串カツ子の旅日記

美しい国、日本。まだまだ見たい所がいっぱい。
温泉、宿屋、食べ物、紅葉、桜、街並み・・・興味の対象は尽きません。

北海道-18(オホーツクへ)

2017年07月22日 | 旅-北海道

2017.06.14 今日は礼文島を去る日。 

 朝からどんより曇り雨も降ってきた。

香深港へ着いたフェリーから大勢の観光客が降りて来る。

この天気なら気の毒だなぁ。

 稚内港で駐車場料金4日分4000円を支払い出発。

ほっとした、安堵感。

自家用車旅、車を港に置いてフェリーで渡る離島、持ち物は限られるし
それを選びリュックに詰めるのも結構面倒で。

焼尻島、礼文島・・・この2島の行程を済まし、後は車で周遊。

稚内からオホーツク方面へ出るのには宗谷岬経由が一般的かもしれないが、
宗谷岬は以前に見ているので内陸を走る。

ホタテの貝殻を敷き詰めた白い路。


両側は牧草地のような光景がず~っと続く。

 

道の駅さるふつ公園で昼食を。

道の駅の中にレストランはあるが、団体メインのようで
この時も観光バスが2~3台やって来て、食事が並ぶテーブルへと。

かくいう私達も以前ツアーではここで昼食を食べた。

それなら・・・と、敷地の奥にある さるふつまるごと館へ。

ここではホタテをたべなくちゃ・・・と、ホタテ丼を注文。

いったいいくつのホタテが使われているのだろうか?

1200円は高くはない。

この水槽のホタテを調理してくれる。

おっ、カレイも同居だったんだ。

今回の旅、ほとんどの宿を1泊2食付で予約していた。

昼食を軽く済ませないと夕食が食べられない。

しかし、この日は朝食付きの予約なので、しっかり昼ごはんを
食べてもかまわない。

 ベニヤ原生花園へやって来た。

熊が目撃されたとかで散策路の一部が閉鎖されていた。

 よく整備され、受付にはスタッフもおられて、無料で案内してもらえる。

 こういうのが苦手な相方はスタスタ海まで歩き、靴に砂が入ったとか。

花の名前など聞きたくて、私は案内をお願いしたかったのに・・・。

 カキツバタかな?ひっそりと咲いていた。

黄色いのはセンダイハギで、これは群落を作りよく咲いていた。

白いのはカラマツソウ

ハマエンドウも群生。 

 

 アマドコロ

 これから咲くエゾスカシユリ、大きな蕾を付けていた。

今宵の宿は枝幸(えさし)にあるホテルニュー幸林

 

『北海道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道-17(礼文島桃岩展望コ... | トップ | 北海道-19(ホテルニュー幸林) »
最近の画像もっと見る

旅-北海道」カテゴリの最新記事