goo

2022.10.2 『行千世奥』(ゆくちせおく・436m)  厚幌ダム奥地へ

 

 先週末はHiromiが土曜出勤だったので、

私も完全休養とし、

また長い時間地理院地図を眺めて過ごした。

するとこれまで「こうだ」、

と決めつけていたルートが、

他方面からアプローチできることに気付く場面が多々あり、

それはそれで貴重な時間となった。

 土曜出勤したHiromiの代休が、

明けて月曜日となっていたので、

今回は日~月曜日で出かけることにした。

 日曜の朝Hiromiを迎えに行き、

厚真町に向かった。

この日は先日下見しておいた、

厚幌ダム奥よりアプローチする、

「行千世奥」(三等三角点)に登ることにした。

「厚幌ダム」から「厚真川林道」に入り、

湖岸を走って行くと、

ゲートが現れる。

先日はこのゲートが閉じられていたが、

今回は開放されていたのでそのまま走り、

約1km先の「厚真川林道4号橋」を渡った地点を駐車地とした。

そして8時30分、先日と同じく、

目の前の林道に入った。

ただこの林道は間もなく崩壊して消滅する。

送電線下の崩壊地を登り、

鉄塔奥で藪に入った。

背の低い笹の中を登っていく。

いきなり標高差160mほどの急登で、

一気に汗をかかされた。

この日はスタート時点から暑かった。

 地形図の「254m標高点」、

「289m標高点」を過ぎて、

更に尾根筋を進んでいくと、

送電線に近付いた地点で、

下に林道が見えた。

ええーっ!?

地形図にはない新しい林道だ。

すぐ林道に下りた。

真新しいその林道は、

これから進み行く尾根筋に沿って伸びて行くようだ。

これはラッキーだったかなあ!?

しかしこのときはまだ、

降ってわいた幸運に、

半信半疑でいた。

とりあえず利用できるところまで利用することにして、

まっ平らで快適な林道を歩いた。

歩いているうちに、

工事標識が現れ、

この新しい林道が「毘沙門林道」であることが判明した。

ただこの新しい林道は長く続くことはなく、

突然途絶えて、

その先には古い林道が続いていた。

と言うことは、

ここには元々地形図にはない林道があり、

それが「胆振東部地震」で崩壊したため、

その復旧工事が進められているのだろう。

 林道はその後も崩壊地を交えながら、

奥へ奥へと伸びて行き、

予定したルートの尾根に沿って行く。

山なんて、実際そこに入ってみなきゃわからないものだ。

誠ありがたい林道に出合えたことに感謝!

そんな林道は、

Co.270で下降し出したので、

林道を離れて藪に入った。

しばらく笹をかき分けて進むと、

突然作業道に出た。

これは地形図に記された破線林道で、

当てにはしていなかったが、

健在だったことを喜んだ次第だ。

そしてそこには北海道電力の、

鉄塔ナンバーを示す標識があったので、

送電線の保守管理用作業道であると判明した。

従ってこの作業道が廃道となることはない。

 作業道をしばらく歩き、

左手の斜面に取り付いた。

そして明確なピークに立ち、

10時35分、三等三角点「行千世奥」

三角点回りはスッキリしていた。

展望は南西方面がわずかに望めるだけだったが、

なかなかいいピークじゃないか。

ただ、林道に出合えなければ、

この倍の時間を要したことだろう。

バウム儀式を済ませて作業道に下った。

 復路は一旦改修された林道近くまで戻り、

登路で目にした支線林道に入ってみることにした。

これがこの辺りのもう一つの三角点への、

足掛かりになるのかを見極めたかった。

 支線林道はいい調子で伸びて行く。

「この分じゃあもう一点も狙えるかな」、

と欲を出したが、

残念なことにHiromiの飲料水が底をつきそうだ。

私には余裕があったが、

安易にそれを与えると、

決してHiromiのためにはならない。

そこでもう一つの三角点は、

次回の楽しみにとっておくこととし、

林道上で昼食とした。

 昼食後林道を戻り、

地形図にはない改修された「毘沙門林道」が、

いったい「厚真川林道」のどこにつながっているのか、

確かめたくて、

薄い藪の尾根筋には戻らず、

「毘沙門林道」をそのまま下った。

すると林道工事に従事する、

車両や重機が次々に現れて、

現在も工事が継続中であることを知った。

この日が日曜日でよかった。

長々と続く「毘沙門林道」を下り、

駐車地から1kmほど北側で、

「厚真川林道」に合流した。

そして13時10分、駐車地。

いやあ、この山も面白かったねえ!

 着替えを済ませ、

厚真町幌内地区で、

次なる林道へのアプローチ状況を偵察し、

「こぶしの湯」まで走って汗を流した。

そして同じく厚真町高丘地区に移動して車中泊。

車中泊も涼しくなって、

楽になったなあ・・・

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022.9.30 『瑞穂』(みずほ・188m)  新たな地震崩壊地探索

 

 金曜日は安平町の瑞穂地区に向かった。

もう何度も歩いている辺りだが、

未踏の三角点が残っていたので、

それに登ってみることにした。

 金曜の朝「ハビウ林道」入口に駐車。

今回は「ハビウ林道」ではなく、

「春辺沢川」に沿って伸びる林道に入るのだが、

入口のエゾシカ防護柵ゲートが、

開きっぱなしになっていた。

奥で工事でも始まったのか?

と思ったがそうではなく、

地元の農家が広い畑を大型トラクターで耕していた。

しかしこの秋になって、

いったい何を植えるのだろう?

 「春辺沢川」沿いの直線的な林道を歩く。

この辺りは昨年「胆振東部地震」の、

災害復旧工事を終えている。

従って目に見える範囲は、

どこもきれいに整備されている。

しかし歩いて行く林道は、

既に決壊していた。

雨で崩れてしまっている。

その上の斜面には深い雨裂が幾筋も見える。

この一帯は火山灰のサラサラした砂状土質のため、

大地震で簡単に崩れたり、

雨に流されたりしたわけだ。

こういう地質と付き合っていくのは、

大変難しいと素人でもわかる。

 林道の決壊箇所を過ぎて、

右手から流れ込む小沢の沢筋に入った。

するとこれまでこの一帯で随分目にしてきた、

流倒木がそのまま残っていた。

つまり災害復旧工事できれいに整備されたのは、

ほんの人目につく部分だけで、

一歩その奥に入ると、

今だ「胆振東部地震」の爪跡がそのまま残っている。

流倒木が激しく折り重なる光景は、

何度見ても迫力がある。

そして改めて地震の底知れぬパワーを実感する。

 沢筋を奥に進むのは、

流倒木という障害を越えきれないので、

左岸の尾根に上がった。

すると古い作業道跡に出た。

これは地形図に記されているが、

もうこの一帯は地形図上の林道なぞ、

全く当てにはできないので、

それがまだ残っていたことに驚いた。

作業道を利用すると楽だが、

沢筋の崩壊地形を眺めながら進みたいので、

斜面の縁を登って行く。

そして崩壊地を離れて尾根筋を行く。

すると笹が深く濃くなった。

これは予想外の展開だった。

尾根筋の上部まで、

背の低い笹に覆われていると予測していた。

背が高く先が見えない笹を漕いでいるうちに、

誤った尾根に入ってしまっていた。

しかし気付いた時点で、

また深い笹を漕いで戻る気にはなれず、

そのまま南北に走る尾根を乗越して、

強引に西向きに伸びる尾根筋を歩き、

一旦沢筋まで下った。

そして対岸を登り返す。

笹は相変わらず深く濃い。

ところが沢筋から笹をつかんで一段上がると、

そこに古い作業道跡があった。

これには救われた。

作業道の古い跡は、

忠実に目指すピークに続く尾根筋に沿って伸び、

適当なところで笹薮に入った。

はじめは濃くてもがくようにしか動けなかった笹は、

間もなく薄くなり、

ついには藪なし状態に。

そして四等三角点「瑞穂」

点名は地名がそのままつかわれている。

 すっきりしたピークの南側には、

ゴルフ場が広がっており、

そこを走るカートの音が聞こえる。

ただ樹木が多いので、

ゴルフ場を目にすることはできない。

深い笹の中でもがいてきた自分と、

広いゴルフ場でレジャーにいそしむゴルファーとの、

何とも言えないギャップに笑ってしまう。

 下山は古い作業道跡に戻り、

そのままそれを進んだ。

するとこれも良い方向に誘ってくれ、

登路で誤った方に進んだ地点のそばで消失した。

そのまま深い笹に潜り込み、

短い距離で最初の作業道跡に合流。

あとはこの作業道を下ったが、

その途中でも登路の一本北側の崩壊地の風景が見られた。

本当にすごい風景だ。

今度はHiromiにも見せよう。

 作業道は崩壊斜面で終了。

林道に下って昼食とした。

そしてまた広い風景の中、

直線的な林道を歩いて駐車地へ。

その手前にはどんぐりがたくさん落ちていた。

山のリスたちに教えてあげたいよう・・・

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022.9.29 『古潭奥』(161m)  ふくろう湖から望来ダムへ林道歩き

   今週は火~水曜日の二日間出勤で、

木曜日から5連休。

来週も火~水曜日の二日間出勤となる。

 昨日は長い林道を歩き、

気になっていた三角点ピークを目指した。

「望来ダム」の奥に、

「古潭奥」と言う三等三角点がある。

標高161mの小山だが、

そこに行くまでが、

どこから入っても長い歩行を強いられる。

そんな三角点に、

思い切って行ってみた。

ルートは当別町の「ふくろう湖」から、

「当望林道」にのって歩き、

自治体の境界線を越えて、

石狩市望来側に下り、

「望来ダム」のダム湖東側を登り返してピークに立つ。

全てが林道歩きだ。

そして歩行距離は片道7kmとみた。

 昨日の朝「ふくろう湖」の、

「望郷橋」から湖岸林道に入った。

これを1.3kmほど走ると、

左手に「当望林道」の入口が現れる。

そのすぐ前には広い駐車スペースがある。

秋が深まると紅葉が美しいところだが、

まだほんの少し色がつきだした程度だ。

 8時ちょうど、

ゲートを越えて林道に入った。

ゲートには狩猟期間開始を知らせる貼り紙があった。

今年もそんな時期になったんだなあ。

ハンターには要注意だ。

また、ゲートは閉じられているものの、

施錠はされていないので、

自己責任で車を進入させることはできる。

 「当望林道」を歩くのは、

昨秋Hiromiと「東望来山」(三等三角点・269m)に登って以来、

約1年ぶりになる。

ただ今夏途中の「川崎」(四等三角点・170m)までは行っている。

 林道は蛇行を繰り返して、

徐々に高度を上げて行く。

この日は天気予報が言うほど、

天気がいいわけじゃなく、

どんよりとした曇り空で暗い。

時折その暗さが鬱陶しくてサングラスを外す。

 9時ちょうど、

Co210で当別町と石狩市の境界線上に達した。

ここは峠のようなところで、

分岐から「南部の沢林道」を、

下って行くことになる。

そしてこの「南部の沢林道」を歩くのは、

今回が初めてとなる。

昨年この分岐をそのまま「当望林道」上を進み、

「八木ノ沢」(四等三角点・208m)まで行ったことを思い出す。

 峠からは望来側に下る一方だ。

どんどん下って行くが、

周りの景色が当別側とはまるで違い、

どうも面白みがない。

見るものがなく、

ただただ暗い感じがする。

峠からは素晴らしい眺めだったのだが、

それさえも低いガスに包まれて、

本来の感動はなかった。

 「南部の沢林道」を下りきると、

「バンの沢川」を越える。

この「バンの沢川」は、

そのすぐ下流で「望来ダム」の、

湖に吸収される。

そしてここからまた登り返す。

車なぞ全く通らない林道は、

どこまでも続いて行く。

そしてここまで崩壊や決壊した箇所が全くなかった。

 150で林道を離れて作業道に入った。

ここから藪の尾根に取り付くつもりだったが、

その尾根に沿って作業道が付けられていた。

この作業道を利用し、

最後はわずかな藪漕ぎで、

10時30分、三等三角点「古潭奥」

「古潭」とは望来にある地名だ。

三等ではあるが、

こんなところに来る者なぞいるはずもなく、

人が入った痕跡はない。

今日も笹を刈って標石周囲をきれいにした。

「南部の沢林道」の更に先には、

「望来峰」(三等三角点・260m)があるが、

それはまた次回にとっておこう。

 復路は一旦「バンの沢川」まで下り、

峠に向かって約3kmの登り返しだ。

これが汗をかかされる。

見るものがない中で、

航空自衛隊のレーダー基地がある、

『阿蘇岩山』にはついカメラを向けてしまう。

あとは止まることなく歩き、

11時55分、再び「峠」。

ここでいつもの簡単な昼食とした。

晴れていれば望来方面や、

逆の樺戸山地の風景が美しいところだ。

 昼食後はもうほとんど登り返しのない「当望林道を」、

ただ淡々と下った。

紅葉が進んでいれば、

飽きることのない林道なんだけどねえ。

 13時ちょうど、駐車地。

ちょうど5時間の行程だった。

また新たな林道を歩けたことに、

十分納得して帰途に着いた。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022.9.26 『札子沢』(ざっこざわ・227m)  秋晴れの中で三角点へ!

 

 9月二度目の三連は休パッとしない天候だったが、

それが終わると素晴らしい天気!

どうしてそうなるんだろうねえ・・・

 月曜日の朝石狩市望来に向かった。

そして国道231号線から、

「望来ダム」に続く農道に入り、

4kmちょっと走ると「札子の沢川」に出合うので、

その少し先に駐車スペースを見つけた。

そこからは目指す「札子沢」の、

一つ手前ピークが見えていた。

 「札子の沢川」に沿って伸びる林道入口には、

電気柵が設けられていた。

農作物をエゾシカの食害から守るためのものだ。

以前農業を志す友人が、

この電気柵の電線を握ってみたら、

すごく痛かった、

と言っていたことを思い出す。

端の黄色い絶縁体を握って外すのだが、

一瞬緊張が走る。

これを越えるとその向こうにも同じ電気柵があり、

またまた緊張する。

 はじめしっかりしていた林道は、

間もなく草付きで頼りなくなった。

しかし入口から1kmほど歩くとゲートが現れて、

その向こうは常時トラックが走っているらしく、

路面が固く締まっていた。

どうやら別の入口から出入りしているようだ。

 ゲートから200mほど歩いて、

右手の「札子の沢川」を渡渉し、

ピークに最短距離で続く、

尾根の末端に取り付いた。

最初は雑草と笹が濃く、

「こりゃあ大変だ」と思った。

ところが笹の中にシカ道が現れてラッキーっ!

シカ道を外さぬよう登って行くと、

今度は密度の濃い針葉樹林帯に入った。

すると突然足元の藪は薄くなった。

しかし長くは続かず、

植生が広葉樹林となると、

再び笹が濃くなりシカ道も消えてしまった。

ただ茎の細い笹なので、

容易にかき分けて進む。

途中で木の間越しに、

遠く『ピンネシリ山』(1,100m)が見え、

目の前には形の良い「八木ノ沢」(四等三角点・208m)が見えた。

この「八木ノ沢」には、

昨秋「ふくろう湖」から長い「当望林道」を歩き、

最後は藪漕ぎでピークに立っている。

 藪漕ぎで急登となり、

200で平坦となった。

しばらく平坦な尾根を歩き、

そこからは航空自衛隊のレーダー基地がある、

『阿蘇岩山』(418m)が間近に見えていた。

  秋の柔らかい陽射しが降り注ぐ中、

平坦な尾根を一旦緩やかに下り、

最後はまた若干斜度が増してピークに上がり、

笹の根元に三角点標石を見つけた。

三等三角点「札子沢」

三等ではあるが、

人が訪れた痕跡は見られない。

標石周りを広く笹刈りした。

そして簡単な昼食。

このピークからの展望は、

樹木が密生しているためほとんどなく、

ただ一か所東に「東望来山」(三等三角点・269m)、

が見えているだけだった。

それにしても周囲は広葉樹がびっしりだ。

もう少し時期をずらすと、

素晴らしい紅葉を楽しめることだろう。

 下山は同ルートをたどった。

そして林道に下りのんびりと歩く。

最後はまた電気柵を越えて駐車地へ。

秋らしくカラッとした空気の中、

楽しい山行だった。

初めて登ったこの山も、

なかなか面白かったねえ・・・

望来の名物的な風車を眺めながら帰途に着いた。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022.9.25 『惣芦別』(そうあしべつ・924m)  残念、715でリタイア

 

 金曜日の朝降り出した雨は土曜日も昼頃まで降り続いた。

それで土曜日は完全休養とし、

午前中女房と外出。

そして午後は地理院地図を眺めて過ごした。

 日曜日は朝から抜けるような青空が広がっていた。

当初は日勝峠まで出かけようと思っていたが、

10月に入るとまた連休があり、

あちこち走ることを考えると、

やはり燃料代を節約しよう、

と考える小市民。

そこで三笠市から「桂沢湖」を越え、

芦別市に入って間もなく林道に入る、

「惣芦別」に登ってみることにした。

この山を地形図で眺めると、

「芦別ダム」側から挑んだ方が距離は短い。

しかし南向きの尾根を利用するため、

濃い針葉樹林帯でなければ、

笹がひじょうに濃いと思われる。

そこで逆側から林道と沢地形を利用して、

登ってみることにした。

そこで藪が濃くて登れなかったなら、

それはそれであきらめがつく。

まあ、出たとこ勝負と言うわけだ。

 日曜の朝家を出て国道452号線から、

「松山沢林道」の入口へ。

国道から入ってすぐゲートが設けられていた。

初めて入る林道だ。

ゲートを越えて入って行くと、

なにやらポツリポツリと落ちだした。

やめてよねえ、雨なんかぁ・・・

しかしすぐに止んでくれて助かった。

 しばらく歩くと林道が崩壊していた。

そろりそろりと縁を通る。

ズルズルと崩れるが、

そんなところにもシカ道があり、

それに足をのせて突破する。

 林道は大きく蛇行して高度を上げる。

そしてゲートから4km弱で、

地形図上の林道終点となった。

そこで水がほとんどない沢に入って登る予定だったが、

水はゴーゴーと流れている。

この二日間降り続いた雨で、

沢が濁って増水しているのだ。

あっちゃ~っ!

当てが外れた。

しかし、ここで終点のはずの林道が先へと伸びている。

それで林道を進んでみることにした。

林道は間もなく分岐となり、

上へと続く枝に入った。

この林道は沢の左岸尾根に沿って伸びて行く。

「こりゃいい感じ」とどんどん進む。

すると550で沢をまたいだ。

そこから沢を登ればよかったのだが、

更に伸び行く地形図にない林道に興味がわき、

そのまま林道を進むことに。

林道は次に沢の右岸尾根に沿って伸びていた。

「なんかいい感じじゃん!」

と調子にのって進んで行くと、

やがて右岸尾根を離れて下降しだした。

「こりゃダメだ!」と、

戻って途中で目にした作業道に入ってみた。

この時点では沢筋をやめて、

藪漕ぎで尾根筋を登ることに決めた。

しかし甘くはない。

作業道は長くは続かず、

藪に入ると濃い笹に飲まれた。

苦闘するも牛歩よりはるかに遅い歩み。

これじゃあピークに立っても日が暮れる。

715でリタイアを決めた

やはりこの山は渇水したときに、

沢筋を詰めるしかない。

 どうにも重苦しい気持ちで下山を開始。

登路では暗かった空も、

下山ではよく晴れて気持ちがいい。

途中ピークを望める地点で、

再来を肝に銘じた。

そして途中で白いものが飛んでいたので、

捕って手の平に載せてみた。

そしたら雪虫じゃないの~

「雪虫を見たら一週間以内に雪が降る」、

と昔から言われているが、

まだ9月ですよ!

まさかねえ・・・

 もうゲートの近くまで下った時だ。

そばの藪で突然バキバキッ!

すごい音、ヒグマだ。

こちらの鈴の音に驚いて逃げ出したのだろう。

 駐車地に着いて着替え、帰途に着いた。

今回の山行は失敗に終わったが、

初めて入る林道奥の探索ができたことは有意義だった。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前ページ