日々・from an architect

歩き、撮り、読み、創り、聴き、飲み、食い、語り合い、考えたことを書き留めてみます。

お知らせ

2018-02-19 21:50:45 | Weblog
最近迷惑コメントとトラックバックが送られることが多くなりましたので、当面確認の上公開させていただくようにします。どうかよろしくお願いいたします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

横浜「関外」吉田新田の一齣

2016-06-23 12:02:33 | 文化考
この18日(土)、桜木町南口に集合し、街を歩き写真を撮る建築ツアーに同行した。このツアーのタイトルは「写真家中川道夫氏とめぐる横浜の隠れた歴史―撮り歩き」。
「隠れた歴史」とは横浜「関外、旧吉田新田エリア」といういわば裏社会の様相を捉えたネーミングである。

「関内」は馴染み深く、JR根岸線に関内駅があり、南口には村野藤吾の設計した市庁舎があり、北口を出ると、棟方志功との縁もある勝烈庵が在って、小さかった娘にカツレツを食べさせたいと、妻君を自宅に置いて厚木から出かけたり、建築家同士でワイワイと立ち寄ったことがある。しかし、「関外」という言い方と「旧吉田新田」と言うネーミングをこの歳になって初めて聞いた。

このツアーの企画は、JIA(日本建築家協会)関東甲信越支部の「建築家写真倶楽部」。
僕はその創設に関わったが、横浜にオフィスを構える建築家藤本幸光が僕の後を引き継いでその活動の2回目。そして、横浜の裏社会の一側面を感じ取れる、づしりと心のどこかに妖しいこの地が留まった不思議なツアーとなった。

そして僕とも親しい、若き日に美術出版社から「上海紀聞」という写真と見事な文筆よるレポートによる魅力的な著作のある写真家中川氏の、この地にのめりこむ一側面を、藤本が生々しく引っ張りだしたと言ってもよく、歩きながら「人」とは何者だとつらつら考えてしまうことになり、興味が尽きなかった。

「関外:旧吉田新田」は、横浜駅を背にすると桜木町の右手に存在する一帯で、嘗ては海沼とも言いたくなる沼草の茂る浅瀬を埋め立てたとのことだ。タイ人や朝鮮人や中国人などが多く住まうことになり、どうやら番外地的な様相が醸し出されている。路地を巡りながらついつい42条2項道路はどうなっているの?と、家屋が密集する一帯を案内して貰いながら、野暮な質問をしてしまった。

夕やみ迫る前にこの地を引き上げて中華街へ突進してしまったが、こだわりの紹興酒を味わいながらふと、いずれ夕闇にネオンの瞬くこの地を再訪してみたくなった。中華街のギラギラを見ていたら、何故か、必死に生きている人間の底根が窺えるような気がしてきたので!

<写真・炎天下で見ると何故か物悲しくなる>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋田県雄勝で 建築家白井晟一を語ること

2016-06-10 11:48:51 | 建築・風景
今夕刻仙台に行って一泊し、明朝針生承一さんの車に乗って秋田県湯沢市に向い、建築家白井晟一の設計した「雄勝町役場」の保存に関するシンポジウムに参加する。
話をする僕のタイトルは「私の中の白井晟一建築」。

若き日、母校の恩師「堀口捨己」教授と共に、後年建築の設計に関わることになって、僕の中では次元の違う建築の存在に瞑目することになった白井晟一は、拝見した建築と共に、数々の論考によって、「人」の生きていくことへの原点を示唆させて頂いたと想っている。

僕の実家が長崎だからということでもないが、親和銀行本店や大波止支店のあの空間が、僕のどこかにいつまでも留まっている。銀座支店が無くなり、親和銀行は福岡銀行に吸収されるやもと伝え聞いたが、雄勝町役場と近くにある白井建築を拝見した後、5人のパネリスト共に、お互いの白井晟一論を語り合うのが楽しみです。

<写真 親和銀行大波止支店打ち合わせコーナー>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羽田空港のTVで オバマ大統領のメッセージを聞いて

2016-06-02 14:45:22 | 文化考
5月27日午後の羽田空港、四国松山空港へのフライトを待ちながら放映されたTV、オバマ大統領の広島平和公園でのメッセージにくぎ付けになった。

翌28日9時半から行われる松山から車で走ってほぼ1時間半かかる鬼北町の、「鬼北町合併10周年記念」と、A・レーモンドの設計した町役場、「庁舎(町役場)再生記念の式典」に参加するために、フライトの1時間ちょっと前に羽田に着いた。
ところが滑走路での事故によりゲートが閉鎖されていて、掲示板でも出発できるかどうかは未定とされている。さてどうなることかと様子をうかがっていたら、すでに待合場は長蛇の列、これはいかんとともかく並ぶことにした。その長さ数百メートル、すぐの僕の後ろにも大勢の人の列が繋がっていく。

掲示板には次々と欠航の文字。僕の後ろに並んだ函館に行くというおばちゃんがスマホを見て、どうやら大韓航空機が滑走路で炎上したようだと僕に伝えてくれた。
友人と函館で待ち合わせていたが欠航なので千歳で会おうということになったようだ。でも掲示板に千歳の名が出てこないと困惑しているので、千歳空港は「札幌」ですよ!と教えると仰天。初の北海道の旅だそうな! なんとなく仲良しになった。

さて、掲示板の松山行きは欠航だが、その後の便は就航未定だが満席と表示、最終便の掲示がない。ダメもとでと思って2時間並んでやっとフロントにたどり着き、可愛い女性の担当者に相談したら、最終便は満席だが、その前便には3席ある、でも出立できるか欠航になるかは確定していないとのこと。ダメもとでとチケットを受け取り、取りあえず機械で入力してみて待機してほしいと言われて機械操作。そして15分ほど待っていたら就航の文字。出発はさらに1時間半ほど遅れるが、何よりも松山に行ける。
ゲートを通って待合の場へ。そこでTVにくぎ付けになった。  <やっと冒頭の一文に・・・戻る>

広島の平和公園で、オバマ大統領と阿倍首相が慰霊の献花をしメッセージを述べる。
欠航が多いせいか待合スペースの椅子は閑散とはしているものの、皆身を乗り出してTVに見入っている。ところが僕の座っている列の若者は、スマホでゲームに取り組んでいて見向きもしない。そしてついと立ってどこかへ行ってしまった。今時の若者は! と僕は憮然 (苦笑!)。

さて大統領として初めての広島訪問、記念公園での17分にもわたる演説(メッセージ)、同時通訳なので通訳の声もテッロップも断片的だが、オバマ氏の想いが伝わってきた。
翌日の新聞評、ことに若き気鋭とされる研究者の論考は`大統領の訪問歓迎一色に違和感`とされ、研究者としてはそう論考しないと立場が成り立たないのかもしれないとは思うものの、彼への違和感を覚えた。
むしろ被曝したが91歳まで生き延びた坪井氏が涙ぐみ、オバマ氏がそっと肩を抱き寄せる姿に溜息が出た。

気になっていたオバマ大統領の一言、最後に女学生時代の僕の叔母が爆心地近くの工場で被災した長崎の名が!
日本は第2次大戦を引き起こした加害者、長崎で生まれた父がフィリピンで戦死し僕たち家族は彼方此方転居したが、朝日新聞での坪井氏の一言、「憎しみが消えたわけではない、オバマさんが原爆を落としたわけではない、責めても仕方がない、人類のために手を取り合って、核廃絶に取り組む方がええけえ、そう思えるようになった」という一言が耳に残った。
それにしても安倍首相の、誰かに起稿させたとも言いたくなったメッセージの棒読み。
どうしたもんじゃろう!

<写真 羽田空港でのテレビ>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真家中川道夫と 横浜の隠れた歴史撮り歩き:6月18日(土)

2016-05-31 11:38:48 | 写真
JIA(日本建築家協会)関東甲信越支部の「建築家写真倶楽部」を、僕の後を引き継いでくれた建築家藤本幸充さんの初仕事を案内します。

中川道夫さんは、60年代末に生じた写真思潮[PROVOKE]に森山大道などと共に関わった中平卓馬のアシスタントとして卓馬を支え、「上海紀聞」や「アレキサンドリアの風」などを写文によって世に問い、独自のスタンスで写真に挑んでいる写真家です。
普段はちょっと歩き難い処をカメラを携えて巡りながら、写真談義を取り交わしたいものです。
是非ご参加ください!

―JIA建築家写真倶楽部主催―
申し込み・問い合わせ先― 鎌倉設計工房(担当:藤本)
FAX:045-316-1453 
集合:6月18日(土)13:00 JR桜木町南改札口
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄へ(7) 白亜の緑ヶ丘公園前トイレ

2016-05-21 18:49:51 | 沖縄考
国際通りからふいと車が横道に入った。
左手に緑に満ちたこんもりと盛り上がった公園前の道路に沿って、白い彫刻とも建築ともいえない建造物が建っている。この通りはニューパラダイス通り、ロマンに満ちたネーミングだ。

ベンチを組み込んだ休憩スペースとトイレとのコラボ。日本トイレ協会の主催による昨2015年11月に開かれたトイレシンポジウムで紹介され、「那覇市緑ヶ丘公園エントランススペース意匠選定設計競技で」選ばれて構築されたとのことだ。

設計者は、国建に所属する若手建築家の二人、案内してくれた根路銘さんも若い建築家が育つことに笑みを浮かべる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

星薬科大学でのDOCOMOMO Japanの総会

2016-05-15 23:20:28 | 建築・風景
昨5月14日(土)、星薬科大学のディスカションルームで開催された、今年度のDOCOMOMO Japanの総会に参加した。数年前に幹事長役を渡邉研司東海大学教授に引き受けてもらい、DOCOMOMO Japan創設や発展に寄与して抱いた阪田誠造氏、亡くなられた林昌二氏などに続いて、その折名誉会員に推挙されたが久し振りに会う若きメンバーがそれなりの役割を担っていることにホッとしたり、心強く思ったりもしたものだ。

この校舎は、1924年(大正10年)若き日のアントニン・レーモンドの設計によって建てられた。
レーモンドを伴なって帝国ホテルの設計のために来日したF・Lライトやキュビズムの影響が見てとれ、日本の建築の軌跡・変遷を考える上でも貴重な建築であるとして、昨年、DOCOMOMO Japanの選定建築として選定された。数年ぶりに訪れて改めて感じたことは、レーモンドにこの建築の設計をさせたこの学校の創設者星一(ほしはじめ)の存在を抜きにしては、この建築を語ることはできないと言うことだった。

中原街道からの、見事な銀杏並木を通り抜けると、訪れた僕たちや学生達を迎えてくれる本館の前に設置されているこの学校の創設者`星一(はじめ)の銅像の、右手の遥かな先を、微かに微笑んで見遣るその姿に、その想いが込められているのだと感じ散れた。

一昔前になるが、レーモンド事務所のOBから声がかかり、2度ほどこの建築を見学させて戴き、写真を撮らせてもらったことがある。久し振りに訪れたが、時代に即してエレベーターが設置されたものの、階段のないこの建築のスロープを含めて、この本館のすべてが見事に手入れされていて、建てられてから92年を経たとは思えない。

要は外観を半円球とした鉄骨造による大講堂。植栽を取り込んだステンドグラスからの採光が味わい深いが、当初のものではなくて、薬草をモチーフにして後年取り付けたとの事で、さもありなんとも思ったものだ。

久し振りに臨んだ総会で報告されたDOCOMOMO Japanの活動報告を聞き、参加したメンバーを見て世代が変わっていくことを実感したが、台湾やマカオのDOCOMOMOへの加盟に尽力をするなど、本部からの要請があって各国のモダニズム建築20選の選定を日本からもと要請されて組織化し、ブラジリアの大会でアジアでは初の加盟をした国際組織の中で、僕たちのJapanが、益々様々な役割を果たしてるようで、心強い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年アカデミー作品賞・脚本賞「スポットライト」を観て!

2016-05-08 20:55:00 | 文化考

この連休の初めに、来宅した娘と共に、`世紀のスクープ`と副題のある映画「スポットライト」を観て衝撃を受けた。

カタログにはこうある。「The true story behind the scandal・・・」。ボストン グローブ紙の記者たちが、巨大権力の"大罪・スキャンダル"を暴いた衝撃の実話!と副題的に記載されている。
巨大権力とはローマ教皇が束ね統治する聖域バチカンとリンクしている神父連のことで、ボストンのカトリック教会での幼児虐待を捉えた実話に基づいているとある。
一週間を経てこの映画を想い起こしながら一言だけでも書いておこうと思った。

ボストンの、妻帯しない男の(性の)世界、つまりこの映画で捉えられた人の日常生活に深く根付いている宗教の秘めたる世界の一側面、とも言い難いのは、このカタログには《スポットライト》報道後調査した、この神父達による児童への性的虐待が判明した全米の都市や、各国とその地域名のリスト207箇所名が記載されていることだ。
その数には溜息が出るが、同時にJapanの名がないのにホッとした。

ところでこの映画の画面を思い起こしながら頷いたのは、15年前になる2001年9月11日に勃発した同時多発テロ「9.11」、ニュヨークのWTCビルの倒壊の映像が一瞬とは言え映し出されたことだ。そしてこの時代の出来事なのだと得心する。
更に終演後に映し出されるキャスト共に、この映画の舞台となった教会の司教が、バチカンに招聘されたとの一言が映し出されることに、ある意味やるせない映画の製作者の心根が感じ取れた。

このカタログには、この映画放映後のエピソードも紹介されていて、様々なことを考えさせられた。
例えば、全米各地で教会が賠償金で破綻」「ついにローマ教皇が辞任」などの小見出しのある報告文と、「タブーに切り込む記者たちの背中を押すもの」と題した一文などに、映画に捕らえられた関係者とその世界、その後の宗教界の様相もうかがえて、思わず考え込んでしまった。

更に想い起こされるのは、俳優連の演じる記者連、志は強くても、同僚の考えをしっかりと受け止めるそのスタンスやその振る舞いにも心打たれた。
俳優の余りにもと言いたくなる記者の日常を演じるその演技が旨いからなのだろうか!

<カタログの表紙を表示したいと思ったが、掲載禁止との記載があるので断念、文章だけとする>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄へ(6) 和やかな日差しの中の奥竹島のハーリー

2016-05-07 14:36:37 | 沖縄考
小学生時代を過ごした熊本県天草郡下田村北(現・天草市下田)の天草灘に注がれる下津深江川の河口で、かつて毎年行われていた、部落対抗戦で沸き立つ「ぺーロン」の様子が、蘇ってきた。
南城市の海沿いを走ると現れる奥竹島。150メートルほどの短い橋を渡ると、簡単な屋根をかけた船置き場が現れ、そこに「ハーリー」が置かれていたからだ。

下田でも、長崎でも「ぺーロン」と呼称されているが、此処沖縄では「ハーリー」である。
此処でのハーリーは、例年旧暦の5月4日に行われるとのことだが、今年は6月4日(水)、豊魚や航海の無事を祈願する海神祭として根付いていて、海人(うみんちゅ)の島の伝統に思いを馳せた。

ところでこの島の名物は「てんぷら」である。てんぷら店が軒を並べ、大樹の木陰では、家族連れの人たちが、旨そうにウースターソースをかけた`てんぷら`を頬張っている。衣が厚くてもちもち、がイメージコトバ。`おやつ`なのだそうだ。
春の日の中の「ハナリ奥竹」離れ島奥竹の一齣だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢を育む`ISLAY STORM`

2016-05-04 20:49:50 | 愛しいもの

この休日、スコットランド・マイラ島のシングルモルト・スコッチ ウイスキイ「アイラ島の嵐:」を愛飲している。 一頃、`ラフロイグ`や`ボウモア`にぞっこんになっていて、味わいの違うこの二つのボトルを欠かしたことはなかったが、何せ今の僕には少々高価になってちょっとつらくなっていた。
そこで探し出したのが`アイラ島の嵐`「ISLAY STORM」(40%VoL)である。

嵐の荒海を波を蹴立てて乗り切るヨットのイラストに惹かれたということでも在ったが、そのイメージが膨らんできて、それだけでも遥かなるアイレイ、マイラ島への想いが膨らんでくる。
スコットランド、イングランド、ウエールズ、アイルランドの様々な課題に満ちたこの連合王国の様に好奇心が刺激されるが、とは言え、その様相について一概には述べにくいし、ここでは敢えて述べることでもないだろう。

口に合う、味わい深く、ロマンに満ちて!とだけこのISLAYを、ボソボソと述べておく。ウイィ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加