ぴらにあの写真館 in 伊豆大島→都会へ(新・日記帳)

8年間の伊豆大島生活から都会へ移住しました…
旧日記帳(ODNまいぺーじの思い出)は、BOOK MARKよりどうぞ!

下町の紅ショウガ天そば…

2017-04-28 23:15:41 | プチ写真館
思わず宴会の前に食ってしまう。アイスコーヒーと期間限定のキウイシェイクも飲んでしまう。つまり、きっと病んでる…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下町のエビチャーハン&冷や奴…

2017-04-27 21:24:51 | プチ写真館
結局、今夜も遅くなったけどさすがにお泊まりは、そして明日も遅くなりそうな予感。楽○かアマ▽ンでどこでもドア売ってないかなぁ…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エレベーター前は辛かった・・・

2017-04-26 21:25:40 | 都会の暮らし

 仕事が遅くなったので家に帰るのが面倒くさいなぁ、というコトで昨日は定宿(東○イン)に泊まっちゃう。山△線O駅前の第2ホテル(何度かお世話になってます)にチェックインすると、通されたのは5階のエレベーター脇のお部屋。若旦那とか小娘さんを連れていくと、ずーっと一番奥の部屋(東○インは廊下が長い)が当たることが多い感じがするけれど(子連れだとうるさいからわざと?)、やっぱおっさん一人だと出入り口に近い部屋を使わせてくれるのかな・・・

 しかし、これがヤバかった。C国の皆さんがエレベーター前に集まってガヤガヤと、単にひとつしかないエレベーター(なかなか来ない)を待ってるだけなんですけど、「オマエら、修学旅行のC学生か~!」と。一晩中、異国の安宿に泊まってるような気分になって、あっという間に夜が明けてしまう。う~ん、これなら家に帰って寝た方がよかったのかも。まぁ、苦手なSO駅のエスカレーターに乗らなくてよかったのは嬉しかったんですけど。あ~ぁ、早くゴールデンウィークにならないかしらん。そしたら、連休明けを考えてまた憂鬱になる・・・(やっぱ、だいぶ病んでる)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真館を「No.778 根津神社(つつじまつり)」に更新しました!

2017-04-24 21:39:46 | まいぺーじ写真館
 上野で職場の宴会があるので、ちょっと早く出て近くを散歩してみる。ほぼ毎日地下鉄で通ってるハズなんですけど、地上のことはトンとわかりませぬなぁ。なんか、別世界に迷い込んだような不思議な気持ち・・・


【境内に入るのは無料だけど、つつじ山に登るのには200円を納める。チケットと見比べてみると(合成ではありません)、少し早いのかな・・・】


【「またお姉さんと行ったの!」とぴら奥さん、いやそうじゃなくて、偶然前で写真を撮っていた方なんですけど。しかし、「また!」ってどういう意味なんでせう・・・】


【奥の方にはお稲荷さんがあって、鳥居がずーっと続いております。外国の方がたくさん記念撮影をしていました・・・】


【なんか、出そうな感じのお稲荷さん・・・】


【これは、キツネ?、タヌキ?、ムジナ?、イタチ?】


【根津側から入って、千駄木側から出て駅へ向かう。途中、夏目漱石の旧居跡を通り過ぎる。我が輩は猫ちゃんが塀の上を歩いております・・・】


【ポツポツと降っていた雨が、この辺から豪雨になってズブ濡れになる。よほどタクシーに乗ろうかと思ったけど、ちょうど走ってきたバスに飛び乗る。これは、浅草まで行くんでしょうか・・・】


【バスは途中の駅前で降りて、電車で宴会場へ向かう。八丈島暮らしとなったお姉ちゃんは急遽来られなくなったそうで(飛行機が欠航?)、感動のスピーチを用意していたのにボツとなりました・・・】


【帰りに東京駅まで乗った電車は伊東行き、そのままボックスシートで終点まで行きたい気分になる。なんかね~、急に都会から逃げ出したくなっちゃう時があるのよね。ちょっと病んでるな・・・】
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

常陸のミヤゲは芋と梅と明太子…

2017-04-23 21:43:07 | プチ写真館
いや〜、那珂湊で食ったワラサの兜煮とマグロのカマ焼きが美味かったッス。おばぁは「干し芋が欲しい!」とスーパーに寄り、帰りのパーキングエリアで「のし梅買っておくれ〜!」とせがむ若旦那。おじぃは明太子のはみ出しているおにぎりを大切に抱えてましたとさ…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茨城交通のバス(戦車娘バージョン)…

2017-04-23 17:22:54 | プチ写真館
お魚が食いたくなって大洗までドライブ、ついでに那珂湊からひたちなか海浜鉄道(←長いよ!)に乗ってみたり。「戦車の上でケーキ食ったら腐るでしょ!」と突っ込んでる小娘さん…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アジアの棚田とホイアンと、またもやハノイ先輩に会いに行く旅!(3日目)

2017-04-22 14:06:23 | おでかけ(海外)
*土砂降りのサパ~ハノイバスの旅(6時間30分)、トイレ休憩はありませんので悪しからず・・・の巻!

 サパからハノイへの帰り道はバスにしてみよう。サパ~ハノイ間は列車ならラオカイ乗り継ぎで10~12時間(サパ~ラオカイ間はバス)、バスなら高速道路利用の直行で5~6時間あれば到着するらしい。バスの料金は20万~30万ドン(1,000~1,500円)程度なので、寝台列車より格段に安い。しかし、寝台列車のキップを入手した旅行会社のお姉さん情報によりますと、「悪質な業者もいるので気をつけてください!」だそうな。「どうやって気をつければいいのでしょう?」と聞くと、「料金がやたら安いのと、インターネットのホームページが無いのは止めた方がいいですよ!」だって。うっかり客引きに引っかかって激安のチケットをゲットしたのはいいけれど、実際にバスに乗ってみたら既に満席の状態、床に転がされてハノイまで行った人がいるとかいないとか・・・

 定刻を30分過ぎてサパのバスターミナル(市場前)を出発したHバス(○球の歩き方にも載ってた)は、かなりの大型なのでさすがにムリな追い越しこそしないけれど、クラクションを鳴り散らかしてバイクを轢きそうになりながら山道を下っていく。だいたいアジアの公共交通機関ってばクラクションをよく鳴らすけど、ベトナムもまぁ、よくもこんなに鳴らすモンだと感心するほど。あとパッシングも、去年のハロン湾の時は往復8時間ずっとパッシングしてたモンな。しかし、よくクラクションを鳴らす二大国(C国とK国←あくまでもぴらにあの主観)の鳴らし方と、ベトナムのはちょっと違うんだよな。C国やK国は「どけ~!、ジャマだ~!、オレの道だ~!」みたいに極めて高圧的なんですけど、ベトナムの鳴らし方は「皆さん~!、私ですよ~!、ここにいますよ~!、先に行きますよ~!」って感じ。自分の存在をアピールしまくって、事故を未然に防ごうとしている雰囲気が強い。狭い道で大型車同士がすれ違えずに詰まってたりしても、ケンカにならずに自然に優先権の低い方がバックしていく。それで、対向の車列が切れるまで延々と待ってたりする。それなら、少し広い所で待っていればいいと思うんですけど、ニッチもサッチも行かなくなるまで両方が突っ込んでいって、それからギリギリでどちらかが譲っちゃうからフシギ。まぁ、その辺の譲り合いの精神をお互いに持ち合わせているとゆ~コトが、だいぶ日本とベトナムの友好に役に立っているような気もする・・・


【サパは昼間晴れて、夜は雨が降って、朝は霧になって。ホテルの向かいのお屋敷(工事中)は中庭でおばちゃんがずーっと料理を作っていて、鶏を焼くいいニオイが漂ってくる。でも、食器の洗い物はずいぶんテキトーでした・・・】


【朝ご飯まで教会前へ散歩に行く、まるで水墨画のような風景がこれまたステキ。そして今朝もまた、もう少しで晴れてくるんだろうなと思ってたら・・・】


【いきなりもの凄い雷雨、ホテル横の階段が滝のようになってます。ホテルから200m先のタクシー乗り場までも歩けず、フロントのお兄さんにお友達のタクシーを呼んでもらう・・・】


【白亜の豪華ホテルではなかったけど、山小屋風がかえってよかったPVホテル。フロントのKさんはホントに親切で、たった一晩ですけど大変お世話になりました。またサパに来ることがあったらよろしくお願いします・・・】


【バスのチケットは1人分で12USD(PVホテルのフロントで払った)、バスに乗ってから「お金!」と言われたらどうしようと少し心配だったけど大丈夫でした。寝台の座席(しかも2人とも上段)は楽チンかと思いきや、かなり狭くてぴらにあには辛いッス・・・】


【ラオカイまでの車窓はずーっと棚田が広がる、昨日上がってくるときは濃霧で見えませんでした。途中、ポツポツある民家では様々なモノを売っている。小さな食堂、飲み物、オモチャ、バイク用品、採れたての野菜、絞めたての黒豚丸一匹、なぜか真っ黒い大蛇(3m以上?)も・・・】


【ほうら、やっぱりトレーラーと出会い頭に。もう、絶対に向こうはバックできない状況なのに、とにかくお互いのフロントガラスが当たるまで近づかないと気が済まないようで。結局、こちらのバスが100mほどバックするハメに・・・】


【ラオカイまでの山道(一応国道)はほとんどガードレールはございません、濁流に落ちたら一巻の終わりです。事実、何日か前にハノイ行きのバスが転落したらしい・・・】


【ラオカイまで下れば後はハノイまで高速道路をひとっ走り(約300Km)、片側一車線の高速(当然追い越し禁止)を平然と対向車線に出てトレーラーをごぼう抜きしていく我らがバス。で、いきなり止まったかと思うと、本線上でヒッチハイカー(床に座るシステム)を乗せたり下ろしたり。たぶん、運ちゃんたちの白バス営業ですな・・・】


【結局、途中のサービスエリアでは1回も止まりませんでした(一人で運転しっぱなし)。運ちゃんの眠気覚ましのDVD(ベトナムのドラマ)がもの凄い爆音、若旦那よく寝てられましたね。夜行の寝台バスでも一晩中ディスコサウンドと電飾で眠れなかったという話も。まぁ、これなら休憩しないでも居眠りで事故る心配はありませんけど・・・】


【結局、サパからハノイまで5時間30分(高速の事故で30分止まっていた)だったけど、ハノイ市内に入ってから乗客を乗せたままで謎の営業所巡りと給油で1時間追加、全く意味わかりません。やっぱお客さんより運営側の都合が優先されますので、社会主義国家の旅はお時間に余裕を・・・】


【本日から2泊の日系PSホテルは1泊2人分で50USD(デラックスルーム朝食付き)、ハノイの中心地や旧市街からはだいぶ離れておりますが先輩の家には近い。ツインを希望したのに通されたのはダブルベッドのお部屋、おばちゃんが来て2人掛かりでガッタガタやってツインに改装してくれました・・・】


【ホテルの近くにはバイマウ湖という池(不忍池よりちょっと大きい?)、周りは統一(トンニャット)公園になっていてジョギングの人たち多数。池を一周する線路が敷かれてありましたけど、残念ながら汽車ポッポは動いてない様子・・・】


【釣りをしている人もたくさん、池を覗いてみると結構魚が泳いでる。でも、釣れているのはビニール袋とか捨てられた古着の類ばかり。しかし、ベトナムのおっさんは昼間からよくブラブラしているけれど、ちゃんと働いているのかしらん。ぴらにあも平日の昼間から外国をフラフラしておりますのであまり言えませんが・・・】


【ホテルの近くには電波塔があって、若旦那曰く上海タワー(確かに似てる)だそうな。散歩に行ったときにホテルの方向をみつけるのに便利でした。さて、今夜はお待ちかねのハノイ先輩とディナーに行こうかな・・・】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だから、インフルじゃないんだってば・・・

2017-04-19 21:16:31 | ぴら家の人々

 熱が下がったので5日ぶりに職場へ行く。「え~!、インフルじゃないの?」って同僚の皆さん、上司にはちゃんと「陰性でした」って報告してあるんですけど。「え~!、もう治ったのか!」って若い衆の皆さん、ぴらにあをバケモノみたいに言わないでください。「もう少し休んでた方が若い衆が喜ぶよ!」って隣の席のSさん、もうヤケッパチでハワイでも療養に行ってやろうか。割と本気で・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

果汁をたらす人…

2017-04-18 21:27:09 | プチ写真館
小娘さんはオレンジを食えるくらいに復活しました…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一応、インフルエンザは陰性だった・・・

2017-04-18 20:32:09 | ぴら家の人々

 日曜日の夕方から寒気がしていた(口裂け女の話を書いているときはメッチャ体調が悪かった)。その前からちょっとお腹の調子も変だったし、ゲロリ~ナさんのバイ菌でも貰ったのかなと。しかし、夜中にあまりの悪寒に目が覚める、体温計で測ってみるとなんと39℃直前じゃん。肩とか腰とか関節が痛いし、こりゃインフルにでも罹ってしまったのかしらん。そういや、職場の若い衆も今さら何人かインフル(主にB型)で休んでるんだよな。万が一を考えて、横で寝ているぴら奥さんは勉強部屋に避難してもらって、朝までうなっていたけどやっぱり熱は下がらず・・・

 小娘さんのかかりつけの医院でインフルの検査をしてもらうと一応「陰性」の判定、「100%じゃないのでインフルの可能性もありますが・・・」と院長先生。「たぶん、娘さんの胃腸炎をもらったんじゃないのでしょうか?」と、ぴらにあもそう思います。ちぴ子も吐き気と熱がメインで、お腹はそれほどピーピーにならなかったモンな。いや~、2日ほど寝込みましたけど明日は仕事に行けそう。熱が下がって今度はピーピーにならなければの話ですけど・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加