情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【転載・引用熱望】山本至弁護士支援の輪を広げよう~2回目の逮捕は明らかに弁護活動妨害目的だ!

2007-10-17 06:19:44 | 適正手続(裁判員・可視化など)
 全国の市民の皆様、山本至弁護士に対する支援をお願いします。私は前の記事(※1)を書いたときに勘違いをしていました。山本弁護士は最初の証拠隠滅事件で勾留されたまま、今回、脅迫容疑で逮捕されたのだと思っていました。ところが、山本弁護士はいったん、保釈で身柄を解放されていたんですね。つまり、検察は、山本至弁護士が自分公判(裁判)に向け、弁護団とともに準備を積み重ね、10月11日に第1回公判が開かれる、その2日前に逮捕し、身柄を拘束したのです。本人が身柄を拘束されたことにより、公判段階での弁護活動が非常に制約されてしまう。しかも、逮捕を口実に山本弁護士の事務所は捜索を受け、公判に向けて準備していた弁護側資料一式を検察が持って行ったというのです。検察側は、山本弁護士側がいかなる方針で、いかなる資料をもとに、いかなる弁護をするかを事前に把握したわけです。これは、完全な検察ファッショというほかないのではないでしょうか?検察が第1回逮捕で下手をうったことを何とか挽回しようと組織ぐるみで第2回逮捕を仕掛けてきた…こう思われても仕方がない時期と方法で検察は、山本弁護士の2回目の逮捕を敢行したのです。

 できるだけ多くの弁護士、刑事法学者、市民にこの検察ファッショを伝え、この検察ファッショを白日の下にさらし、検察の横暴をストップしなければならないと思う。

 山本至事件の弁護団は次のように今回の逮捕の不当性を解説している。

■■引用開始■■

・まず、今回の脅迫事件での逮捕が、証拠隠滅事件の第1回公判期日の2日前という、まさに、直前の時期に行われたという点が挙げられます。証拠隠滅事件につきましては、山本弁護士が起訴され、保釈決定を受けて以来、9回の公判前手続きを経て、やっと第1回公判手続に入り、これより、毎週のように証拠調べがなされるという重要段階になり、被告人である山本弁護士と、弁護団との打ち合わせが更に重要となったところで、宮崎地検は、山本弁護士の身柄を拘束したのです。実行行為があったとされているのは、昨年の11月上旬です。なぜ、いま、再逮捕なのでしょうか(ヤメ蚊注:再逮捕というと、何か関連事件に関する逮捕だったり、身柄拘束中に更に逮捕されるというイメージがあるので、避けた方がよいように思うがどうでしょうか…)。

・この逮捕に伴い、検察は、山本弁護士の事務所及び自宅を再度捜索し、山本弁護士が過去に担当した刑事事件の事件記録や、山本弁護士のパソコンを押収致しました。山本弁護士のパソコンには、証拠隠滅事件における冒頭陳述を始め、重要な補類がセーブされておりましたが、検察は、これらを入手するとともに、山本弁護士と弁護団、山本弁護士と支援する会とのやりとりのメールも閲覧できることとなりました。

・なお、今回の再逮捕は、実行行為の場所とされる場所が、麹町警察署内接見室と東京であり、本来、警視庁の管轄(ヤメ蚊注:地検なら、東京地検)であるにもかかわらず、宮崎地方検察庁が逮捕を行ったという点でも異例です。証拠隠滅事件は、いわゆる「三長決済事件」(法務大臣・検事総長・福岡高等検察庁検事長(ヤメ蚊注:担当高等検察庁検事長)の3名の決済が必要な事件。)」とされていると聞いております。従いまして、今回の再逮捕にかかる脅迫事件も、三長決済事件として、法務大臣・検事総長・福岡高等検察庁検事長の決済を受けていると考えざるを得ません。となると、証拠隠滅事件の逮捕は、当時の宮崎地検の現場の一検察官(52期)が宮崎県警を指揮してなさしめたものですが、今回の脅迫事件の逮捕は、法務大臣・検事総長・福岡高等検察庁検事長の3名の決済を経て、宮崎地方検察庁をしてなさしめたと考えざるを得ません。いわば、「検察の総意」としての再逮捕と考えざるを得ないのです。

■■引用終了■■


山本至弁士が所属する東京弁護士会は、直ちに、次のような声明(※2)を発している。

【捜査権・公訴権を持つ警察・検察と被疑者・被告人の権利・利益を擁護する弁護人とは、基本的に対立構造にあり、殊に無罪が争われる事件においては、その主張が鋭く対立する関係にある。このような対立関係にある弁護活動の正当性如何を判断することはそもそも容易なことではない。捜査権・公訴権を有する警察・検察が、その権力を一方的に行使してそれを判断するといったことは、弁護活動を萎縮させること甚だしいものがあり、事案の真相を明らかにするという観点からも、許されないことと言わねばならない】

ふっと思ったんですが、これは相次ぐ無罪事件で捜査側に対する批判が盛り上がり、取り調べの録画化(可視化)の実現が本当になされようとしていることに対抗した措置なのではないでしょうか。検察の総意で、このような不当な逮捕、少なくとも不当だと疑われても仕方がない逮捕をした背景には、よほどの動機があるのだと思う。

そこで、検察官の皆さんにもお願いしたい。この事件の真相をぜひ、内部告発してください!

【山本弁護士を支援する会のメルアド】
tsubasa@blue.ocn.ne.jp

※1:山本至弁護士の再逮捕は変だ!~なぜ、東京の事件を宮崎地検が… http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/7981bd10333e6c7d24a3797b0b00d6f4

※2:http://www.toben.or.jp/whatsnew/webapp/whatsnew/detail/?id_whats_new=906

【関連記事】
山本弁護士は無罪だ~正当な弁護活動の弾圧~あなたはもう守ってもらえない!







★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。なお、安倍辞任までの間、字数が許す限り、タイトルに安倍辞任要求を盛り込むようにしていましたが(あまり実行できなかったが…)、辞任したので中止します(ここ←クリック)。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 改善するべきは、魂ではない... | トップ | 航海日誌を廃棄した海自隊員... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一寸、余りの事に思わず顔色が変わる程の深刻さですね? (田仁)
2007-10-17 22:36:53
一体、何なんだソレは?!
2日前の逮捕って、中国の人権派弁護士さんの受難より、権力の濫用って意味では深刻ですよ?
何だって、振り込め詐欺の背景が、「検察の総意」や「法務大臣・検察総長・検事長」レベルにまで、上がっちゃうんですか?!
コレは…、少なくとも政界が、ソレも保守系の、つまり与党幹部が関わって無いと、規模的に無理っていうか…。
怖い!与党は一体、何を無茶苦茶やっているんだ?!
ソコまでブレーキが効かなかったとは…!!!
裁判の妨害? (反政府ゲリラ)
2007-10-18 05:48:19
それは、裁判の妨害や証拠隠滅にならないのですか?
しかも、多分 (田仁)
2007-10-18 12:03:47
森派と思います…。
ハラスメントに (田仁)
2007-10-24 14:41:54
民主には通報しちゃった!ザマミロ~。
ま、自民の政敵って意味で。
道具として使わないとね!有効利用です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
盗み見・盗み聞き 高度監視社会がやってくるのか (とむ丸の夢)
14日、ニュージーランド警察当局が同国北島での一連の対テロ捜査で、先住民マオリの自然保護活動家を含む14人の身柄を拘束したとAFPが伝えていますが、アルジャジーラでははっきりと「逮捕した」と報道されています。 な
速報、報道の自由度ランキング (高野 善通のブログアネックス)
 詳細はこちらから。昨年51位に順位を下げた日本は、37位に順位を回復しました。1位はアイスランド(昨年も1位)とノルウェー、ムハンマド風刺画問題で昨年は19位と順位を下げたデンマークは8位に回復、昨年同率1位のうち、フィンランド5位、アイルランド8位...
弁護士逮捕~検察にはメンツよりも大事なものがあるだろう (津久井進の弁護士ノート)
 この世の中の公正さを保つために,検察官の役割はとても重要だし,一市民としては大きな期待を寄せたいところだ。  しかし,弁護士稼業をやっていると,オカシイナと感じるこ...
山本至会員に対する第1回公判にあたっての会長談話 (ろーやーずくらぶ)
 東京弁護士会は、11日、山本至弁護士の証拠隠滅被告事件の公判に先立ち、同弁護士が被疑者を脅迫したとして逮捕されたことを受け、会長談話を発表しました。  この事件における検察庁の異常な弁護活動への介入については、ヤメ蚊さんがブログで継続的に取り上げてい...
新テロ特措法は廃案を!でもって衆議院解散総選挙になれば日本の夜明けは近いぞ!各々方! (晴天とら日和)
●民主党 2007/10/17 情報隠し、ミスの連続にシビリアンコントロールの危機を指摘 山岡国対委員長 山岡賢次国会対策委員長は17日午前の記者会見で、冒頭、海上自衛隊補給艦「とわだ」がインド洋で給油活動中の「航泊日誌」を、定められた保存期間内にもかかわらず誤...
被害者遺族が語る死刑廃止~「福岡事件」再審運動から (弱い文明)
 1995年、オクラホマ・シティーの連邦ビル爆破事件で一人娘を失った遺族として、犯人の死刑に反対する立場をとって以来、死刑廃止運動に関わっているバド・ウェルチさんと、同じくアメリカで少年死刑囚の写真を撮り続けているカメラマン、トシ・カザマ(風間)さんの二人...
刑事弁護活動への現在進行中の凶暴な弾圧事件(記事の転載) ( 業務日誌 しいの木法律事務所)
弁護士の刑事弁護活動に対する凶暴な刑事弾圧(現在進行中)に強く抗議します。 以下、情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)さんのブログの記事の転載です。 転載元↓ http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/a455f83b8e23b040754c04dc1c2cad9c 【転載・引用熱望...
権力の不条理 (とむ丸の夢)
昨日は植草さんが実刑判決を受けたのを知り、どっしりと重い、動かしがたい空気のようなものを感じたかと思ったら、今日はまたヤメ蚊さんのところから「転載・引用熱望」記事のTBが。 植草さんが手鏡云々で逮捕された後だ
死刑を欲する人々と,自分は死刑になりたくない卑怯な人々 (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
少年への死刑の適用争点 差し戻し審始まる 光母子殺害(朝日新聞) - goo ニュース 「弁護士を処刑」日弁連に脅迫状 光市母子殺害めぐり(朝日新聞) - goo ニュース 元少年、乱暴目的を再否認 光市の母子殺害事件公判(共同通信) - goo ニュース   毎日,少女マンガ...
07年10月号発行 (JCJ機関紙部ブログ)
昨日、ジャーナリスト07年10月号を会員・読者に送付しました。 主な記事です。 1面  朝日、読売、日経の提携 新聞販売の現場に動揺広がる     「押し紙」隠しが目的か?  個人経営店を切り捨て  黒藪哲哉          合売店がカギ 地方紙...