情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【必見】原子力安全基盤機構が事故前、原子力防災専門官向けに作成したという炉心溶融シミュレーション画像

2011-07-24 09:01:21 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)



 東京電力福島第一原発の事故発生以前に、注水が止まれば30分で燃料棒がメルトダウンし、3時間で圧力容器を貫通することを説明したビデオ(※1)。なぜ、ただちに、避難勧告をしなかったのか?


※1 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&;v=wwYk62WpV_s#at=45


 そして、5分後、最後の場面であなたは自分の目を疑うだろう…。





 最悪の事態でも安全・安心できるように…。確かに安心させるための安全デマ、安心させるための情報管理は行われたが、その結果、健康被害を最小限にするための行動をとるような呼びかけは行われることがなかった…。


 このようなシミュレーションは、原発関係者にとっては常識だった。





 上の表は、原子力安全基盤機構が平成20年2月(事故の2年以上前)に作成した「アクシデントマネジメント知識ベース整備に関する報告書=データベース=」(※2)の一部だ。


※2 http://www.jnes.go.jp/content/000010459.pdf の 67/107
 (発見してお知らせいただいた方、ありがとうございます)


 この表は全電源喪失等の事故を想定し、数時間から数十時間でメルトダウンすることが指摘されている。いずれも、神風が吹いて、残留熱除去系の冷却装置が早期に働いたりすることによって、早期に事故が収束するとしているが、少なくとも、メルトダウンまでのシミュレーションは関係者の間で共有されていたわけだ。


 繰り返すが、なぜ、早期に警告を発症せず、東北関東の市民が被ばくするに任せたのか…。




 
【東電原発事故会見の全てを知るフリージャーナリスト木野龍一さんを支援する会からの報告】

 しばらく、御無沙汰していました。多くの方の支援をいただいていますので、報告いたします。


5月20日:Oさん1000円
5月24日:新宿区5000円
5月25日:Tさん5000円
5月26日:札幌市3000円、Nさん2000円
5月27日:Sさん5000円
5月30日:東京都北区1万円
5月31日:秋田市5000円、相模原市1000円
6月1日:さいたま市3000円
6月2日:明石市3000円
6月3日:千葉県成田市2万円(G氏からの代理振込)
6月6日:埼玉県5500円、郡山市5000円
6月7日:愛媛県3110円、大阪府八尾市5000円
6月8日:埼玉県2万円
6月●日:1万円(詳細確認中)
6月12日:東京都大田区3000円
6月14日:東京都練馬区2000円
6月15日:Bさん1万円
6月24日:神奈川県厚木市3000円
6月28日:Yさん1000円、さいたま市3000円
6月29日:Kさん2000円、Sさん5000円、東京都墨田区1000円
6月30日:秋田市5000円


これまでの累計で174万6830円です。多くの方からのご支援、ありがとうございます。すでにお伝えした通り、3月17日からの生活費として、そのうちの36万9000円を木野さんにお渡ししていましたが、その後、6月8日に50万円をお渡ししています(合計86万9000円)。7月末には30万円をお渡ししたいと考えています。

















 



 



●日本、特に東北・関東の保護者必読の書●

「ICRP Publ. 111 日本語版・JRIA暫定翻訳版」(http://www.jrias.or.jp/index.cfm/6,15092,76,1,html)

「緊急時被ばく状況における人々に対する防護のための委員会勧告の適用(仮題)=109」
(http://www.jrias.or.jp/index.cfm/6,15290,76,1,html)

アメリカ科学アカデミーの文献「BEIR-VII」(Biological Effects of Ionizing Radiation-VII、電離放射線の生物学的影響に関する第7報告)
http://archives.shiminkagaku.org/archives/radi-beir%20public%20new.pdf






◆東電本社の記者会見は、午前11時~正午から始まる単独会見、午後5時ごろからの統合本部会見の2回となっている。インターネットで生中継と録画配信されている◆

 → ニコ生 http://live.nicovideo.jp/ 

   岩上さんのサイト http://ow.ly/4wCEr





◆以下参考◆


原子炉建屋とタービン建屋の図。クリックで拡大できます。

   ↓

 


【日弁連会長声明】
「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故に関する会長声明」 http://ow.ly/4n21n

●今後想定されるあらゆる事態、並びに、各地の放射能汚染の実情と被曝による長期的なリスクに関する情報、被曝防護に関する情報を正確かつ迅速に国民に提供し、適切な範囲の住民を速やかに避難させるよう求めるとともに、原発の新増設停止、既存原発についても電力需給を勘案しつつ危険性の高いものからの段階的停止を提言



◆参加してみました。クリックお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

◆持ち込み可視化についてアンケート実施しました。ご協力ありがとうございました。
   ↓
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=57952

【ツイッターアカウント】yamebun


●沖縄への連帯ツイッターキャンぺーン●

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.

Okinawa and a lot of Japanese oppose the transfer of the Futenma base to Henoko


At least180 MPs of ruling parties say NO to Futenma relocation within Okinawa. Check this http://bit.ly/9jQIW8



【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて:Gilbert's Nuremberg Diary)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大本営発表、そして、冷温停止の... | トップ | 1人の男性がこれだけの憎悪を表... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。