Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

ポストモダンの貸借対照表

2005-09-02 | 歴史・時事
ベルリンの中華人民共和国大使館を取り巻く、抗日戦勝記念を叫ぶ100人規模の者のどれほどが十分な知識を持っているのか?「南京のトラウマ」と題された新聞記事で文化欄の編集者ジーモンス氏は訝る。この8月28日付けの記事では、1970年代に制作されたであろう白黒映画「実録南京大虐殺」を観て気炎を上げる中華料理屋の大将が、1939年にドイツから祖国へと戻って戦った820人の同郷の先駆者に感動して「シナ万歳」と叫ぶ様子が記される。そして、西欧はこの終わった歴史にではなくて、これから始まる不可解な歴史によって起こされるであろう将来に、好むと好まざるに係わらず関与すべきとある。

これは、我々の独日協会が主催した講演会でも出された質問であった。何が出来るのだろうかと。相対的な見解を書く事によって、それが世界中に知らされることを期待するだけなのか ― 実際、韓国のサイトでは8月23日付けの新聞記事と並んでこの記事は早速コピーされている(それを早速、知人のシナ人に電子メールで送りつける) ―。

南京虐殺に際して、国際緩衝地域で20万人のシナ人の命を救ったのは、ハンブルクの商人ヨーン・ラーべである。彼は、中国では胸像の立つ「南京のシンドラー」と呼ばれる英雄らしいが、何を隠そう実態はナチ党員であった。お孫さんが、在ベルリン中国大使館に対して、南京に研究所を開く準備をしていると宣言した。そこで、全ての資料が公開されるようにすると言う。

こうする事よって、1937年の日帝軍の進軍に伴う罪状や共産党と国民党との間の紛争での殺戮も、少なくとも共産党が発表するものよりは遥かに信憑性が出てくるのである。ここで、横浜国大で比較文化学の教鞭をとったジークフリード・コールハンマー氏の23日付けの記事を見る。「共産党と国民党の紛争での虐殺数は日帝軍によるものとは較べられない」と、これは胡耀邦主席も認知した事であった筈だ。

コールハンマー氏の記事は、日本の補償額は西ドイツが近隣国に支払った額には及ばないがその罪状には大きな差があるとする。しかし、膨大な補償が経済援助などでの形式でなされていると説く。それどころか、シベリアを含む多くの国での10万人の日本人捕虜で帰らずの者となったものや戦後の中国や朝鮮での日本民間人への虐殺は不問に伏されていると、貸借を一覧する。

特に朝鮮の統治については、独立後1948年のチェジュの大虐殺(四万人の朝鮮人が日本へと逃れた)から1993年まで数限りない虐殺が繰り返されている事を述べる。韓国内の調査では、陸士卒で日帝広東軍の将校であって、日本式経済成長を取り入れた朴大統領の軍事独裁政権が1995年になっても三分の二の支持の評価を得ているのを挙げ、現在までも北の同胞の独裁政権を人権では訴えない大韓民国の実態を示す。北に関しては言うまでも無く日帝植民地時代よりも人権環境は悪い大韓民国や中華人民共和国についても、西ドイツとは違って、日本が真っ当に交渉出来る相手ではなかったと言い切る。

実際、当時の朴政権を知る者は思い出す。休戦態勢にいる事を利用した政治は、西独に最終的に救助された作曲家ユン・イサン氏への死刑判決事件やホテル・グランドパレスから誘拐された金大中氏死刑判決事件など、軍事独裁体制以外ではあり得なかった。政治取引によって解決した日本からの膨大な補償に纏わる、当時の日本外交の軸であった旧友朴大統領との政治・経済的癒着は余りにも有名である。その独裁者の暗殺後に、38度線以南で繰り返された虐殺行為の数と平和裡に選ばれた大統領の数を指を折って数えてみるが良い。(終わり無き近代主義 [文学・思想] / 2005-09-03 へと続く)



参照:世界の災いと慈善活動 [ 文学・思想 ] / 2005-11-29
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪夢の特命潜入員 | トップ | 終わり無き近代主義 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ある想い出 (夢のもつれ)
2005-09-02 14:52:41
興味深く拝読しました。それぞれの国の功罪両面についての歴史の知識の欠如と、中韓政府のアジア戦略への洞察といった政治感覚のなさが(政治家よりも主権者としての)我々の問題なんだろうと思います。



以前にヨーロッパに向かう飛行機の中でイギリス人と隣り合わせ、話の中で彼が「日本人はコリアに対してした過去について無知だ」といったことを言いましたが、ワインを飲んでてまともに議論するのも面倒だったので、「イギリスとアイルランドのようなものだ」と言ったら、嫌な顔をして黙ってしまいました。
インドと英国 (matsubara)
2005-09-02 17:45:51
確かに日本人は過去に罪あることをしてきました。しかし、インド人はもっとひどいことを英国からされています。しかし、過去は責めても何の意味もない、と言って不問にしています。
如何に綴るか、米国の難民騒動 (pfaelzerwein)
2005-09-03 06:29:38
夢のもつれさん、私の纏め方では十分でないかとも思いますが、如何に綴るかは重要です。それによって見通しが利いて、平衡感覚を取れるなるような文章はなかなかお目に掛かれません。戦略的な考え方もこのような視点がベースとなれば洗練されていくのでしょう。続きでその辺の高度な問題にも触れてみましたが、イデオロギーのドグマを離れて対処して行くというのは言うほどに容易く無い事が解かります。



子供の時に遠征した朴政権下の空気を吸えた事を非常に貴重に思っています。若い韓国人すらも、ますますこのような過去から離れて行きます。これが歴史なんですね。



北アイルランド問題の記事は、本日偶々歯医者の待合室で見たシュピーゲル誌が結構刺激的に扱っていました。欧州に残る悪例の一つですね。お陰でロンドンは、頻繁にテロに遭っていますけど。







matsubaraさん、英国の植民地統治も色々と巧妙なところも有って、結局はガンジーのような解放に繋がったのかもしれません。そして帝国主義と植民地主義の結果と言うのは何時も変わらないようです。今米国内で起こっているような難民騒動もライス女史が厚顔でぬけぬけと語るような米国などは真っ赤な嘘で、米帝国主義の生きた遺跡でしかないように感じます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
降伏60年 (何でも書き書きエッセイ)
1945年9月2日、日本側の重光外相と梅津参謀総長、連合国側の最高司令官マッカーサー元帥および各国代表が、米戦艦ミズーリ号上で降伏文書の調印を行ってから60年。この節目に合わせ中韓の動きが活発化してきた。どちらも日本をダシにして国民の求心力を強めるための.