串カツ子の旅日記

美しい国、日本。まだまだ見たい所がいっぱい。
温泉、宿屋、食べ物、紅葉、桜、街並み・・・興味の対象は尽きません。

温泉津にて(その2)

2007年11月15日 | 旅-中国・四国

 

  温泉津にある共同浴場の一つ
  「薬師湯」の2階・3階に始めて
  上がってみた。

  2階にはおしゃれな椅子が置かれ
  たラウンジ(休憩所)になっている。

  3階には、無料でコーヒーが
  飲めるようになっていた。

    これは嬉しい!
  さっそくいただく。
  結構、いける。

 

 

 

 

 

 



3階から眺めると、ほとんどが石州瓦。
尖がった塔は、隣の旧薬師湯。
その奥に横たわるのは、元湯の宿「長命館」。



「もりもと」の、おいしい朝御飯に満足しチェックアウト。

石見銀山の銀を積み出した「沖泊港」へ。
静かな小さな湾。
ここが、多いに賑わった頃があったとは信じがたい。

民家が2~3軒、由緒あるようなお堂が建っている。



立派な装飾に驚く。



ついでに「焼き物の里」へ行ってみる。

石州瓦がかかった登り窯が見えてきた。

いったい何室あるのだろうか?



登り窯も立派だが、上にかけられた石州瓦の屋根も凄い!
2基ある窯は、今も使われているようだ。

何度か温泉津へ来ているが、沖泊港や焼き物の里には初めて来た。

温泉津温泉街も少しづつ変わってきている。
朽ち果てそうな建物も今に何かに変わるだろう。
願わくば、ちゃらちゃらした温泉街になって欲しくない。

湯量が限られている温泉津の宿。
「もりもと」も、風呂は1箇所だけで
順番に貸切で使う不便はあるが
それを補うかのように女将の料理はおいしい。

世界遺産の石見銀山に一番近い温泉街。
客は増えていくだろうが、いつまでも静かな温泉街であって欲しい。







 

 

『鳥取県』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 温泉津にて | トップ | もりもとの食事 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
立派な登り窯だなぁ~。 (ぴょん)
2007-11-15 12:17:28
登り窯に瓦屋根がついてるのなんて初めて見たよ。
ほんまに立派な窯だこと。。。
食事美味しかったなら写真撮ってよ。
やっぱ (温泉たまこ)
2007-11-15 14:24:06
そ~お、ぴょんさんも屋根付きは、初めて・・・。

食事、宿泊料金が1万円だし、女将さんの手作りだから、豪華じゃないよ。
それに、魚がなかったらしく、やたらと鯛が出たわ。
でも、あの偏食の貢っちが、おいしいと、アナタの母上も驚くぐらいよく食べたんよ。

朝食のご飯が光輝いていて、私は3杯食べたわ。
聞けば、わざわざ取り寄せとか。

写真、明日アップするわ。
でも、ぴかぴかご飯は、撮り忘れたなぁ。
いっつもでは? (ぴょん)
2007-11-15 18:43:47
朝から三杯はいっつもちゃうん?聞いてるでぇ~。
貢っちが食べれたのはめずらしいなぁ、よっぽど美味しかったんだね、明日の写真アップ楽しみに待ってるよぉ~。
石見銀山 (奈良の隠居)
2007-11-15 23:59:17
おしゃったように、北海道・中国地方の旅では観光の比率が増えてますね~。

前々回の九州からの帰り、九重の紅殻之湯温泉から一気に温泉津に移動、石見銀山観光の時間は全くありませんでした。
ガラガラだった輝雲荘、今は予約が取りにくい状況でしょう。

ところで、先日、「旭岳温泉「湧駒荘」の温泉も秀逸でした」の簡単な推薦文句を頂きましたが、
記事拝見、ヨダレタラタラ、息遣いが荒くなりました。
すごい風呂ですね!
家内と行っても「ゆったりツイン(ななかまど)」なら文句が出ません。
また宿泊候補が増えました。



ご無沙汰しました (aki)
2007-11-16 09:46:10
たまこさん!やっと落ち着きました。
まだまだ今月は休みに野暮用があってしんどい、しんどい!
北海道から広島と多方面にご旅行されてすごいですね。
私の旅行は寒波がきて曇り空で写真も曇ってしまいました。

あなご大好きなのであなごめしにはヨダレが・・・・
私が子供の頃はウナギは無くてアナゴしかありませんでした。
宮島など懐かしい景色を見せていただきました。
昔の思い出がよぎります。もう40年以上昔ですが
ぴょんさんへ (温泉たまこ)
2007-11-16 13:13:51
料理の写真、アップしようかなと思ったけど
やめておきます。悪しからず・・・。
写真では、味は、分からないし、女将さんが作る料理
だから、あっと驚くものでもないし・・・。
是非、泊まってみて自分の舌で確かめて下さい。
たいした事ないって言われるかも・・・。
福岡からなら近いでしょ。

朝御飯、3杯食べる所は、お米がおいしい、おかずも
おいしい・・・と、いう所で、そうはありません。
誰がちくった?

ご隠居へ (温泉たまこ)
2007-11-16 13:23:37
リンゴ、おいしく頂いてます。

そうでしたか、石見銀山は観光されなかったんですか。
もっとも、私も、世界遺産になるまでは、素通りでした。
騒がれていない、以前に見ておくべきだったかなぁ・・・と、思ったり。

温泉津の宿は、どこも、料金が上がってきているかもしれません。
でも、平日なら輝雲荘だって大丈夫だと思いますよ。

湧駒荘のお風呂、ネコ肌のご隠居にはぴったりです。
どの浴槽もぬるめです。
館内、エレベーターがありますので、移動も楽です。
きっと、ここなら奥様も喜ばれると思います。
料理がイマイチ・・・かもしれませんが。

私が泊まる少し前に、藤田さんも泊まられたようで
AllAboutに詳しく書いておられます。
私も、それを読んで楽しみでした。
詳しくは、そちらもどうぞ。

秘湯のスタンプが貯まりましたので、ご招待は、湧駒荘にしてもらうつもりです。
来年の7月頃に行きたいのですが、家族が・・・。
akiさんへ (温泉たまこ)
2007-11-16 13:35:36
akiさん、風邪ひかないようにして下さいね。
ほっとして、力を抜いた時に、風邪ひく事が多いですね。

写真を撮る時の天候って、私も最近凄く気にします。
紅葉などは晴れた時に限ります。
以前は、室内の温泉ばかり撮っていたので、天候はどうでもよかったのですが、
ブログで見せたい、見てもらいたい・・・と、思う最近、風呂の写真ばかりではねぇ。

私、ウナギは、あまり好きではないのです。
このアナゴ飯もおいしかったですが、アナゴのお寿司も大好きです。

私も40年ぶりの宮島でした。
こんなに鹿が居たのだろうか・・・?
思い出をたぐっても記憶無しでしたが、最近、テレビで「宮島の鹿が増え過ぎて困ってる」という番組を見、やっぱり、あの当時こんなに居なかったんだと・・・。

最近の事はすぐ忘れてしまいますが、輝いていたあの頃の事は鮮明に覚えています。

旅-中国・四国」カテゴリの最新記事