情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

警察官が中国人に発砲した状況~こりゃ、子供のけんかに銃を持ち込んだようなもんだ

2008-04-20 01:41:32 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
 警察官が職務質問中に逃走した中国人(羅さん)に対し発砲し死に至らしめたため、羅さんの遺族が損害賠償を求めて宇都宮地裁に起こした民事訴訟で、警察側が拳銃を発砲するに至る経過を再現した写真を提出した。こりゃ、ひどい、ひどすぎる…。警察側は、抵抗を受けたためやむなく発砲したという主張だが、警察側の説明をそのまま信じたとしても、警棒で簡単に対処できる事案だったことは明白だ。こんな場面で拳銃を抜くこと自体が信じがたい。これで、警察官側に過失があったことははっきりした。

 冒頭の写真を見てほしい。警察側によると、これが警察官が拳銃を抜いた場面だ。右手に持っているのは、直径8ミリ、長さ90センチの園芸用篠竹、左手に持っているのは、石灯籠の一部で一番上に乗っている「宝珠」(直径19.5センチ、高さ5センチから10センチ=中央のみ出っ張っている、重さ2.85キロ)だ。

 これに対し、警官が持っていた警棒は長さ53センチだ。

 振り回している竹は武器としては無視してよい程度だ。しかも、宝珠だって、なんだかとても持ちにくそうにしている。これではすぐに投げたりすることはできない。そこで、左手で防ぎながら右手に持った警棒で羅さんの宝珠をたたき落とせば、簡単に羅さんを制圧することはできた。

 次の写真をみると、そのことがよく分かる。

 

 羅さんが篠竹(直径8ミリ)を振り下ろした瞬間に、宝珠を持った左手を警棒でたたけば、簡単に制圧できた。

 このような場面で、警棒を使用せず、拳銃を持ち出す必要は全くない。

 この後、警察によると、さらに接近されて発砲したというが…。

 こんな状況で拳銃を出さざるを得ないような鍛え方しかされてないのだろうか、日本の警察官は…。それってほかの警察官に対する冒涜ではないだろうか。

 素直に、今回は、対応にミスがあったことを認めて、今後はこのようなことがないように徹底したらどうだろうか。
 

 あ、そうそう、いまだに、羅さんたちがATM荒らしをしていたなどという嘘をまき散らしている人がいるそうなので、当時の新聞記事を掲載しておく。羅さんはATM荒らしなどしていない。それははっきりしている。あまり、でたらめなことは言わないほうがよいでしょう。遺族に対する冒涜になりますから。


 

★NPJの訟廷日誌にも掲載中
 http://www.news-pj.net/npj/2007/happou-20071015.html







★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (35)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« -小泉の負の遺産で老人放棄-橋... | トップ | ドイツ連邦裁判所が受信料決定に... »
最近の画像もっと見る

35 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2008-04-20 19:57:15
参照(http://www.asyura2.com/0311/war45/msg/970.html

自由アジアラジオ(確か以前投稿されていたと思うのですが、肉声のインタビューテープが更にアップされています)
チベット難民は、中国刑務所内の拷問・恫喝を明かす
http://www.rfa.org/front/article.html?service=eng&encoding=10&id=124281
この話のチベット人の生の声を聞け(mp3ファイル)
http://www.rfa.org/service/audio_popup.html?file=http://www.rfa.org/content/service/tib/audio/tmc-tse.mp3
 今年ネパールで拘留され中国政府当局へ引き渡された若きチベット難民は、その中国人看守達による拷問、鞭打ちを説明した。その看守達はチベット人の囚人達に釈放と引き換えに1万元の賄賂を要求していたという。(RFAリポート)

 その難民は身元を明かさないという条件でこう語った。チベット人グループのうち二人の若者が逃亡したかどで激しく鞭打ちされたので入院を要求していた。

 「私は二ヶ月[以上]拘留されていました。」とそのチベット難民はRFAチベット局のインタビューに述べました。「私達が拘留それている間じゅう、中国人官憲は私達を定期的に拷問しました。私達は朝6時から日暮れまで畑で働かなければなりませんでした。」

 「私達は仕事に行く度に蹴飛ばされ、仕事から帰るとさらに蹴飛ばされました。さらに酷いのは、彼らが電気警棒で拷問した時です。彼らはその棒で体のあっちこっちを突っ突くのですよ。」とその難民は語りました。彼は今、アジアのとある国で難民として再び安住しています。
なるほどー (ゆん)
2008-04-20 20:43:18
こっちも気になったのでついででコメントさせてくださーい☆

ちなみにブログ主様は誰かに襲われたこととか、お互い武器を持ち合った本気の喧嘩をしたこと、または目の当たりにしたことってありますか?

人の気迫とは本当にすごいもので、素手でも「あ、俺殺されるかも」なんて思うものです。実際に経験ありますし。

どんなに訓練を受けていても、襲われた時には少なからず恐怖心が生まれるものです。

現場にいたわけでも自分が襲われたわけでもないのに、机上で「こー避けて、こーさばいて、ここで警棒で叩けば対処できたはずだ」なんて言っても説得力ないですよ。

1対1の状況だと予想されますが、そんな状況ではより確実で自分の安全が保障される方法で警告及び職務遂行するのが当たり前ではないでしょうか?


それに警官が発砲前に何の警告もしないわけありません。

そこは、さらに近づかれた、という一文からも発砲までに時間的猶予があったと予測できます。

警告を無視した上で殴りかかっているとしたら警告が実行されても止むを得ないでしょう。

亡くなってしまったことは悲しいことですが、違法滞在したり、強制送還を恐れたからって警官に襲い掛かる。そのことこそが一番問題にされるべきでは??

警官に襲い掛からなければこのような事も起こらなかったでしょうに…
篠竹は武器と言えないですね。 (田仁)
2008-04-20 21:15:58
精々目を突かれたら怖い程度で、でも相手の腕を制すれば、突きは回避出来る。
その問題の警官は、どういう方ですか?
有村とか稲田とかって、B層右翼議員の同類項な病気を患ってる?
或いは、拳銃又はその訓練に、特別な思い入れや執着心があるとか?
かなり接近した状態で、(恐怖の余り?!)簡単に銃を抜くモンですか?
格闘の心得が無いっぽい警官も恐いけど、乱闘になりそうな直前に銃を容易に抜く判断力も恐い…。
下手すりゃ、暴発やら却って銃を奪われるやら、こんな射殺事件以外にも、色々事態が想定出来ます。
と、そこで「B層右翼議員と同類項な病気」に帰るんですけど、全ての警官訴追事件にB層右翼のアジテーターが出張りますか?
出張らないでしょ?
ソレって、名誉毀損裁判が可能って以外に、警官個人の所属団体を漏らす情報ではないです?
自衛官と学会の関係はヨク聞きますが、新興宗教と警察の関係は、神奈川の警部の事件が報じられた後日談が昇進だったように聞きましたが…。
問題は・・ (FX)
2008-04-21 11:20:00
最近の傾向として問題は簡単に銃を抜く警官の側を
むしろ賞賛する世論が多いことです。
これは中国の方のようですが
たとえ日本人でも同じでしょう。
少年を殴った警官、少年に銃をむけた警官
でも警官は悪くないと考える人が多数派です。
落ち着いて理屈で判断できる人が少ないです。
度々失礼致します (ゆん)
2008-04-22 00:03:33
ブログ主様からのコメントが無い為、主様以外の方へのコメントをさせていただきます。
失礼致します。

>>田仁さん

えっと、一応僕へのコメントですよね?もし違っていたらごめんなさい(^^;

>>精々目を突かれたら怖い程度で、でも相手の腕を制すれば、突きは回避出来る。
こいうのうは現場に居合わせてみないと何とも言えないのでは?
机上の空論で、理想を語っても、警官も人間ですから理想通りに動けなくて当たり前ではないでしょうか?
そりゃ相手を殺さずに逮捕するのが理想でしょうけど、その理想を追求しすぎて警官自信が怪我をしたり死んでしまっては意味が無いでしょう。

警官も犯人も人間。警官の命も大切なんです。
だれも「死んでも構わない」なんて思ってる警官はいませんよ。

この程度では殴られても死なない、と仰ると思いますが、それはあくまで、事後に他人が見た判断であり、当人の事件時の立場を全く無視しているように思えます。

>>かなり接近した状態で、(恐怖の余り?!)簡単に銃を抜くモンですか?
格闘の心得が無いっぽい警官も恐いけど、乱闘になりそうな直前に銃を容易に抜く判断力も恐い…。

簡単に抜いたわけではないでしょう。
近づかれるまで警告しているでしょうし、抜いた後も警告しているでしょう。
それを無視して近づく事はしょうがないことですか?

軽い例にすると「それ以上ふざけたら怒るよ?」と母親に言われ、しかし子供が悪ふざけをやめずに母親に叩かれたとして、誰がその母親を責めるでしょうか?

警告を無視して更に近づき反抗しようとしたら、警告が実行されても仕方なくはないでしょうか?

発砲ありき、ではなく、発砲の前段階として職務質問から口論、そして凶器となり得る物を持っての威嚇、という過程があるんです。

怪しいやつだからっていきなり撃ったわけでは無いんですよ?

あと、格闘の心得があったとしても‘乱闘’なんかになった時に相手が石の宝珠を持ってたら殴られた場合下手したら死にますよ(^^;

なによりいくら訓練していても、当人の当時の心境は当人にしか判りません。それを周りが事後、画面越しに新聞記事だけで批判しても説得力はないです。

それとも田仁さんは同じような経験がおありですか?

石の塊を持った暴漢に襲われたが訓練の賜物で、常に冷静に対処し、相手の攻撃を見事にさばき、一撃も喰らうことなく、暴漢を逮捕した。

まぁ例ですが、こんなような事が出来たのであれば批判にも説得力が出てきますが…

ただ、一般論として、命がかかっていたり身の危険を感じたら、ぎりぎりで相手を逮捕できる方法より、余裕のある方法で相手を威嚇するのは当然ではないですか?

警官も人間で、家族があったりするんですよ?
怪我をしたくない、と思って何がいけないでしょうか。(まぁそう思ったかどうかは知りませんが)


そして、何故この中国人の方は責められないのでしょうか?
そもそも違法滞在をせず、職務質問にもちゃんと答えていればこんなことにはならないのですよ?
自業自得と言う言葉ご存知ですか??

銃とか格闘云々の前に、先ず罪を犯すな。
って事、これが一番大切ではないでしょうか??


>>FXさん

僕へのコメントではないと思いますが、もしよろしかったらみてみてください。

>>少年を殴った警官、少年に銃をむけた警官
でも警官は悪くないと考える人が多数派です。
落ち着いて理屈で判断できる人が少ないです。

とありますが、警官が何の警告も無しにいきなり殴ってたり
相手が投降して反抗していないのに殴ったり
こんなんだったら相当問題だとは思います。

しかし何度警告しても反抗し続けたら殴られて当然じゃないですか?
少年とはいえ、その少年の犯罪で困っている人達もいるわけで、警官はその少年よりも少年に困らされている人達を優先して守らなくてはいけないんですよ?

治安を守る為に口で何度言っても聞かなければ、実力でおとなしくさせるしかなくないですか??
他にどのような方法で少年の犯罪を止めて補導なり逮捕なりをするのでしょうか??

また、いくら少年とはいえ15歳くらいになっていれば充分な力があります。
そこにナイフや何らかの凶器となりうるものを持っていれば警官だって近づかれたくはないでしょう?

銃を向けて威嚇されるほど、反抗を続ける方がどうかしていると思います。

殴られたり銃で威嚇される前に、自分の侵した罪を認めておとなしくなって反省しろ。
って事が大切なのでは?

そしてやはり、罪を犯すな、って事が社会が少年達に一番教えてあげなければいけないことではないでしょうか??

罪を犯しても少年は殴られないんだよ♪
なんて事覚えさせて、少年達にとって一体どんな教育になるでしょうか??
罪を犯せば相応の罰で裁かれるってのが、社会が教えるべき事ではありませんか?


また長くなってしまい申し訳ありません。

失礼いたします。
職業選択 (田仁)
2008-04-22 00:04:49
篠竹と石に恐怖して逆上する「癖」が警察学校を出ても直らないなら、今からでも職業選択を過ったとして転職した方が良いでしょうね!ダライ・ラマと違って、職業選択の自由が有るのだから。
ダライ・ラマなんて、中国と本当に自治権拡大の交渉をしてて、超本気な証拠に却って条件闘争を前提の「中国全国土の1/4の広さ」って大風呂敷を広げた所に、あんな事件で冷水を浴びせられ。
道理で「中国からの独立は考えてない」「北京オリンピックに賛成だ」と慌てる訳で!まあ「ブッシュの戦争投機筋」又は「国際金融資本」と完璧にツーカーな状態でないのは、結構な事ですが。
只、仮に冷水がドライ・アイスになれば、彼の立場もヨリ一層弱くなり、法輪功教祖みたいに米国在住にならないとも限らず、そうなったとしたら西蔵は西蔵でそれなりに不幸でしょうね。
食糧投機に励む「ブッシュの戦争投機筋」or「国際金融資本」はとってもウットリな地下資源&紛争地の出現に、アフリカ・中東の次の飯の種…!ってさて置き、職業の適性というモノはねぇ!
国家神道カルト連合寄りの警官は職業適性を欠くでしょが、亡命が長くカリスマ性が薄れた宗教指導者も大変そうで、血も涙も無く金儲けだけに邁進出来る収奪者は適性に富むが超嫌な奴!!!です。
問題は・・ (FX)
2008-04-22 12:57:40
>ゆんさん
世間は現場で起きた事実をみて
警官擁護してるわけではありません
たった数行の報道からかってに
自分の中で事件をイメージし
警官は悪くないという考えを持つのです。
これは怖いことです。
問題は・・続き (FX)
2008-04-22 13:10:43
私があげた話では少年は何も悪いことはしてなかった
ことが判明してますし警官は逮捕されてます。
それでも警官を擁護する人がいるわけです。
「警察官」と「子供のけんか」って、比喩で。 (田仁)
2008-04-22 15:37:45
ヤメ蚊先生は、皮肉を効かせて「子供」を持ち出された訳で、「子供のけんか」はそれだけで日本語の常套句だから。
マジで『警官が常に暴力に対してド素人であって、犯罪を捜査するのが職務などではなく、慈愛に満ちた「母子の情」でアラユル人々に接している』とか、そういう意味じゃないでしょ!
危うく『絶望先生』みたいに「絶望した!」と口走りそうになるような、何か、非常に暗い気分になりました…。
Unknown (Feigling)
2008-04-22 19:31:34
法律の事はよく分からないので、拳銃の使用が適切だったかの判断は裁判所に任せるとして

接近した状態で銃を抜くのがおかしいとの指摘ですが、拳銃は近距離用の武器と考えて構わないかと。
数メートル以内での使用も珍しくないと思います。
お邪魔します (ゆん)
2008-04-23 01:15:03
コメントの返信、ありがとうございます☆

>>田仁さん

>>恐怖して逆上する「癖」

逆上したかはわかりませんが…
僕は恐怖を感じてもおかしくない、とは書きましたが。
さらに癖、とお書きになってますが、誰だって強い恐怖心を抱いた時は冷静でいられなくて普通では??

一度お書きしましたが、田仁さんは暴漢に襲われてもいたって冷静でいられますでしょうか??

さらに犯罪を犯した側についてはいかがお考えでしょうか??


>>FXさん

あ、ブログ主様だったんですね(^^;
他のコメント欄ではヤメ蚊、と名乗られていたので違う方かと思ってしまいました。すみません。

>>たった数行の報道からかってに
自分の中で事件をイメージし
警官は悪くないという考えを持つのです。
これは怖いことです。

これこそ、FXさんの勝手なイメージではないでしょうか??
もちろん警官に値しない人もいるでしょうが、大半は犯罪者がいての警官の行動でしょう。

>>私があげた話では少年は何も悪いことはしてなかった
ことが判明してますし警官は逮捕されてます。
それでも警官を擁護する人がいるわけです。

それならば話は別です。
一度書きましたが、犯罪者を取り締まるという意味でなら殴ったり、銃の威嚇も場合によってはやむを得ないとは思います。
が、このような事例で警官を擁護する気はさらさらありません。

しかし、この記事の件とFXさんのあげた少年の例とはまったく関係もないですし、比較も出来ないですよね?

何故なら今回亡くなられた中国人の方は罪を犯していたのですから。

その少年を殴って逮捕された警官は糾弾されるべきですしその警官を擁護するような人もどーかしてますが、今回の件の警官が責められるのは間違っていると思いますよ。

失礼致します。
管理者は私です (ヤメ蚊)
2008-04-23 08:05:19
別名は名乗りません。
相手が悪ければ何をしてもかまわない。? (反政府ゲリラ)
2008-04-23 20:26:45
銃を使うならソレなりの理由状況が必要です。警察官、警察学校で柔道、剣道、初段以上取らなければ卒業できません。どう考えても銃を使う状況じゃ無いと思います。使うにしても威嚇が先、それでも行き過ぎです。この状況でパニック起こして銃使う警察官、警察官の資格無し。
イージス艦を操縦してからでないと、批判しちゃ駄目ですか? (田仁)
2008-04-23 20:45:03
イージス艦の漁船衝突事故の時、随分色々な方が「見張り云々」と穿った事を言われてて、しかし寡聞にして「イージス艦を操縦した事の無い漁協の分際で何を言う!」とのイチャモンは聞きませんでしたが。
(或いは光市事件で、「実際に自分自身が首を絞められ殺されかけてないのに、加害少年を非難するな!」と聞いた事も無い!と言い換えてもイイですが。)
私は別段警官でも無いのに、自分が暴力に対応出来るか問題にされなきゃならんのか、意味が判りませんね!まあ、背の高い男性に対応する策は当然思い付きますが、教えない!割と一瞬の危険は伴うし。
で、何ですか?不法滞在に関してどう思うか、ですか?射殺される程の重罪とは到底、思いませんね!!!B層右翼の偏見に反して、立場の弱い不法滞在者は往々にして犯罪被害者になりがちで、加害側に回るのは極少数です。
ATM窃盗はB層右翼が主張する捏造だって事をお忘れなく!仮に窃盗罪が付いたと仮定してさえも射殺は明らかに判断の誤り!!!で、被告警官は職業適性を欠き、免職が相当でしょう。
ハンドガンが…。 (田仁)
2008-04-23 20:52:10
接近用の武器ってのは、一度に必ず数発撃つって、射殺を前提のアメリカ式ですゼ。
全米ライフル協会の広告塔が老衰の今、何を…。
あれ? (ゆん)
2008-04-24 02:19:33
>>ヤメ蚊様
>>別名は名乗りません。
大変失礼致しましたm(_ _)m

>>反政府ゲリラさん
>>使うにしても威嚇が先、それでも行き過ぎです。この状況でパニック起こして銃使う警察官

いや、間違いなく威嚇はしているでしょう。
威嚇‘射撃’をしたかはわかりませんが、口での警告及び威嚇はしているでしょう。

この状況、といいますが乱闘になれば怪我の恐れがあり下手したら死ぬ‘かも’しれない状況を何故そんな日常のような簡単なものとして捕らえられるのでしょうか??

石の塊もった人に喚き散らされながら近づかれたら柔道や剣道習っていても、普段と全く同じでいられるでしょうか?

習い事はあくまで、道場で竹刀や素手で、周りに立会人がいて、お互い‘武道’としてしか接しません。
柔道も剣道も、もしかしたら死ぬかもしれない、なんて‘本気’の物ではありません。

ですが、今回の件では、乱闘になっていた場合、もしかしたら頭殴られて重症なり死亡なりしていたかもしれません。

そんな場面で道場と同じような精神状態でいられるでしょうか?

田仁さん宛にも書きましたが、自分が同じ状況に陥った時に果たして至極冷静に対処できるか、そういった相手の立場を想像するという思考も必要では??

この警官の方がパニックになったかはわかりませんが、剣道や柔道の師範クラスだって武器を持った素人に喧嘩で負けることもあるんです。
それらを習っているんだから警官は格闘戦では勝たなければいけない、1対1では銃に頼らず相手を制圧できなければいけない!
なんてのは非現実的な理想論でしかないですよ(^^;


>>田仁さん
>>私は別段警官でも無いのに、自分が暴力に対応出来るか問題にされなきゃならんのか、意味が判りませんね!

貴方が出来ないことを、警官に「やれて当然だろ!」と言っても説得力が無いですよ。
と言っているのですよ(^^;
警官が格闘術を習っているのは当然でも、彼らも人間です。
常に至極冷静で頭で考えたとおりの理想的な動きを出来るとは限らないのですよ。
貴方には、同じような状況になった時に、至極‘冷静’に(貴方達が言うように、ここでこーさばいて、警棒でこう叩けば何も問題なかったハズという‘空想’通りの)対処出来ますか?
と聞いたのであって、貴方が暴力に対応できるかが問題ではないのですよ。

普段と違う状況の中で、常に冷静に、最善の判断(しかも後日誰からも文句を言われず、最善と言われるような)とその通りの行動を、寸分の狂いなく、実行できるのですか?
と聞いているのです。
別に暴漢じゃなくてもイーですよ?車の事故の瞬間でも痴漢(痴女)に遭った時でも、何でもイーです。

もし貴方が出来ないのであれば「出来て当然だろ!」なんていう論調は説得力にかけますよ、って事ですよ。

>>不法滞在に関してどう思うか、ですか?射殺される程の重罪とは到底、思いませんね!!!

いやいや(^^;
不法滞在が射殺されて当然だ!なんて一っ言も言っていませんよ(^^;
もちろん殺されるような重罪ではありません。

ただ、僕がヤメ蚊様にお尋ねしたのは、罪の重さ云々ではなく、元々事の発端である不法滞在という原因を作ったこと、さらには職務質問から逃げようとしたこと、凶器となり得るものを持って反抗したこと、それらを含めて、聞いているのです。

そもそも、反抗せず大人しく職務質問に答え、連行されるのを受け入れていれば死なずに済んだ。って事を言いたいのですよ。

なのに、この中国人は反抗した。
警告も無視して反抗し続けた。

死んでしまったからって、そこは一切批判されなくてよい部分ですか?

>>射殺

とありますが警官の方に‘殺す気’‘明確な殺意’があったのでしょうか?
明らかに無いですよね?(^^;
発砲の‘結果’死んでしまった、その事例に対して射殺、という言葉は不適切です。

>>立場の弱い不法滞在者は往々にして犯罪被害者になりがちで加害側に回るのは極少数

立場が弱くても法は守るべきですよね?(^^)
そして、立場が弱くても、嫌な結果になろうとも、他人に対して喚いて、威嚇してもよいって事にはなりませんよね?

そして‘不法滞在’してる時点で犯罪者なんですよ(^^;

ATMに関しては僕は何の発言もしていませんのであしからず。

>>仮に窃盗罪が付いたと仮定してさえも射殺は明らかに判断の誤り!!!

もう一度書きますが、罪の重さいかんに関わらずその場での射殺には僕も反対です。

しかし、反抗して攻撃を加えてくるのならば、身を守り相手を制圧する為にも銃器の使用は必要でしょう。

罪が思い軽いとか関係なく…

罪を犯しといて反抗すんな。

って事を言いたいんです。

>>接近用の武器ってのは、一度に必ず数発撃つって、射殺を前提のアメリカ式ですゼ。

殺す気ではなくとも、当てようと思うのならばハンドガン(しかも一部日本警察が使用しているニューナンブなどは、動いてる相手に当てようとした場合10メートルを超えたらまず当たらないシロモノです)では相当至近距離に近づかないと当たりません。

ハンドガンを用いて動いてる相手に10メートル以上の距離で命中させられる人なんてほとんどいません。
それが銃の現実です。

たとえ10メートル以内でも相手も動いているわけで、足や腕等を狙っても狙い通りに当たることも稀でしょう。
それはハンドガンが戦地等ではほぼ使用されない事からも実証されています。

よって
>>接近用の武器ってのは、一度に必ず数発撃つって、射殺を前提のアメリカ式ですゼ。
というのは事実とは異なると思われます。

殺意が無くとも、当てたければ近づく必要があります。

さらに重要なのは、本件では警官が自ら近づいたわけではなく、乱闘になりそうな程この中国人の方が近づきつつ反抗を続けた、というのが予測出来るという点です。

警官は相手が投降して、逮捕されるのがベストなわけですし、万が一近づいて宝珠で殴られても大変ですから、間違いなく自らは近づかないでしょう。

そう考えれば威嚇にひるまず中国人が近づいてきたと考えるのが自然では?


また長くなってしまいました…
ヤメ蚊様、申し訳ありません。
けん銃使用 (A4縦書き)
2008-04-24 02:47:54
警察官の武器の使用については、警察官職務執行法第7条において「警察官は、犯人の逮捕若しくは逃走の防止、自己若しくは他人に対する防護又は公務執行に対する抵抗の抑止のため必要であると認める相当な理由のある場合においては、その事態に応じ合理的に必要と判断される限度において、武器を使用することができる。」と規定されています。
武器特にけん銃の「使用」に関しては「警察官等けん銃使用及び取扱い規範」により、「相手に銃口を向ける」から「相手に向けて発砲する」まで細かく規定されています。
但し、相手に危害を加える武器の使用に関しては、同7条1号と2号において凶悪犯あるいは逮捕被疑者等がが警察官に対し抵抗、若しくは逃走しようとする場合にこれを防ぐために他に手段がない時に限られています。
以上を踏まえて本件の発砲状況を見た場合、外見上不審点が見られる外国人が警察官の職務質問から逃走し、あまつさえ凶器を把持して激しく抵抗しているのですから、武器の使用については十分要件を満たしていると言えます。
また本件警察官は「駐在所」勤務員ですので、遠隔地での相勤者のない1人勤務態勢ですから、都市部の交番のように応援要請をすればすぐに応援が駆けつけるという状況ではありません。
しかしながら、本件中国人男性の抵抗状況を考慮すると、「威嚇射撃」までであれば何ら問題のない職務執行であったといえますが、相手の身体へのけん銃使用については、「他に手段がない」状況ではない可能性が高く、些か妥当性を欠く部分が認められます。
ただ賠償責任を負うほどの違法な職務執行であるとは言えないでしょうね。
・・・と素人の私でもこのくらいの考察は可能なんですが、どうしてここの一部の常連の方は
権力相手だと常軌を逸した感情的な反応しかできないんですかね?
せっかく弁護士先生のブログなんですから、もう少し論理的な意見交換はできないものでしょうか。
Unknown (江戸 紫)
2008-04-24 12:12:34
 私も警官の発砲自体は支持しますね。

 違法滞在なのを、おそらく理解した上で滞在し続け警官の職務質問中に逃走、追跡してきた警官に対し、その場にあったと思われる物を振り回して抵抗。
 ここまで条件が揃えば発砲自体は支持します。
 
 問題なのは容疑者の中国人を射殺してしまった事。

 容疑や行動の内容から判断して射殺するのは、やりすぎだしヤメ蚊さんの言われる通り警棒だけでも対処は可能なように思えます。

 願わくば対処に当たった警官がもう少し冷静に発砲し手なり足なりを撃ち抜いて行動不能かそれに近い状況にすれば十分だった感じを受けます。
(冷静に対処できるほど余裕があったとは思えない雰囲気はありますが・・・)


 う~ん。
 ここまで書き込んで思ったけど、どうしてもヤメ蚊さんが主張なさっている対処に当たった警官の訓練不足の感は否めないなぁ・・・
 発砲自体は問題が少ないような気がするので現場の警察官は、もっと格闘技と射撃の腕を磨いて下さい!
 ---という結論なのだろうか。。。??
無題 (反政府ゲリラ)
2008-04-24 12:22:13
自分の言う威嚇とわ威嚇射撃の事です。それでもやりすぎ、警察官武器わ拳銃しか携帯してないのですか?この状況でわ警棒で充分とおもいます。他の警察官ならそうしたでしょう。後警察官の職務質問答える義務法律的にもありません。
逆に、何で権力に甘いんですか? (田仁)
2008-04-24 16:06:33
一般人がソウソウ合法的に銃を所持していない日本において、普通はもっと高い規範を求められて当然でしょ。
篠竹は明らかに武器ではなく子供の喧嘩レベルで、石の灯篭上部も、持っている手自体がかなり力を入れ難い形状だって言う、そういうご趣旨の写真だし主題でしょうが。
石の灯篭は確かに重くて硬いが、投げるにも投げ難く、ソレで打ち掛かろうにもすっぽ抜けそうな、如何にも間に合わせの珍妙な『凶器』ですよ。
ソレに(殺さずに)対応できないんじゃ、警官してちゃイケナイでしょ!とは社会通念ですよ。
警官の職務が、素直に権力のご威光に従う暴対法対象団体員との茶飲み話だけじゃないでしょうに。
で、逆にどうしてソコまで庇うんですか?当該被告はそんなに換え難い人材って言う、教祖様のご命令?B層右翼の裁判所前街宣と顔見知りですか?
警官はスベカラク箱入り息子に育てられた、ヒスを起こし易い危険人物って言えって?却って墓穴を掘ってるような気がしますが…。
Unknown (真実)
2008-04-24 21:43:40
A4縦書きさん

ここの常連さんの大部分はご存知の通りサヨク思考の方々ばかりですから反日、反権力の話題になると必要以上に剥きになるのは仕方のないこと思いますよ(笑)私も最初ある常連さんに対して剥きになった部分もありましたがバカらしくなってきましたから…
私自身は以前にも書き込みしたと思いますが仕事柄右翼左翼の幹部の方々とお話する機会があるのですが組織の下部になればなるほど偏見思考に陥った方々が多数存在するみたいですね…各々の理想を主張するのは悪いことではないのですが加熱しすぎて常識を逸した一方的な主張をするようではカルト宗教と呼ばれている方々となんら変わりないですから…
そうですねぇ (A4縦書き)
2008-04-25 02:41:15
>真実さん
いや私自身も基本的にはリベラリストであると自認しているのですが、議論は基本的に是々非々、法と論理と道義に従って進めていくべきだと思うのですよ。
ある特定の思想や立場の者だけを擁護し、それ以外の者は口汚く罵り容赦なく排除しようとする、貧困な思考回路しか構築できない人が思想の左右を問わず増えてきているのでしょうね。
まったくもって悲しいことです。

>ゆんさん
本来そのまま逃走すればすむところを、わざわざ凶器を把持して警察官に抵抗しているところを見れば、この中国人男性が「警察官を排除して逃走しようとした」つまり警察官に対する危害の意志があったことが伺えます。
そりゃあオーバーステイの状態で警察官に捕まれば本国に強制送還されますから必死で抵抗するでしょうね。
そう考えると、手に持つ獲物が何であろうと、抵抗の度合いは相当なものであった可能性が推認できますね。
真実という名前の「真理」を知らない方へ (作務)
2008-04-25 09:38:42
改めて聞きますが「反日」って、ナニ??
アナタが仕事柄お付き合いされている右翼左翼の方々は、社会の本当の発展 人類の幸福の為に 働いているのでしょうか?
アナタを見る限り そうは思え無いですがね。

人間は何の為に存在しているのでしょう?

そして「反日」って、ナニ?
半日の間違いじゃない?(笑)
http://blog.goo.ne.jp/samu_one
マジで、本件被告警官って、どんなヒト? (田仁)
2008-04-26 00:42:28
ギャアギャア言われると、逆に滅茶苦茶興味が湧くじゃないですか。
暴力にド素人の、怯えて手頃な「凶器」も何も訳判らなくなってる、漢族らしく背が高いだけの中国人に、更に輪をかけてパニクる拳銃乱射警官って一体どんなヒト?!なんだか。
まあ、サゾカシ敬虔で熱心なんでしょうが、ご宗旨は?
或いは、親族関係に特筆すべき方とかいらっしゃいます?
ウラは何なんですか?
失礼致します (ゆん)
2008-04-26 01:55:49
>>江戸 紫さん
>>警官がもう少し冷静に発砲し手なり足なりを撃ち抜いて

これが理想ですけど、激しく動いている相手の狙った部位を、銃身の短い拳銃で性格に打ち抜くのは、余程の狙撃の名手でなければ相当に難しい事だと思われます。

冷静であったとしても、技術と武器の能力の点から見てかなり困難だと思われます。

僕も、地面等に向けての威嚇射撃をしておけばそれだけで相手が投降したかもしれない…
とは思いましたけど、それも理想論ですしね…


>>反政府ゲリラさん
>>自分の言う威嚇とわ威嚇射撃の事です

なるほど。
そこは僕も同感です。
記事から見るにどうやら威嚇射撃はしていないようですからね、そこをしておけばまた結果は変わったかもしれませんね。

まぁ威嚇射撃をする前に相当の距離まで近づかれ、身の危険を感じたのかもしれませんし、冷静さを欠いて一つのステップを飛ばしてしまったのかもしれません。

後者ならば、普段から少し気を引き締めて、もっと訓練を多くして、とっさの時に冷静に対処出来るようにした方が良い、とは思います。

が、どんなに訓練を多く積んでも、訓練と実戦は決して同じでは無いので、訓練と同じ精神状態でいる事など人間には不可能である事も確かですよ。

実戦でいたって冷静でいられるのは‘実戦’を数多く経験した人のみでしょう。

そんな人日本にほとんどいないでしょうし(喜ばしいことだとは思いますが)

>>警察官武器わ拳銃しか携帯してないのですか?この状況でわ警棒で充分とおもいます。他の警察官ならそうしたでしょう。

警棒で充分と判断するのは、後日写真で冷静に見る他人ではなく、襲われそうな当人が一瞬でするものです。

身の危険を感じ、警棒ではこちらも被害を被るかも…とか、相手が接近してきた事によって焦りが出たのかもしれません。

なんにせよ、似たような緊急で危険な経験をしたこともない人が「あーできたはず、こー出来たはず」なんて言うのは少し無責任ですよ。
かなりの緊急事態だったのは容易に想像できます。
その状態で一体何人の日本人が冷静にいられるでしょうか??

自分は冷静に見てられる立場から、当人の心情を想像もしないで訓練不足とかやりすぎとか、そう一方的に批判するのはいかがなものではないですか?

>>後警察官の職務質問答える義務法律的にもありません。

確かに。そうですね。

ただ、それは職質に対して‘だけ’ですね?

職質を嫌がって‘逃げたら’充分、逮捕して連行する理由になるでしょうし、更に武器となりうる物を持って‘抵抗’までされたらもう立派な犯罪ですよ。


>>田仁さん
>>逆に、何で権力に甘いんですか?

権力に甘いわけではありません。
ここで警官の立場を擁護してる方々も権力に甘いわけではないでしょう。

ただ‘権力が相手だから’って理由で感情的に批判したり、理由や状況を無視してまで批判するのが平和に繋がるとは思えません。

>>篠竹は明らかに武器ではなく子供の喧嘩レベルで、

持ってるもので、抵抗している人間の抵抗レベルを推し量るのは何とも現実逃避な事ではないでしょうか?(^^;
何持ってるにせよ、この中国人の方の抵抗レベルは相当強いものだったのが想像できますから、乱闘になった場合、例え相手が素手でも怪我をする恐れだってあります。

>>石の灯篭上部も、持っている手自体がかなり力を入れ難い形状~
>>石の灯篭は確かに重くて硬いが、投げるにも投げ難く、ソレで打ち掛かろうにもすっぽ抜けそうな~

手が大きければ別に問題ないでしょう(^^;
それに、援護もなし、1対1で、体格も同じくらい、相手は相当本気。
そんな状況で、今にも襲われそうな緊急事態に「あれは灯篭の頭の宝珠だな、相当に持ちにくいだろうし、重いだろうし、ある程度距離を置いて警棒で対処すれば問題ないだろう」
なんて事考えられる程冷静でいられると思いますか??

何度も書いてますが、自分が同じ立場で冷静でいられるかどうかすら想像しない人達が「この程度の状況なら冷静でいて当たりまえ」なんて言っても何の説得力も無いです。

しかも、現実的に見たら、日本の警官がこんな‘実戦’を‘経験’することなんてほとんど無いんですよ?
実戦を一回も経験したことない人間が訓練‘通りに’実戦をこなせるなんて理想も理想、はっきりって非現実的です。

頭で考えておけば、避難訓練なんてしてなくても災害時にパニックになんかならないよ
って言ってるようなもんです。
実際は年に2~3回避難訓練していても、実際の災害時には相当のパニックが起こるんですよ?

>>ソレに(殺さずに)対応できないんじゃ、警官してちゃイケナイでしょ!とは社会通念ですよ。

そりゃわざと殺したのであれば問題ですよ?
「違法滞在者なんか死ね」とか思ったのであれば大変な問題ですけど、この警官の方は職質から入ってるじゃないですか。
怪しいからっていきなり殴ったりしてるわけじゃないんですよ?
誰だって殺す気なんてないでしょう。
しかし、不幸にも、偶然殺してしまったんですよ。
そしてその責任は、もちろん警官の方にもすこしはあるかもしれません(威嚇射撃をしていれば…等)

が、やはり、この結果を引き起こした事の責任の大半は中国人の方にあるでしょう?

この中国人の方の行動が、今回の結果を招いたんですよ?
何故どなたもそれを考慮せず警官の方ばかり非難するのでしょうか…

>>で、逆にどうしてソコまで庇うんですか?当該被告はそんなに換え難い人材っ~~警官はスベカラク箱入り息子に育てられた、ヒスを起こし易い危険人物って言えって?却って墓穴を掘ってるような気がしますが…。

すっごい感情的ですよね(^^;
感情的というか妄想というか…
話が田仁さんの頭の中で勝手に物凄く広がってて、何を話していたのか判らなくなりそうです(^^;

ってか、被告って警官の方を指して言っていますか!?だとしたらかなりびびります(^^;


>>A4縦書きさん
>>つまり警察官に対する危害の意志があったことが伺えます~~抵抗の度合いは相当なものであった可能性が推認できますね。

ですよね。
容易に想像できるとは思うんですが…

もちろん不幸な結果だとは思うんですが、ただ望んで殺したわけでもないでしょうし。
仕方の無かった、止むを得なかった、‘かも’しれない。

そういう風に状況の想像もしないで一体どんな冷静な議論が出来るのでしょうかね(^^;

>>ある特定の思想や立場の者だけを擁護し、それ以外の者は口汚く罵り容赦なく排除しようとする、貧困な思考回路しか構築できない人が思想の左右を問わず増えてきているのでしょうね

全くもって同感です。
立場が違ったとしても貴方のような方のご意見はとても参考になります!
貴方のような方がもっと増えれば良いなぁって思いました(^^)


なかなかヤメ蚊様もお忙しく、返信もままならないかと思いますので、この辺で失礼致します。

批判的なコメントにも関わらず載せていただきありがとうございました☆
では失礼致しますm(_ _)m
田仁さん (ヤメ蚊)
2008-04-26 04:52:47
【漢族らしく背が高いだけの中国人】…この点は、羅さん169センチ、発砲警官175センチです。
批判するなら… (ヤメ蚊)
2008-04-26 04:56:15
せめて、その人が何を書いているかぐらいは、調べてからにしてほしい。

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/s/%BA%C7%B9%E2%BA%DB%C8%BD%CE%E3

最高裁の判断をここに引用しています。この最高裁の事案と比較すれば本件の違法性は明白です。
Re:批判するなら… (江戸 紫)
2008-04-26 12:08:34
あの~ヤメ蚊さん。

 ヤメ蚊さんが貼って頂きましたリンク先の下のほうの記事に「中国人に対するこの警官発砲は限度を超えている~最高裁の基準は厳格」というタイトルの記事があるのですが
 これを見ますと警察側の主張として

「一方、これまでの県警の調べでは、死亡した男性は拳銃を奪おうとしたり、突き飛ばすなどして巡査に約2週間のけがを負わせたうえ、石灯ろうの一部(重さ約3キロ)を振りかざし、殴りかかろうとしたとされる。」

---という一文があるのですが

 これってマジですか?それとも警察の捏造!?
 もし射殺された中国人がホントに警察官の拳銃を奪おうとしていたのなら私は警官の発砲を支持するどころか射殺さえも支持するように意見を変えなくてはいけなくなってしまいます・・・

 これにつきまして考察された記事とかありますでしょうか??
 自分なりに調べてみたのですが、見つける事が出来ませんでした。。。
なるほど!169センチですか。 (田仁)
2008-04-26 13:45:17
お子さんを抱えられてた写真の印象が強く、読み間違ってました。
(カメラ位置のマジックですね?)
余りの、パニパニ警官を庇う強弁に、ツイ装飾語が増えたせいもありまして。
しかし、何だってパニパニ警官がそんなに大事なんでしょう?
数センチ背の低い相手の抵抗に、射殺でしか対応出来ないパニパニ警官が…。
仕方ないのでハラスメントに、放送禁止語に抵触する「〇〇に刃物」へ代わり「パニパニ警官に拳銃」との新語を造語したいと存じます。
警察側の主張… (ヤメ蚊)
2008-04-26 14:26:22
もみ合いになった際、羅さんの手が拳銃をまさぐろうとした。この後、警官は押し倒されたが、羅さんはそれ以上、攻撃することなく、直ちに逃げた。もちろん、倒れた状態の警官から銃を奪おうともしていません。

写真のシーンはそれからしばらく警官が羅さんを追いかけた後の場面だということです。

以上はあくまでも警察側の主張ですが、それをもってしても、発砲行為の違法性を認めた最高裁判例の事案とは比較にならないでしょう。

【被告人は、けん銃をいったんケースに収めた上、さらに、逃げる森本を追って右宗永方庭先の同町中野三九八番地所在の田(稲の刈り取り跡。同第四現場)に至ったところ、森本は、「すなや、すなや(するなの意)。」と言って後ずさりしながら、右手に持った前記ナイフを二、三度振り下ろし、さらにその場にあったはで杭(長さ約一七一・五センチメートル、重量約五〇〇グラム、直径の最大部分約三・二センチメートル、最小部分約二・二センチメートル)一本を拾い上げてこれを両手に持ち、特殊警棒で応戦する被告人目掛けて振り下ろしたり振り回したりして殴り掛かり、被告人が特殊警棒を落とすや、なおも前進しながら、右はで杭で被告人に対し同様に所構わず殴り掛かる攻撃を加え、これに対し、被告人は後退しながら腕で頭部を守るなどして森本の攻撃を防いでいたが、安静加療約三週間を要する両前腕打撲、右大腿・下腿打撲擦過傷、両肩打撲の傷害を負い、その場に積んであったはで杭の山に追い詰められた形となったため、午後零時五分ころ、前記けん銃を取り出して森本の左大腿部をねらって弾丸一発を発射し、その弾丸が森本の左胸部に射入する暴行を加え、 よって、森本に左乳房部銃創の傷害を負わせ、右銃創による心臓及び肝臓貫通、右腎臓損傷に基づく失血のためその場で死亡させた。】

…このケースで、最高裁は、【本件各発砲を違法と認め、被告人に特別公務員暴行陵虐致死罪の成立を認めた原判断は、正当である】としています。
この人警察官です (反政府ゲリラ)
2008-04-26 18:22:45
確かに実戦と訓練違います。しかしこの方警察官です。この程度でパニック起こされても困ります。問題其処にあるのです。一般人なら平静でいられない。ソレなりにわかります。しかしこんな状況にも冷静に対処しなければならないのが警察官、それができなかったから、警察官の資格無しと言っています。自分に出来ない事要求するのが無責任?私が警察官ならそうかもしれません?
Re:警察側の主張… (江戸 紫)
2008-04-26 18:46:04
 ヤメ蚊さんお忙しい中、私のためなんぞに時間を割いていただきましてありがとうございます。

 ・・・なるほど。
 警察側の主張が正しいと仮定しても、そういうシュチュエーションの元で起こった発砲事件なのですね。

 それにしても「中国人に対するこの警官発砲は限度を超えている~最高裁の基準は厳格」の記事の中に訴状の要約が載っていますが

「巡査が追い付くと、男性は竹の棒を振り回して抵抗したため、約5メートルの距離から巡査が男性に発砲した。腹部を撃たれた男性は約1時間15分後、搬送先の病院で死亡した。」

---この約5メートルって、どういうもんなのだろう?

 片や53センチの長さまで伸長できる特殊警棒と拳銃。
 片や90センチの園芸用篠竹と約3キロの宝珠。

 この距離で相手に対し一撃与えようと思ったら中国人は1~2歩前に踏み出しながら勢いよく宝珠を投げつけるしかないし、警官の側は宝珠の一撃をガマンしながら警棒で突撃するか拳銃を使うかぐらいしか選択の余地が無い・・・

 私が中国人だったら、ここですべてを投げ出して死ぬ気で再び逃走するか、諦めの境地に達して投降するか、やった後どういう事になるか分からないけど、とにかく思い切り宝珠を投げつけてみるかの選択になるのかな。

 現場に居合わせた訳では無いし結果論だし格闘の心得もないので何とも分かりませんが、もしかしたら射殺する瞬間が一番、警告射撃の良いタイミングだったのかも・・・
後、思ったんですけど…。 (田仁)
2008-04-26 20:23:06
長野で聖火を守った日本の警察官が、1人たりとも「パニパニ拳銃乱射型」でなくて良かったです。
私は、パニパニ拳銃乱射型警官は非常な例外だと信じます。
Unknown (コメット)
2008-06-14 01:32:26
こんな写真があったんですね。
ネットは反中主義者が多すぎて、彼らの思想に不適な情報は量的に駆逐されてしまうので、貴重な情報、参考になります。
今回の秋葉原では。。。 (sakura)
2008-06-14 19:22:55
  
 あのように刃物を振り回し、何人もの人を刺し、
逃げ回った犯人に対しても、警官は発砲しなかった。

しかも、警官一人だけでの逮捕でした。

それを比べてみても、この事件で発砲するのは、
異常です。

どんな言い訳をしたとしても、この現場が証明しています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
08年4月20日 日曜日  一部 今日のテレビ番組から (護憲+グループ・ごまめのブログ)
08年4月20日 日曜日  一部 今日のテレビ番組から  先ず、何時ものように報道2001の中の関東4府県の投票予定調査を貼付ける        今朝のTV番組でも老人医療制度に付いての論議で、与党は自民党は谷垣禎一政調会長・公明党は斉藤鉄夫政調会長が出ていた。そ...
やったね!画期的判決だぁ (road to true)
歴史的ともいえるイラク派兵違憲判決が下された。 その闘いの一端を過去の記事において掲載したが、地裁における審理の様子からはとても想像できないような大逆転劇だった。 http://sky.ap.teacup.com/sinzituitiro/15.html http://sky.ap.teacup.com/sinzituitiro/16.ht...
東京での「光市事件」集会をまとめた本が出ました! (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 ようやく取次から新しい本 光市事件弁護団 編著『光市事件 弁護団は何を立証したのか』インパクト出版会,¥1300 (2008) が届いたので,皆さんにもご紹介しようと思います.これは3月15日の (内輪では)「東京集会」(と言ってる) 「「光市事件」報道を検証する会」の...
移民政策を推奨するジャーナリスト (飯大蔵の言いたい事)
 「移民政策を推奨するジャーナリスト」は基本的な矛盾を含んでいるが、それは現実に有る事だ。
人間を裁くとは……光市事件弁護団資料より【再掲載】 (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
<BPO>テレビ8局に「公平性欠く」 山口・光母子殺害で(毎日新聞) について  光市事件の広島高裁差戻控訴審まで,あと1日となった.今日は『光事件弁護資料』(差戻控訴審) より,まず 光市事件の経過 と,「光事件Q&A」について掲載することにする.目が悪い...
08年4月21日 月曜日  福田内閣支持率 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
08年4月21日 月曜日  福田内閣支持率  朝刊のトップは、      だった。  今日は家内の検診の予約が、朝一番だったので、早朝より吹田の循環器センターに行った。先日の救急車の事もあり検診に時間がかかり3時頃帰宅したので、今日は昨日作りさしにしていた「こ...
国民審査×記入呼びかけ!!(一部転載大歓迎) (高野 善通のブログアネックス)
 突然ですが、本活動にカンパ下さる意思のある方には大変申し訳ございませんが、カンパ口座について誤りがありましたのでお詫び申し上げます。カンパ口座 三菱東京UFJ銀行青葉台駅前支店 (店番号089) 口座番号0867415(当座) と記載していたのですが、口座種類は...
「電子投票制度反対!」の狼煙 (現政権に「ノー」!!!)
トラックバックピープルに、「電子投票制度反対!」を設置しました。 どんどんトラックバックして頂き、ネット上で、”電子投票制度反対!”を盛り上げて行きましょう。 今、全くと言っていいほど、マスコミ報道がされていません。衆院山口2区補選の話題が報道...