串カツ子の旅日記

美しい国、日本。まだまだ見たい所がいっぱい。
温泉、宿屋、食べ物、紅葉、桜、街並み・・・興味の対象は尽きません。

北海道-19(ホテルニュー幸林)

2017年07月23日 | 宿-北海道

枝幸町にあるホテルニュー幸林、温泉施設もあり、広い駐車場には
銭湯感覚で訪れる地元民の車も多く停まっていた。 

 

 

 部屋は新館のツイン。

シングルや和室もあり、ビジネス客らしき人も多く見かけた。

 

部屋の窓からは港とオホーツク海が見える。 

翌朝の日の出です。 

 壁掛けテレビも案外大きいもの。

部屋もきれいし、備品も揃っていて不足はない。

 ユニットバス・トイレ

朝食のみのプランだったので、 夕食は館内のレストラン海朱(うみあけ)で、
好きなものを・・・。

まずトマトサラダを注文すると、ドレッシングを何にするか聞かれた。

そしてドレッシングは、カレーを入れるソースポットで出て来た。

驚いた!

ドレッシングがかかって出てくるのか、瓶で出てくると思っていたのに
本格的じゃないですか。

トマト新鮮でおいしい。

スライスしたタマネギにパプリカのトッピング。

私の好物の天ぷらも材料は多種で上手に揚がっている。 

 和風スパゲッティはあっさりとした醤油味でこれもおいしい。

スパゲッテイなど好きじゃない相方も、これはおいしい・・・と。

相方が注文した海苔茶漬け

驚いたのは別皿に入った海苔の量。

失礼だけどこういう公共施設での料理は期待していなかったが
嬉しい誤算で、これなら夕食付で予約すれば良かった。

名産の毛ガニ付きでも@11000程度のリーズナブルな料金。

 ここの料理を食べるだけでももう一度泊まりたいと思った。

朝食はビュッフェ。

こちらも内容はなかなかおいしい。

デザートのパイナップルの横にホタテのヒモの佃煮。

 風呂は温泉。

天然温泉と光明石温泉の二本立て。

浴室内は写真撮影禁止だったので、脱衣所のみ。

浴槽はジャグジー、ジェットバス、サウナ・・・と多彩で充分楽しめる。

なかなか良い宿だった。

『北海道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道-18(オホーツクへ) | トップ | 北海道-20(列車ホテル) »
最近の画像もっと見る

宿-北海道」カテゴリの最新記事