ぴらにあの写真館 in 伊豆大島→都会へ(新・日記帳)

8年間の伊豆大島生活から都会へ移住しました…
旧日記帳(ODNまいぺーじの思い出)は、BOOK MARKよりどうぞ!

OPEN兒童牙膏(草苺香味)…

2013-01-31 20:51:11 | プチ写真館
本日も台湾土産ネタで。松山空港のセブン○レブンで買った子供歯磨き(30元)は、いちご大福+みたらし団子+ビニールっぽい味(意味不明)でぴらにあはリ~ム~。でも「ヘンな味!」とか言いながらヤツらの味覚には合うみたい…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たまには4人で台湾へ魯肉飯の旅!(その5)

2013-01-30 21:42:12 | おでかけ(海外)
*歩いて歩いてひたすら歩いてタロコ峡谷を満喫・・・の巻!

 花蓮の北の太魯閣(タロコ)から3,000m級の山を越えて台中に抜ける東西横貫道路をバスで登っていく。この道は元々軍用道路として作られたもので、兵隊さんを総動員して岩をダイナマイトでぶっ飛ばし、ひたすらツルハシで掘り進むというとてつもない難工事で、完成までに数百人の殉職者がでたという。狭い峡谷を素掘りのトンネルや急カーブが続き、そういやぴらにあが20年前に初めて上高地へ行った時に通った国道158号線も狭くてこんな感じだったなぁ。クネクネのブラインドコーナーの向こうから大型観光バスが飛びだしてきたりして、何度も死ぬかと思った・・・

 天気もいいしサイコーだな。と、バスのドライブを楽しんでいると、対向車線のバスを乗用車が追い越してくる。うわ~!、ムチャクチャだ~!、ぶつかる~!、と心の中で絶叫しても、全くアクセルを緩める気配が無いバスの運ちゃん。「事故ったって向こうが悪いんでしょ」という感じで、涼しい顔で突っ込んでくる乗用車に向かっていく。乗用車の方も追い越しを諦めてバスの後ろに戻るのかと思ったら、そのまま間一髪で追い越して猛スピードで下っていく。う~ん、タクシーなんか乗っていてもおっかないんだよな、みんなスピード出し過ぎで、市街地の中でもフツーに80Km以上出すし。その割に台湾じゃ事故は見ないんだよな、それにクラクションもほとんど鳴らさないし。ムチャなんだけど、譲り合いの精神というところでしょうか・・・


【無料のヘルメットを借りて歩く、このヘルメットが洗ってないらしくすこぶる汗臭い。「本日は無料でシャワーキャップをプレゼンします!」ってツアコンのおばちゃん、それがなかったらたぶんぴらにあ被れません・・・】


【燕子口(えんしこう)という名所で、ガケの途中にイワツバメの巣がたくさんある。さぞスープの素がたくさんとれるのかと思いきや、海燕の巣じゃないと食べられないらしい・・・】


【バスを降りたところに戻るのかと思ったら、ずんずんトンネルの中を進んでいくツアコンのおばちゃん、トリ目のぴらにあは辛いんですけど。上高地の入り口の釜トンネルをO先生たちと歩いた時もこんな感じだった・・・】


【トンネルを出ると茶店が、バナナ20元(60円)に捕まった2人。ちなみに花蓮はバナナの産地らしい・・・】


【バスは先回りして待っていた。ハイキングはココだけじゃなくてバスが停まる度にとにかく歩く歩く・・・】


【天祥という集落に昼前に到着、「ランチまで少し自由時間です!」とツアコンのおばちゃんが言うので山の上の尼寺(祥徳寺)まで行ってみる。下の河原には石で書いた文字が・・・】


【「階段を上って15分くらいですよ」というおばちゃんの言葉を軽く受け止めて来てみたけど、これがもの凄い階段でビックリ。尼さんがここを毎日登ったり下ったりしているのか・・・】


【塔の上から見た天祥の集落、ぴら奥さん&ちぴ子はギブアップして下の梅林で待っている・・・】


【この塔も階段が急で手すりが低くて(ぴらにあの太ももくらいの高さ)もの凄く怖かった・・・】


【お昼を食べた高級ホテル前にて・・・】


【天祥から元来た道を下る。途中、長春祠(ちょうしゅんし)という工事で殉職した人たちの霊をまつる祠がある。建物の下から滝が流れていて不思議な感じ・・・】


【長春祠を川の反対から眺める。午後になると急に天気が悪くなってきた。あんなに晴れていたのに、しばらくして雨がポツポツと降ってきた・・・】


【下山してツアー恒例のオミヤゲ屋へ、花蓮はサツマイモも名物らしく芋菓子屋にご案内。しかし、誰一人買わなくてもあっさり店から出てしまったツアコンのおばちゃん・・・】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

香鐵蛋…

2013-01-28 21:29:15 | プチ写真館
台湾のスーパーで衝動買いしたウズラの卵の醤油煮?がひとつ余っていた。なんか甘くてビミョ~な味なんだけど、ちぴ子やぴら奥さん、ばばさんたち女性陣には人気なんだよな。その話を聞いて「ワタシにもください~!」と職場のO嬢、こちらもこよなくウズラ好き。彼女は具がウズラの卵だけの八宝菜(一宝菜じゃん)を食うのが夢らしい…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真館を「No.557 漁船に乗って(星鹿半島沖)」に更新しました!

2013-01-27 21:38:55 | まいぺーじ写真館
 長崎県松浦市出張の続き、若い衆が海に行ってしまったのでヒマになった。「行ってみます?」と船頭さん、「行くって?」とぴらにあ、「さぁ、乗って!」って船頭さん、「???」のまま漁船に飛び乗る。バババババ・・・と真っ青な空の下、玄界灘を漁船でぶっ飛ばす。あぁ、気持ちよすぎてなんか夢みたいだ。海があって山があって昼間から船に乗って、そんな生活を8年間もしていたような気がするけど・・・


【まずは沖へ向かう。船頭さんは何も言わないけど、どこへ乗ってもいいのかな・・・】


【調子に乗って舳先に立ってみたりして。日本一、いや東洋一の発電力を誇る松浦火力発電所の煙が真っ直ぐ伸びていく、こんな日の数日後は荒れやすい・・・】


【第一のポイントへ到着、午前中は引き潮で入れ食いだったらしいけど、午後はピタッと連れなくなってしまったと・・・】


【次のポイントへズババ・・・と向かう、ホントべた凪で全然揺れないなぁ・・・】


【第二のポイントはカサゴとベラがボチボチ釣れているみたい・・・】


【第三のポイント(一番沖)に到着すると若い衆が何か持ってる、「ハマチです~!」って浮いてきたのを網ですくったらしい・・・】


【無言のまま華麗なるUターンで戻っていく船頭さん・・・】


【それでは若い衆の皆さん、私は帰りますので頑張って夕ご飯のオカズをゲットして下さい・・・】


【う~ん、漁船ってスピード出るんだな。たぶん30ノット以上・・・】


【死んだら3億円?、いや、ぴらにあなら2,000万円くらいかな・・・】


「漁場を山の上から見てみる。先日、下に見える生け簀に謎の某国船(密入国目的?)が衝突して、生け簀のマグロが逃げて泣いた人と、定置網に大量のマグロがかかって笑った人がいるらしい・・・】


【ホントに天気がよい日には朝鮮半島が見えることがあるんだとか・・・】


【若い衆が拾ったブリは60cmクラス、近くで見るとデカイな・・・】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今度はちぴらがゲロリ~ナ・・・

2013-01-26 21:56:00 | ぴら家の人々

 いつになく若旦那のゴハンのスピードが遅い。チビチビチビチビ・・・って、オマエは金がないのに居酒屋に来てお通しで粘ってるオヤジか!。朝もテレビを見ながらグダグダ食ってるから怒ったばかりなのに、まだわかってないのかコイツ。「もぅ、片付かないんだから早く食えよ!」と急かすと、「コエッ!」とかいってシメジを喉に詰まらせてるし。で、でじゃーとのイチゴを食った後、「なんか気持ち悪い、このゴミ箱に吐いてもいい?」っていい訳ないじゃん、さっさとトイレに行って来なさいよ。あ~ぁ、ちぴ子の胃腸炎が治ったとたんに次だよ、どうせなら一緒になってくれれば面倒くさくないんだけど、毎度これなんだよ・・・

 そういや、昼間ぴら奥さんと出掛けていた時は大丈夫だったのかな。「お昼はね、おにぎり2個とドーナツと天丼を少し」ってずいぶん多いな。そういや、夜も水餃子スープとシシャモフライとイナダのお刺身にゴハンちゃんと1杯、夕方にもおせんべいをずいぶん食ってたよな。単なる食い過ぎならいいんですけどねぇ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

病み上がりさん…

2013-01-25 22:35:41 | プチ写真館
やっとお外に出ても大丈夫になった4ちゃい児さん、「ラーメンが食いたい!」とか言いながら、結局ファミレスのホットケーキになってるし、まだいつもの半分くらいしか食べられないのよね。ぴら奥さんにチョコペンでアンパンマン描いてもらってますけど…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たまには4人で台湾へ魯肉飯の旅!(その4)

2013-01-24 21:31:08 | おでかけ(海外)
*トランスアジア航空のATRに乗ってひとっ飛び・・・の巻!

 台湾で一日は遠出をしてみようと。新幹線で台南や高雄には行きやすいけど、せっかくなら東海岸の花蓮方面に行ってみたい。インターネットで調べてみると、台北から花蓮・タロコ峡谷の日帰りツアーが往復列車利用で4,000元(12,000円)、往路フライト+復路列車利用だとキャンペーン価格で4,800元(14,400円)とな。たった2,400円の差額で飛行機に乗れるんならキマリだな。「どこの航空会社?」と聞く若旦那、「たぶん復興航空(トランスアジア)だよ」と答えると、「ふ~ん、機種は?」って、「ATR(日本の国内線で飛んでいない飛行機)です」とぴらにあ、「やった~!」ってお主もマニアよのぅ・・・


【相変わらず雨がザンザン降る中、「傘持ってますか?」と萎える質問をするツアコンのおじさんと車で空港へ向かう。松山空港のロビーでファミマのパンを食いながら、ホントにハイキングなんか出来るんだろうかと・・・】


【だいぶおなじみのOPENちゃんは至る所に出没してる。実はOPEN星から台湾のセブン○レブンにやってきた宇宙犬で、OPEN星にセブン○レブンをOPENするのが夢らしい・・・】


【初搭乗のATR72(B22806)に歩いて乗る。台湾の空港は軍事施設扱いで写真撮影禁止のはずなんだけど、誰も気にしないでパチパチやってる・・・】


【「後ろのタラップから乗るの初めて~!」って若旦那、さすが面白い所に気が付きますね。でもドルニエさんは後ろのタラップじゃないでしょうか・・・】


【軍用機みたいなサクサクのタキシングでRWY10を離陸、グラグラ揺れながら雲の上に出ると雪山(たぶん)方面が見える。台湾に来て青空を初めて見た・・・】


【飛行時間は約40分(羽田~伊豆大島とほぼ同じ)だけど機内サービスのドリンクが出た、菊花茶かスポーツドリンクが両方とも生ぬるいのがご愛敬。CAのお姉さんが全員オリエンタルな雰囲気で美しかったなぁ(整○疑惑?)・・・】


【花蓮に近づくにしたがって雲が切れてきた。なんと標高2,400mの山頂から海岸線まで、直線距離でたった4Kmという清水断崖がよく見える。帰りはあそこを列車で通るのね・・・】


【着いた~!、そして晴れた~!。花蓮の町は海岸に山が迫っていてホントに景色がキレイ、滞在5分で移住したくなった・・・】


【花蓮空港は世界で唯一の総大理石だと、「是非トイレに行ってみて!」とガイドブックに書いてあった。「な~んだ、フツーじゃん」とちぴら、確かに壁は大理石だけど便器はフツーの陶磁器なのね・・・】


【いや、ホントに来てよかった。まだタロコ峡谷の入り口だけど既に大満足でございます~・・・】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲロリ~ナさんとその母親・・・

2013-01-23 21:01:39 | ぴら家の人々

 今週は感染性胃腸炎とやらにヤラレているちぴ子、熱も下がって割と元気なんだけど何かというと吐く。いえ、お医者さんでもらった吐き気止めを飲んでいれば大丈夫なんだけど。で、今日の晩ご飯は大好きなクリームシチューと鮭のムニエルを、少しずつだけど美味そうに食べている。いきなりしかめっ面に、「喉が痛い・・・、吐きそう・・・」ってゴミ箱を抱えてゲロゲ~ロやってるし。こりゃ、もういっぺんお医者さんに連れて行かなくちゃダメなのかな。「ありゃ、ゴハンの前に吐き気止め飲ますの忘れてた!」ってぴら奥さん、さっき「まだお薬が残ってるから大丈夫」って話してたばかりじゃん。もうノーコメントとさせて頂きます・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泣きバイ来る・・・

2013-01-22 20:55:04 | 都会の暮らし

 ゴハンを食べてテレビを見ていたら玄関のチャイムが鳴った、モニターで見るとお姉さんが立っている。「あの、※※※※・・・」って声が小さくてなんだか聞こえない、宅急便屋さんでもなさそうだし・・・

 ぴら奥さんが出て何かゴチャゴチャ話していたけど、笑いながら戻ってきた。「あのね、なにか貴金属があったら売って欲しいんだって」とぴら奥さん、そりゃ今流行の「押し買い」ってヤツじゃないんでしょうか、指輪とか強引に鑑定して300円くらいで引き取って行っちゃうってテレビでやっていたぞ。「で、どうしたの?」と聞くと、「お姉さんがね、『ワタシ、新人でノルマが達成できないと帰れないので、何でもいいから売って下さい』って泣きながら言うんだけど」とぴら奥さん、「それで?」、「見ての通りスッピンですし、こんな服しか着てないのでアクセサリーは持ってないんです、って言ったの」、「フンフン」、「そしたらね、『じゃぁいいです』って泣き止んで帰っちゃったの」だって。う~ん、昔から「工場が火事になって無一文なんで、この万年筆を買って下さい」って泣きながら売る「泣き売(バイ)」ってのは聞いたことがあるけど、「買います」じゃ「泣き買(バイ)」だよな、何の因果でそんな商売をやってるんだかお姉さん・・・

 しかし、こんな謎の悪徳商法?を一瞬で撃退してしまうとは、ぴら奥さんの超天然モード200%もなかなかやるな・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真館を「No.556 松浦(長崎県)のツバキ」に更新しました!

2013-01-20 21:47:22 | まいぺーじ写真館
 仕事で冬の長崎へ行くことになって期待した、もしかしたら野生の玉の浦が見られるんじゃないのかと。玉の浦はぴらにあの好きなヤブツバキで、長崎県の五島列島で見つかった突然変異の品種、小さい花に白い覆輪(ふちどり)が特徴でキレイなんだよな。で、仕事の合間にできるだけ辺りを散歩して、ツバキを見つける度にパチパチと写真を撮る。「ホントにツバキが好きなんですね」と同行の若い衆、ホメてるというより半分呆れている様子。残念ながら玉の浦は見つからなかったけど、あんまり気持ちがいいので松浦に移住したくなってきちゃったなぁ・・・


【長崎は九州だから暖かいのかと思っていたけど、伊豆大島よりかなり寒いらしくまだボチボチ。松浦市の花もツバキだけど、見頃は3月下旬らしい・・・】


【日当たりのよい所の木には咲いてる・・・】


【やはり小ぶりのラッパ咲きが多いみたい。ホテルで見た長崎から1泊2日の五島ツアーのCMには玉の浦がバッチリ映っていた、よほど行っちゃおうかと思ったら2月の話だった・・・】


【スイセンもまだボチボチ・・・】


【若い衆と一緒に田舎料理を作る、筑前煮とスズキのフライを3枚におろすところから。「意外と料理うまいんですね」って、それが理由でぴら奥さんと結婚できたんですから、きっと・・・】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加