ぴらにあの写真館 in 伊豆大島→都会へ(新・日記帳)

8年間の伊豆大島生活から都会へ移住しました…
旧日記帳(ODNまいぺーじの思い出)は、BOOK MARKよりどうぞ!

スモーキーな家庭・・・

2015-11-01 21:45:02 | グルメ(☆B級を含む)

 な~んか家の中がきな臭いのよね、「おとんのせいだからね!」って中学生と小学生。だってぇ、今朝もスモークチキンのモモ肉1本ずつ喜んで食ってたじゃない・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャガイモでイモたれ腹部膨満感・・・

2015-09-28 21:06:33 | グルメ(☆B級を含む)

 昨日のドイツ料理は効いた。まさか、あんなにでっかいジャガイモが付け合わせになってるとは。オードブルの豚肉料理(レバーのパテが入っていたヤツ)、レタスのサラダ、ニシンの酢漬けでだいぶ胃袋に来ていたのに、ちぴ子のも含めてメイン4皿、ライス2皿、パン2皿、コーンスープ4皿で、ちぴ子はほとんどジャガイモは食わず、残したら申し訳ないのでぴらにあが平らげて動けなくなる。いや、フツーに4人分注文した感じだったんだけど、最近すこぶる胃腸の調子が衰えたような。「そう?、ケーキくらいなら食えそう!」と言ってるぴら奥さんのパンも、ぴらにあが少し食ってるんですけど・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小麦粉タマゴにパン粉をまぶして~♪の通りに作ってみた・・・

2011-05-09 22:33:45 | グルメ(☆B級を含む)

 昨日は母の日記念でコロッケを作ってみた。「どうやって作るの?」と聞くちぴらに、「キテ○ツ大百科のオープニングを最初から歌ってみよ!」と。実はぴらにあ、コロッケがあんまり得意じゃないけど、自分で作ったのは意外とうまかったので3個食った。そしたら夜中にムカムカムカムカ、一日たった今でもモタレ~気味。明日の胃のレントゲンは大丈夫なのかな・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本一のB級グルメ・・・

2010-09-25 12:08:03 | グルメ(☆B級を含む)

 なんかヘンじゃないかい?。そもそもマイナーだからB級グルメなのに、日本一を目指した段階でもうB級じゃないんじゃん。いや、決して日本一になった料理に文句をつけているワケじゃなくて・・・(甲府のみなさん、おめでとうございます!)

 B級グルメに限らず、『ご当地モノ』はその地域で昔から細々と作られている物が多い。それをグローバルな状況に引っ張り出せば、生産環境とか原材料調達でムリを強いられて、本来のB級グルメ(現地で食べられているもの)とは違ってくる。それに、全国区で支持を得ようとすれば、どうしても最大公約数を目指そうとして味が平らになる。例えばキッ○ーマンのような有名メーカーのお醤油だって、地域によって味が全然違う。北陸、山陰、南九州のスーパーでお醤油を買うと、「コレは黒蜜か!」と思うくらい甘くてビックリすることがある。でも、地物の白身のお刺身なんかにそのアマアマ醤油をつけて食うと、これがホントにうまい。しかし、何の予備知識もない他の地区の人にそのお醤油を食べてもらえば「マズイな~、この醤油」と、そうすれば「アンケートの結果によりマイルドなお醤油に変えました!」となるじゃん。チャーハンだって香港の汚い食堂で食うとホントに安くてうまいけど(安全性は別として)、日本の有名中華レストランで香港風チャーハンを食っても、値段は香港価格の数倍なのに米の種類が違うから味が全然違ってガッカリするし。クサヤをB級グルメ大会に出したら、「こんな臭いモン食えるか!」とかケチョンケチョンにけなされて、「次は無臭のクサヤで挑戦だ!」とか・・・

 ぴらにあは同じ理由で「お取り寄せ」というのも嫌い。やっぱり、マイナーな食い物は時間とお金をかけて現地に行って食った方がうまいんだよなぁ。たまに「ぴらにあの口には合わないなぁ・・・」と思うこともあるけど、それはそれで面白い・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

激痛オードブル・・・

2010-06-03 21:53:46 | グルメ(☆B級を含む)

 食いしん坊のもうすぐ2ちゃい児さんがとうとうやってしまった。ぴらにあが晩ご飯の準備をしていて、「さぁ食べようか!」と言う時、いきなり泣き始めたちぴ子。「いたい~、くちがいたい~!」とヨダレをダラダラと流して、「何か自分でフライングして食って手でも噛んだの?」と聞いても、「いたい~!」と泣くばかり・・・

 ありゃ、この小皿に乗ってたアジのお刺身用の島トンガラシはどこへ?。うわ~、食ってしまったのか、そりゃ痛いよなぁ(←そのまま食うと辛いのを通り越して口が腫れる)。お茶を飲ませようとしても「いたい~!」ばかりで口を開かず、ぴら奥さんが抱っこして洗面所に連れて行って、やっとうがいをさせて落ち着く。しかし、カニ爪フライの時といい、ホントにこの人なんでも食うのね。「唐辛子は食えないのよ」と食後にぴらにあが言うと、「ウン!」って珍しく素直じゃん。彼女の大好物のお刺身を食べる時に、パパとママだけがうまそうな緑色の何かを一緒に食ってると、常々狙ってたんだろうけど、あんまり食い意地が張ってるとそのうちマジで死ぬよ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファミレスの思い出・・・

2009-10-28 17:22:31 | グルメ(☆B級を含む)

 日本で最初のファミレスチェーンの最後の店が明日閉店するという。誰もが目にした事のあろうあの「ヒバリ」のマークは、1号店のすぐ近くに「ひばりヶ丘団地」があったからなんだとか、意外とテキトーな命名だったのね。20代のカネの無い頃によくお世話になったファミレスのパイオニアが閉まるのはちょっと淋しいなぁ、ソウルでケンカしたSや同級生とよく夜中のファミレス通いをしたっけ。当時は今みたいに色んな店がまだ無くて、すか○らーく、ロイ○ルホスト、デ○ーズくらいだったっけ。ぴらにあはもっぱらデ○ーズ派、他の店に比べて少し安かったから・・・

 さて、ぴらにあが初めてファミレスというモノを知ったのは、小学校5年か6年生のある日の事。「近くの団地の中にレストランが出来たよ!」とクラスの友だち、「絶対にウソだ!」と思った。というのも、ぴら家のあった東京都○○市は、市境の一部がなんとか23区にくっついているけれど、30年前はまだまだモロ田舎だった。放課後の遊びといえば、キイチゴの実を集めて食ったり、雑木林でカブトムシを捕ったり、上水の橋の上からスルメでザリガニを釣ったり、日が暮れたら口裂け女が出たり、となりのト○ロの情景とあまり変わらなかったから。そんな地元の、しかも駅前でも無い場所に「レストランなんか作るワケ無いでしょ!」と子供ながら本気で思った。しかし、日に日に「レストランに行った!」という友だちが増えていく。こうなると、もう勉強どころじゃない(元々か?)。家に帰って、「○○台団地にレストランが出来たんだってよ!(まだ半信半疑)」と父親(現じじ)に言うと、「なら行ってみるか?」と想像もしなかった反応が。父親も信じられなかったのかも・・・

 レストランにはぴらにあも弟もブレザーを着ていった。見た事もない広いレストランにはフカフカの絨毯がひかれていて、なんか日本じゃないような気がした。ぴらにあと弟はハンバーグステーキのセット、鉄板でジュージュー焼けているハンバーグなんてその時初めて食った。慣れないナイフとフォークで頬張っていると、弟は箸でハンバーグと格闘していた。父親は串カツとビール、太っ腹にデザートのアイスクリームも頼んでくれた。その日は、たぶんぴらにあの人生の中で一番盛り上がった日だと思う。希望の高校に合格した日の事も、ぴら奥さんとの結婚式の事も、ちぴらやちぴ子が生まれた日の事も、ボケたら忘れちゃうかも知れないけど、ファミレスに最初に行った日の事は絶対に忘れないんだろうなぁ。いや、島にガ○トとかバー○ヤンが出来たらそれも一生忘れない気がするけど・・・

 あ、ばばさんはこの話を知らなくても記憶喪失ではありませんよ。だって、ばばさんが実家へ手伝いに行っていた日に父子でイイコトしてたんですから・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんにゃくゼリーバッシング・・・

2008-10-06 23:10:28 | グルメ(☆B級を含む)

 メラミン牛乳や事故米であまり目立ってないけど、こんにゃくゼリーが叩かれているのが気に入らない。確かに、あのプルプル感と大きさは喉に詰まったら危険だとぴらにあも思う。インターネットのニュースによると、平成7年から現在までなんと17人の窒息死者が出てるんだとか。こんにゃくゼリーが詰まって亡くなった方は本当に可哀相だと思うし、そのような事故はもう二度と起こってほしくない。しかし、「あんな危ない食品は製造中止しろ!」とか、「すぐに回収しろ!」とか、お役所主導でそんな方向に進んでいいんだろうか?

 危険な食品といえばモチはどうだろう?。正月を過ぎると毎年必ずモチを喉に詰まらせて死んだ人のニュースが流れるけど、「モチを売るな!」という話は聞いた事がない。フグだってそうだ、あんなにカンペキに毒を持った魚なのに禁漁には絶対にならない。食品ではないけれど交通事故では毎年何千人という人が亡くなってる。けど、「あんな危険な自動車を作るとはけしからん!」という話も出ない。世の中に生命の危険を伴う事柄なんてたくさんあるのに、いくらなんでもこんにゃくゼリーばかり不公平じゃないのかと・・・

 とはいえ、こんにゃくゼリーが食い方によって危険なのは間違いないから、それなりに注意は必要だと思う。カップに直接口をつけて食べようとすると、勢いよく吸い込んで気道に詰まってしまうおそれがある。それは、一度こんにゃくゼリーを口にした事のある人なら誰でも感じるはずだ。じゃぁどうするのか、ぴら家では必ずお皿に移してスプーンですくって食べている。カップから直接食べる時でも必ずスプーンですくって、そうすれば固まりが小さくなるし強く吸い込む可能性も少なくなる。ちぴらも誰に言われなくたって、こんにゃくゼリーとマイスプーンは台所からセットで取ってくる。スプーンを洗ったりするのが多少面倒くさいけど、ぴらにあが考える一番簡単で効果的な危機回避だと思う。熱い飲み物をそのままカポッと飲んだらヤケドするのは当たり前、誰だってフーフーしてゆっくり飲むとか、スプーンですするとかして飲むはず。こんにゃくゼリーだって状況を見て考えて食べればいい。そんな適切な判断が出来ない小さな子供には親が教えてやればいいし、老人ホームなんかでは介助の人がちょっと気を遣ってやればいい。一人一人がよく考えたり工夫したりする事で、こんにゃくゼリーの事故はずいぶん減るんじゃないのかな・・・

 ちぴらもぴらにあも大好きなこんにゃくゼリー。でも、別に世の中から無くなったってそんなに大きな影響は出ないだろう(こんにゃくゼリー工場の人は困るけど)。そんなこんにゃくゼリーを槍玉に挙げて、何か別の本当に注目すべき問題から話をそらそうとしてるとしか思えず、前のカイワレダイコン騒動みたいにならなきゃいいけど。ぴらにあの考えずぎかな・・・
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

突撃、都会の晩ご飯!

2008-09-12 20:00:10 | グルメ(☆B級を含む)
 メガネおじさんのフライドチキンを調子に乗って3切れ食ったら、モーレツに胃がもたれて辛い。あ~ぁ、40ちゃい児はダメだなぁ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マズイ料理の作り方・・・

2007-11-11 20:09:30 | グルメ(☆B級を含む)

 ぴらにあが休日出勤の日の晩ご飯くらいぴら奥さんが作ってくれる。う~ん、人の作ってくれたゴハンってうまいんだよなぁ。たまの温泉旅行に来た主婦のコメントみたいだけど。で、今日のメインディッシュは豆腐とエビのチリソース炒め、うまそ~!と一口食べてみると・・・

 なんじゃこりゃ~、見た目とは違って激マズじゃん。色はしっかり赤いけど、酸味が強すぎて全然辛くないし、全体の味もかなり薄い。こりゃ『チリソース』じゃなくて『サワーソース』だよ。よほど文句を言おうかと思ったけど、クック☆゛ゥみたいな出来合いの中華ソースを使ってるんだろうし、ぴら奥さんの作り方のせいじゃないよな。しょうがないからお醤油をドボドボかけて黙って食う。そして食後、ぴら奥さんが作ったんだからお片づけはぴらにあがやろう。食器を洗いながらふと流しのスミを見ると、オレンジ色の液体が入った小袋(未開封)を発見、『辛味ソース』って書いてあるじゃん。「この調味料入れなかったの?」とぴら奥さんに聞くと、「だって、辛くなると思ったんだモン!」って。だったらチリソースの素なんか買って来るんじゃね~!

 「あんな味でマズくなかったの?」とぴら奥さんに聞いてみると、「べつに・・・」って思った通りの答え。ある意味、舌の守備範囲が広いぴら奥さんでした・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セロリ好き・・・

2007-11-06 19:13:25 | グルメ(☆B級を含む)

 スーパーの野菜コーナーに行くたびに「セロリかって!」って若旦那、そんなのホントに食うのか?、見た目だけで言ってるんじゃないの?。でも、せっかくだから買ってやろう。葉っぱの方は昨日のクリームシチュー(ぴら奥さん御謹製)に入れて、茎は細く切ってサラダにする。今宵のメインはちぴらの好きなケチャップライス、なのにナマのセロリばかりシャキシャキと食い続ける若旦那。「ご飯も食べなよ!」ってぴら奥さんに言われても、シャツをめくって「もうおなかポンポン!」ってセロリしか食ってないじゃん!。結局、ご飯は半分残してとっておきのセロリは食ってるし。ヘンなモノが好きな5ちゃい児だなぁ・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加