直接選挙を実施しない団体が制定する条例というものがあったでは、地方自治に関して疑問を感じたことを書きました。今回、この本を読み、議会と主権在民の関係を、あらためて考えさせられました。

宿の本棚に置いておきます。小1時間あれば読める分量ですので、ぜひ皆さんにもお読みいただきたい書籍です。

今日も素敵な一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


【会津野】自然・不自然

2017年05月16日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

前々から読みたいと思っていた「サピエンス全史」(ユヴァル・ノア・ハラリ著)を、やっと図書館で借りることができました。

上巻だけ借りることができたので、まだ途中なのですが、「自然」についての興味深い説明がありました。

以前、このブログで自然について書いたものがあります。2016年12月30日のエントリー【会津野】日本人にとっての自由です。そこでは、布施松翁(1725-1784)による、自然とは全部「からくり」であるという機械論的宇宙論をご紹介しました。

さて、サピエンス全史では、「男女間の格差」という論のなかにこういう記述があります。

★ ★ ★

実際には、「自然な」と「不自然な」という私たちの概念は、生物学からではなくキリスト教神学に由来する。「自然な」という言葉の神学的意味は、「自然を創造した神の意図に一致した」ということだ。キリスト教の神学者は、手足や器官のそれぞれが特定の目的を果たすことを意図して、神が人間の身体を造ったと主張する。もし私たちが、手足や器官を神が思い描いていた目的のために使えば、それは自然な活動だ。神の意図とは違う形で使えば、それは不自然だ。

★ ★ ★

日本の機械的宇宙論では、存在するものはからくりで、その存在そのものが自然なんだという。

キリスト教では、神の意図に沿うものが自然なんだという。

逆説的に「不自然」を考えると、機械的宇宙論ではすでに存在していないものを造り上げるとそれは不自然で、キリスト教では神の意向に合わないものが不自然となる。

いつだかのSNSのやりとりで、「自然」という言葉は「nature」を日本語訳したもので、明治期にはじめて日本へ入ってきていたという説を聴いたことがあります。

現在の日本人は、自然と言えば「もともと存在しているもの」という感覚が強いと私は思いますが、今使っている「自然」という言葉が外国から輸入されたものならば、輸入された「神の意図に沿うもの」という言葉を機械的宇宙論に置き換えてしまったことになる。

今年から、我が宿の真ん前の田んぼで直播(直蒔き)による米作りが行われています。

この風景を見るお客様は、口々に「自然がきれいですね」とおっしゃる。

水田に種を蒔くことは、自然なように感じるけれど、いままで、苗を育て田植えすることを自然に感じていたので、直播は不自然に感じる。

神は、穀物栽培についての自然とは、どのような意図があったのだろうか。

自然に生息した植物を採集して食すことに留めておいた方が良かったのか、それとも、農耕社会で食料を育てることが意図に合う自然なのか。

この本では、農耕社会の勝者はヒトではなく、小麦であったとの考察も出てくる。それは、狩猟採集民が食料捕獲に費やしていた時間より、農耕民族が食料生産の労働に費やした時間の方が長く、幸福感は狩猟採集民の方が高かったとの指摘と、小麦の遺伝子複製が大成功したとのことによる。

だとすれば、神は、ヒトに多くの労働を求めることと、幸福な人生を過ごすことと、どちらの世界を創造したのだろうか。

神の救済にあずかる者と滅びに至る者が予め決められているとする、カルヴァンの予定説のようなこともあるのだろうか。

ものすごく思考にふける本を読み始めてしまった。

「ちょっと不自然なんだよな~」、良く使う言葉だけど、これはなかなか難しい言葉なんですね。

今日も素敵な一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


【会津野】パンのイノベーション

2017年05月14日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

昨日は、「あいづパンまつり」に参加してまいりました。

東京世田谷で大人気の「パンまつり」を、会津でも実施できたらと、ずっとその気持ちをあたためていました。

このたび、「道の駅あいづ」さんの企画により、やっと会津の地で1歩を歩みだすことができたことは、とても素晴らしいことです。

昨日集まった店舗は、会津のパン屋さんばかり6店舗。

私ども(あいづのパン工房)の他に、

會ベーグル(会津若松市)

ホームシェフ コンプリート(会津坂下町)

お米工房 COME(カム)(会津坂下町)

あかべこ(柳津町)

食工房(喜多方市)

のみなさまとご一緒させていただきました。

以前読んだ本に、「田舎のパン屋がみつけた『腐る経済』」(渡邉格著)というものがあります。いつの間にか文庫化されているようですので、広く読まれる本になったのでしょう。

ここでは、土地土地に住みつくカビを使ってパンを焼き、ヒトが微生物を有効に活用することで、菌を腐敗ではなく発酵に活用した実践のことが書かれています。

今回の「パンまつり」を通じ、「会津に住みつく菌」+「パン屋の発酵技術」を考えていく良い機会になれば素晴らしいなと感じました。

と言いますのも、今朝こんな記事を新聞で読み、インスピレーションを感じたからです。

記事とは、船大工が作った「木の自転車」のもの。

自転車と言えば、軽量化のためにアルミやクロームモリブデンなどの金属素材を使うのが一般的です。そこに木を使う。いままでの発想にはなかったことだと思います。

船大工の技術者は、水を一滴も通さない船を木で作ることができる技術者だから、自転車を作ることも当然できる。しかし、素材としての金属を、山から鉱石を掘ってきて精製し自転車の部品とするようなことは聴いたことがない。

この自転車は、適しているのが南米の木とのことなので、南米の木を使用していますが、技術は古くからの日本の技術を活用している。

パンについては、小麦などの原材料はもちろんのこと、その技術もその地域ならではの発酵技術があります。発酵に使う菌も、地場産のものを用いたら素晴らしいだろうなと思ったのです。

もう一つ、金曜日(5月12日)のsession22(TBSラジオの番組)で黄砂の特集をしていました。その中で、黄砂から納豆菌を取り出し、納豆を製造販売している企業が金沢市にあるとの話題がありました。

自然現象で飛来する「菌」を使い、これぞ日本食と言える納豆を作ってしまう!その名は「そらなっとう」。

そらなっとうのwebサイトをみると、大豆は石川県産のエンレイ大豆を用い、タレには大野醤油を使っているとある。

大野醤油って?と調べてみると、「発酵食文化の聖地『金沢大野』」という土地があることがわかりました。醤油やミソなどの発酵食品を作る店が集積しているところで、江戸時代からの醤油全国五大生産地のひとつでありました。

この納豆は、上空3000mから菌を取り出すという、想像もしなかった方法で地場産品とのイノベーションを起こしています。

よし!パンまつりをきっかけに会津産パンのイノベーションだ!

と、ひとり張り切る自分がいます。

今日も素敵な一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。