goo

2021.10.17 『400m峰』(夕張)  めまぐるしい天候の中紅葉を楽しむ

 夕張は紅葉が美しいところ。

それで日曜日も夕張に出かけることにした。

全道的に天気が悪く、

遠出しても意味がない。

 日曜の朝Hiromを迎えに行き、

道々3号線を走って夕張に向かった。

そて夕張市街地に入る直前の、

「夕張トンネル」手前空き地に駐車した。

ここに駐車すると、

広い道々を渡った向かい側に、

「千代田林道」の入口がある。

 「千代田林道」を初めて歩いたのが、

昨年の晩秋だった。

そのときに紅葉の名残を目にし、

盛期にこの林道を歩いてみたいと思った。

また、先月この林道に入り、

「千代田」(四等三角点)と、

『400m峰』を結んでみた。

従って林道の状況は把握していた。

 8時55分、みぞれが降る中、

「千代田林道」ゲートをスタート。

ここで心配をしていたことがある。

それはハンターの存在。

日曜日だからエゾシカ猟のハンターが、

林道内に入っているだろうと。

しかし林道にはこの朝入ったような、

新しいタイヤ痕がなかったのでホッとした。

みぞれがうっとうしい上、

ガスもかかっており、

せっかくの紅葉風景に水を差す。

みぞれは歩いているうちに、

雨に変わるが止みそうにない。

辺りの紅葉が期待通りだというのに、

どうにも落ち着かない。

雨用のカメラを用意しているが、

それでも雨に濡らしたくはない。

 歩き出して30分ほどで、

林道は「千代田林道」から、

「千代田2号林道」に入り、

更に「清水の沢」林道に入った。

するとガスが濃くなり、

素晴らしい紅葉が台無しだ。

ところがそう思ったのもつかの間、

急に空の雲が割れて、

太陽光が降り注いできた。

そうなると紅葉も生き返ったように輝く。

 「清水の沢林道」は、

「千代田」と『400m峰』を結ぶ尾根に沿って、

忠実に付けられている。

また、この尾根上には地形図に、

破線林道が続いているのだが、

廃道になってかなり時が経過したようだ。

忠実に尾根に沿って伸びていた林道は、

やがて尾根を離れて下降し出す。

その左手に伐採地の風景が広がる。

伐採地の最下部を反時計回りで、

大きく弧を描くように続いた尾根は、

更に伐採地の先へと伸びていくが、

ここで林道を外れて伐採地に入った。

そして急斜約面を登って行く。

先ほど青空はとっくに黒雲に覆われ、

このときあられが降り出した。

みぞれ → 雨 → 晴れ → あられ!

まあ落ち着かない空だ。

 急斜面の伐採地を登り、

10時45分、『400m峰』

あられ模様の空なので、

遠くの景色は見えないが、

すぐ下の紅葉が美しい。

腹は減らず天候も悪いので、

すぐ下山を開始した

下山は伐採地を下らず、

藪漕ぎで尾根上を進み、

伐採地の下部で大きく弧を描いた林道を、

ショートカットした。

そしてまたてくてく林道歩きだが、

天候は一向に良くならない。

それどころか、

またみぞれ模様に変わった。

それでもそれなりの紅葉を楽しみ、

12時40分、駐車地。

結局往復約10km歩いたこの日の天候は、

みぞれ → 雨 → 晴れ → あられ → 晴れ → 雨 → みぞれ、

というひどくめまぐるしいものだった。

たった3時間45分の間に、

これだけの変化があったのだ。

まあま、落ち着かないわぁ・・・

冬が来る直前は、

毎年こんな天候の繰り返しではあるのだが・・・

 一旦帰宅してかたずけ、

写真整理などして夕方、

前日に続きこの日もHiromiと反省会!

期待した晴天は望めなかったが、

まあいい週末だったなあ。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021.10.16 『鬼首山』(641m)  秋は黄金色の世界

 土曜の朝山に行くため外に出ると、

空から「クォーッ、クォーッ」と、

鳥の鳴き声が聞こえる。

上空を見上げと、

それは白鳥の編隊だった。

北からやって来て、

南へと向かって行く。

今年ももうそんな季節になったんだ、

と実感した次第だ。

つい先ごろまで暑くてたまらなかった北海道だが、

もう雪虫が飛び回り、

いつ雪が降ってもおかしくない状態だ。

 この日は紅葉が美しい、

『鬼首山』に登ることにした。

夕張市は市内全域で、

大変美しい紅葉が見られる。

それを観光資源にできないものか?

バスに客を乗せて、

市内のあちこちを走り回るだけで、

素晴らしい紅葉を楽しむことができる。

 土曜の朝Hiromiを迎えに行き、

夕張市沼ノ沢へと向かった。

そして「夕張川沼ノ沢取水堰」で、

夕張川を渡った。

するとそこは既に人の住む人家がなくなった田園地帯だ。

田園地帯の西側に『鬼首山』が鎮座する。

 田園地帯の片隅に駐車し、

8時55分、徒歩でスタートした。

『鬼首山』に登るのは何度目だろう?

つい先日も今回とは逆の、

西尾根を登ってピークに立っている。

歩き出してすぐ、

田園地帯の中の一本道を、

まっすぐ『鬼首山』に向かって歩くことになる。

そこから見る『鬼首山』は、

手が届きそうなくらい近く見える。

ところがその懐に入ってしまうと、

思いの外奥行きがあって戸惑うことになる。

 今回はHiromiのルートファインディング訓練とし、

要点だけを伝えて、

極力口を出さず着いていくことにした。

この山は意外に地形が複雑で、

ルートの選定が難しい。

ただ、前半の藪はほとんどないので、

どこでも歩ける状態だ。

Hiromiがブツブツ独り言を口にしながら、

ピンテを付けて登って行く。

黙って見ていると、

自らが進むべき方向性より、

シカ道につられて登って行く。

それはまずいだろう、

というところで、

私が追随をやめてルートを変えると、

またブツブツ言いながら寄ってくる。

そんなことを何度となく繰り返し、

高度を上げていくと、

400m辺りから笹が出てきて、

450からはかなり濃くなり、

Hiromiの姿が見えなくなってしまった。

それでは方向もなにもわからないだろうと、

私が笹をかき分けて先導することに。

そして550で急登となり、

これをよじ登ると、

『鬼首山』に続く稜線上だ。

ここからピークまでの雰囲気がいい。

細尾根上は東と西の風景が同時に見られる。

またこの稜線上は、

積雪期だとエゾシカのフンがびっしりと、

敷き詰められたように落ちている。

 楽しい稜線歩きを経て、

10時45分、『鬼首山』(二等三角点:紅葉山)

先日西尾根からここに上がったことが懐かしい。

冷たい風が吹いていたので、

簡単な昼食を済ませて下山開始。

深い笹薮以外はHiromiが前に立ち、

自らが付けたピンテを回収していく。

これがまた簡単なようで、

実際にはそうでもなく、

何度となく方向を失って、

ピンテが目に入らない。

本人も「こりゃわからんわ~」

今回はGPSを使用せず、

目で見て方向を決めることとした。

まあなんとかかんとか、

ピンテを回収して、

12時40分、駐車地。

紅葉目的で登ったこの日だったが、

黄色は美しいけれど、

赤い色がもっと欲しかったなあ。

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021.10.15 『右股奥』(435m)  原風景の中の最後の一座へ

 今日もマイナーな三角点へ。

それに点名がつまらない。

「右股」だとか「左股」だとか、

あるいは「二股」だとかって、

どこにでもあってまるで個性がない。

ところが今回の「右股奥」は、

私にとって大変重要な存在だ。

何故ならそれは、

私の原風景の中で、

最後に残された未踏の三角点ピークだからだ。

私が幼少期を過ごした栗山町南学田と、

湯地で眺め続けていた東側の山々は、

北の「本鳥遠別」(二等・443m)から、

南の「南高山」(四等・242m)に及ぶ。

その中には20座の三角点ピークがあった。

それらを60歳を過ぎて、

一つ一つ登り歩いてきた。

そして今日最後の一座に立つことができた。

また、「右股奥」と言うからには「右股」があるわけで、

それはこのピークの北3kmほどのところにあり、

昨秋登っている。

 昨日の夜になって降り出した雨が今朝になっても止まず、

またダラダラといつまでも降り続けるのだろうか?

と、いや~な気持ちになったが、

家を出る8時頃になってやっと上がってくれた。

 道々3号線を栗山町から夕張市に向かって走り、

栗山町富野地区で農道に入った。

そしてすぐに「富野川」を渡る。

狭いが舗装された農道が「一線の沢川」に沿って伸びて行く。

やがて舗装が砂利道に変わり、

道々から2km入った地点で施錠された林道ゲートが現れた。

ゲートのすぐ手前に駐車地があった。

 9時25分、ゲートを越えて「一線の沢林道」に入った。

路面は砂利が敷かれてしっかりている。

砂利がコツコツ当たるためスパイク長靴では少々歩きにくい。

辺りは紅葉が進んで美しい。

歩き始めて1kmほど行くと突然「立ち入り禁止」の立札だ。

その理由は積み上げられた木材を目にしてすぐに理解できた。

しかしそこで戻る気にもなれず現場に入っていって、

一人でいた年配の重機オペレーターに、

このまま進んでいってはまずいか? と、声をかけた。

すると「伐採作業は山側でやってるから林道は歩けるよ」とのこと。

ホッとして礼を言い先に進んだ。

すると木材を山積みしたキャタピラー式の運搬車がやってきた。

すぐに道路脇に避けて邪魔にならないようにする。

路面はそのキャタピラーの跡でガタガタだ。

おまけに泥が柔らかいので歩きにくいったらありゃしない。

苦労してえっちらおっちら歩いていると、

キャタピラーの運搬車が戻ってきた。

伐採地で積んだ木材を先ほどの集積場まで運んでいるのだ。

一日に何往復するのか?

 伐採地を左手に眺めて先を行くと、

どうやらその先は廃道状態だ。

少し行ったところには倒木も放置されていた。

 ゲートから2.5kmほど歩いた地点に、

「一線の沢林道5線作業道」が現れた。

ちょうどこの地点で尾根に取り付く予定だった。

10時20分、水量が極端に少なくなった「一線の沢川」を渡り、

尾根の末端に取り付いた。

取り付きは急だったがすぐに傾斜が落ちた。

そして広い伐採地に出た。

これを登って正面の顕著な尾根へ。

急登を過ぎると雰囲気の良い尾根が続いていく。

この辺りからの藪を心配していたのだがその薮がない!

足元はすっきりしていて歩きやすい。

この植生よどこまでも!

と、願わずにはいられない。

だが、それが裏切られることはなかった。

尾根筋は一貫して歩きやすく、

それゆえひじょうに楽しい歩行となった。

尾根は多少のアップダウンを繰り返し、

徐々に高度を上げて行く。

そして最後は薄い笹原となり、

11時30分、三等三角点「右股奥」

標石周りはすっきりしていた。

標石が地面までめり込んでいるので、

笹が濃かったなら見つけられなかったかもしれない。

いつも通りカップ麺に湯を注ぐと、

東側の谷からヒグマの大あくびが聞こえてきた。

そのヒグマはおしゃべりなのか、

その後何度となく様々な声を発して谷間に響かせていた。

エゾシカのご馳走でも獲得して喜んでいるのだろうか?

 下山は同ルートを下って「一線の沢林道」に下りた。

実は帰路で伐採地に寄るのを楽しみにしていた。

私は伐採地の風景が大好きで、

しかも今回はそこで実際に伐採作業が行われている。

それを少しでいいから目にしてみたいと思った。

作業員に気付かれないよう、

樹林の中から伐採現場を覗いてみた。

すると3台の大型重機がアームの先にそれぞれ、

用途の違うアタッチメントをつけて作業をしていた。

1台は先がチェーンソーになっていて、

トドマツの大木をバキバキ倒しており、

1台は切り倒された大木の枝を払って、

長さを揃えて切断している。

また1台は均等に切断された丸太を、

数本ワシヅカミにして運搬車に積み上げていた。

素晴らしい連携プレー!

それにしても機械のパワーの凄まじいこと!

今度生まれ変われるとしたら職業は林業だな!

ああして現場で働きたい。

そうすればいつも伐採地の中にいられる。

今日は本当にいいものを見ることができた。

 伐採地を離れて林道を歩いていると、

例の木材を山積みした運搬車がやってきた。

その運搬車も運転してみたいものだ。

伐採作業の見学は子供にかえったように楽しかった。

 楽しかった光景を思い浮かべながら林道を楽しく歩き、

13時25分、林道ゲート。

いやあ楽しかったなあ!

そして私の原風景の中の三角点ピーク全てに立てたことに感謝!

今後何度となく繰り返し登ることになる三角点ピーク群だ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021.10.14 『八木ノ沢』(208m)  素晴らしき「当望林道」!

 今週も火、水曜二日間の出勤だった。

このところは週に二日間の出勤ペースとなっているが、

もうそろそろ週三日の出勤となりそうだ。

また、今週末は雨の予報だが、

今日はとびきりの晴天だった。

 「当望林道」とは当別町と、

石狩市望来を結ぶ林道だ。

「望来」と言っても普通読めないよね?

これは「もうらい」と読みます。

今夏はこの「望来林道」に、

二度足を踏み入れている。

ただ林道を入っていくらも進まないうちに、

支線林道に入ったので、

いつか良い雰囲気が伝わる、

この林道を奥まで歩いてみたかった。

それで今回は「望来ダム」に近い、

「八木ノ沢」まで歩いてみることにした。

歩行距離は片道7kmといったところか。

 今朝家を出て当別町から、

道々11号線を走り「ふくろう湖」に向かった。

そして「ふくろう湖」を横断する、

「望郷橋」のすぐ手前で、

左の林道に入った。

これを1kmほど走ると、

左手に「当望林道」のゲートが現れる。

そばには広い駐車スペースがある。

 8時25分、ゲートを越えて林道に入った。

気温は10度を少し超えた程度だが、

歩くにはちょうど良い気温だ。

辺りの草木は紅葉が進んできている。

しかしまだ色付きが浅く、

このまま終わってしまうのでは・・・

 林道は二箇所の分岐を過ぎて、

「川崎」(四等三角点)の下を通り、

送電線をくぐって徐々に高度を上げて行く。

辺りの紅葉はいくらかでも高度が上がると、

色が鮮明になっていく。

そんな風景を楽しみながら歩くのは楽しい。

また、この林道はそれ自体が美しく、

ただ歩くだけでも楽しく感じる。

 ほぼ西向きに進んでいた林道が、

Co.220で新たな分岐に出合い、

直角に方向を南に変えた。

これは南北に連なる長い尾根筋に沿うもので、

その先には「東望来山」(三等・269m)がある。

林道はしばらく尾根筋に沿って南下する。

そしてこの辺りの眺めが素晴らしい!

北から東にかけては樺戸山地が、

西から北にかけては、

日本海と浜益の山々が晴天の下、

すっきりと見渡せる。

また、間近の日本海沿岸には、

風力発電の風車が見えている。

東と西を見渡せる新鮮な風景だ。

そんな風景を楽しみながら歩いて、

地形図上の「252m標高点」を通過する。

この標高点が今日の最高標高で、

この後は望来方面へと高度を下げていく。

その途中で樹木の切れ間から、

南の間近に航空自衛隊基地がある、

『阿蘇岩山』が姿を見せた。

その近い距離に一瞬驚いた次第だ。

 南北に走る尾根筋から西に向かって、

約3kmほどゆっくり下降しながら歩き、

10時30分、「八木ノ沢」ピークの基部に達した。

そして藪突入!

ピークまでの距離は短いのだが、

これはなかなか濃い藪の上、

山ぶどうのツルが這い回り、

なかなか前に進めない。

それでも清々しい青空の下、

上々の気分でツルを切りながら登り、

11時ちょうど、四等三角点「八木ノ沢」

人が訪れた痕跡はない。

こんなローカルでマイナー、

しかも四等なんて三角点には誰も来ないわなあ。

 ピークからは最短距離で林道に下った。

そしてまた紅葉を楽しみながら林道を戻って行く。

往路で美しかった風景が、

復路では午後の陽光を浴びて、

また違った美しさを見せてくれた。

往路では気付かなかったが、

途中の木の間越しに、

馴染みの「ふくろう山」(点名:十万坪)や、

「中小屋2」(三等三角点)が見えていた。

見る位置が変わると新鮮な風景だ。

また、これも馴染みの、

『神居尻山』から『ピンネシリ山』~『隈根尻山』~『三角山』、

にかけての山並みがくっきりと浮かび上がる。

まあ、全てが感動の中にあるのは、

天気がいいからなんだよねえ。

山は晴れりゃあ100倍楽しい!

 楽しく歩いて、

13時35分、駐車地。

「当望林道」は素晴らしい林道だった。

今後何度も足が向くことになるだろう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021.10.11 『湯ノ沢』(264m)  雨の中で未知の林道歩き

 日曜の夕方から降り出した雨は、

月曜の朝になっても降り続いていた。

このところ仕事に追われ、

時間的余裕が全くないHiromiが、

まともに用事も足せないでいたので、

この日は別行動として一人で出かけた。

 天気予報では午前9時までに、

雨が上がることになっていた。

それでゆっくり家を出て、

当別町青山から道々11号線を厚田方面に走り、

境界線を越えて石狩市厚田に入ったあたりで、

左手の「古澤越林道」入口に到着。

この時点で10時を過ぎているのに、

雨は降り止まぬどころか、

その気配さえ全くない状態で降り続いていた。

仕方がないので意を決して外に出て、

速やかに雨具を着用。

 10時25分、林道ゲートの前をスタート。

先日デジカメを雨で濡らし、

新しいものを購入したので、

その後乾燥して復活した旧デジカメを、

雨降り用として使用。

それでも極力濡らさないように、

と必死に雨を避ける小市民。

林道はしっかりしていて、

ある程度車が出入りしているようだ。

それにしても降りやまぬ雨はうっとうしい。

ただ、歩く道筋で紅葉が見られるのは楽しい。

木々の葉の色付きはいまだ浅いが、

林道脇の雑草も色付いてきれいだ。

 歩き出して1kmほどで、

雨が小降りとなって一旦止みかけた。

しかし長くはもたずにまた雨足が強くなる。

ただ、ゲートから2kmちょっと歩いた、

林道分岐点に達すると、

急に雨が止んで日が差してきた。

はっきりしない天気だ。

と、その分岐点で予想もしない光景が、

目に飛び込んできた。

伐採された木材の集積場だ。

同寸法にカットされたれた木材が、

何ブロックにも分けられて、

山のように積み上げられている。

実に見事な光景だ。

そしてそこに作業員が一人もいないのは、

雨模様だからだろうか?

いや、木材の集積状況を見ると、

既に伐採作業を終え、

それに関わった重機や機材等は、

山を下りたものと思われる。

あとは積み上げられた木材が、

運び出されるのを待つだけだと感じた。

私は伐採地の広々とした風景が大好きだが、

この木材の集積風景も好きだ。

そしてこの日別行動としたHiromiは、

木材の切断面から発せられる、

自然豊かな木の香りを好む。

これだけの木材が切り出されたのであれば、

近くに伐採地が広がったはずだ。

その風景を眺めてみたいが、

この日は「湯ノ沢」まで行って帰ることにした。

 木材の集積場を過ぎると、

路面には砂利が敷かれておらず、

粘性を帯びた粘土が長靴のソールに、

ダンゴのようにつく。

ひじょうに歩きにくい1kmほどを終え、  

                                  

藪に入ってピークを目指した。

とは言ってもこのピークは、

林道のすぐ上にある。

わずかな藪漕ぎと急登を経て、

11時50分、二等三角点「湯ノ沢」

樹木が多くて展望はないが、

西側を覆う紅葉した山ぶどうの葉がきれいだ。

この後林道に戻り、

伐採地が見たくて先に進んでみたが、

簡単には行けそうもないので、

Uターンして復路についた。

もう雨が降る気配はなく、

また紅葉を楽しみながら淡々と歩き、3時15分、ゲート。

 

歩き始めの雨はうっとうしかったが、

初めて歩く林道は興味深く、

また楽しい思いができた。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前ページ