ぴらにあの写真館 in 伊豆大島→都会へ(新・日記帳)

8年間の伊豆大島生活から都会へ移住しました…
旧日記帳(ODNまいぺーじの思い出)は、BOOK MARKよりどうぞ!

写真館を「No.782 スカイチーム塗装のB747-400(中華航空)」に更新しました!

2017-05-24 21:59:50 | まいぺーじ写真館
 お猿の温泉&ほくほく線の旅から戻ってくると封筒が届いていた。開けてみると小娘さんの大好きな遊園地(中華系の人が大好きなニャンコのキャラクターのヤツ)の招待券が2枚入ってたそうな。どうやら、だいぶ前に送った懸賞にめでたく当選したらしい。「明日行きたい~!」って小娘さん、「え~、こどもの日だよ・・・」ってぴらにあと同じく人混みが苦手なぴら奥さん。いや、この際、連休のまっただ中に遊園地なんか行くチャンスは滅多に無いワケで。「じゃぁ、どんだけ混んでるか見に行ってみるか・・・」とシブシブのぴら奥さん、置いてきぼりの男チームは淋しく空港ウオッチングへ。いや、ホントはストック切れのジャーニー先生(空港でよく売ってる)を探しにを探しに行かなくちゃね・・・


【まずはRWY16R(A滑走路)エンドのさくらの山公園へ、ここはオミヤゲ屋のお兄さんがフライトレーダーを見ながらマニアックな解説をしています・・・】


【もう、1時間以上見て暑くなったのでそろそろホテルに行こうよ。その前に、コンビニで柏餅と千葉県名産の梨ジュースで一休み・・・】


【ン?、タイ航空が来る?、もしかしてA380か?、急いで戻れ~!。ホントは滑走路脇のマロウドに泊まりたかったけど、今日は高かったので定宿(東○イン)系へ・・・】


【う~ん、なんでしょうこの部屋は、三角塔でラナちゃんを助けるんじゃあるまいし。空港の隣なのに空港が1mmも見えない部屋ってあるんでしょうか・・・】


【「空港か滑走路が見える部屋に替えて~!」とフロントに談判に行くと、すんなりOKが出ました。第2ターミナルと、LCCターミナルがよく見えますね・・・】


【ホテルの送迎バスで空港へ遊びに行く。第2ターミナルからバスに乗ってLCCターミナルへ、秘密の通路みたいな道路をグルグル回って面白いな・・・】


【思いっきり制限区域の中なので、バスからターミナルへは外へ一歩も出られないようにホームドアになってます。トタンとか鉄骨が安っぽいむき出しで、近未来映画チックである意味カッコイイですな・・・】


【なんかね、外国の地方空港みたいでカウンターもカッコイイっす。チェックインはほぼ自動(機械対応)、手荷物カウンターは長蛇の列、発券カウンターは見当たりませんでした。つまり、ネットが使えない人は乗れないってコトね・・・】


【LCCターミナルと第2ターミナル間の長い通路(600m以上)の途中には夜明かし用の休憩所が、別に24時間いつでも使っていいみたい。畳のブースがあったり、ガイドブックやゴルゴ13が読み放題だったり結構遊べます・・・】


【結局、ジャーニー先生を売っている店はみつからず。第1ターミナルで若旦那が欲しかった飛行機の本と、ラーメンだけ食ってホテルに戻りましょう。しかし、21時頃で出発便がほぼ終わりだなんて、成田もずいぶん静かになりましたねぇ・・・】


【翌朝はRWY34Lエンド側の三里塚さくらの丘に行く。昨日より向かい風が強いので、NCAのB747-8がもの凄い勢いで上昇していく・・・】


【最後は航空科学博物館の展望台へ。もう、ほとんど見られないA340(スイス航空)がゆるゆる離陸していく。4発機少なくなりました・・・】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真館を「No.781 ほくほく線に乗らないで(美佐島駅探検)」に更新しました!

2017-05-16 21:27:50 | まいぺーじ写真館
 「連休に野沢に行ったら十日町にも行きたい!」って若旦那、十日町なんて別に観光地的な場所じゃありませんよね。「ほくほく線に乗りたい!」って、上越新幹線経由で富山に行くときにぴらにあは乗ったことがありますけど。「西国分寺駅にある電車でGOでやったから!」なんだって、「美佐島駅から乗りたい!」ってスラスラ出てきますねぇ。その美佐島とやらはどこにあるんでしょうか・・・


【津南から山越えで松代駅へ、十日町よりひとつ富山寄りの駅で快速が停車する。実は、若旦那のホントに行きたい美佐島は各駅停車しか止まらない駅で、9時台の後は11時台まで停まらないとゆ~・・・】


【松代(まつだい)は田舎の小っちゃい駅かと思いきや、結構お客さんで賑わっております。南魚沼の玄関口として便利なんでしょうね・・・】


【特急はくたか(681系)にはぴらにあも乗ったと思うんですけど、ほとんど記憶にありません。この後、ぴら奥さん、若旦那、ちぴ子はほくほく線に、ぴらにあのみ車で六日町に向かう・・・】


【せっかくですから、若旦那の行きたかった美佐島駅に寄ってみましょう。十日町と六日町の間の駅で、山の中にポツンと佇んでいます。こりゃ来たいぞなもし・・・】


【畳の無料休憩所から階段を降りていくとホームの入り口、通過列車の風圧で飛ばされないように二重ゲートになっております・・・】


【若旦那の乗った快速が通過したばかり、ぴらにあと同じく見学?の親子連れが4人ばかり遊んでます・・・】


【昔の京成の動物園駅(京成上野からひとつめにあった駅)みたいな雰囲気ですな・・・】


【階段は40段ほど、あまり深くない場所を線路は走っているらしい・・・】


【無人駅でキップの自販機もありませんが、乗車証明書を受け取って下車駅で精算するようです・・・】


【変電所&山中のトイレという感じ。犬を連れたおじさんが駐車場でキャンプをしていたみたい・・・】


【峠越えをしようと思ったけど冬季閉鎖でことごとく失敗し(2ルートも)、泣きながら十日町まで戻って国道で六日町へ。結局、若旦那が乗りたかった11時台の各駅停車より遅れて到着しました。写真は偶然通過した上越線です・・・】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真館を「No.780 佐久バルーンフェスティバル」に更新しました!

2017-05-07 15:33:22 | まいぺーじ写真館
 やっぱ、ゴールデンウィークは信州だよな。佐久か上田の定宿(便利な東○イン)に泊まって、嬬恋村の山の温泉に入って、雪の残る峠を越えて、おやき食って、野沢のメチャ熱い温泉に入って、パターンは毎年ほぼ同じなんですけど・・・


【バルーンフェスティバルは風の弱い早朝(6:15)開始、さっさと朝ご飯を食べて見に行かないと終わっちゃいますよ。まぁ、夕凪になったらまた始まるんですけど・・・】


【どこが本会場なのかよくわからないけど、とりあえず田んぼの中をグルグルと走り回ってテキトーな場所で見る。黒い風船を揚げている人(風を知らせてる?)が見えたら、何かの競技をやっている近くというコトで・・・】


【小諸から鹿沢を越えて嬬恋村、黄色い温泉に入って冬季閉鎖が解除されたばかりの国道最高地点へ。今年は雪の壁が10m近く残っていて迫力満点なんですけど、狭い所に駐車している車があったり、自転車の人が写真を撮っていたりするので気をつけて通りましょう・・・】


【「あ、さる!」って小娘さん、気がつけば30匹くらいの群れに取り囲まれてます。この辺のサルはちゃんと曜日がわかっていて、日曜祝日だと道路に出てきておねだりしてます。くれぐれも餌を与えませんように・・・】


【冬にも来たサルの温泉まで散歩してみる。ちょうどサクラが満開でキレイですねぇ・・・】


【斜面にカタクリもたくさん咲いてます・・・】


【スタスタと歩いて行ってしまう2人、ぴらにあとぴら奥さんは取り残されてます・・・】


【温泉のお湯は入るより飲むモノらしい。そして飲む場所は決まっているらしく、強そうなおサルが来ると下々は追っ払われてしまう・・・】


【気がつけば並んでいる2人、ケンカばかりしているのに引っ付き合う。小娘さんはデジカメがだいぶ上手になりました・・・】


【「いつもありがとうございます!」と民宿のママさん、「奥の部屋を使ってください!」とトイレ付きの高そうな部屋に案内されてしまう。まだ3回目なのに常連さん扱いになってしまったのかな・・・】


【ここの民宿のゴハンは美味しくてボリュームが多くてビックリ!、今回もエビ料理の後にトロトロの角煮が出ました。と言いつつ、夜の散歩でおやきはしっかり食う。さすがにジェラートは止めておきました・・・】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真館を「No.779 アライッペ(大洗町公式イメージキャラクター)」に更新しました!

2017-05-01 22:20:46 | まいぺーじ写真館
 急にお魚が食いたくなって大洗までドライブ。「海浜公園のネモフィラを見に来たの?」と色々な場所で聞かれるんですけど、そのネモフィラとやらはどこで咲いてるんでしょうか。帰ってきてからインターネットで一面の青い絨毯の写真を見て後悔している場合じゃないのよ・・・(よく調べて行きましょう)


【さぁ、まずは明太子の工場見学でございます。北海道からフェリーで帰ってきたときに工場の外観を見て気になってたのよね・・・】


【う~ん、今ひとつビミョ~なキャラクターですな。小娘さんは気に入ってキーホルダーを買ってました・・・】


【日曜日なのでほぼ工場は動いてませんでしたけど、展示で結構楽しめました・・・】


【「明太子ソフトクリームは辛そうだから、フツーのミルクのにする!」とばばさん、せっかく明太子工場に来て意味わかんないんですけど。実はソフトより刺さってる明太子煎餅の方が辛い・・・】


【那珂湊に移動してひたちなか海浜鉄道に乗りましょう・・・】


【下り方面(阿字ヶ浦行き)まで少し時間があったので、駅の反対側の車庫(「入るな!」とは書いてなかった)を少し見学させてもらう・・・】


【う~ん、このカーブの駅がカッコイイな・・・】


【フリーキップ(900円)を買って阿字ヶ浦まで行ってみましょう・・・】


【那珂湊駅で上下の入れ替え、なかなかキレイな気動車が走ってるのね・・・】


【駅名の看板は名物がデザインされてます。駅から一歩も出ず乗って来た列車でUターン・・・】


【せっかくフリーキップを買ったので、勝田(常磐線)まで往復しようと思ったけれど、お腹が空いたので那珂湊で降りましょう・・・】


【那珂湊市場前の食堂でディナー。若旦那の注文した煮魚定食(ワラサ)が凄かった、これで一人前でございます・・・】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真館を「No.778 根津神社(つつじまつり)」に更新しました!

2017-04-24 21:39:46 | まいぺーじ写真館
 上野で職場の宴会があるので、ちょっと早く出て近くを散歩してみる。ほぼ毎日地下鉄で通ってるハズなんですけど、地上のことはトンとわかりませぬなぁ。なんか、別世界に迷い込んだような不思議な気持ち・・・


【境内に入るのは無料だけど、つつじ山に登るのには200円を納める。チケットと見比べてみると(合成ではありません)、少し早いのかな・・・】


【「またお姉さんと行ったの!」とぴら奥さん、いやそうじゃなくて、偶然前で写真を撮っていた方なんですけど。しかし、「また!」ってどういう意味なんでせう・・・】


【奥の方にはお稲荷さんがあって、鳥居がずーっと続いております。外国の方がたくさん記念撮影をしていました・・・】


【なんか、出そうな感じのお稲荷さん・・・】


【これは、キツネ?、タヌキ?、ムジナ?、イタチ?】


【根津側から入って、千駄木側から出て駅へ向かう。途中、夏目漱石の旧居跡を通り過ぎる。我が輩は猫ちゃんが塀の上を歩いております・・・】


【ポツポツと降っていた雨が、この辺から豪雨になってズブ濡れになる。よほどタクシーに乗ろうかと思ったけど、ちょうど走ってきたバスに飛び乗る。これは、浅草まで行くんでしょうか・・・】


【バスは途中の駅前で降りて、電車で宴会場へ向かう。八丈島暮らしとなったお姉ちゃんは急遽来られなくなったそうで(飛行機が欠航?)、感動のスピーチを用意していたのにボツとなりました・・・】


【帰りに東京駅まで乗った電車は伊東行き、そのままボックスシートで終点まで行きたい気分になる。なんかね~、急に都会から逃げ出したくなっちゃう時があるのよね。ちょっと病んでるな・・・】
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

写真館を「No.777 口裂け女が出た上水」に更新しました!

2017-04-16 21:04:31 | まいぺーじ写真館
 ぴらにあが5年生の時、小学生を恐怖のどん底につき落とす事件が発生。夕暮れの上水沿い(学校の裏手に流れている有名な作家が身投げした)に、大きなマスクをした女の人が出没するという。真っ赤なコートを着たその女の人は、すーっと近づいてきて「私、キレイ?」と聞くらしい。「キレイです!」と答えるとおもむろにマスクを取って、耳まで裂けた口で「これでもか~!」と。「キレイじゃありません!」と答えれば、「殺してやる~!」とカマを手に追いかけてくるんだそうな。もう、日に日に「口裂け女を見た!」とか、「命からがら逃げた!」という同級生が増えていく。ぴらにあもいつ口裂け女に遭遇するのかドキドキ、緊急の保護者会まで開かれて「しばらく上水には近づかないように」とお達しも出たという・・・

 なんでもその女の人は豆腐屋の娘さんで、整形手術に失敗してキングボンビー様の顔面になり世をはかなんだけど死にきれず、耳まで裂けた口で小学生を襲ってるらしい。「自転車で逃げてもそれ以上の速さで追いかけてくる!」とか、「お豆腐を持っていると許してもらえる!」とか、「ポマード、ポマード、ポマードと3回唱えるとひるむのでその間に逃げるべし!」とか、とにかくマジで怖かったなぁ。しかし、あの時真っ先に「口裂け女に追いかけられた!」と証言した同じクラスのTくん(←いつも女子に大人気なので嫉妬していた)は、今どこでナニをしているんだろう・・・


【ザリガニがよく獲れる(スルメで入れ食い)上水から自転車でもう少し先へ駅の方へ行くと、公園の池があってクチボソや小エビを捕まえに行った。ここにも怖いおじさんが出て「コラ~!、池に入るな~!」と追いかけられたけど、5時を過ぎるとパッタリおじさんが出なくなるのがフシギだったなぁ・・・】


【ソメイヨシノはすっかり散ってしまいましたが(それでも1ヶ月近くもった)、今度は団地の八重桜(イチヨウ)が満開になってます。花粉症は落ち着いて、マスクもア○グラも必要なくなりました・・・】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真館を「No.776 サトーココノカドー春日部店」に更新しました!

2017-04-10 21:07:55 | まいぺーじ写真館
 そろそろお米買わなくちゃいけないんだよな。じゃぁ、得意のサトーココノカドーでも行っちゃいますか。え?、ロゴもちゃんとコウモリになっておりますけどナニか・・・


【「みさえ」さんは先着10名、「むさえ」さんは先着1名に何かプレゼントが貰えるらしい・・・】


【1階はテーマパークの様相・・・】


【プスライト大特価80円でございます~!。しかし、色々とよく許可が下りたな・・・】


【「ここはヨーカドーじゃないの?」って小娘さん、ヨーカドーっていったい何のコトでしょう?】


【春日部周辺と、秋田(父ちゃんの出身地)と、熊本(母ちゃんの出身地)の名産品販売中・・・】


【やっぱチョコビでしょ!(実は初めて食った)、あと西宇和の不知火(デコポン)も買いましょ~。本命の茨城県産コシヒカリ(10Kg)も忘れずにね・・・】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真館を「No.775 団地のサクラ」に更新しました!

2017-04-04 21:22:55 | まいぺーじ写真館
 若旦那とベトナムに行ってる間に散ってしまうかと思ってましたけど・・・


【ぴらにあが子供の頃から団地にあるソメイヨシノの大木はまだボチボチ、40年くらい前によく登りました・・・】


【公園の角にはちょっと緑がかったサクラ。旧ぴら家の前にあった御衣黄(ギョイコウ)ではないみたいなので、ソメイヨシノの色変わりかな?】


【今週末くらいが見頃になりそう。新しい団地の風景もだいぶ見慣れてきました・・・】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真館を「No.774 だいたいサパ行きの交通費くらい」に更新しました!

2017-03-25 15:50:29 | まいぺーじ写真館
 前回余ったベトナムドン(VND)が出てきた、数えてみたら300万VND以上あるんじゃん。しかし、今のレートは200VND=1円だから、こんな札束でも1万5千円ってトコだな。まぁ、これくらいあれば寝台列車で若旦那とサパには到着できるハズなんですけど。追加の両替はハノイ先輩に泣きつくか、あるいは裏通りのアヤシイ両替屋で交換するか、銀行もそんなに悪くないんだけどな。しかし、もう少し高額紙幣(一番高いので50万VND=2500円)を流通させてくれないと、毎度お財布がパンパンになってかないまへんなぁ。1万VND(50円)と2万VND(100円)が多すぎ・・・(持ち金を数えるのも大変)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真館を「No.773 20年ぶりの大谷資料館」に更新しました!

2017-03-21 23:05:13 | まいぺーじ写真館
 夏タイヤに履き替えたので少し走りたいな、片道100Kmくらい(宇都宮辺り)がちょうどいいんだけど。と言う訳で、ちぴ子を誘ってドライブに行こう。「大谷石の資料館でも行く?」とぴらにあ、「いしきりばぁ?、べつにぃ、いいけどぉ・・・」って全然乗り気じゃないですよね。まぁ、行ったら行ったで盛り上がりますよ・・・

 「うわ~、ここは~!」ってちぴ子、そうなんですよ、気がつきました?、ヨシヒコですよ、キミの好きな勇者ヨシヒコ、ロケ地なんですよ。「暗殺教室だ~!」だって、え?、暗殺教室?、「そう、ここで戦ってた!」だそうな・・・


【20年ほど前、何度か来たときは閑古鳥がギャーギャー鳴いていたけど、この大盛況っぷりは何なんでしょう?。あまりの雰囲気の違いに、「ここは大谷石の採石場ですか?」とチケット売り場で聞いて、お姉さんに不思議な顔をされてしまいました・・・】


【あ、ホントだ、殺せんせーですね。ぴらにあの見てない「卒業編」というヤツで出てきたらしい。勇者ヨシヒコは第3シリーズで、最後のボスキャラの城という設定で使われています・・・】


【壁が横縞になっている部分は手掘りの跡(古い採石場)、縦に溝が入っている部分は機械で切り出した跡(新しい採石場)だそうな。帰ってからヨシヒコを見てみたら、矢印の床のシーンは新しい場所でした・・・】


【道沿いの餃子屋は全て閉まっていたので、高速道路のPAで餃子棒を食ってみる。ニララーメンも美味でございました。夏タイヤはスタッドレスに比べて、燃費が10%ほどUPしてました・・・】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加