福岡発 コリアフリークなBlog

「許さんばい!安倍政治。」
韓国や韓国語に関する雑学メモ。筆者は福岡在住の自称「ヲタク」。Since 05/9.14

加里峰洞と大林洞の間に

2016年10月19日 |  ○中国朝鮮族

韓国行政自治部の統計によれば、2015年1月1日現在、韓国には
朝鮮族を中心に95万3000人の中国人が住んでいる。

そのおよそ3分の1に当たる33万人がソウルに住む。

さらに、その約6割に当たる18万8000人が、加里峰洞と
大林洞を核とする5区(永登浦、九老、冠岳、衿川、銅雀)内に
暮らしている。


ワウソウル地図より

韓国国籍取得者を加えると、実に21万人を超える中国出身者が、
5つの区の要(かなめ)部分に当たる特定のエリアを中心に暮らして
いることになる。


△加里峰洞中国人街(Daum地図)

加里峰洞や大林洞の中国人街の様子が、規模や密集度の点から見て、
他地域の中国人街とは
別次元の様相を示しているのも、うなづける。


△大林洞中国人街(Daum地図)

ここで、今一度、加里峰洞と大林洞の中国人街の形成過程にかかわる
重要なポイントに立ち返ってみる。


△NAVER地図より

旧・九老工業団地を中心に、その南側に加里峰洞が、そして北側に
大林洞が位置している。

1960年代の後半以降、韓国工業化の先駆地であった工業団地が、
90年代以降、朝鮮族を韓国に呼び込む窓口の役割を果たしたのだ。


今後、もし、加里峰洞と大林洞の中国人街がさらに拡大し、一体化して
行くとすれば、その街は、旧・九老工団を包み込むような形で発展して
行くことに
なる。

駆け出しの朝鮮族ウォッチャー(「ヲタク」のこと)として、今後の
進展を注視して行きたいところだ。


(終わり)



参加カテゴリ:地域情報(アジア)

『アジア』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝鮮族に対する偏見と現実 | トップ | 韓国オタクの露語学習 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む