情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

米国本土からグアムに移転する家族の豪邸もプレゼントすると約束した自民党の罪~東京新聞渾身のスクープ

2010-02-25 17:48:23 | メディア(知るための手段のあり方)
 【二〇〇六年五月に日米合意した「米軍再編」に基づき、日本側が負担する米海兵隊の家族住宅建設費の中に、米本土からグアムへ移転する家族分まで含まれていることが分かった。日本側は二十五億五千万ドル(約二千三百二十億円)をかけて、三千五百戸の家族住宅を建設するが、米国から移転する家族分まで負担することは議論を呼びそうだ。】今年上半期の最大のスクープと言ってよい特ダネが東京新聞で報道された。記事は、実体が分からぬまま日本が米兵の宿舎などの建築費などを負担することになっていた普天間廃止に伴う海兵隊グアム移転問題だ。これまで大手新聞が避けてきたテーマに東京新聞は正面から挑戦した。

そもそも、この米国へのプレゼントは、自民党公明党が政権を握っていた時代に両党が強引に可決したものだ。

【在沖米海兵隊のグアム移転協定締結の承認案件が14日、衆院本会議で自民、公明の与党側の賛成多数で可決し、同日参院に送付された。民主、共産、社民、国民新党は「日本側負担経費の積算根拠が明らかでない」「普天間基地代替施設の建設につながる本協定は沖縄の負担軽減につながらない」などとして反対した。】(http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-143140-storytopic-3.html)

 ところが、大手メディアは、民主党が反対していた経緯も無視して、米国の言うとおりにグアム移転を進めるためには辺野古移転しかない、遅れたらもっと金がかかるぞ、といって市民を脅してきた(下記関連記事参照)。

 その流れをかえうる特ダネだ。


http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010022402000109.html

 抜いた記者は、解説を書いている半田滋さんだろう。

 もちろん、この記事を一面トップに持ってこさせた編集部全体の成果といえよう。

 この記事を見て東京新聞が気に入ったら、ぜひ、購読して応援しよう!

 他のメディアはこの特ダネにどう向き合うのか。そして、われわれ市民はこの記事をどう他のメディアにぶつけるのか。

 なお、この記事を機に ツイッターで #scoop というハッシュタグを立ち上げた。

 賞賛すべき記事に関する情報を交換しませんか。







【関連記事】

「普天間移転問題・怒りの追撃シリーズ第5弾(`ヘ´)~読売のグアム移転費7割減報道、ねつ造の疑い濃厚」(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/00998cee4a5c38075846f7f6a911246a)

「普天間移転問題・怒りの追撃シリーズ第4弾(`ヘ´)~歴史のねつ造に加担する大新聞+小沢辺野古反対表明」(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005?sess=e9eb06a99cbcc3aa7fab07f6f7026767)

「普天間移転問題・怒りの追撃シリーズ第3弾~国務省記者会見でロードマップが最良と暴言した記者は誰?」(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/7c405cba3fa9a8a434aac3724dd7c322)

「普天間移転問題・怒りの追撃シリーズ第2弾(`ヘ´)~国務長官と大使の会議録の情報公開を請求しました」 (http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/e928f1d84b8721b5890b8ef42de9527c)

「頭に来たので、米国務省に誰が大使を呼び出したのかを質問しました~普天間移転問題で」
(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/a23e6f4de4948eb6a03c012b2ca5a0a6)

「普天間移設で米国務長官が現行案受け入れ要請のため大使を呼んだというが、違うでしょう(^^) 」(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/aaa7f69e6792bcbffa520e2e027fb0b9)

「ほらね、やっぱり、国務長官が大使を呼び出したんじゃなかったでしょ~普天間移転問題」
(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/4fcd6ce38e643e2fe43c4a8835a87a35)

「グアムに67機+9機を移転するという米国文書原文~普天間+岩国を十分カバー」(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/0322e2681ac6a7d746c1330e408044a4)

「朝日新聞の米軍基地特集記事はプロパガンダ?~公開質問状、本日発送」(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/d2a25bc47e365601dbb9546f4e66e7bc)

「日本の米軍基地維持費負担は世界の80%~みかじめ料を払うのはやめよう!」(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/4efdf7f0142dc0f61376a9dedce10eea)

「国会図書館が米兵らに対する裁判権放棄に関する資料を隠した理由~ひき逃げ死亡事故の遺族らに説明してみよ」(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/f3d52bb9d63bafb68956773b7b18be93)



【ツイッターアカウント】yamebun


【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新聞広告費がネット広告に抜... | トップ | 20億対400万~ニュースバ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

メディア(知るための手段のあり方)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
真面目な議論ができないということ (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 について,生前の堀田善衛が書いていたことをふと思い出した.彼も私と同様に,様々な嫌がらせを受けて,結局大学教授への招聘も捨てて,実家の元回船問屋の財産で暮らした,一種の「世捨て人」である.よく考えると,昨日引用した La Rochefoucauld 公爵も17世紀当時...
環境保護局がグアム移転に「待った」 (壊れる前に…)
EPA sharply criticizes military's Guam plan - アメリカ政府の環境保護局が海兵隊のグアム移転に異議を唱えています。軍の計画のままではインフラ整備が全く不十分で、汚水がそのまま漏れ出したり、飲み水が足りなくなったりするだろうというものです。また、空母の母港...
[bakauyo What a Shame! We Japanese are.].flv (笑) (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 昨日はなぜか,一昨日の "Réflexions ou Sentences et Maximes morales" の連載の第一回にアクセスが集中していた.暇なネットゴキ (漢文で言う「城狐社鼠」じょうこ・しゃそ,と言う「奸臣」) が食らいついたらしい(笑) 奴等はフランス語も漢文も読めないくせ...