goo

2020.7.5 『真谷地炭山』(463m)  旧産炭地のピークへ!

 日曜の朝、夕張の真谷地で目覚めると、

外は素晴らしい晴天だった。

この日は短い行程の「真谷地炭山」と決めていたが、

夜露に濡れた笹薮を漕がなければならず、

当然上下雨具が必要となるので、

我々としては早めの7時前にスタートした。

 「真谷地炭山」には今年の4月一人で登っている。(そのときの記録)

今回はHiromiが登っていなかったので、

Toshiの故郷の山ということもあり、

一緒に登ってみることにした。

但し前回とはルートを変えて、

作業道からほぼ直登とした。

 真谷地の奥にはもう人が訪れることはほとんどなく、

静まり返った舗装道路脇の駐車帯に車を置いてスタート。

すぐ作業道「真谷地炭山線」のゲートが現れる。

ゲート内に入り少し行くと、

「真谷地炭山1号線」の分岐となるので、

この1号線に入った。

前回はこの分岐をそのまま直進して、

別ルートで登っている。

作業道を歩いていると一枚の標識が目に入った。

森林管理署による人工林の案内標識だが、

それには「昭和29年10月」と書かれていた。

昭和29年と言えば私が生まれた年。

もう66年も前にここでは、

造林事業がなされていたのだ。

炭都としての灯火が消え、

住人がほんの数名だけになってしまったこの地で、

かつては採炭作業だけではなく、

造林事業も行われていたことを思うと、

感慨深いものがあり、

しばしそこにたたずんでその案内標識に見入ってしまった。

 作業道は西に伸びている。

Co.310で尾根に取り付き、笹薮に突入した。

最初は背丈が高い笹が密生して、

なかなか前に進めない。

しかし100mほどでそれを過ぎると、

笹薮は高さも密度も低下して歩きやすくなった。

夜露に濡れた笹が雨具の下半身をずぶ濡れにする。

ただ、水分が付着する分、

身体を冷やしてくれるので助かる。

藪が濃い時は終始私が前を歩く。

そして藪が薄いかなくなると、

Hiromiが遠慮することなく前に出る。

広い尾根をほぼ直登して行くと、

最後は急登となり、

突然ピークに飛び出す。

そこで前を行くHiromiが三角点標石を見つけ、

「あった!!」と叫ぶ。

周囲が樹木に囲まれていなければ、

なかなか感動的な風景が広がると思われる。

スタートしてちょうど1時間で、

三等三角点「真谷地炭山」

下山も同ルートをたどったが、

その途中で木の間越しに南の風景が見えた。

5月31日に歩いた露頭炭の採掘跡だ

まるで緑の公園のように美しい風景だ。

思えば4月この山に登ったとき、

その風景を目にし、そこを歩きたいと思ったものだ。

 約2時間ほどの山歩きを楽しんで駐車地へ。

この時期雨具を着用しての山歩きは、

時間的にこの程度で十分だ。

これ以上は暑くてかなわない。

日曜日というのは帰宅してからの洗濯や、

あと片付けがあるので、

時間に余裕ができるとありがたい。

この日もそんな時間ができてよかった。

そして夕方は余裕をもって「サイゼリヤ」へ!

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

2020.7.4 『697m峰』(点名:新入峠)  立派な林道歩きから藪へ  

 この週末はまず、

占冠の三角点を目指すべく金曜の夕方Hiromi を拾って、

占冠村(しむかっぷむら)に向かった。

目的地の近くで車中泊し、

土曜の朝はゆっくり起きだして、

道々610号線の赤岩トンネル入口に移動した。

トンネルの南側入口に駐車し、

7時55分、林道ゲートを越えてスタート。

林道はゲートから入ると既に、

雑草に覆われて廃道と化していた。

朝露に濡れた草だらけの林道歩きは、

決して気持ちのよいものではない。

間もなくワークマンで買った、

安くて薄いが丈夫なロングスパッツを装着した。

雑草はその多くがシダ類その他の、

柔らかいものなので、

笹がはびこるよりはましだった。

歩き出して1kmほどで林道分岐に至るが、 

驚いたことに他方から合流した林道が、

どういうわけか簡易舗装されていた。

これには驚かされたものだが、

逆に気持ちの悪い草漕ぎに、

ここで終止符が打たれたことにホッとした。

改めて地形図を見てみると、

簡易舗装された道路は、

赤岩トンネルの我々とは逆側から、

川に沿って伸びているものだった。

その後は快適な簡易舗装の林道を歩くことになった。

林道は徐々に高度を上げていく。

また、そこを車が通ることはない。

明るく快適な林道を歩き、

標高640mで林道上のピークに達した。

するとそこに重機が現れた。

どうやら森林の伐採が始まったようだ。

但しこの日は作業が行われていなかった。

林業業界も人手不足と聞く。

それで今は週休二日制に、

改められたのかもしれない。

そんな伐採現場を目にしたあとは、

一旦下降して同高度差を登り返した。

その地点で進行方向左手の奥に、

目指す三角点が存在する。

ただちに笹藪に突入!

笹はそこそこ濃いが、

一旦開けて古い作業道に出た。

それをまたぐように越えて、

笹藪に再突入!

ここから目指す三角点までは、

わずかな距離なのだが、 

笹の密度と高さが急激に増した。

頑強で濃い笹は思うように進ませてはくれない。

足元も当然確認なぞ出来ないため、

スマホの地形図による三角点探索が頼りだ。

そしてようやく見つけた。

後方で姿の見えないHiromi に、

大声で知らせる、

「あったぞーっ!」

10時ちょうど、三等三角点、「新入峠」(ににうとうげ)

タチバサミで濃密な笹を丁寧にカットした。

そして記念撮影をして下山開始。

笹の海を泳ぐように脱して、

再び林道に戻ってダニチェック!

しかしダニは着いていても一匹だった。

今年はダニが少ないようだ。

 下山は登路の林道をそのまま下った。

登路でヒグマの糞をけっこう目にしたので、

それを数えながら歩いてみた。

すると全部で9箇所に落ちていた。

ヒグマの影がけっこう濃いところだ。

11時45分、駐車地。

笹が濃くて三角点標石の発見が難しかったのだが、

それを発見できたことに満足し、

途中昼寝の時間をとり、

夕張市真谷地へと車を走らせた。

そして かんぱーいっ!!」

その夜真谷地の空には異常に明るい月が輝いていた。

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

2020.7.3 『305m峰』(点名:月形)  暑い林道ハイキング

 今週は火~水曜日と二日間だけ出勤し、

また今日から5連休だ。

観光地相手の菓子製造工場だから、

いまだに注文がわずかばかりで、

出勤してもすぐに仕事が片付いてしまう。

しかし、時間は決して無駄にいたしませんので・・・

 5連休初日の昨日は終日雨予報だったので、

久しぶりに女房と後輩が営む飲食店に出かけて昼食。

その後女房の買い物の足となり、

帰宅してからは昼寝という、完全休養とした。

 

今日はMachikoと休みが合ったので、

近場の月形町へ出かけた。

朝9時に月形町のコンビニで合流。

私が9時前に着くと、Machikoはとっくに着いていた。

Machikoはそういう女性だ。

「そういう女性」ってどういう女性?

と聞き返されても困るが。

月形町新富の林道入口に移動して、

適当に車を止めて準備を整えた。

ここは「モロワ川」上流にある「豊ケ丘貯水池」のすぐそばだ。

北側には『分監山』が鎮座する。

林道にはゲートがないので、

自由に往来できるが、

こちらは歩くのが目的なので、

なるべく林道入口から歩くようにする。

 9時15分、駐車地をスタート。

『分監山』を最初は正面に見据えて進み、

次に右手に見ながら林道を進むことになる。

積雪期に『分監山』に登ったことがある方なら、

まずこの林道から取り付いているはずなので、

その位置はおわかりのことと思う。

林道は間もなく積雪期における『分監山』の取り付き点を過ぎる。

そして『分監山』の南から西の直下を巻くようにして進んで行く。

路面は一部アスファルトの部分があるが、

何故こんな車の通らない林道がアスファルト?

と、首をひねってしまう。

とにかく最近ここを走った車の痕跡がまるでない。

アスファルトの部分があると思えば、

しだいに草付きとなり荒れ始める。

ゆっくり高度を上げて行くと、

Co.230で突然南側の視界が開けた。

と同時に目指すピークを視認することができた。

一貫して何も見えないであろうと思っていたので、

これは思いがけないプレゼントだった。

遠くに見えたピークだったが、

歩くとさほど時間がかからず、

Co.280で笹薮に突入!

しかし笹が濃い!

半袖シャツのままなので笹との格闘が思い切れない。

時期的に暑くて力が入らず、

標石を探すことを諦めた。

10時40分、二等三角点:「月形」そば。

少し戻って早めの昼食とした。

その後草に覆われた古い作業道に入って、

三角点近くまで行ってみたが、

最後はやはり頑強で密集した笹に阻まれてしまった。

秋が深まってから雨具着用で、

再度標石を探し求めてみよう。

 復路に入ると青空が広がり、

直射日光が照りつけて暑い、暑い!

なんだかめっきり暑さに弱くなった気がする。

これも加齢のせいだろう。

暑さにくたびれて、

12時30分、駐車地。

Machikoはパッパと片付けて、

いつものように元気よく帰っていった。

後半暑くてきつかったが、

予想より明るく楽しい林道歩きだった。

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

2020.6.28 『冷水山』(703m)  今年もシャスタ・デージーが見事だ!

 土曜の夜は栗山の端で車中泊。

その夜何気なく後輩のY澤と連絡を取ったところ、

翌日曜日に我々が予定していた、

夕張の『冷水山』が未踏とのこと。

名前の付いた山には全て登ろうとしているY澤が、

我々の予定を知ってすぐに食いついてきた。

連日の雨予報に予定も立たずにいたらしい。

それで日曜の朝、遠路を走ってくることになったのだが、

これがまたいい時に来たもんだあ!

例年この時期はシャスタ・デージー(フランス菊)が、

「マウントレースイスキー場」の斜面いっぱいに咲き乱れる。

従って必ず一度はHiromiとそれを眺めることにしている。

かつてこのスキー場の斜面は、

ルピナスの花で埋め尽くされていた。

それに関してはこのスキー場を管理する、

過去の経営サイドが手を加えたようだ。

ところが経営が他に譲渡されると、

花々は放置されたままで、

色とりどりだったルピナスも、

青紫一色に染まっていった。

交配を重ねて作り出した色とりどりのルピナスは、

人が手を加えないでいると、

最後は青紫一色に戻っていくのだそうだ。

昔花き農家の方に聞いた話しだ。

そんなスキー場の斜面に、

いつの頃からかフランス菊が咲くようになった。

この花も繁殖力がひじょうに強く、

年を重ねるごとに数が増え、

今では遠くから眺めると、

まるで斜面を雪が降ったように白く染めるほどだ。

 朝7時過ぎにY澤がやってきた。

予想より早い到着に驚いた。

早速身支度を整えて「レースイの湯」の駐車場をスタートした。

Y澤と歩くのはこれで3度目だが、

なんだかもっと以前から知っていたような気がする。

HiromiもY澤にはなついていて、

歩きながら話しがはずむ。

そしてシャスタ・デージーが咲き乱れる、

美しい斜面を目にしたY澤が感動する。

シャスタ・デージーの中に、

青紫のルピナスの花が混じっているのがまたいい。

辺りは終始霧雨模様で鬱陶しいはずなのだが、

Y澤の出現でその鬱陶しさも飛んでいった。

また、高度を上げるとガスが濃くなり、

晴れていたならもっと美しいであろうと想像させられる。

美しい花々と楽しい会話を楽しみながら歩き、

Y澤にとっては初めての三角点へ。

頂上には二等三角点があり、点名は「鹿の谷」

ここでY澤がザックからスウィーツを取り出して頬ばる。

とにかく甘いもの大好きで、

昼食はスウィーツオンリーだ。

私とHiromiは空腹感がないので、

何も口にせずY澤を見つめるだけ。

 下山もまた花とおしゃべりを楽しみながら歩く。

そして下山後はY澤が帰路どこかに登って帰ると言って、

早々に立ち去った。

私とHiromiは片付けを済ませて、

途中いつものようにコンビニに寄り、

早めの昼食を済ませる。

夕方の「サイゼリヤ」に備えて、

早い時間に昼食を済ませておくのだ。

 雨に濡れっぱなしの二日間ではあったが、

それなりに楽しめる山行を終えられたことに感謝!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

2020.6.27 『254m峰』(点名:朝日)  廃道の林道と作業道をどうにかつなぐ

 この週末は久しぶりに、

土日の両日とも良くない予報だった。

それでまた近場で楽しむこととし、

土曜の朝Hiromi を迎えに行き、

栗沢町上志文に向かった。

家を出てHiromi を拾っても、

ずうっと霧雨が降りっぱなしで、

全くモチベーションが上がらない。

すぐ目の前の馬追丘陵でさえ、

麓までガスに包まれていた。

そして上志文の林道入口に着くと、

ようやく霧雨が止んで、

空が幾分明るくなりだした。

このうっとうしい天候は、

この週の中から続いていたし、

その先もしばらく続く予報だった。

それを誰も口にしようとはしないが、

これは明らかにエゾ梅雨だ。

北海道には梅雨がないとされているが、

本州が梅雨の時期になると、

北海道も同じように天候がぐずつく。

林道入口で準備をしていると、 

白いランドクルーザープラドが一台やって来た。

中から中年の男性が一人降り立った。

そして快活に声をかけてきた。

その男性は工事が始まる前の地域で、

動物や鳥の生態を観察するのが仕事だという。

つまり工事が始まることによって、

生態系にいかに影響を及ぼすことになるかを調べるため、

その場に長時間静止して、

四つ足の動物や鳥の種類や数を確認するのだそう。

この仕事には資格は必要ないが、

動物や鳥に詳しくなければダメだという。

そんな仕事もあるんだなあ、

と感心させられた。

逆に三角点を求めて山に入る我々に対して、

妙に関心を持ったように見受けられた。

  9時ちょうど、林道入口をスタート。

すぐ樹林帯に入った。

めったに車が入ることはなさそうな林道だが、

下草がきれいに刈られていた。

しかもそれはこの前日行われた作業のようだった。

ただ路面はウェットでドロドロ。

アップダウンのある林道を進んでいくと、

一ヵ所分岐を間違って入ってしまったが、

 

いくらも行かないうちに気付いて、 

戻って修正した。

林道は草刈りがなされていた、 

わずかな部分を過ぎると荒れ出して、

イタドリが被る部分も現れた。 

そして次なる分岐からは更に荒れ、

しまいには完全に廃道となってしまった。

それからは藪こぎだ。

Hiromi は上下雨具着用としたが、

私は暑いので下だけ着用した。

藪は笹とその他の雑草。

笹の密度が濃い部分では、

「これはリタイアかな?」と、

あきらめかけた。

Hiromi もいつものように、

「もうここでいいんじゃない?」と口にする。

しかしそんな難所の先には、

また藪の薄い部分が現れることを期待して進む。

そしてCo.170で進行方向左側に見える、

尾根に上がることにした。

これが正解だった。

尾根筋は笹が薄くて歩きやすい。

おまけにシカ道があって、

まるで登山道のようだった。

いくつかのピークを越えて、

10時40分、四等三角点「朝日」

途中であきらめなくて本当によかった、

と心から思える瞬間だ。

と思っていたら雨が降りだした。

この日の日中は降らないという予報が、

またもやここで覆された。

下山も藪こぎからドロドロ林道を歩き、

途中で小さなダム湖を見て、

12時ちょうど、駐車地。

朝会った自然調査の方が、

それを終えるところだったので、

また少し話しをしたあと、

次なる現場に車を走らせて行った。

我々はまだ時間が早かったものの、

雨に降られて疲れたので、

直近の入浴施設である、

「シャトレーゼゴルフ場」の駐車場で、

ゆっくり昼寝をした。

いやあ、気持ちよかったねえ。

この一週間も忙しく働いてきたHiromi は、

すぐに寝るし、なんぼでも寝るんだわ。

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ