ぴらにあの写真館 in 伊豆大島→都会へ(新・日記帳)

8年間の伊豆大島生活から都会へ移住しました…
旧日記帳(ODNまいぺーじの思い出)は、BOOK MARKよりどうぞ!

写真館を「No.457 金目鯛つるし雛」に更新しました!

2011-02-28 21:50:06 | まいぺーじ写真館
 「そういや記念日だから下田へ行かない?」とぴら奥さんに聞くと、「何の?」ってそんなら別にいいんですけど。「思い出した~!、行く行く~!」って今更遅いんだよ、まぁ「11年目だから11カラットのダイヤモンドが欲しい!」なんて言い出すよりはマシなんだけど・・・

 今から11年前、アジュール竹芝で行き交う船を見ながらひな壇に登っている時は、まさか自分がムチュメの父親になるなんて夢にも思わなかった。とゆうより、隣に嫁ハンが座っている事も信じられなかったけど。ずいぶん先の話だと思うけど、我がムチュメがお嫁に行く時に自分は泣くんだろうか?。いや、式場のエレクトーンで笑いながらハワイの結婚式の歌を弾いているような気がする・・・


【「伊豆バイオパークとやらに行きたい!」とちぴら、なら地図を見てナビしなよ。「稲取の山の上だよ!」ってなかなかわかりやすい案内だけど、近づいてきても看板が見当たらないんですけど・・・】


【「伊豆アニマルキングダムはこちら!」って案内板が、どうやら最近名前が変わったらしい。伊豆大島からも見える3本風車の裏側ってコトですな・・・】


【ヒョウやらライオンやらホワイトタイガーやら猛獣がうじゃうじゃと、ガラスの向こうとはいえあまりの迫力でビビリまくるちぴ子。あんまり期待していなかったけど、凄いなこの動物園・・・】


【3本100円の野菜スティック(ニンジンとコマツナ)を買ってキリンの餌付けに、その辺に無料のアシタバは生えていないのかしらん・・・】


【やっぱ河津の桜は外せないでしょ、でも桜見物より人見物という感じ。渋滞回避で裏道から国道に出ようとしたら、同じ考えの観光バスが曲がりきれずにつっかえていて全然動きましぇ~ん・・・】


【吉田松陰先生が黒船密航の直前に居候をしていたという、蓮台寺のお医者さんの家を見に行く。「地元民専用の温泉に松陰先生が無断で入っていたので、家に引き入れてしまったのが運の尽き」と案内のおじさんの説明・・・】


【「まさか密航を企てているとは知らずに家に上げてしまったけれど、今さら出て行けとも言えず」と屋根裏のロフトにかくまわれていたんだとか。入り口は杉戸が閉まるようになっている・・・】


【松陰先生の皮膚病を治したと伝えられる温泉が家の中に、50℃の源泉がチョロチョロと掛け流しでちょうどいい感じ。玉木文之進宅の五右衛門風呂みたいに、「入ってもいいよ」なんてまさか言われないよなぁ・・・】


【20年前にも職場の慰安旅行で来たけど、その時はもっとド田舎の感じがした。外から眺めていたら観光バスが来て、「早く入って下さい~!」とガイドさんに促されて中へ、入場料を払った記憶がない・・・】


【下田からリゾート21(黒船バージョン)の展望車で熱海に向かう、この席は眺めがいいだけじゃなくて立ち席禁止なので混雑しなくていい。最前列より少し高くなった2~3列目がオススメ・・・】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒船ぜよ…

2011-02-27 11:00:44 | プチ写真館
「前に大島から来たお客さんが、コンビニが珍しいって夜に買い物に行ってた!」と旅館のおかみさん、そりゃたぶんウチらの事だと思うんですけど…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

河津の桜…

2011-02-26 18:24:31 | プチ写真館
やっぱ「祭」ってゆうならこれくらい賑わってないとねぇ、某島と違ってエライ人出でございます~!。と感動していたら渋滞で町から抜け出せなくなった…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弥太郎ライス…

2011-02-26 12:54:13 | プチ写真館
期間限定のジェットフォイル便に乗ってランチへ、大盛りドライカレーにトンカツが一枚乗っかっちゃってコレでレギュラーサイズ。で、岩崎弥太郎は下田に来たことがあるのかしらん…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

畳を敷いてみた…

2011-02-25 22:01:57 | プチ写真館
今までのちぴら&ちぴ子のエキスがたっぷりと染み込んだペラペラカーペットよりはマシかな、楽○で一枚1,500円だけど…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

階段で滑って頭から落ちた…

2011-02-24 18:31:11 | プチ写真館
で、生まれて初めて救急車に乗った。職場の皆さんは「もうダメだ」と思ったらしいけど、スミズミまでレントゲンで調べてもらったら骨は1本も折れてませんでしたとさ。しかし、右半身が痛いよ~…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドリフ大爆笑でホントに大爆笑してる人・・・

2011-02-23 22:02:49 | メディア・雑感
 いつの間にか社宅に見慣れぬ丸いアンテナが建っていた。「もしや?」と思ってテレビの有料衛星放送のチャンネル押してみるとちゃんと映るじゃん、ボロ社宅の大家さんもたまには粋な事をやってくれるな。で、16日間無料サービスの番組を片っ端から見てみる。とゆうより、ちぴらのドリフ大爆笑専用チャンネルって感じ。若くて髪の毛フサフサの志村けんが暴れ回って、「ケンちゃんの健康牛乳~!」とか懐かしいなぁ。カトちゃんが牛乳を吹き出す度に、「ウヒ~!」って息が止まりそうになりながら笑い転げる若旦那。そんなにひっくり返って笑ってるとリンゴが喉に詰まって死ぬよ、ホント・・・

 しかし、大好きなコナンとかアンパンマンとか、兄妹2人でチャンネルを取り合ってちゃんとゴハン食わないんじゃん、とりあえず晩ご飯の間はCSボタン禁止ですから。う~ん、16日たって見られなくなったらそのまま諦めてくれるのかしら。e2パックで月額約4,000円だって、ぴらにあの大好きなディスカバリーチャンネルも見られるし、なんか申し込んじゃうような気がする・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちぴ子香港デビューの旅!(その7)

2011-02-22 21:30:16 | おでかけ(海外)
*ぴら奥さんは療養中、残りの3名は啓徳空港へ・・・の巻!

 ホテルのベッドにぶっ倒れているぴら奥さんを見ていたらだんだん腹が立ってきた。いや、具合が悪いのを責めてるんじゃない、それを言わなかったのがムカつく。これが登山だったら全員で遭難する可能性もあるんだぞ、ブツブツ・・・。どりゃ~、息子と娘を連れて家出(ホテル出?)してやる~!


【ネイザンロードのバス停から1Aのバスに乗って北へ向かう、「九龍城の方に行ってテキトーに下りればいいじゃん!」と8ちゃい児のプランで。あぁ、夕方の空は青いなぁ・・・】


【2階の一番前の特等席で小一時間、隣に座ったおじさんに広東語でフツーに話しかけられて戸惑ったりして。ちぴ子は急ブレーキの度にツルツルの座席から滑って落ちてた・・・】


【「そろそろかな?」と思ってたら右手に広大な空き地が、「ここが啓徳空港跡地だ~、降ります~!」と叫んでも夕方ラッシュの満員バスからなかなか降りられず・・・】


【「ココがホントに啓徳空港?」とあんまり信じていないちぴら、「あった~!」と急に走り出したと思ったら「啓徳道(Kai Tak Road)」の看板が。ほら、ホントだったろう・・・】


【九龍城のパン屋で買った1個3ドル(40円)のクリームパンでおやつ、香港のパンはどうしてこんなに安くて美味いんだろう。どの店も同じようにゴチャ混ぜでビニール袋に詰め込むのは、せっかくのフワフワパンがつぶれるから困るんだけど・・・】


【かつて悪の巣窟だった九龍城砦はすっかりキレイになって九龍賽城公園になっていた、香港返還直後にばばさんと来た時は単なる斜面の空き地だったような気が。あの時はまだ啓徳空港だったっけ・・・】


【九龍城砦をぶっ壊したら、700年前の遺跡(宋王臺)が出てきたんだとか。さて、そろそろ帰らないとだいぶお日様が傾いてきました・・・】


【「まだ遊びたい~!」とちぴ子、なら思う存分香港のお子ちゃまと一緒に滑り台でもどうぞ。と、向こうの斜面を見ると何か赤と白のコンクリートみたいなモノが、ありゃまさか・・・】


【「チェッカーボードだ~!」とコーフンしてるちぴら、そうあれはチェッカーボード。世界一難しいと言われていた啓徳空港RWY13の着陸はあの赤白を目指して飛んできて、右急旋回で滑走路に落としていく・・・】


【「どうやってホテルに帰るの?」とちぴらに聞くと、「また1か1Aのバス停を見つけて乗ればいいんじゃない?」ってそうなんですか。ヤツはバス停の名前なんかも結構覚えていて役に立つんだよな・・・】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちぴ子香港デビューの旅!(その6)

2011-02-20 22:27:42 | おでかけ(海外)
*香港のお寺で精進料理、しかしぴら奥さんの体調が・・・の巻!

 「昂坪(ゴンピン)360のロープウェイに乗りたい!」とちぴら、なら4日目は船に乗ってランタオ島観光でも行っちゃいますか。しかし、2日目くらいからやたらぴら奥さんのテンションが低いのが気になる。すぐに「疲れた」とか「寒い」とか。そりゃ今まで香港で経験した事がないくらい寒いのは事実だけど、東京に比べれば常春って感じじゃないですか・・・

 と、軽く考えていたらどんどん悪くなるぴら奥さんの体調。お寺で精進料理を食べている間にフラフラになり、どこかへ行方不明になって、ロープウェイの中で凍死しそうになり(確かに寒かった)、とうとう地下鉄の中でダウンして、駅からホテルまでたった1Kmの距離を自力で歩く事が出来ずタクシーでご帰還。そんなに具合が悪いんならもっと早く言いなよ、今日一日ホテルで休養していてもよかったんだからさ。しかし、あんなグダグダの状態でよくスリに狙われなかったと、後になってからちょっと怖くなった。スリの方も「ありゃ金もネェな・・・」と思ったのかしらん・・・


【朝の香港は必ずかすんで薄暗い、これでも天気予報では快晴の状態。このモヤモヤが福岡あたりに飛んで行って視界不良にさせてるんだな・・・】


【香港島の中環(セントラル)からランタオ島の梅窩(ムイオウ)へは高速船で約30分、料金は20ドル程度(250円)。船が着くと昂坪行きのバスが出たばかりで1時間以上待ちだったので、すぐ出る大澳(タイオウ)行きに飛び乗る。大澳の干物店街はあまりの寒さに人通りがない・・・】


【昂坪行きのバスが出るまで香港風つまみ豆を分け合うお二人さん、何か食っている間は仲がいい・・・】


【霧が出て超寒いし、ぴら奥さんの体調を心配して大仏には登るまいと思ったら、「のぼる~!」と抱っこされている2ちゃい児が。ホントかいな?】


【意外にも300段近い石段を一気に登ってしまったちぴ子、これなら金比羅さんも大丈夫かな?(自分がダメです←ぴら奥さんの声)】


【大仏から下に見えた寶蓮寺でランチ(大仏の階段の下で料金を払うと、1時間後ぐらいの時間指定されたチケットをくれる)、一人前60ドル(700円)で人数によって品数が増えていくらしい。3人用はハヤトウリのスープ、豆腐のミックスベジタブルあんかけ(チョイ辛)、青梗菜と干し椎茸のうま煮、ピーマンと瓜のかまぼこ入り炒め、大根の揚げ春巻き、白飯。ボリュームは満点だけどお味は街場の大衆食堂の方が・・・】


【だんだん晴れてきた大仏をバックにやたら盛り上がる二人。ありゃ、ぴら奥さんは何処へ行った?】


【香港でも使えるケータイを持ってるからって、団体行動中に勝手にはぐれてはいけません・・・(ちぴ子を抱っこするのがイヤになって逃げたらしい)】


【捜索すること10分、オミヤゲ屋からピンク色になって出てきたぴら奥さん、静電気パチパチ風のストールを30ドル(350円)で買ったとか。こんな感じで何かを衝動買いする時のぴら奥さんは相当ヤバイ・・・】


【そんなに寒いんならそう言えばバスで下りたのに、何も言わないのが運の尽きで予定通りロープウェイでMTR東涌駅へ。当然ヒーターなんか無しのゴンドラで20分以上寒風に吹きっさらし、うずくまってどんどん小さくなるぴら奥さん・・・】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完走賞…

2011-02-20 18:57:23 | プチ写真館
海辺のレストランで山盛りコロコロステーキを食ってたら、お隣のYくん一家もやって来た。やっぱり大混雑の温泉から避難してきたらしい…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加