座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「この息子は、死んでいたのが生き返り、

2017年08月13日 16時17分47秒 | 聖書

いなくなっていたのが見つかったのだから」(ルカ15:24)

「死んでいたのが生き返り」、弟息子は、父のもとを出て、好き放題、放蕩三昧をして帰って来た。
死んでいたのが生き返ったが、しかし、家を出る前も、父のもとにいた時から、すでに死んでいた。父との関係は断たれていた。

父の愛はどんな時も変わらず、息子を愛し続けて来たが、息子の心は父から離れていた。
それがわかっていた父は、息子の望むようにさせた。息子は気ままに、したい放題をし、行き着く所まで行った。
身を滅ぼし、行き詰まり、どん底で我に返った。

父のもとへ帰ろうと決心した。私たちもどうだろう。
御父のもとを離れて、自分の思いで生きてしまう。欲望を遂げてしまう。
罪を犯すと、なかなかすぐに帰れない。
どの面下げて帰ればよいのか。
誰しもが思うのが、少しましになってから帰ろう。
しかし、父は何を喜ばれるのか。息子が帰ったことだ。

「祝おうではないか」父は帰ることをひたすら待たれ、待ち続け、父の方から走り寄って、抱き口づけされた。
父は待ち続けておられる。腕づくで連れ戻しに行かれず、説教もされず、ただ待っておられる。

愛は自発的、自由意志だ。自ら帰るのを、ただひたすら待たれる。
私たちは何度も離れる。しかし、私たちの弱さをご存じだ。何度でも立ち返ろう。
御父は待って、待ち続けておられる。
--------------
繰り返す失敗の後でも決して御父から離れてはいけない。
そこからまた従って行けばいい。自分の内には何もないけれど、それでも最善をなし給う神が喜んで待っていて下さる。
そこに私達の希望がある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おはようございます。 | トップ | ◆わたしは…… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。