情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

外務省も戦線復帰!~共謀罪HP合戦

2006-10-12 22:28:13 | 共謀罪
いやぁ~、とうとう、外務省が本音を出しはりましたな…。えっ、ああ、共謀罪のことやねん。外務省がHP(←クリック)で、共謀罪を新設して国際組織犯罪防止条約を批准しろやて…。あんたらいったい何者?いう感じやねぇ。

 そもそも、外交官いうのんは、日本の国益のために、外国はんと交渉するのが仕事やなかったやろか?国会で共謀罪の新設法案が通らんのには、通らんなりの理由があったんやないやろか。国民の強い反対があったからこそ、8回も国会通らんかったんやないやろか。

 そやったら、その国民の声を背景に、日本の法律は十分、国際組織犯罪防止条約に対応できるいうて、外国はんを説得するのが、外務省の仕事やろ。もっというたら、こんなおかしな条約はあかん、もっと世界的に対応できるような形にせな、日本は参加できひん、いうのんが…。そやのに、国民を説得するために、わざわざ、HPで説明するなんて変な話やなぁ…。

 まぁ、ここだけの話、最初、共謀罪は日本の法律に合わんって頑張ってた日本の代表団に圧力をかけたのは、アメリカはんちゅう噂もあるそうやね。もともと、共謀罪を持っている英米法系国、参加罪(結社罪)を持っている大陸法系国は、国際組織犯罪防止条約を批准するのに、何も新しい法律はいらん。それ以外の国々のために、日本が提案したのが第3のオプションやったが(ここ←参照)、アメリカはんとの非公式協議という裏の交渉で(ここ←参照)、ころっと意見をかえはった。どう考えてもアメリカはんが何か圧力をかけたとしか思われへんいうんが、噂の主の見方や。確かに、外務省がHPで必死に日弁連の意見書(←クリック)や最近の新聞記事に反論するのは、おかしな話や。

 え、外務省の意見のレベル?そりゃ、日弁連の意見書と比較すれば一目瞭然や、肝心なところは英文のままでよう訳しとらん。日本語にしたら、こけおどしや、いうことがばれるからやろなぁ…。

 それにしても、外務省の皆はん、日本が批准してない条約はたくさんある、特に人権を守るための条約は批准してないもんが多い、いうことを聞くんやけど、ほんまやろか?そのことについては、HPつくって、批准するように訴えたという話は聞かんのやけど、知らんだけやろか?まぁ、最近、耳が遠なって、目ぇも霞んできよったからねぇ…。

【重要な追記】
外務省が引用している国連のHPは、アメリカの留保の概要に過ぎない。肝心なのは、米国の留保の原文(←こちら)である。ここをよく読むと、「for example, a few states have extremely limited conspiracy laws」(いくつかの州はきわめて限定された共謀罪しか持っていない)という記載がある。このことも外務省は隠している。このきわめて限定された共謀罪、とは、日本での状況~一部の重大犯罪にのみ共謀罪規定があること~と同じ状況ではないか?それでも米国は条約を批准している…。米国の状況は、例えば、ある区域の学校が同じ校則を作ろうといって合意したのに、もっとも大きな学校だけは、「うちはクラスが校則とは違うクラス則をつくる権利をもっていて、みんなが作ろうと合意した校則とは違うクラス則を持っているので、そこのところ、よろしく!でもあんたのところの学校はみんなで合意した校則どおりつくらな承知せんぞ!」と言っているようなもんだ…。あきれ果てる。








※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで


『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クロスオーナーシップ問題~... | トップ | -この内、1発ぐらいはテロ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
年表で態度急変までの間に9・11が入ってると思った! (やっぱり米国が!?)
2006-10-13 22:12:26
何故関西弁に?!



でもやっぱり、米国の影が?!

ま、意外性がないと言えば、全く無いです...。
Unknown (新党を欲する人)
2006-10-29 07:08:59
いやあ やはり人間 地が出てくると いいでまんなあ



とにかく 絶対勝利しかないでまんな!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『共謀罪とは何か』 (右近の日々是好日。)
 こんばんは。今日は海渡雄一氏と保坂展人氏の『共謀罪とは何か』(岩波ブックレット、2006年)を読んで、私が考えたことを書きたいと思います。 「はじめに」では、まず、「共謀罪」とは「人の心を縛る刑罰」であることが示されます。  そして、共謀罪がわかり ...
共謀罪警戒警報 (権力とマイノリティ)
 知り合いのフリーライターからのお知らせを転載します。  この24日(火)の法務委員会の冒頭で「共謀罪が強行採決される可能性が高い」との警戒注意報が共謀罪に詳しく、長くその反対運動に携わってきた海渡雄一弁護士から出ています。詳細は一番最後をみ ...